メニューを開く

香水の付け方|量・位置・髪や服には?香水マニュアル★


Pocket
LINEで送る

香水 付け方
香水を持っている・使っているけれど、実は香水の付け方が良く分からない!

本当に付けるべき位置はどこ?

体以外に付けることはできるのかな?

付けすぎた場合はどうしたら良い?・・・・・などなど、香水の付け方をマスターしたい方へ☆

今回は、気になる香水の使い方・疑問にお答えします!

今更ちょっと聞きづらい香水の付け方について知って、より一層香りを楽しみましょう♪



1.香水を付けるタイミング

香水は、付けてから3段階に香りを変化させていきます。

①トップノート

トップノートとは、香水の一番初めに発する香りですのでやや強めに香り立ちますが、10分程で、だんだんと次の香りに移り変わります。

②ミドルノート

その香水の中心とも言える、2番目の香りをミドルノートと呼びます。30分~1時間後くらいに香り立つのがこのミドルノートで、その香水を象徴するメインの香りです。

③ラストノート

ラストに香るのが、ラストノートです。ムスクやバニラ系などの残りやすい香りがじんわりと楽しめます。

 

香水を付けた直後は、香りがやや強めに香り立ちます。そのため、香水が丁度よく香るタイミングは付けてからおおよそ30分後、と言われています。

お出かけ前の30分前くらいに香水を付けておくと良いでしょう。

香水を付ける時間を工夫することで、出かけるときにタイミング良く香りを楽しむことができます。

その香水を使っていく中で3段階の香りの時間を把握したら、その中で一番好きな香りの時間に合わせ、出かける前に前もって香水を付けておくのもおすすめです。

例えば、ミドルノートからラストノートへと移りゆく香りが一番好きなら、出かける2、3時間前から香水を付けておく、など、3つの移りゆく香りの時間を把握することで、より香水を楽しむことができます。

2.香水を付けるところ

香水は、付ける位置によって香り方が異なります。

プライベートや仕事など、TPOで香りを調節・使い分けることをおすすめします。

香水を付ける位置によって香りの強さを調節することができますので、参考にして下さい。

体に香水を付ける

●しっかりと香りを楽しみたいとき

・耳の後ろ・手首の内側・うなじ等

香りをしっかりと放ちたい・香らせたい時は、耳の後ろや手首の内側、うなじなど体温の高い位置に付けるようにしましょう。

体温の高い位置に付けることで、香りをしっかりと放ちます。

●ふんわりとした香りを楽しみたいとき

・ひざの裏・足首・太ももの内側等

香りをやわらかくまといたい・長く楽しみたいときは、ひざの裏、足首、太ももの内側など体温の低い位置に付けるようにしましょう。

香りは下から上に上がると言われていますので、軽やかに香るよう下半身を意識して付けることをおすすめします。

また、よりほんのりと香らせたい場合は、服を着る前にウエストに付けるとさりげなく香りますのでお試しください。

香水は髪に付けられる?

髪の毛 サラサラ

香水は髪に付けることもできます。

しかし、髪に傷みのある場合は、香水が髪の負担になることもありますので、様子を見て判断して下さい。

香水は服に付けられる?

香水 服

衣服に香りを付けたいときは、衣服用のフレグランスを使うことをおすすめします。

通常の香水をつけると、色がついたり服の色が変わったりすることもあります。

3.香水の付け方

香水の付け方は香水の形態によって異なりますので、使う香水に合わせて使用します。

①スプレータイプ
香水_付け方03
スプレーのタイプの香水は香りを付けたい位置を決め、その位置から10センチ~20センチ離してバランス良く吹きかけて下さい。この時、まずは1プッシュのみにしましょう。

また、空中で香水を1プッシュして、霧状になった香水が顔にかからないよう注意しながら、その下をくぐって付けるという方法もあります。

②香水瓶タイプ
香水_付け方04
スプレー式ではなく香水瓶にそのまま入っている場合は、付けたい部位にそのまま液を1滴垂らすかもしくは、清潔な手に取ってから付けて下さい。

香水瓶を斜めにして、瓶の底をトンと叩くと1滴出てきます。

※付ける際に瓶を傾けすぎてしまったり、強く叩きすぎてしまうと液がドバッと出てきてしまう場合がありますので注意して下さい。

また、香りを付けずに持ち歩きたい時は、香りをふりかけた物をバッグに忍ばせておくと、ほんのりと香りを楽しむことができるのでおすすめです。

バッグの中までいい香りなんて、何だかオシャレですね♪

●香水を付ける際のポイント

香水には4つの種類が存在します。香水のボトルの裏に記載されているのが、その香水の種類です。

4つの種類によって香りの持続時間・濃度が変わってきますので、最初に自分の香水のボトル(パッケージ)に記載されている種類を確認しましょう。

以下に目安を記載します。

①パルファン
4つの種類の中で濃度・持続時間共に1番です。

濃度・・・20~30%
持続時間・・・5時間~半日程度

②オーデパルファン

2番目に濃度の高いものが、オーデパルファンです。しっかりとした香りを放ちます。

濃度・・・7~15%
持続時間・・・5時間程度

③オードトワレ

オーデパルファンよりも軽やかに香るのがオードトワレですが、種類によってはしっかりと香るものもあります。

濃度・・・5~10%
持続時間・・・3時間程度

④オーデコロン

オーデコロンは4つの中で一番濃度が薄く、ライトな付け心地が特徴です。

濃度・・・2~5%
持続時間・・・2時間程度

このように種類によって香りの持続時間・濃度が異なってきますが、まずは1プッシュまたは1滴のみを付け、その香水の香りの濃さ(強さ)を把握して下さい。

同じ1滴でもパルファンとオーデコロンとでは、香りの強さや持続時間が大きく変わってきます。

付けていく中で香りが弱く感じるものは、次から2滴付けるなど量の調節をして下さい。

また、香水は汗と混ざると香りづらくなると言われています。

その香水の香りを楽しむ為にも、汗をかいた場合は綺麗に拭くなど肌を清潔にしてから付けるよう心がけましょう。

4.付けすぎた場合の対処法

香水を付けすぎてしまった、香りがきつい・・と、香水を付ける際に失敗してしまうことって、ありますよね。

香水を付ける際に失敗してしまった、そんなときは、以下の手順で香りを抑えることができます。

①アルコール・消毒エタノールをコットンに馴染ませる
香水_付け方01

②馴染ませたコットンで、香水を付けた部位を軽く抑えるようにふき取る
香水_付け方02
毎日同じ香りを付けていると、その香り自体に慣れてしまい、必要以上の量を付けすぎてしまうことも考えられます。

香水は、1プッシュで十分な香りを放ちます。

程良く香る程度が良いバランスですので、付けすぎてしまったかな?と感じた時は、焦らず香りを抑えて、ちょうど良いと思える香りを楽しみましょう。

5.香水のマナー

香水はおしゃれの一部として、あくまでも香りを楽しむ為のものです。香りによって周りに迷惑をかけることのないように、マナーをしっかり守って香りを楽しむことが大切です。

●香水を控えた方が良い場所

①レストラン
レストラン
食事を楽しむ場所に、香水を付けすぎて行ってしまうと、食事をしている方が気になってしまうかもしれません。

自分自身も、料理の香りを楽しみづらくなってしまうかも。

レストランなどでは強い香りは控え、食事の後に付けるなどの工夫をすると良いでしょう。

②人が密集する場所

満員電車などの人が密集するような場所に、強く香りをまとうことは控えましょう。

付ける際は、やわらかく香るものを選ぶことをおすすめします。

③葬儀場

葬儀場などに行く際は、初めから香りを付けないようにしましょう。

6.香水の付け直し方法

先程お伝えした、香水の4つの種類によって異なる香りの持続時間を元に、付け直すタイミングを考えましょう。

香水の香り立ちがいまいち良くないと感じる場合は、次に付ける位置を耳の後ろ・手首の内側・うなじ等の体温の高い位置に変えて付けることをおすすめします。

逆に、香りが強いかもしれないと感じたら、次に付ける位置をひざの裏・足首・太ももの内側等の体温の低い位置に付けるようにします。

香水を付け直す前に考える

毎日同じ香水を使っていくうちに、その香り自体に慣れてしまいがちです。

ですが、自分は香りを感じなくても、まだしっかりと香りが残っている可能性もあります。

例えば持続時間5時間目安のオーデパルファンを、付けてから3時間後に付け直してしまうと、香りが十分に残っている状態の所に香りがプラスされてしまうことになります。

そうすることで、周りが気になるくらいの強い香りを放ってしまうこともあります。

香水を付け直す前に、自分の使っている香水の種類と付けた時間を考えて、本当に付け直す必要があるのかを判断しましょう。

持ち運びには、アトマイザーを活用する

アトマイザー
香水ボトルが大きすぎて持ち歩けないとお悩みの方は、アトマイザー(香水を入れる容器)に少量を移し替えると便利です。

お手軽な値段から、可愛いデザインのアトマイザーなど、種類は様々ですのでお気に入りを見つけてみて下さい!

7.香水の保管方法

お気に入りの香水が、いつのまにか変化してしまった・・

色が変わってしまった・・

なんてことのないように、香水は正しく保管することが重要です。

香水は、日が当たる場所での保管は避け、日が当たらないようなるべく涼しい場所で保管して下さい。

また、香水に含まれるアルコールが蒸発し、中身が黄色く変色してしまうことがあります。蒸発を防ぐ為にも、使った後はしっかりとフタを閉めましょう。

使っていくうちに香水の量が減ってくると、容器に空気が入りやすくなってしまいます。香水の鮮度を保つ為にも、少なくなってきたらアトマイザーに移しかえると良いでしょう。

また、もう使わない香水・だいぶ使っていない香水があるならそのままにせず、ルームフレグランスとして楽しむなどの工夫をしても良いですね♪

8.まとめ

香水の基本的な使い方からマナーまで、今回は香水の様々な使い方をご紹介しました!香水を楽しむ為にも、香水の選び方も大切です!

今の香りが自分に合ってないかも・・と思ったときはこちらの記事も合わせてご覧ください。

好きな香りを選び、香水の使い方をしっかりマスターして思いっきり香りを楽しんで下さいね♪

この記事は2016年4月14日時点での情報になります。
また、記ことの内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る