メニューを開く

理想の体重は何kg?身長別の理想体重早わかり♡

理想の体重理想の体重って、何kgなんだろう?とお悩みのあなた。

体重は、身長によって変わるものと分かりながらも、周りの友達や芸能人の体重を耳にすると「私ってダイエットした方がいいの?」と、敏感に反応してしまいますよね。

理想の体重は計算方法があり、自分の身長を知っている人なら誰でも簡単に数値を出すことができます。

今回は、身長から算出する理想の体重(標準体重、美容体重、シンデレラ体重、モデル体重)の数値と、理想の体重になるためのおすすめ習慣についてご紹介します。

理想の体重については、身長別にみる理想値の早わかり付きです。自分の体重は理想値と比較した場合、重いのか軽いのか…早速確認していきましょう。



astalift
astalift

1. 理想の体重は何kg?

理想の体重理想の体重が何kgなのかは、身長をもとに体型計算式を用いることで算出できます。

体型計算式には、体重と身長から割り出すBMI(Body mass index)という体格指数が使われます。BMIは以下の計算式で算出します。

BMI = 体重(kg) ÷ 身長(m) × 身長(m)

医学的に最も病気が少ないBMIの数値を22とし、18未満を痩せぎみ、25以上を太りぎみとしています。

一言に「理想」といっても、健康を重視したい人、美しさを追求したい人、モデルのような体型じゃないと満足できない人…など、どんなスタイルに憧れているのかによって、理想の基準はさまざまですよね。

あなたの理想とするスタイルの体重は何kgなのか…早速みていきたいと思います。

2. 理想の体重① 健康(標準)体重

理想の体重健康(標準)体重とは、医学的に最も病気にかかりにくいと言われている体重です。健康診断で推奨されるのも、この健康(標準)体重となります。

痩せ型が美しいという概念の強い日本人女性は、健康(標準)体重は見た目的に少し太めと感じている人が多いのが現実です。

しかし健康(標準)体重は、その名の通り健康を維持しながらメリハリのあるボディを実現できるため、内外ともに健康的な体型を目指す人にとってまさに理想の体重と言えるでしょう。

健康(標準)体重は「BMI=22」で設定され、以下の計算式で算出します。

健康(標準)体重(kg) = 身長(m) × 身長(m) × 22

【身長別にみる健康(標準)体重の値】

身長150cmの女性の場合=49.5kg
身長151cmの女性の場合=50.2kg
身長152cmの女性の場合=50.8kg
身長153cmの女性の場合=51.5kg
身長154cmの女性の場合=52.2kg
身長155cmの女性の場合=52.9kg
身長156cmの女性の場合=53.5kg
身長157cmの女性の場合=54.2kg
身長158cmの女性の場合=54.9kg
身長159cmの女性の場合=55.6kg
身長160cmの女性の場合=56.3kg
身長161cmの女性の場合=57.0kg
身長162cmの女性の場合=57.7kg
身長163cmの女性の場合=58.5kg
身長164cmの女性の場合=59.2kg
身長165cmの女性の場合=59.9kg
身長166cmの女性の場合=60.6kg
身長167cmの女性の場合=61.4kg
身長168cmの女性の場合=62.1kg
身長169cmの女性の場合=62.8kg
身長170cmの女性の場合=65.1kg

3. 理想の体重② 美容体重

理想の体重美容体重とは、現代の細身志向から理想とされている、見た目を重視した体重です。平均よりも痩せている範囲の値になるため、まさに美容感度の高い方にとって理想の体重といえます。

美容体重は「BMI=20」で設定され、以下の計算式で算出します。

美容体重(kg) = 身長(m) × 身長(m) × 20

【身長別にみる美容体重の値】

身長150cmの女性の場合=45.0kg
身長151cmの女性の場合=45.6kg
身長152cmの女性の場合=46.2kg
身長153cmの女性の場合=46.8kg
身長154cmの女性の場合=47.4kg
身長155cmの女性の場合=48.1kg
身長156cmの女性の場合=48.7kg
身長157cmの女性の場合=49.3kg
身長158cmの女性の場合=49.9kg
身長159cmの女性の場合=50.6kg
身長160cmの女性の場合=51.2kg
身長161cmの女性の場合=51.8kg
身長162cmの女性の場合=52.5kg
身長163cmの女性の場合=53.1kg
身長164cmの女性の場合=53.8kg
身長165cmの女性の場合=54.5kg
身長166cmの女性の場合=55.1kg
身長167cmの女性の場合=55.8kg
身長168cmの女性の場合=56.4kg
身長169cmの女性の場合=57.1kg
身長170cmの女性の場合=57.8kg

4. 理想の体重③ シンデレラ体重

理想の体重シンデレラ体重とは、ダイエットへの関心が一番高いティーンの間で理想とされている体重です。シンデレラのようなプリンセスを目指すなら、ただ痩せるのではなく健康管理にも十分気をつけたいですね!

シンデレラ体重は「BMI=18」で設定され、以下の計算式で算出します。

シンデレラ体重(kg) = 身長(m) × 身長(m) × 18

【身長別にみるシンデレラ体重の値】

身長150cmの女性の場合=40.5kg
身長151cmの女性の場合=41.0g
身長152cmの女性の場合=41.6kg
身長153cmの女性の場合=42.1kg
身長154cmの女性の場合=42.7kg
身長155cmの女性の場合=43.2kg
身長156cmの女性の場合=43.8kg
身長157cmの女性の場合=44.4kg
身長158cmの女性の場合=44.9kg
身長159cmの女性の場合=45.5kg
身長160cmの女性の場合=46.1kg
身長161cmの女性の場合=46.7kg
身長162cmの女性の場合=47.2kg
身長163cmの女性の場合=47.8kg
身長164cmの女性の場合=48.4kg
身長165cmの女性の場合=49.0kg
身長166cmの女性の場合=49.6kg
身長167cmの女性の場合=50.2kg
身長168cmの女性の場合=50.8kg
身長169cmの女性の場合=51.4kg
身長170cmの女性の場合=52.0kg

5. 理想の体重④ モデル体重

理想の体重モデル体重とは、モデルや芸能人など、スタイルを売りに仕事をしている人が目指す理想の体重です。実際にこの体重を目指している女子は全体の3%くらいという程、普通の人にとっては痩せ過ぎの状態になってしまうので、数値は参考程度にご覧ください♡

美容体重は「BMI=17」で設定され、以下の計算式で算出します。

美容体重(kg) = 身長(m) × 身長(m) × 17

【身長別にみるモデル体重の値】

身長150cmの女性の場合=38.3kg
身長151cmの女性の場合=38.8kg
身長152cmの女性の場合=39.3kg
身長153cmの女性の場合=39.8kg
身長154cmの女性の場合=40.3kg
身長155cmの女性の場合=40.8kg
身長156cmの女性の場合=41.4kg
身長157cmの女性の場合=41.9kg
身長158cmの女性の場合=42.4kg
身長159cmの女性の場合=43.0kg
身長160cmの女性の場合=43.5kg
身長161cmの女性の場合=44.1kg
身長162cmの女性の場合=44.6kg
身長163cmの女性の場合=45.2kg
身長164cmの女性の場合=45.7kg
身長165cmの女性の場合=46.3kg
身長166cmの女性の場合=46.8kg
身長167cmの女性の場合=47.4kg
身長168cmの女性の場合=48.0kg
身長169cmの女性の場合=48.6kg
身長170cmの女性の場合=49.1kg

6. 理想の体重になるための5つの習慣

理想の体重理想の体重になるためには、特別なダイエットを一時的に行うよりも、習慣化して、毎日継続することがとても大切です。
過度なダイエットは、ストレスになります。健康を害して手にする美は、本当の美しさとは言えませんよね。

この章では、意識することで理想の体重に近づける、おすすめ習慣を5つご紹介します♡

おすすめ習慣① 毎日同じ時間に体重を測る

理想の体重毎日同じ時間に、体重を測りましょう。ベストのタイミングは、朝起きてトイレに行った後です。

毎日計測すると、体重を管理しようとする自覚が生まれます。たまに体重計に乗るというスタンスでは、自分の理想の体重から逸れたときに気づくのが遅くなってしまうのです。

毎日体重を測ることで、理想の体重からズレが出たときでも早期に気付けるので、早めに軌道修正することができますよ。

おすすめ習慣② 食生活は無理せずできるところを改善

理想の体重食生活は、無理をせずに毎日続けられることを見つけて改善していくことが大切です。

カロリーを制限したダイエットはストレスがたまり、挫折することも多いですよね。

無理に食事制限をしようとせず、20時以降の身体が脂肪をためこみやすい時間帯は夜食を控え、食事の際にひと口20回程度を目安にしっかりよく噛んで食べるようにしましょう。

慌てて食べずに食事の時間をゆっくり過ごすことや、食べたものを日記として記録するだけでも、食事に関する気持ちの在り方が変化し、体重管理に良い影響をもたらします。

食事は、一生続けていくものです。ダイエットしようと一定の期間だけ頑張るのではなく、栄養バランスの行き届いた規則正しい食生活を意識し、自分の生活スタイルとして根付かせましょう♡

おすすめ習慣③ 運動はやりたいときにやる

理想の体重運動は義務にしてしまうと挫折しがちなので、気分が乗ったときにやれば良い、と緩めのルールを設けることが大切です。

慣れない運動が負担となり、ダイエットを挫折したという方も多いですよね。

運動は楽しく行うことができれば、体重維持だけでなく気分転換や健康な身体づくりにもなります。無理やりやるのでは長続きしませんが、楽しくできれば気持ちもリフレッシュできて一石二鳥です。

毎日やろうとするのではなく、身体を動かそうと気分が乗ったときや、気持ちをスッキリさせたいというときに、思い切りやってみるようにしましょう♡

おすすめ習慣④ 水分の摂取量を増やす

理想の体重水分の摂取量を増やすことを心がけましょう。

就寝時は多くの水分が失われているので就寝前や起きた後、また、入浴中も汗をかくので入浴前や入浴後などは、意識的に水分を摂りましょう。

体内の水分が不足すると、便秘しやすくなります。また、体内の水分不足から代謝が悪くなり、体がむくみやすくなります。

便秘は、ダイエットの大敵です。仮に体重が増えてしまったとしても、むくみや便秘を解消させるだけで見た目をスッキリさせることができます。

特に睡眠不足の日は、腸の動きが鈍る傾向にありますので、水分を多めに摂取することを意識してください。

おすすめ習慣⑤ 睡眠時間をしっかり確保する

理想の体重睡眠不足は健康にも美容にもよくありませんので、睡眠時間をしっかり確保することが大切です。

睡眠不足の頭がボーっとしているときは脳が酸欠の状態で、身体の各部へ正しい指令が出せなくなってしまいます。そのため、むくみや便秘などの症状が出やすくなります。
理想の体重になるためには、十分に睡眠をとり身体を休めるようにしましょう。

睡眠時間が短くなりそうな場合は、寝る前に是非ストレッチをし、リラックス状態が作ってから眠りに就くことで、睡眠の質を良くすることができます。

多忙な毎日の中で睡眠時間の確保が難しい場合は、良質な睡眠をとることにこだわって、自分なりのゆったりとリラックスできる時間を過ごしてみてくださいね。

7. まとめ

理想の体重についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。

体重はどうしても気になるものですが、スタイルを意識するなら体重だけが全てではありません。プロポーションで大切なのは、全体のバランスです。

理想の体重の値はあくまでも目安にとどめ、その人にあった体脂肪率や筋肉量も考慮した美しい体型を目指しましょう♡

この記事は2016年11月28日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る