2016年10月25日 更新
提供:株式会社decencia

30代乾燥肌が使うべき!肌らぶセレクト保湿化粧品ランキング

30代 乾燥肌

「30代に入って急に肌の乾燥が気になってきた…。いつもの化粧品では物足りない気がするけど何を使えば良いのかな?」とお悩みではないですか?

30代は肌質も大きく変化する時期なので、それに合わせてお手入れも変える必要があります。

そこで今回は30代の肌の乾燥が気になる方が化粧品を購入する際に意識すべきポイントと、肌らぶセレクトの保湿化粧品ランキングをご紹介いたします。



30代△乾燥肌

1.30代の肌は乾燥しがち

shutterstock_101756545
30代の肌は20代の頃に比べて、基本的に乾燥しやすい状態に傾きがちです。

なぜなら、30代は肌の「水分」と「油分」が共に減少傾向にあるからです。

肌にうるおいを与える「水分」の量は、生まれたときをピークに年を重ねるに連れて減少し続けると言われています。

さらに、肌のうるおいを保つ「油分」の量も20代後半から減少し始めるため、30代においては「水分」と「油分」の両方の減少によって基本的に肌が乾燥に傾きやすくなるのです。

肌は乾燥してしまうと、紫外線や摩擦から肌を守る役割がじゅうぶんに果たせなくなって、さまざまな肌悩みのきっかけとなってしまったり、乾燥による小じわなどのエイジングサインが出やすくなったりします。

特に、現在肌の乾燥が気になる30代の方は、まず肌に不足している水分と油分を補う=【保湿】を最優先に行っていきましょう。

2.30代の肌乾燥対策 化粧品の選び方

高級化粧品

30代の肌乾燥対策にあう化粧品を選ぶ時は、以下の2点をチェックしましょう。

2-1.うるおいを保つ「保湿成分」配合の化粧品か?

乾燥しがちな肌への対策として化粧品を選ぶ場合、「肌の水分を補い保つ保湿成分」を配合した化粧品かどうかチェックしましょう。

「保湿成分」といっても様々な種類がありますので、下記にご紹介するような保湿成分を参考に、水分を与えるだけでなく、うるおいキープしてくれる化粧品を選ぶことをおすすめします。

■保湿成分
セラミド・スフィンゴ脂質・リン脂質・ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチン・天然保湿因子NMF・PG

※上記は代表的な保湿成分です。

2-2.肌に合わない成分は控える

肌が乾燥状態にある方は、肌がデリケートに傾いていることがあります。

できるだけ、肌負担になりやすいと言われている成分を避けることをおすすめします。

「アルコール」や「合成香料」などは、種類や配合量によっては肌に合わないこともあります。配合されている化粧品を使用する場合は必ずパッチテストを行って、問題がないか確認をしましょう。

3.30代の乾燥しがちな肌が使うべき化粧品ランキング

ここで肌らぶ編集部が独自に選んだ、肌にうるおいを与えてくれる30代の肌乾燥にうれしい化粧品ランキング形式でご紹介します。

トライアルセットをご紹介しますので、ぜひ、ライン使いで自分の肌との相性を試してみてください。

★1位★ディセンシア/アヤナス トライアルセット

アヤナス
価格:2,500円(+税)⇒初回限定1,371円(+税)
内容:化粧水、美容液、クリーム、アイクリーム(1回分)
保湿成分:ヒト型ナノセラミド、ワセリン、グリセリン等

合成香料:不使用
アルコール:不使用

返品保証:あり(30日間)

特徴:「ポーラ・オルビスグループ」の敏感な肌・乾燥する肌向けブランドが手がけた、保湿化粧品です。

肌をすこやかに整える成分「コウキエキス」配合、「ヒト型セラミド」をはじめとした保湿成分配合で、ゆらぎがちな肌もすこやかに保ちます。

さらに、外的なストレスによる肌荒れのメカニズムにも着目。
オリジナル複合整肌成分「ストレスバリアコンプレックス®」を配合し、肌荒れも防ぎます。

角層のすみずみまでうるおいを与えて乾燥を防ぎながら、肌にハリを与えてくれるので、「保湿」と共に「エイジングケア*」も同時に行えます。

*年齢に応じた保湿のお手入れのこと
(※2016年10月時点の情報です)

ディセンシア/アヤナス公式HPはこちら>>

★2位★アイム/ライスフォーストライアルセット

rasiu
価格:900円(+税)
内容:化粧水、美容液、クリーム

保湿成分:ライスパワーNo.11エキス、ヒアルロン酸、スクワラン

合成香料:不使用
アルコール:不使用

返品保証:あり(30日間)

特徴:保湿の有用成分である「ライスパワーNO.11」が配合された薬用保湿化粧品です。

角質層のすみずみまでうるおいがじっくり浸透し、うるおいのある肌を目指すことができます。

水分をキープしたうるおい肌へと導くため、乾燥が気になる肌の対策におすすめです。

(※2016年10月時点の情報です)

アイム/ライスフォース公式HPはこちら>>

★3位★富士フイルム/アスタリフトトライアルセット

asuta
価格:1,000円(+税)
内容:化粧水、美容液、クリーム

保湿成分:ヒト型ナノセラミド、ヒアルロン酸、スクワラン等

合成香料:使用あり
アルコール:不使用

返品・返金保証:あり(8日間)※未開封・未使用の場合のみ

特徴:保湿とエイジングケア*の研究に力を注ぐスキンケアブランドです。 *年齢に応じたうるおいのお手入れのこと

パッケージに象徴されるように「赤」のパワーに着目したラインです。赤い色のうるおい成分「アスタキサンチン」「リコピン」が肌にハリを与えます。

(※2016年10月時点の情報です)

富士フイルム/アスタリフト公式HPはこちら>>

4.30代が意識すべきスキンケアポイント

4-1.クレンジング・洗顔は丁寧かつやさしく行う

shutterstock_336238883
クレンジング・洗顔を行う際は、皮膚に強い摩擦を与えないよう、やさしく丁寧に行いましょう。

クレンジングや洗顔の際に過度な力を入れてしまうと、必要な皮脂まで分や油分まで取り除いてしまうことがあります。
皮脂を奪いすぎると、さらなる肌の乾燥を招くことにつながりますので、クレンジング・洗顔は丁寧にやさしく行いましょう。

また、熱すぎるお湯も必要な皮脂(油分)まで落としてしまうことがあるので、乾燥が気になっている方は、クレンジングや洗顔の際は30度~35度のぬるま湯で洗うのがおすすめです。

4-2.「適量」を意識してスキンケアを行う

セラミド美容液
肌のお手入れを行う際は、必ず「適量」もしくは「やや多め」を使用するようにしましょう。

それは、各メーカーが推奨している適量よりも使用する使用量が少ないと、せっかく肌へのせても必要なうるおい成分が角質層全体のすみずみまで浸透せず、化粧品の魅力が実感できないことがあるからです。

化粧品の魅力を最大限に引き出すためにも、まずは「適量」か「やや多め」を使用することを心がけましょう。

4-3.乳液もしくはクリームを使う

妊娠線クリーム
乳液は水分と油分を適度に与え、クリームには油分のベールで水分蒸発を防ぐ役割があります。

本来は、顔の皮脂(油分)が「天然のクリーム」として肌の乾燥を防ぐので、乳液やクリームは必要不可欠な化粧品ではありません。

しかし、30代以降の肌は「水分」と共に「油分」も減少しているため、乾燥が気になる場合は化粧品で補給するのがおすすめです。

化粧水や美容液で与えたうるおいを最大限活かすためにも、自身の肌の乾燥度合いに合わせて乳液やクリームを使用していきましょう。

5.乾燥肌について

shutterstock_226518673
乾燥肌とは、一般的に、肌の水分量(うるおい)と油分量(皮脂)がともに少なく、表面がカサつきがちな肌のことを指していることが多いようです。

肌の水分量(うるおい)と油分量(皮脂)がともに少なくなると、乾燥による小じわなどのエイジングサインもあらわれやすくなってしまいます。

また、水分と油分には肌を保護する役割があるので、不足すると肌がデリケートな状態に傾いてしまうと言われています。
つまり、肌に必要な「水分」と「油分」が不足して乾燥しがちな肌というのは、放っておくと、あらゆる肌悩みが起きやすい肌へと近づいてしまうといってもよいでしょう。

肌の乾燥にお悩みの方は、次の肌悩みにつながる前にしっかり対処して、肌をすこやかに保つことが大事です。
あらゆる肌悩みへの対策として、水分と油分の補給=保湿のお手入れをしっかり行いましょう。

6.まとめ

shutterstock_77490187
30代は肌質も大きく変化して肌が乾燥しがちになりますが、不足している水分と油分を補うことで肌をすこやかに保つことは可能です。

保湿成分の入った化粧品で正しくお手入れを行い、年齢サインに心折れないみずみずしくうるおった素肌を目指しましょう!

※この記事は2016年10月3日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。



30代△乾燥肌