メニューを開く
アスタリフト;

魅力たっぷりのアロエの食べ方を知ろう♡【おすすめアロエレシピ】

アロエ 食べ方

美容や健康によく、さまざまな魅力を持つことで知られているアロエ。
アロエジュースやアロエヨーグルトなどの市販品も多く出回っていますが、せっかくだから自分で料理をして、食事に取り入れてみたいと思いますよね。

でも、「アロエってどうやって食べればいいの?」「アロエの食べ方を知りたい!」と、疑問をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、アロエの魅力的な美容・健康効果と、おいしいアロエの食べ方をご紹介します。

アロエを食事に取り入れて、健康を意識したおいしくヘルシーな食卓を目指しましょう!



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.アロエの食べ方|下処理編

それではさっそく、アロエの食べ方をご紹介していきます!

アロエの可食部分は大きく広がった葉です。アロエの葉には皮があり、皮は苦味が強いため、中身のゼリー状の部分のみを食べることをおすすめします。

また、生のアロエには灰汁があるため、下処理をきちんとして灰汁抜きをすることが大切です。

アロエにもさまざまな種類がありますが、ここでは、食用として有名なアロエベラの食べ方についてお伝えします。
アロエの種類についての詳しい説明は、「3.アロエの種類」をご覧ください。

【アロエの下処理の方法】
①アロエの葉をきれいに洗い、5cmほどの大きさにカットします。

アロエ 食べ方_下処理1

②両サイドのトゲの部分を切り落とします。

アロエ 食べ方_下処理2

③皮の部分を丁寧にむきます。

アロエ 食べ方_下処理3

④皮がむけたら食べやすい大きさにカットします。

アロエ 食べ方_下処理3

⑤鍋に水を入れて火にかけ、沸騰したらカットしたアロエを鍋に入れ、1、2分ゆでます。

アロエ 食べ方_下処理5

⑥ザルにあげて素早く氷水で冷やしたら下処理は完成です!

アロエ 食べ方_下処理6

2.アロエの食べ方|おすすめレシピ編

下処理が済んだら、調理に移っていきましょう!

ここでは、アロエのおすすめレシピを6つ、ご紹介します。

◆アロエの刺身

アロエ 食べ方_アロエの刺身

【材料】
下処理をしたアロエ 適量

【作り方】
①下処理をしたアロエを、薄くそぎ切りにします。刺身にする場合は、下処理の際にあまり小さくカットしすぎないようにしましょう。

②お皿に盛りつけたら完成です。しょうゆやポン酢につけて食べましょう。薬味としてわさびやしょうが、にんにく、小葱などをつけるのもおすすめです。

アロエのぬるぬるぷるんという食感がクセになります♡ カットするだけというお手軽調理なので、料理が苦手な方にもおすすめ。お酒のおつまみにもぴったりですね♪

◆アロエとマグロの和風カルパッチョ

アロエ 食べ方_アロエとマグロのカルパッチョ

【材料】(2人分)
マグロ 1/2柵
下処理をしたアロエ 1/2枚
玉ねぎ 1/4個
★ポン酢しょうゆ 大さじ2
★ごま油 大さじ1
★すりおろしにんにく 少々

【作り方】
①玉ねぎは半量をみじん切りに、もう半量を薄くスライスにして、どちらも水にさらしておきます。

②マグロと下処理をしたアロエは薄くスライスして、冷蔵庫で冷やしたお皿に並べます。

③お皿に並べたマグロとアロエの上に、水気をよく切ったスライスの玉ねぎをのせます。

④みじん切りにした玉ねぎの水気をよく切り、★の材料と一緒によく混ぜてカルパッチョソースを作ります。

⑤ソースをお皿に並べたマグロとアロエにかけたら完成です。お好みでマヨネーズをかけるのもおすすめです。

まぐろの旨味とアロエのつるんとしたのど越しで、さっぱりと仕上がります。
ソースの材料をオリーブオイル・レモン汁・塩コショウに変えて、洋風にしてもおいしそうですね。

◆豚肉とアロエの卵とじ

アロエ 食べ方_豚肉とアロエの卵とじ

【材料】(2人分)
豚こま切れ肉 150g
下処理をしたアロエ 100g
卵 2個
だし汁 1/2カップ
酒 大さじ1
砂糖 大さじ2
しょうゆ 大さじ2

【作り方】
①卵は溶いておきます。アロエは下処理の際に食べやすい大きさにカットしておきましょう。

②フライパンにだし汁と酒、豚肉を入れて中火にかけ、煮立ったらを砂糖としょうゆを入れてさらに4~5分煮ます。

③アロエをフライパンに入れて火が通ったら、溶き卵の2/3を回し入れて弱火にし、蓋をして1分ほど加熱します。

④蓋を開けて卵に適度に火が通っていたら、残りの卵を回し入れて火を止めます。

⑤再び蓋をして10秒ほど蒸らし、余熱で卵がほどよく固まったら、お皿に盛りつけて完成です。

加熱されたアロエはとろとろの食感に♡ 半熟の卵とからめて食べると絶品です。
しっかり濃い目の味付けで、ご飯にもよく合います。

◆エビとアロエのペペロンチーノ

アロエ 食べ方_エビとアロエのペペロンチーノ

【材料】(2人分)
スパゲティ 160g
えび 8尾
下処理をしたアロエ 100g
にんにく 1かけ
とうがらし 1本
オリーブオイル 大さじ2
塩 少々
コショウ 少々

【作り方】
①鍋に1リットルのお湯を沸かし、塩大さじ1(分量外)を入れる。お湯にスパゲティを入れ、通常のゆで時間よりも1~2分程度短めにゆでます。

②エビは殻をむいて塩水で洗い、3等分に切っておきますs。

③薄くスライスにしたにんにくと輪切りにして種をとったとうがらしを、大さじ1のオリーブオイルで炒めます。このとき、にんにくを焦がさないようにじっくり弱火で炒め、しっかりと香りを出します。

④にんにくの香りが立ってきたらエビを入れ、エビに火が通り始めたらお玉1杯分のパスタのゆで汁を加えて塩コショウで調味します。

⑤ゆであがったパスタとアロエ、残りのオリーブオイル大さじ1を加えてさっと和え、お皿に盛りつけたら完成です。

にんにくの香りが食欲をそそります♪
ぷりぷりしたエビとさっぱりとしたアロエがスパゲティに絡み、いくらでも食べてしまえそうですね。

◆アロエのシロップ煮

アロエ 食べ方_シロップ煮

【材料】
下処理をしたアロエ 200g
砂糖 100g
レモン汁 少々

【作り方】
①鍋に下処理をしたアロエと砂糖を入れ、木べらでゆっくりとかき混ぜながら5~10分ほど弱火にかけます。

②砂糖が溶け、水分が出てきたらレモン汁を加えて火を止め、荒熱をとります。

③冷蔵庫で冷やしたら完成です。

よりアロエの効果を実感したい方は、生のアロエを使用し、水100ccを加えて作ってみてください。水をワイン100ccに変えると、コンポートにもなります♡

そのまま食べてももちろんおいしいですが、無糖ヨーグルトにまぜればアロエヨーグルトになります。アイスにトッピングしたり、炭酸水で割ったりするのもおすすめです♪

冷蔵庫で1週間程度保存が可能ですが、なるべく早く食べきりましょう。

◆フルーツジュースのアロエゼリー

【材料】
果汁100%フルーツジュース 200cc
アロエのシロップ煮 50~100g
粉ゼラチン 5g
熱湯 大さじ3

【作り方】
①熱湯と粉ゼラチンを混ぜ合わせ、粉ゼラチンを溶かします。

②お好みの果汁100%フルーツジュースとアロエのシロップ煮を汁ごと混ぜて、そこに溶かしたゼラチンを加えます。

③型に流し入れ、冷蔵庫で冷やし固めたら完成です。

フルーツジュースは桃やオレンジ、グレープなどお好きな果物のものを使用しましょう♪
ただし、キウイフルーツやパイナップルなどの酵素が多い果物だと、たんぱく質が分解されてしまいゼラチンが固まりにくいので注意が必要です。

3.アロエの種類

アロエとは、主にアフリカなどの熱帯に生息するユリ科の多肉植物です。

アロエには300~400もの種類があるといわれていますが、日本でよく知られていて栽培されているのは「アロエベラ」と「キダチアロエ」の2種類です。

①アロエベラ

アロエ 食べ方_アロエベラ

アロエベラはアロエの種類の1つで、葉肉が厚く、成長するととても大きくなります。
比較的苦味が少ないため食べやすく、食用におすすめです。市販のアロエ加工食品の多くはこのアロエベラを使用しており、今回使用したのもこのアロエベラです。

アロエベラを食べるときは、葉の表面の皮を取り除き、葉の中身のゼリー状の部分だけを食べるのが一般的です。

寒さに弱いため、日本では沖縄での栽培か、温室栽培がメインとなっています。

②キダチアロエ

アロエ 食べ方_キダチアロエ

キダチアロエは、日本で栽培されることの多いアロエです。日本の家庭で見られるアロエのほとんどが、このキダチアロエです。

キダチアロエの葉は細長く、葉肉が薄いため、食用にする場合は皮ごとすべて食べることが多いようです。ただし、皮は苦味が強いため、食用としてはあまりおすすめできません。

4.アロエの魅力とは?

アロエにはさまざまな美容・健康上の魅力があるといわれています。そのため、昔から食用として使われたり、薬や化粧品に使われたりしています。

ここでは、そんなアロエの4つの魅力をお伝えします。

①美肌効果

アロエ 食べ方

アロエには、美肌をサポートする成分が多く含まれています。

アロエの葉のゼリー状の部分に含まれているムコ多糖類には、保湿作用があるといわれています。食べたり、化粧品などに加工して肌に塗ったりすることで、肌を乾燥から守り、うるおいを保ってくれる働きがあります。

また、アロエには美白効果も期待できるといわれています。アロエに含まれるアロエシンという成分が、メラニン色素を作る酵素の働きを抑え、メラニンの沈着を防いでくれるのです。

さらに、アロエには殺菌作用もあるため、ニキビ対策にもおすすめです。

②便秘改善

アロエ 食べ方

アロエの葉のゼリー状の部分に含まれるムコ多糖類には、整腸作用があるといわれています。

ムコ多糖類には水分を調整する働きがあり、腸に水分を届けて排便を促し、便秘を改善してくれるのです。

逆に、下痢気味のときは余分な水分を吸収し、腸内環境を整えてくれます。

③風邪予防

アロエ 食べ方

アロエには、免疫力を高めて風邪を予防する働きがあります。

また、殺菌作用もあるため、風邪をひいたあとにアロエを摂ることで、風邪の症状を緩和してくれる効果が期待できます。

④二日酔い対策

アロエ 食べ方

アロエに含まれるアロエチンには、解毒作用があるといわれています。

そのため、二日酔いのときにアロエを摂ると、肝臓の機能をサポートし、二日酔いの症状をやわらげてくれるのです。

また、アロエには胃腸の働きをよくして粘膜を保護する働きがあるため、お酒を飲む前にアロエを摂取しておくと、二日酔いになりにくいのでおすすめです。

5.アロエの食べ方|注意点

アロエ 食べ方1

おいしく食べられてさまざまな効能があるアロエですが、食べ方を間違えると逆に健康を損ねてしまう恐れがあります。アロエの魅力を十分に実感するためにも、必ず注意点を守り、自分の体調を考慮して食べるようにしましょう。

①多量に摂取しすぎない

どんなに体によい食べ物も、食べ過ぎてしまえば逆効果になってしまいます。アロエは、美容や健康のためによい働きがあるぶん、体に及ぼす影響も強くなっています。

一度にたくさんの量を食べることは控えましょう。

アロエの1日の摂取量の目安は、生のアロエベラで60g、生のキダチアロエで15gだといわれています。ただし、これはあくまでも目安であり、アロエの調理方法や、体質、体格、体調によっても変化します。また、小さな子どもやご老人、虚弱体質の方などは、健康な成人に比べてアロエが体に与える影響が大きいと考えられます。

まずは少量ずつ、自分にあった量を探していきましょう。

②妊娠中の方・妊娠の可能性がある方は摂取を控える

妊娠中の方や妊娠の可能性がある方は、アロエの摂取を控えましょう。

妊娠中は体が大変デリケートな状態です。普段食べなれていないものや、アロエなどの強い作用があるものを摂取すると、体に負担がかかってしまうことがあります。

同様の理由で、生理中の方や、授乳中の方も避けた方がよいでしょう。

また、持病がある方や服薬中の方も、アロエを食べるときは事前に主治医と相談することをおすすめします。

6.アロエの食べ方|まとめ

アロエの魅力や食べ方をご紹介してきましたが、試してみたいレシピはありましたか?

アロエは、きちんと摂取量を守って食べれば、私たちの健康や美容の頼もしい味方になってくれます。

ぜひ、おいしく調理して毎日の食卓に取り入れて、アロエパワーを実感しちゃいましょう!

この記事は2016年10月18日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る