メニューを開く
アスタリフト;
提供:ハウスウエルネスフーズ株式会社

夏バテは食べ物でも対策できる?夏バテの時におすすめの7つの食べ物

夏バテ 食べ物夏バテで食欲がない…。体がダルい…。こんな時はなにを食べたら良いの?とお悩みではありませんか?

夏バテできちんと食事ができないと、力もやる気も出づらくて困ってしまいますよね。

食事量が減り、栄養が不足すると、夏バテがどんどん進んでしまいます。
食欲がなくてもしっかり食事で栄養は摂らなくてはなりません。

そこで今回は、どうしても食欲が出ない…という方でも口にしやすい、夏バテ時におすすめの食べ物・飲み物をご紹介します!


astalift
astalift

1.夏バテで食欲がないときにおすすめ!7つの食べ物・飲み物

夏バテで食欲がない時でも食べやすく、普段の食事にもプラスしやすい食べ物を中心にご紹介します。

そうめんやアイスなどはひんやりとしていて食べやすいので、夏はつい手が伸びてしまいがちですが、それらばかり食べていたら、栄養バランスが偏ってしまいます。

栄養バランスが偏ると、腸も体も元気がなくなります。

夏バテ対策として、以下の食べ物を積極的に取り入れてみてください!

①トマト

夏バテ 食べ物 トマト夏野菜であるトマトには、“リコピン”“βカロテン”“ビタミンC”“カリウム”などの豊富な栄養素が含まれています。

トマトは水分が多く、酸味もあってさっぱりしているので夏バテの時でも比較的食べやすいかと思います。色々な料理にも合わせやすいです。
食欲がどうしてもわかない時は、トマトジュースを飲むのも良いでしょう。

同じ夏野菜の中では、キュウリ・ゴーヤー・ピーマンなどもおすすめです。

夏バテ 食べ物 ゴーヤー

~トマトの夏バテ対策レシピ~

☆トマトと豆腐のカプレーゼ風サラダ

材料:豆腐200g程度 トマト1個 塩・コショウ少々 オリーブオイル・醤油小さじ1

作り方
1.豆腐を5mm程度の厚さで、食べやすい大きさに切ります。
2.豆腐と同じ数になるようにトマトを切ります。
3.トマトに豆腐を重ねて並べます。
4.塩・コショウをふり、オリーブオイルと醤油をかけます。

大豆製品の豆腐には、たんぱく質やイソフラボン、オリゴ糖など栄養素が含まれています。お好みでバジルや大葉などを添えても良いでしょう。

②枝豆

夏バテ 食べ物 枝豆枝豆には“ビタミンC”や“ビタミンB1”“たんぱく質”が含まれています。

茹でて塩を振るだけで手軽に食べられ栄養もあるので、あまり食欲がない夏バテの時に枝豆はおすすめの食べ物です。

ブレンダーやミキサーなどで、スープにして飲んでも良いでしょう。

③納豆

夏バテ 食べ物 納豆納豆には“ビタミンB1”“ビタミンB2”“たんぱく質”などの栄養が含まれます。

納豆と同じく、大豆が原料の豆腐もビタミンB1やたんぱく質が豊富です。

納豆・豆腐に含まれるビタミンB1は、ニンニク・ネギ・玉ねぎ・ニラなどに含まれる“アリシン”と一緒に摂ると吸収されやすくなると言われています。

夏バテ対策のため、薬味にネギなどを混ぜて食べましょう。

④豚肉

夏バテ 食べ物 豚肉

豚肉には“ビタミンB1”が多く含まれています。中でも、豚のヒレ肉・もも肉はおすすめです。

納豆・豆腐と同様に、夏バテの時にはニンニク・ネギ・玉ねぎなどと一緒に食べると、元気が出るサポートになります。

~豚肉の夏バテ解消レシピ~

☆豚肉とキュウリの梅肉炒め

材料:豚もも肉薄切り350~400g キュウリ約3本 梅干し2個(お好みで) 醤油 小さじ1 塩 少々

作り方
1.キュウリを縦長の乱切りにして、塩を振っておきます。
2.梅干しの種を取って刻んで叩き、細かくしてから醤油を混ぜます。
3.フライパンに油を引き、豚肉を炒めます。火が通ったらキュウリを入れてサッと炒めます。
4.キュウリに軽く火が入ったら、2のタレを和えて軽く炒めて完成です。

⑤レモン

夏バテ 食べ物 レモン

レモンには“ビタミンC”“クエン酸”などが含まれています。夏バテ時には炒め物やサラダなどにレモン果汁を絞ったり、レモン水などで摂ると良いでしょう。

レモン以外にも、オレンジやグレープフルーツなど柑橘系のフルーツにも夏バテに良いうビタミンCやクエン酸が含まれています。

酸味があるので、スッキリと食べられますね。

⑥梅干し

夏バテ 食べ物 梅干し梅干しには酸っぱさのもと、“クエン酸”が含まれています。
夏バテで食欲がわかないときは、そうめんのつゆやサラダなどに入れると良いでしょう。

豚肉と炒めたり納豆・豆腐などと一緒に食べるのもおすすめです。

⑦甘酒

夏バテ 食べ物 甘酒 冬の飲み物と思われがちな甘酒ですが、“ビタミンB1”“ビタミンB2”“乳酸菌”などが含まれていて、夏バテにもおすすめの飲み物です。

食欲がなくなる夏バテの時に、栄養補給として取り入れると良いでしょう。

特に、おすすめなのは「米麹」から作られた甘酒です。

原料が米麹ならばアルコールが含まれないので、朝食として飲んでも良いですし、疲労がたまった夜に飲んでほっと一息ついても良いでしょう。

ただカロリーは低くありません。1日200ml程度を目安にして、飲み過ぎないように気を付けてください。

甘酒は、スーパーやネットでも購入出来ます。

~甘酒の夏バテ対策レシピ~

・レモン入り甘酒
夏バテ 食べ物 甘酒材料:甘酒200ml レモンの絞り汁 大さじ1
甘酒をカップに注ぎ、レモン汁を加えて混ぜたら完成です。
甘みを足したい場合は、ハチミツなどをお好みで加えてください。

2.夏バテ時には控えた方が良い食べ物・飲み物

夏バテ対策をしたい方は、以下のものを摂りすぎないようにしましょう。

■冷たい食べ物・飲み物

夏バテ 食べ物 冷たい食べ物胃腸が冷えると、働きが鈍くなり、体のダルさが増したり、食欲がなくなることもあります。

「夏バテでダルくて食欲ない…」という方はアイスや冷たい飲み物ばかり取りがちですが、温かいご飯や飲み物を積極的に取るよう心がけてください。

■甘い飲み物・食べ物

夏バテ 食べ物 砂糖夏バテになると食欲がなくなり、食事がわりとして甘い飲み物を飲む頻度が増える方もいますが、糖分を摂りすぎると、その糖分をエネルギーにするために体の栄養素が使われてしまいます。栄養が使われて栄養が不足すると、疲労が溜まり夏バテがさらに進んでしまいます。

水分補給は、基本的にはお水が良いでしょう。
お水ばかりだと飲みづらかったり飽きてしまうという方は、ミネラルが含まれる麦茶などでも良いでしょう。

3.夏バテの原因とは?

夏バテは、主な原因は以下の通りです。
夏バテ 食べ物・栄養不足
・水分不足
・疲労
・睡眠不足
・体の冷えによる胃腸の疲れ など

夏バテは、夏の暑さで食欲がなくなったり、疲労が溜まって充分に睡眠が取れないことなどが原因で起こります。

また、水分不足を気にして、過剰に水分を摂ってしまうことも、体のダルさや食欲が湧きづらくなる原因となると言われています。
夏バテ 食べ物 水分補給水分補給は、1日に1.5~2リットル程度を目安にして、コップ1杯の水を何回かに分けてこまめに飲むようにしましょう。

4.まとめ

夏バテで食欲がなくても、食事をしてしっかり栄養を摂りましょう。

今回は、そのまま食べられて食事にもプラスしやすい食べ物を中心に紹介しています。

夏バテに良い食べ物を積極的に食べて、暑さに負けずに過ごしましょう!

この記事は2016年8月3日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


~関連商品~
活性黒にんにく

活性黒にんにく食品メーカーとしておなじみの、ハウス食品から発売されているにんにくサプリです。

青森県産のにんにく「福地ホワイト六片」を、60日間じっくり熟成・乾燥させてできる「黒にんにく」を、4粒に400mg配合しています。
この黒にんにくは、生のにんにくに比べてにおいが少ないという特徴があるので、「にんにくを食べたいけど口臭が気になる…」という方にもおすすめです。

お得な初回限定価格や定期コースなどもありますので、さらに詳しく知りたい方は公式HPをチェックしてみてください!

⇒ハウス公式HPはこちら


Pocket
LINEで送る