2017年4月13日 更新

【高校生必見】身長を伸ばすために意識したいこと!3つの方法とは?

身長を伸ばす方法 高校生「身長を伸ばしたいな…なにか方法があれば良いのに…」「高校生ってまだ背が伸びるの?」と考えたことはありませんか?

そのためには、すこやかな睡眠・食事・運動を心掛けることが大切だと言われています。

今回は、身長が気になっている高校生に向けて、身長を伸ばすために大切とされる睡眠の方法や、食事、運動で気をつけるポイントなどをご紹介します!




1.身長の遺伝の影響は約25%!?

身長を伸ばす方法 高校生身長は生まれつき決定されているものではなく、遺伝の影響を受けるのは約25~30%程度だと言われています。遺伝以外の、睡眠・栄養・運動などの習慣が身長の伸びには関係してくるようです。

そのため、親の背が小さいからといって、必ずしも子どもも身長が小さくなるというわけではないようです。

背の小さな両親から生まれた子どもの身長が低く、背の高い両親から生まれた子どもの身長が大きいのは、遺伝が直接的な原因になっているのではなく、食べているものや生活の習慣が親子で似ているからだと言われています。

だからこそ、当たり前なことではありますが、生活の基本である睡眠・栄養・運動に気を配ることが大切なようです。

2.身長を伸ばしたい方に意識してほしいこと

身長を伸ばす方法 高校生一般的に、高校生の時期は男女ともにまだ身長が伸びる可能性があると言われています。睡眠・食事・運動の3つに気をつけて生活を送ってみましょう。

一般的に、男子であれば、中学生~高校生まで、女子であれば小学校の高学年~中学生までが成長期とされています。

これを過ぎても、男性の場合は25歳頃、女性の場合は22歳頃までは身長が伸びる可能性があるという説もあると言われています。

身長を伸ばすために大切とされている、規則正しい生活習慣を心がけてみましょう。

2-1.睡眠

身長を伸ばす方法 高校生まずは、質のよい睡眠をとるように心掛けましょう。

身長の伸びに関係のある「成長ホルモン」は、寝ている間に活発になると言われています。

ただたくさん眠れば良いというのではなく、睡眠の質が重要です。

成長ホルモンは、一般的に夜23時~2時の時間帯で、脳と身体がしっかり休んでいる状態の時に特に活発になると言われています。

眠りが浅かったり、睡眠時間が少なかったりすると、成長ホルモンの活発な活動に影響を与えてしまう可能性があると言われています。ぐっすり眠るためのポイントをお伝えしますので、実践してみましょう。

〈ぐっすり眠るために気をつけたいポイント〉
・寝る前や眠りにつくときは、なるべくテレビ・スマホ・パソコンを使用しない
・寝る前は筋トレなどの激しい運動を控える
・寝る間際はなるべく物を食べない
・寝る前にぬるま湯で半身浴をする など

2-2.食事

身長を伸ばす方法 高校生身長を伸ばしたい方に意識してほしいこととして、栄養バランスのとれた食生活を送るようにしましょう。

カルシウムが重要とよく耳にするかと思いますが、カルシウムだけでなく、その吸収や働きを助ける他の栄養素も大切だと言われています。

カルシウムが不足しないようにチーズや牛乳、煮干しなどを積極的に食べつつ、野菜や魚、お肉なども食べ、栄養バランスのよい食事をとるように意識してみましょう。特に、タンパク質多めの食事がおすすめです。

自分で栄養バランスの整った食べ物を用意して食べるのが難しいという場合は、食事を菓子パンやお菓子、ファストフードなどで済ませるのをやめることから始めてみるのも良いかもしれません。
また、砂糖を摂取し過ぎると、カルシウムが体に吸収されにくいと言われています。砂糖の入った飲み物の飲み過ぎや、甘いお菓子などの食べ過ぎには気をつけましょう。

〈おすすめの食べ物〉
おやつを食べるなら、身長を伸ばすのに必要な、カルシウムやたんぱく質、亜鉛などの栄養素を含むものを選んでみましょう。

・チーズ
・ヨーグルト
・ホットミルク
・豆類(アーモンド、落花生、ピーナッツなど)
・煮干し など
※豆類は、塩や油の多いものは避け、食べ過ぎに注意しましょう。

のびのびスムージー
のびのびスムージーおいしさにもこだわっているスムージーなので、野菜ジュースやスムージー独特の青臭さが苦手な方にもおすすめです。
子ども目線で飲みやすさを追求し、様々なフルーツエキスを配合した「バナナ味」で、バナナシェイクのようにごくごく飲むことができます。

>>のびのびスムージー詳細はこちら

2-3.運動

身長を伸ばす方法 高校生身長を伸ばしたい方に意識してほしいこととして、運動を習慣的に行い、身体を動かすようにしましょう。運動は、成長ホルモンを活発にさせ、身長を伸ばすサポートをすると言われています。

〈意識して取り入れたい運動〉
・全身を使う運動
全身の筋肉を使い、全身の骨を活発に使うという点から、全身を使う運動が良いとされています。

・縦に体を伸ばす運動
縦に体が伸びる運動は、縦方向の動きを促します。縦方向の運動としては、ジャンプが手軽に取り入れられるでしょう。

単純にジャンプを繰り返す縄跳びなども良いですが、様々なレパートリーのジャンプをする、バスケットボールやバレーボールのような運動もおすすめです。

■身長を伸ばすと言われている運動……水泳、バスケットボール、バレーボール、ハンドボール、ぶらさがり運動 など

3.まとめ

身長を伸ばしたい高校生に意識してほしいことをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?高校生は、成長が完全に止まる年齢ではないと言われているので、これからの努力次第で変わってくることがあるかもしれません。

睡眠・食事・運動を日ごろから意識し、すこやかな生活習慣を身につけることから始めてみてはいかがでしょうか。

この記事は2017年2月20日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。