メニューを開く

眠気を覚ますツボはここ!すぐに眠気を解消する6つのツボ


Pocket
LINEで送る

眠気を冷ますツボ
仕事中なのに強烈な眠気…。眠っちゃいけないタイミングに限って眠気に襲われる…。
こんな時、すぐに眠気を覚ますツボはないの!?と思った事はありませんか?

どうしても寝てはいけない状況なのに、強い眠気に襲われて困った経験がある方も多いのではないでしょうか。

そんな時は、さりげなく眠気覚ましのツボを刺激して目をスッキリさせましょう!

今回は、眠気を覚ますツボと、正しいツボの押し方をご紹介します。



1.眠気を覚ます!6つのツボ

眠気を覚ますのにおすすめのツボを6つご紹介します。

ツボ押しは、眠気を覚ますのに比較的即効性が期待できる方法です。
突然の眠気に困った経験のある方は、ぜひ6つのツボを覚えていざという時に活用してみてください。

時間がない・目立つツボは押せない…という時は、②~④の手・指にあるツボだけでも刺激してみてください。

①晴明(せいめい)

晴明は、目の不調全般に有効ともいわれているツボです。
眠気解消や目の疲れ緩和などに効果的です。
眠気を覚ますツボ 晴明

位置:目頭の少し上のくぼんだ部分にあります。

押し方:鼻筋をはさむように、片手の親指と人差し指を左右の晴明にあてます。
鼻筋に向かって垂直に力を入れます。

眼球の方に押さず、鼻筋に向かって押すようにしてください。

②合谷(ごうこく)

全身の痛みを和らげる事から“万能のツボ”と呼ばれるツボです。

このツボを押すと頭・体の血行が促進されます。血流が良くなり、眠気を覚ます・目の疲れを取るのに効果的です。
眠気を覚ますツボ 合谷

位置:手の親指と人差し指の骨が合わさった場所から、少し人差し指寄りにあります。

押し方:ツボと反対の手の親指の腹を合谷にあて、人差し指の骨の下側に親指をもぐりこませるように押します。

③中衝(ちゅうしょう)

異常な眠気が生じた時に有効なツボです。
眠気を覚ましたり、イライラ感を和らげるのにも良いとされています。
眠気を覚ますツボ 中衝

位置:手の中指の爪の付け根から約2~3mm人差し指側にずれた部分にあります。

押し方:反対の親指・人差し指で中衝と爪をはさむようにして、小さな円を描くようにグルグルさせましょう。

④労宮(ろうきゅう)

眠気がひどい時、疲労がたまっている時などに有効なツボです。
上半身の血行を促して、脳に酸素を届けます。

眠気覚ましやストレス緩和・肩こりなどにも良いとされています。
眠気を覚ますツボ 労宮

位置:手の平の中心にあります。
こぶしを握った時、中指・薬指の先端が当たる部分にあります。

押し方:反対の手の親指の腹で、労宮を中心に手の平を全体的に刺激しましょう。
力を入れ過ぎず、気持ち良いと感じる程度の力加減で行います。

⑤風池(ふうち)

脳への血流が促されるツボで、眠気を覚ますのに効果的です。リラックス・疲れ目・頭痛の緩和も期待できます。

この部分は首と頭の間にあってコリやすい場所なので、眠気を覚ますだけでなく定期的にマッサージしてあげると良いでしょう。
眠気を覚ますツボ 風池

位置:うなじの辺りにあります。
髪の生え際の、首の真ん中にある太い筋肉から、左右それぞれ指を2本分外側の少しくぼんだ部分です。

押し方:親指の腹をあてて、少し強めに刺激します。

⑥百会(ひゃくえ)

血流を促して、全身の機能のバランスを整えます。
全身の血行を良くする事で、眠気覚ましに期待できます。
ストレスや頭痛の緩和にも期待が出来ます。
眠気を覚ますツボ 百会

位置:頭のてっぺんにあるツボです。
鼻の中心と左右の耳を、頭の頂点で交差させた部分です。

押し方:両手の人差し指・中指の腹を重ねて、まっすぐ下に押します。

2.正しいツボの押し方&注意点

ツボの押し方にはポイントがあります。

ツボ押しは正しく刺激する事が大切です。
眠気を覚ますツボを押す際は、今からご説明する基本の方法を確認して正しく刺激しましょう。

2-1.正しいツボの押し方

■手を清潔にする
眠気を覚ますツボ 手洗い

ツボ押しの前には必ず手を清潔にしてから行うようにしましょう。

今回ご紹介した眠気を覚ますツボの中には目元のツボがあり、目に汚れなどが入って荒れてしまう恐れもあります。

目元のツボに限った事ではありませんが、ツボ押しをする際は手をキレイにしてから行ってください。

■ツボに対して垂直に押す
基本は、ツボに対して指の腹で垂直に刺激します。
眠気を覚ますツボ 押し方

指の先などで押すと、爪があたってしまったり正しくない場所に力がかかる事があります。

場所にもよりますが、基本的には指の腹で垂直に力を入れるように意識しましょう。

■適度に刺激を感じる程度の強さで押す
むやみに力を入れ過ぎず、心地よいと感じるくらいの力で刺激します。

強く押しすぎると、痛みが出たり疲労感が増してしまう場合があります。
適度に刺激を感じる程度の強さが最適です。

■ゆっくり力を入れ2~3秒程度押し、2~3秒程かけてゆっくり力を抜く
押して離して、と一定のリズムを繰り返すと脳に刺激が伝わりやすくなり、より効果的になります。
眠気を覚ますツボ ツボ押し方

長時間押し続けると、かえって血流が悪くなってしまう事もあります。

2~3秒でも、脳には刺激が伝わりますので、同じ場所を長く押しすぎないよう注意しましょう。

■ツボ1か所につき、5~10回ずつ繰り返す
1か所を重点的に何度も何度も押すと、筋肉が炎症を起こして痛みが出てしまう場合もあります。

1か所のツボは、5~10回を目安として刺激すぎないよう注意してください。
刺激が足りないと感じた時は、続いて繰り返さずに、数時間おいてから再度行ってください。

■押すときはゆっくり息を吐きながら、離すときは息を吸いながら
眠気を覚ますツボ 呼吸

深くゆっくり呼吸をしながら行う事で、全身がリラックスするため、ツボ押しはより効果的になります。

2-2.ツボ押しの注意点

ツボの部分に傷や炎症がある時は、そのツボは刺激しないようにしましょう。

刺激する事で悪化する恐れがあります。
無理にそのツボは刺激せず、治ってからにしましょう。

3.ツボ以外の眠気を覚ます方法

ツボだけでは、眠気が解消しきらない…という方は、あわせて以下の方法も試してみて下さい。

気分・体をすっきりさせるのにおすすめの方法です。

■ストレッチをする

外出先でも出来る簡単なストレッチを2つご紹介します。

①伸びのストレッチ
つま先立ちをして、腕を頭の上にあげ、グーッと全身を伸ばします。
眠気を覚ますツボ ストレッチ 伸び

気持ち良いと感じるところまで全身を伸ばしましょう。

②深呼吸ストレッチ
鼻から深くゆっくり息を吸って、口からゆっくり吐きます。
眠気を覚ますツボ ストレッチ 深呼吸

腕や胸を使って、大きく深呼吸をするとより眠気解消に効果的です。

深呼吸をする事で、脳に酸素が届き活性化されます。

■ハーブティーを飲む

ハーブティーの香りが頭をスッキリさせてくれます。
眠気解消や、集中力を高めるのにも効果的です。
眠気を覚ますツボ ハーブティー

特におすすめのハーブは、こちらです。
『レモングラス』
『ペパーミント』

香りが気分をリフレッシュさせ、脳を刺激して眠気を解消します。

眠気解消にコーヒーも良いとされていますが、コーヒーのカフェインの影響で眠りが浅くなったり寝つきが悪くなる事もあります。

ハーブティーはカフェインが含まれていないので、夜の睡眠を妨げる心配もありません。

■冷水で手を洗う

時間がないけどとにかく眠気を覚まさなければ!という時は、冷たい水で手・腕を洗うのも効果的です。

可能であれば、肘のあたりまで冷えるように水をかけると良いでしょう。

さらに冷えた手で首を冷やすと、目がシャキっとして眠気解消が期待できます。
眠気を覚ますツボ 首を冷やす

■眠れる場合は仮眠をとる・目をつぶる

すぐに眠気を覚ませる方法ではありませんが、強烈な眠気を覚ましたい方に有効な方法です。

眠れる環境がある方は、15分~20分程度仮眠を取ってしまうと眠気が解消されて目がスッキリします。
眠気を覚ますツボ 仮眠

仮眠の時間や場所がない場合は、しばらくの間目をつぶっているだけでも眠気が少し緩和されます。

ただ、17時以降には仮眠しないようにしましょう。夕方以降に仮眠を取ると、夜眠れなくなる恐れがあります。

眠気を覚ますツボには手・指など目立ちにくい部分のツボもありますので、仕事中や寝てはいけない状況の時でもさりげなく刺激する事が出来ます。

眠気を覚ますツボを覚えて、突然の眠気をスッキリ覚ましましょう!

この記事は2015年8月20日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。



Pocket
LINEで送る