メニューを開く
アスタリフト;

洗顔後の保湿対策、どうしてる?保湿重視の洗顔&スキンケア

shutterstock_97733735

洗顔後、きちんと保湿ができていますか?

多くの方は洗顔後にきちんと保湿ケアを行っていますし、洗顔によって失われた水分を補給しています。

洗顔後にはきちんと保湿をしないと肌が乾燥してしまいますから、保湿まで意識した洗顔が必要になってきます。

ここでは保湿まで意識した正しい洗顔、保湿方法などについてご紹介します。



astalift
astalift

1. 洗顔後は保湿が大切

洗顔1

基本的に洗顔は朝と夜の2回行うと思いますが、特に夜の洗顔ではしっかりと保湿することが重要なポイントとなってきます。

洗顔後は肌の水分が急激に失われていますから肌がつっぱるような感じになってしまいますし、乾燥しやすい状態になっていますから洗顔後は一刻も早い保湿が必要となります。

肌が乾燥してしまうと肌トラブルの原因にもなってしまいますし、肌が乾燥してしまわないようにきちんと保湿をしなくてはなりません。

ただ、そのためには正しい洗顔方法と保湿ケアの方法を知っておくことが大切になってきます。

2. 洗顔後の基本的な保湿方法

洗顔後に保湿を行うというのは、肌にとってとても大切です。

正しく保湿しないことには肌が乾燥してしまいます。

しかし、中には間違った保湿ケアの方法を続けている方もいます。

ここでは、洗顔後の基本的な保湿ケアについて解説します。

2-1. 化粧水

化粧水は保湿のためのスキンケア製品です。

洗顔後のような水分が急激に失われたときに使用するほか、化粧をする前に化粧水を使用することもあります。

女性にとっては馴染みの深いスキンケア用品の一つであるだけでなく、近年では化粧水を使う男性が増えています。

化粧水を洗顔後の保湿目的で選ぶ場合、成分には注目して選ぶようにしましょう。

保湿成分が含まれているものを選ぶようにします。

では、具体的にどのような保湿成分が含まれていると良いのでしょうか。

代表的なものとして、ヒアルロン酸やコラーゲン、エラスチン、グリセリン、ベタインなどが該当します。

化粧水で洗顔後の保湿をするときのポイントは、できるだけたっぷり使って保湿するという点です。

人によっては少量の化粧水で保湿を行おうとする方もいますが、これはあまりおすすめできません。

洗顔後は肌の水分が相当少なくなっている状態ですから、たっぷりと化粧水で保湿してあげる必要があります。たくさん使って保湿するよう心がけましょう。

化粧水で洗顔後の保湿をするときは、手に化粧水を乗せて馴染ませ、それを顔の肌になじませていきます。

この時に肌を擦るようにして馴染ませず、手のひらを顔に軽く押し付けるようにして馴染ませていきましょう。

2-2. 乳液

乳液も女性にとって馴染みのあるスキンケア用品の一つではないでしょうか。

乳液を使うタイミングは洗顔後の化粧水で水分を肌に補給した後です。

間違っても化粧水より先に乳液をつけないように注意しましょう。乳液は油成分が含まれていますから、それによって化粧水の水分を肌に閉じ込めることができます。

洗顔後に化粧水よりも先に乳液をつけてしまうと化粧水が肌に浸透しません。

乳液の成分は、保湿成分としてセラミドやユーカリ、コラーゲン、ヒアルロン酸などが使われていることが多いです。

現在では流通している乳液も非常に数多いですし、製品ごとに含まれている成分は異なってきます。

美白成分としてビタミンC誘導体やアルブチンといった成分が含まれている製品もあります。

2-3. クリーム

クリームも基本的に乳液と同じような役割を担っています。

保湿クリームも洗顔後につけるものですが、これも化粧水をつけたあとに使用します。

乳液の代わりとして保湿クリームを使うこともありますし、併用するようなケースもあります。

クリームに含まれる成分には保湿成分のセラミドが代表的で、肌が元々持っている働きを高めるのに役立ちます。

ほかにもワセリンやスクワラン、ラノリン、馬油、ホホバオイルなどが保湿成分として使用されていることもあります。

3. 洗顔後のスペシャル保湿

洗顔後の肌の乾燥がより気になるというときにはスペシャルな保湿を試してみるのもおすすめです。

ここではフェイスパックと保湿用美容液についてご紹介します。

3-1. フェイスパック

洗顔2
洗顔後の乾燥した肌にしっとりとした潤いを与えることができるフェイスパックは女性から人気の高いスキンケアアイテムの一つです。

毛穴が開いている状態で使用するとさらに効果がアップしますから、洗顔後はフェイスパックを行うのにちょうどいいタイミングと言えるでしょう。

フェイスパックには美容液や化粧液など肌に優しくうれしい成分がたくさん含まれているのが特徴です。

一定の時間肌に密着させることによってしっかりと美容成分を肌に浸透させることができますし、洗顔後の保湿ケアとしては効率的と言えるでしょう。

現在ではさまざまなフェイスパック製品が販売されていますから、自分に合った製品を見つけてみましょう。

3-2. 保湿用美容液

洗顔後に保湿用美容液を使うのもおすすめです。

保湿用美容液は乾燥肌の方にもおすすめできるスキンケアアイテムですから、洗顔後にしっかりと保湿をしたいという方にもおすすめの製品です。

洗顔後に保湿用美容液を使うタイミングですが、化粧水を浸透させた後に美容液を使い、そのあとに乳液やクリームを使います。

4. 保湿対策は洗顔から始まっている!

洗顔3
洗顔後の保湿対策は洗顔をしているときからすでに始まっています。

間違った洗顔をしていると洗顔後の正しい保湿ケアができませんから、まずはしっかりと正しい洗顔を行うことが先決となるでしょう。

ここでは洗顔後に正しい保湿ケアができるように洗顔時のポイントをご紹介します。

4-1. 洗いすぎない

洗いすぎないことは非常に重要です。

洗いすぎてしまうと肌に必要な皮脂や角質まで取り除いてしまいます。

そのような状態で保湿しても正しい保湿効果を得ることは難しいものです。

洗顔の回数は多くても1日2回程度に留めておくようにしましょう。

4-2. 水温に気を付ける

洗顔後の保湿ケアを正しく行うためには水温にも注意しなくてはなりません。

基本はぬるま湯で行います。32度くらいがもっとも洗顔に適した温度と言われていますから、この数字を目安にしてみましょう。

数字だけでは判断できませんから、実際にぬるま湯で洗顔をするときには手で触って温度を確認することが重要です。

熱すぎるお湯で洗ってしまうと乾燥しやすくなってしまいますから注意しましょう。

4-3. しっかり泡立てて洗う

洗顔後の保湿を正しく行うにはしっかり泡立てて洗うことが大切です。

たっぷりの泡で洗うことによって毛穴の奥に入った汚れも除去することができますから、洗顔後の保湿もしやすくなります。

毛穴の汚れをしっかりと除去することができればそれだけ化粧水も浸透しやすいですし、乳液で蓋もしやすくなります。

4-4. タオルでやさしく拭く

洗顔後の保湿まで考えるのならタオルで拭くときも注意が必要です。

あまりゴシゴシと強い力で拭き取らず、優しく水分をふき取るようにしましょう。

5. 保湿を意識した洗顔の方法

洗顔4
ここでは、洗顔後の保湿を意識した洗顔の方法についてご紹介します。

5-1. 手を洗う

洗顔後の保湿を意識した洗顔では手を洗うことから始まります。

たくさんの雑菌や汚れが手には付着していますから、まずはしっかりと手洗いして雑菌を落としましょう。

5-2. ぬるま湯で顔をすすぐ

顔をすすぐときにはぬるま湯で行います。

先ほども言ったように熱湯はもちろん、冷水で洗うのも控えるようにします。

冷水だと毛穴が収縮してしまい、汚れが落としにくくなります。

5-3. 洗顔料を良く泡立てる

洗顔後の保湿を意識した洗顔では、洗顔料をしっかりと泡立てることが大切です。

洗顔料を泡立てるときには洗顔ネットなどを使ってたっぷり泡立てましょう。きめ細かい泡だと毛穴の汚れもとりやすくなります。

5-4. 泡を顔にのせていく

泡をTゾーンに乗せて洗っていきます。まずは皮脂の多いTゾーンから洗い、顔全体を洗っていきましょう。

5-5. 泡で円を描くようにして洗う

実際に洗うときには泡で円を描くようにして洗っていきます。

ゴシゴシ洗わないようにしましょう。

肌に刺激を与えてしまうような洗い方は避けるようにします。

5-6. 泡が残らないように丁寧にすすぐ

泡が残らないようにしっかりとすすぎます。泡が肌に残っていると肌トラブルの原因になりやすく、洗顔後は保湿しづらくなります。

5-7. タオルでやさしく水分を拭き取る

最後に優しくタオルで水分をふき取ります。

水分が残っていると化粧水が浸透しづらくなります。しっかりとタオルで拭き取るようにしましょう。

ただし、タオルで拭き取るときも肌に刺激を与えるようなやり方はせず、丁寧に優しくふき取るようにします。洗顔後の保湿を意識して優しく拭き取るように心がけましょう。

6. まとめ

洗顔後の保湿を正しく行うためには洗顔も重要ということについてお伝えしてきました。

洗顔だけをしっかり行っても美しい肌にはならないでしょうし、保湿だけに力を入れていてもキレイな肌を手に入れることはできません。

洗顔後の保湿を適切に行うためにも、正しい洗顔の方法を知る必要があります。

ぜひご紹介した洗顔方法を参考に、肌の保湿に取り組んでみてくださいね。

この記事は2016年9月9日時点での情報になります。

また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。



Pocket
LINEで送る