2017年4月17日 更新

むくのはNG?日焼けによる皮むけの対処方法とアフターケアポイント

日焼け 皮むけ日焼けしすぎて皮むけがひどい…気になるからむいてしまおうかどうしようかお悩みではありませんか?

皮むけがひどいと、気になるあまり人前に出るのも恥ずかしくなってしまうこともありますよね。

本日は、日焼けによる皮むけの対処方法と、気をつけてほしいポイントをご紹介します。

※今回は、今日日焼けしたばかり!という方ではなく、時間がたって皮がめくれてきたという方のための内容です。
日焼けしたばかりの方とは対策が異なる場合があります。



◆肌らぶ セレクション◆

ホワイティシモ UVブロック シールドホワイト(医薬部外品)
ホワイティシモUVブロックシールドホワイト

SPF50・PA++++。夏のおでかけにもぴったりの日焼け止めです。
通常の洗顔料やボディソープでオフできます。
軽やかでみずみずしいミルキータイプで、肌の上をなめらかに伸びる心地よい感触です。

公式HP

1.日焼け後の皮むけはじっと我慢!

ミネラルファンデーション日焼け後に皮膚が中途半端にはがれているものは、自然にはがれるまでは何もしないようにしましょう。一度むき出すと歯止めがきかなくなることも考えられます。

中途半端にはがれた皮をむこうとして、まだむけていない部分の皮までむいてしまっては、さらなる肌のダメージにつながりかねません。

皮むけが起こっている肌は、紫外線の影響によりダメージを受けている状態であるため、できるだけ肌への負担をかけないようにすることが大切です。

どうしても気になってしまう皮むけですが、落ち着くまでじっと我慢しましょう。

2.日焼けによる皮むけの対処方法

日焼け皮むけ日焼け後の皮むけが起きた肌には、不足した水分をしっかりと補って「保湿」することがポイントです。朝晩と日中、それぞれのポイントをご紹介します。

2-1.基本は化粧水+乳液でうるおい補給

顔も身体も、化粧水で水分補給をしましょう。そのあと、乳液(クリーム)を塗って肌を保護することをおすすめします。

化粧水だけでお手入れを終えてしまうと、せっかく与えた水分が逃げやすく、より肌が乾燥しやすくなる原因となることもあります。
化粧水+乳液のセット使いを意識しましょう。

日焼け後の肌は水分が不足しがちなので、化粧水はいつもより多めにつけることがポイントです。

背中などのどうしても届かない箇所を除いて、スプレータイプは使わず手でたっぷりつけることをおすすめします。

2-2.日中は全身に使える保湿アイテムを活用

日中も皮むけが気になる場合は、その都度うるおいを与えて保湿しましょう。

ただ、いつも使っている化粧水と乳液を持ち運ぶのはなかなか大変だと思います。

そのため、外出する時は携帯用ボトルに詰め替えたり、顔や身体、唇など、全身の保湿に使うことができる保湿アイテムを1つ持っておくとよいでしょう。

3.日焼けによる皮むけに!5つのアフターケアポイント

①皮むけ箇所はできるだけ隠す

日焼け皮むけ日焼けをして皮むけした肌は乾燥しやすく、さらに紫外線の影響も受けやすくなるといわれています。

外出する際は衣類で肌を隠したり日傘を使用したりして、さらなる日焼けをしないように心がけましょう。

②洗うときはやさしく丁寧に

日焼け皮むけ皮むけが落ち着くまで、洗顔や入浴の際は「やさしく丁寧に」行うようにしましょう。

泡でやさしく洗うイメージで行うことが大切です。
身体の場合は手で洗うなどしてもよいでしょう。

③水を多めに飲む

日焼け皮むけ日焼けした後は、積極的に水分を補給することをおすすめします。

仕事中や食事中などに水分をとる習慣があまりないという方は特に、意識的に水を口にするように心がけましょう。

すぐに水が飲めるよう、ミネラルウォーターを常備しておくなどの対策もよさそうですね。

④・ビタミンC・ビタミンE・たんぱく質などを積極的に摂る

日焼け皮むけビタミンCバランスの良い食事を前提としたうえで、ビタミンC・ビタミンE・たんぱく質などを特に意識して食事に取り入れてみてはいかがでしょう。

【ビタミンCを多く含む食品例】ピーマン、ブロッコリー、柿、いちご など
【ビタミンEを多く含む食品例】すじこ、うなぎ、モロヘイヤ、かぼちゃ、アーモンド など
【たんぱく質を多く含む食材例】肉、乳製品、魚、卵、大豆 など

⑤睡眠をしっかりとる

日焼け皮むけ日焼け後は体力も落ちやすいといわれています。

日焼け後に限ったことではありませんが、身体を休めるためにも質の良い睡眠をとるように心がけましょう。

4.皮むけしないための日焼け対策

皮むけをしてしまったということは、紫外線対策の方法に何らかの漏れがあったのかもしれません。

同じことを繰り返さないためにも、今後の紫外線対策として次の2点を意識してみてはいかがでしょうか。

①日焼け止めは適量をきちんと塗る

日焼け 皮むけ日焼け止めを塗るとき、特に意識したいポイントのひとつが「量」です。

商品のパッケージやホームページなどに記載されている適量をきちんと使用するようにしましょう。

特に表示のない場合も、肌をこすらずじゅうぶんに伸ばせる量を使うことをおすすめします。

一度に塗ると厚ぼったくなってしまうという場合は、2回に分けて塗るのもよいでしょう。日焼け 皮むけ2身体に塗る際は、身体に線を描くように直接つけてから手で伸ばすようにすると、ムラづきを防ぎやすくなります。

②日焼け止めは2~3時間おきに塗り直す

一度日焼け止めをつけたら、その後2~3時間おきに塗り直すことをおすすめします。

最初に適量をつけていても、汗や皮脂などと一緒に落ちる場合があるためです。

ウォータープルーフタイプと表記のある日焼け止めの場合も同様です。

また、長時間外にいる場合は特に頻繁な塗り直しを意識しましょう。

5.最後に

日焼け皮むけいかがでしたでしょうか。

日焼けをしないことがいちばんですが、日焼けをして皮むけしてしまった場合は、こまめな保湿ケアが何よりも大切といえます。

これ以上日焼けしないために、日々の紫外線対策も抜かりなく行いましょう!

この記事は2017年4月12日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がありますのでご理解ください。