メニューを開く
アスタリフト;

黄ぐすみが気になる方必見!「糖化」肌の原因と今すぐできる対策法

肌 糖化
「糖化」は肌を黄ぐすみさせて、ハリや弾力を低下させると言われている、恐ろしいエイジングサイン。

そもそも「糖化」とは一体どんなものなのか、何が原因で起こってしまうのか、「糖化」してしまった肌はどうなってしまうのか。

今回は、「糖化」の原因と肌に与える影響、今すぐできる対策についてご紹介します。肌が黄ぐすんでいるかも・・・。と感じている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

◆肌らぶセレクション◆

【POLA】RED B.A モイスチャースターターセット

BA

RED(レッド)B.Aシリーズは、忙しい現代を生き抜く女性の生活環境や糖化肌に着目したスキンケアラインです。

ストレスを感じることの多い現代社会では、ストレスが肌の状態に影響することもありますが、そんな肌の状態を考慮して開発されました。

忙しさにかまけて自分自身をいつくしむことを忘れがちな女性に、自分自身の美しさと向き合ってほしいという願いが込められています。

>>>POLA 公式ホームページはこちら

1.糖化とは

糖化01
「糖化」とは、体内のタンパク質や脂質が、「糖」と結びつく現象のことです。

体内のタンパク質や脂質は、血液中に余分な糖分があると結びつき、老化を促進させる物質である「糖化生成物」(AGEs)を生成すると言われています。

この「糖化生成物」は、一度できてしまうと体内に蓄積されて、肌全体を黄色くくすませてしまうことがあります。

例えると、ケーキなどを焼いたときに、茶色くなるのも「糖化」現象のひとつです。

黄ぐすみを起こした「糖化肌」は、透明感に欠けるだけでなく、肌全体が硬くなり、柔軟性を失うため、老けた印象を与えます。

下記の項目に当てはまる方は、肌が「糖化」している可能性が考えられます。

【あなたの肌は糖化している?セルフチェック】

□肌全体が黄色くくすんでいる

□肌にハリや弾力がなくなってきた

□美白コスメが効かない

□肌に柔らかさがなくなってきた

□甘いものが大好きで、野菜はあまり食べない

※自分の肌や体が本当に「糖化」しているかどうかは、クリニック等の検査や測定器で調べることができます。気になる方は、調べてみましょう。

2.糖化が肌に与える影響

黒ニキビ 芯20

「糖化」が加速すると、肌表面は目に見えて全体がくすみ、透明感に欠けた状態になると言われています。

さらに「糖化」は、肌に次のようなエイジングサイン(肌老化)に影響を与えると言われています。

■肌が黄ばんでくすみ、透明感がなくなる

■肌がごわつき乾燥する

■シワ・たるみが増加する

>>>糖化やエイジングサインが気になる方におすすめの化粧品はコチラ

3.糖化=黄ぐすみが起きてしまう原因

青汁ホットケーキ

次に「糖化」が起きてしまう原因についてご紹介します。

3-1.糖化の最大の原因

糖化04
糖化の最大の原因は、過剰な「糖」の摂取だと言われています。

「糖」は、食べ物から摂取する体の大切なエネルギーなので、摂取すること自体は全く悪いことではありません。

過剰な糖の摂取による、血糖値の上昇が問題となってしまうのです。

血糖値は、食事などで過剰に糖分を摂ると、急激に上がりやすくなります。

このとき、体は血糖値を下げようとしますが、血糖値の上昇が高すぎると、自分で処理しきれなくなってしまうのです。

この処理しきれなかった糖が、体内のタンパク質と結合してさまざまな変化を遂げ、「糖化生成物」(AGEs)になると言われています。

血糖値が高い状態が続くと「糖化生成物」(AGEs)が増え、「糖化」が促され、肌にも影響が出てしまう可能性が高くなります。

3-2.糖化を促すと言われる食べ物

「糖化生成物」(AGEs)を増やす原因になると言われている食べ物は、摂取をできるだけ控えるように心がけましょう。

<糖化を促すと言われる主な食べ物>
・ケーキや菓子パンなどの甘い物
・炭水化物
・清涼飲料水
・揚げ物・炒め物などの動物性食品

3-3.糖化を促すと言われる食べ方

糖化03
食事を摂る際に、ご飯やパンなどの炭水化物から食べると血糖値は一気に上昇し、糖化を促してしまうと言われています。

食物繊維を多く含む、野菜やキノコ・海藻類を初めに食べることで、糖質の吸収を抑えることが期待できます。

炭水化物は後回しにして、サラダや酢の物などから食べるように意識しましょう。

4.糖化対策に摂取したい!おすすめの食べ物&成分

しょうが紅茶

ここでは、糖化対策におすすめの食べ物や成分をご紹介します。糖化は一度起こってしまうとなかなか改善されにくいので、普段から対策していきましょう。
下記の食べ物や成分は、糖化対策に良いとされているものです。糖化が気になる方は意識的に取り入れることをおすすめします。

<食べ物の一例>
・生姜
・カモミール
・よもぎ
・ドクダミ
・キャベツ
・食物繊維を含む食品 など

<成分の一例>
・ビタミンC
・ビタミンB1/B6
・クエン酸
・αリポ酸
・カルノシン
・アルサージβ など

5.糖化を予防する4つのポイント

セルライト マッサージ

糖化を防ぐためにも普段から、「急激な血糖値の上昇」を防ぎ、「過剰な糖とタンパク質が接触しないようにすること」が重要です。

そのために、次の4つのポイントに気をつけましょう。

①低GI値の食品を選ぶ

低GI値とは、血糖値が上昇するスピードを数値化したものです。

つまり、GI値が高ければ高いほど血糖値は上がりやすく糖化を引き起こしやすくなるので、低GI値の食品を選ぶことが糖化を防ぐポイントとなります。

GI
参考:大原薬品工業

②有酸素運動をする

適度な運動は、筋肉が糖を消費するため「糖化」を抑制すると言われています。

特に、食後1時間は、血糖値が上がった状態なので、有酸素運動で糖を消費することで糖が過剰に余りにくくなるのです。

軽いウォーキングなどの継続しやすい有酸素運動を、できるだけ生活の中に取り入れることをおすすめします。

③質の良い睡眠を6時間以上取る

質の良い睡眠を取ることが出来ると、肌の代謝が整いやすくなり、すこやかな肌を保ちやすくなります。

特に、入眠後3時間に深く眠ることができると、肌に良いと言われているため、スムーズに眠りにつけるよう、睡眠環境を整えましょう。

また、睡眠時間は6時間以下が続くと肌の代謝が悪くなり、肌に溜まった糖化生成物(AGEs)が排出されません。

できるだけ、日6時間以上の睡眠を取るように心がけましょう。

⇒質の良い睡眠に関してはこちらの記事をご覧ください。

④紫外線対策を行う

肌の糖化は、紫外線の影響も大きいと考えられ、紫外線を浴びることで糖化が進むと言われています。

そのため、極力紫外線の影響を受けないようにするために、日焼け止めやサングラスなどで対策を行いましょう。

6.まとめ

「糖化」対策は、エイジングケアを行ううえで、とても重要だと考えられます。

食生活や運動などのちょっとした習慣や心がけで糖化対策は行うことができるので、5年後・10年後の自分のためにも、今から糖化対策を取り入れてみてはいかがでしょうか?

この記事は2016年10月1日(最終更新日)時点での情報になります。
また、効果・結果には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る