メニューを開く
アスタリフト;

むくのはNG?日焼けによる皮むけの正しい対処方法とケアポイント

日焼け_皮向け
日焼けしすぎて皮むけがひどい…気になるからむいてしまおうかどうしようかお悩みではありませんか?

皮むけがひどいと人前に出るのもはずかしいですし、気になって仕方がないですよね。

本日は、日焼けによる皮むけの正しい対策と、気をつけてほしいポイントをご紹介します。

※今回は、時間がたって皮がめくれてきたという方のための内容です。
今日日焼けしたばかり!という方は、まずはこちらの記事からご確認ください。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.日焼け後の皮むけはじっと我慢!

日焼け後に皮膚が中途半端にはがれているものは、自然にはがれるまでは何もしないようにしましょう。一度むき出すと歯止めがきかなくなる場合がほとんどです。

また、皮むけが起こっている肌は、紫外線の影響によりダメージを大きく受けてしまっている状態のため、できるだけ肌への負担をかけないようにすることが大切です。

めくれている部分がどうしても気になる場合は、根元を傷つけないように、眉用バサミなどの切りやすいハサミで切りましょう。

無理やり皮をむくと、ものに当たったときなどに痛みが出ることがあります。

2.日焼けによる皮むけの正しい対処方法

保湿 
日焼け後の皮むけは、肌に不足した水分をしっかりと補って「保湿」することがポイントです。朝晩と日中、それぞれのポイントをご紹介します。

2-1.朝晩は化粧水・乳液で潤い補給

顔も身体も、化粧水で水分補給をしたあと、乳液(クリーム)を塗って肌を保護してあげましょう。

日焼け後の肌は水分が不足しがちなので、化粧水はいつもより多めにつけることがポイントです。

背中などのどうしても届かない箇所を除いて、スプレータイプは使わず手でたっぷりつけることをおすすめします。

また、化粧水の後には、乳液やクリームを使用することも大切です。

化粧水だけでお手入れを終えてしまうと、せっかく与えた水分が逃げやすく、より肌の潤いが奪われやすくなる原因となることがあります。

2-2.日中はワセリンで肌を保護

日中も皮むけが気になる場合は、その都度潤いを与えて保湿しましょう。

ただ、化粧水と乳液を持ち運ぶのはなかなか大変だと思いますので、外出する時は「ワセリン」があると便利です。全身の保湿ができて、唇まで使うことができます。

サイズも豊富にありますので、携帯に便利なものを選ぶようにしましょう。購入する際は、薬剤師さんに相談してみてください。

《参考商品》
ベビーワセリン60g商品名:ベビーワセリン(化粧用油)
販売元:健栄製薬株式会社

3.日焼けによる皮むけ 4つのケアポイント

①皮むけ箇所はできるだけ隠す

カーディガン
日焼けをして皮むけした肌は乾燥しやすく、さらに紫外線の影響も受けやすくなります。

外出する際は衣類で肌を隠したり日傘を使用したりして、さらなる日焼けをしないように心がけましょう。

また、日焼け止めは皮むけがある程度おさまってからの使用をおすすめします。

日焼け止めを塗る時や落とす時に、皮膚に摩擦がかかってしまうと、痛みをともなったり皮がよけいに剥がれてしまったりすることが考えられるので注意しましょう。

②ボディソープはできるだけ使わない

ボディソープNG
皮むけが落ち着くまでは、できるだけボディソープや石鹸は使わず、ぬるま湯だけで洗うようにしましょう。

もしくは、皮むけしていない箇所だけを洗うようにして、洗い流すときもできるだけお湯がかからないように意識しましょう。

皮むけしている肌は、ボディソープや石鹸の洗浄成分や、シャワーによる水圧が肌に負担となってしまうことが考えられるからです。

③水を多めに飲む

水を飲む女性
日焼け直後は身体全体の水分が失われている状態なので、積極的に水分を補給するようにしましょう。

仕事中や食事中など、日頃水分を摂らない方は、意識的に水を口にするように心がけることをおすすめします。

④たんぱく質・亜鉛・ビタミンC、を多めに摂る

もちろんバランスの良い食事が大前提ではありますが、日焼け後は特にたんぱく質、亜鉛、ビタミンC、ビタミンEを摂取して、しっかりと栄養を補給しましょう。

これらの栄養素は、すこやかな肌を保つために大切だと言われているため、意識して摂取することをおすすめします。

■たんぱく質

食事 たんぱく質 たんぱく質の多い食材
肉・乳製品・魚・卵・大豆

■亜鉛

牡蠣 亜鉛 亜鉛の多い食材
牡蠣・のり・しじみ・肉・納豆

■ビタミンC

ピーマン・ブロッコリー
ビタミンCの多い食品
ピーマン、パセリ、ブロッコリー、アセロラ、キウイ

4.皮むけしないための正しい日焼け対策

皮むけをしてしまったということは、日焼け対策が間違っていた、あるいは完璧ではなかったという可能性が考えられます。同じことを繰り返さないためにも、次の2点を意識しましょう。

①日焼け止めは気持ち厚めに塗る

日焼け止めは、思っているよりも多めの量を塗るように意識しましょう。ほとんどの方が少なすぎる量しか塗っていないことが多いです。

商品によって使用量の目安にも多少の差はありますが、基本的には、顔全体に塗る場合の適量は、500円玉くらいの大きさです。

IMGP5598
一度に塗ると厚ぼったくなるので、2回に分けて塗りましょう。

身体に塗る際は、手につけてから塗るのではなく、身体に線を描くように直接つけてから、手で伸ばすようにすると適量を塗ることができます。
日焼け止めからだ

②海やレジャーでは2~3時間置きに塗り直す

長時間外にいる場合は、日焼け止めをより効率的に使うためにも、2~3時間置きに塗り直すことをおすすめします。

最初にきちんと適量をつけていても、汗や皮脂などと一緒に落ちている場合があるためです。

また、ウォータープルーフタイプの日焼け止めであっても、水に強いというだけで完全に水をはじくということではないので、必ず塗り直しをすることをおすすめします。

日焼け止めの塗り直し方法については、こちらの記事をご参照ください。

【おすすめ日焼け止め】
ホワイティシモ UVブロック シールドホワイト
ホワイティシモ UVブロック シールドホワイト
SPF50・PA++++なので、夏のおでかけにぴったりの日焼け止めです。
ウォータープルーフですが、専用クレンジングは不要なので落とす手間もかかりません。
軽やかでのばしやすいミルキータイプなので、なめらかに伸ばすことができます。

>ポーラ公式HPはこちら

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター
アネッサ パーフェクトUV アクアブースター
汗や水に触れると、紫外線をよりブロックする「アクアブースター技術」を搭載した、SPF50+・PA++++の日焼け止めです。
ウォータープルーフタイプですが、石けんで落とすことができます。
みずみずしく肌にのび広がり、さらっとした心地よい使用感です。

>資生堂公式HPはこちら

5.最後に

いかがでしたでしょうか?日焼けをしないことが一番ですが、日焼けをして皮むけしてしまった場合は、こまめな保湿ケアが何よりも大事です。
また、これ以上日焼けしないために、日々の日焼け対策をしっかり行いましょう。

この記事は2016年9月2日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がありますのでご理解ください。


Pocket
LINEで送る