メニューを開く

黄ぐすみの原因!「糖化」肌の改善&予防法とは?


Pocket
LINEで送る

糖化
「糖化」は肌を黄ぐすみさせて、ハリや弾力を低下させる恐ろしいエイジングサインです。

「糖化」とは一体どんなものなのか、「糖化」してしまった肌は改善できるのか。

今回は、「糖化」が肌に与える影響と「糖化」の改善&予防法についてご紹介します。



1.糖化とは

糖化01
「糖化」とは、タンパク質や脂質が体内にある「糖」と結びつく現象の事です。

体内のタンパク質や脂質は、血液中に余分な糖分があると結びつき、老化を促進させる物質である「糖化生成物」(AGEs)を生成します。

この「糖化生成物」は、1度できてしまうと改善が難しく、体内に蓄積されて、肌全体を黄色くくすませて老化を促します。

例えると、ケーキなどを焼いた時に茶色くなるのも「糖化」現象のひとつです。

黄ぐすみを起こした「糖化肌」は、透明感に欠けるだけでなく肌全体が硬化して柔軟性を失うため老けた印象を与えます。

自分の肌や体が「糖化」しているかどうかはクリニック等で血液検査や測定器で調べることが可能ですが、まずは下記の簡単なチェック表で現在の自分の肌が「糖化」しているかどうかを確認してみましょう。

【糖化度チェック】

□肌全体が黄色くくすんでいる

□肌にハリや弾力がなくなってきた

□美白コスメが効かない

□肌に柔らかさがなくなってきた

□甘いものが大好きで、野菜はあまり食べない

上記の項目に1つでも当てはまる方は、肌が「糖化」している可能性があります。原因を理解して糖化を改善と予防を行っていきましょう。

2.糖化が肌に与える影響

「糖化」は私達の肌に次のような影響を与えます。

■シワ・たるみを増やす
■肌が「黄ぐすみ」する
■肌がごわつき乾燥する

4糖化

■シワ・たるみの増加
肌の真皮部分はコラーゲンやエラスチンなどのタンパク質から構成されており、肌のハリや弾力を生み出します。

しかし、肌が「糖化」してしまうと肌のコラーゲンやエラスチンは破壊されハリや弾力が著しく低下します。

■肌が「黄ぐすみ」する
糖化タンパク質はそれ自身が褐色のため糖化によって生み出された老廃物が皮膚の細胞に沈着するとシミ・くすみの原因となり肌が黄色く濁り透明感がなくなってしまうのです。

■肌がごわつき乾燥する
肌の真皮部分であるコラーゲンやエラスチンは破壊されると肌の新陳代謝自体も低下してしまうため、水分を保持する機能も低下します。それによって肌がごわつき乾燥を引き起こします。

3.糖化が起きてしまう原因

次に「糖化」が起きてしまう原因についてご紹介します。

3-1.糖化の最大原因

糖化04
糖化の最大の原因は、過剰な「糖」の摂取です。

「糖」は食べ物から摂取する体の大切なエネルギーなので摂取すること自体は全く悪い事ではありません。過剰な糖の摂取による血糖値の上昇が問題なのです。

血糖値は、食事などで過剰に糖分を摂ると急激に上がります。この時、体は血糖値を下げようとしますが、血糖値の上昇が高すぎると体は処理が出来なくなってしまいます。

この処理しきれなかった糖が体内のタンパク質と結合して様々な変化を遂げ、「糖化生成物」(AGEs)となります。

血糖値が高い状態が続くと「糖化生成物」(AGEs)を増やす原因となり、「糖化」が促進されて老化現象を引き起こすのです。

3-2.糖化を促進させる食べ物

「糖化生成物」(AGEs)を増やす原因となる食べ物は摂取を出来るだけ控えるように心がけましょう。

<糖化を促進させる主な食べ物>
・ケーキや菓子パンなどの甘い物
・炭水化物
・清涼飲料水
・揚げ物などの動物性食品

3-3.糖化を促進させる食べ方

糖化03
食事を摂る際にご飯やパンから食べると血糖値は一気に上昇し、糖化を促進してしまいます。

食物繊維を多く含む野菜やキノコ・海藻類を初めに食べることで糖質の吸収を抑えることが出来るので、ご飯やパンなどの炭水化物は後回しにしてサラダや酢の物から食べるように意識しましょう。

4.糖化を100%解消することは難しい

「糖化」は焼けたパンケーキと同じで、一度できてしまった「糖化生成物」(AGEs)を完全に解消することは、難しいとされています。

現状で「糖化」を100%解消する方法というのはありませんが、肌の「糖化」を改善し、症状を和らげることは可能です。

「糖化」の改善には、化粧品や内側からの「抗糖化ケア」が最も有効とされているため、「抗糖化ケア」を行いながら予防を行っていくことが「糖化」には最も効果的なのです。

「抗糖化」ケアができるおすすめ化粧品

【POLA】B.A RED

BA

参考:POLA

 

■「抗糖化」作用のある成分
「抗糖化」とは糖化の反応を阻止する作用の事です。

下記の主な成分は「抗糖化」が期待できるため、食事や飲み物として摂取することをおすすめします。

<抗糖化作用のある主な食べ物>
・生姜
・カモミール
・よもぎ
・ドクダミ
・キャベツ
・食物繊維を含む食品

<抗糖化作用のある主な成分>
・ビタミンC
・ビタミンB1/B6
・クエン酸
・αリポ酸
・カルノシン
・アルサージβ

5.糖化を予防する4つのポイント

糖化の進行を防ぐためにも普段から、「急激な血糖値の上昇」を防ぎ、「過剰な糖とタンパク質が接触しないようにする事」が重要です。次の4つのポイントに気を付けましょう。

1.低GI値の食品を選ぶ

低GI値とは血糖値が上昇するスピードを数値化したものです。

つまり、GI値が高ければ高いほど血糖値は上がりやすく糖化を引き起こしやすくなるので、低GI値の食品を選ぶことが糖化を防ぐポイントとなります。

GI
参考:大原薬品工業

2.有酸素運動をする
適度な運動は、筋肉が糖を消費するため「糖化」を抑制します。特に食後1時間は血糖値が上がった状態なので有酸素運動で糖を消費してしまえば糖が過剰に余ることもありません。

軽いウォーキングでも充分な効果が期待できるので、できるだけ生活の中に取り入れることをおすすめします。

3.質の良い睡眠を6時間以上取る
質の良い睡眠を取ることが出来ると、肌の修復力が高まりダメージを改善してくれます。

特に入眠後3時間は肌の細胞を修復する成長ホルモンが最も多く分泌されるため、深く眠ることが出来るように睡眠環境を整えましょう。

また、睡眠時間は6時間以下が続くと肌代謝が悪くなり肌に溜まった老化タンパク質(AGEs)が排出されません。できるだけ毎日6時間以上の睡眠を取るように心がけましょう。

⇒質の良い睡眠に関しては「心と体が軽くなる!睡眠の質を高める3つの方法」をご覧ください。

4.紫外線対策を行う
肌の糖化は紫外線の影響が大きく、紫外線に当たるほど糖化が進みます。ごく微量の紫外線を浴びただけでも「老化タンパク質」(AGEs)は増加するため、極力浴びないように日焼け止めやサングラスなどで対策を行いましょう。

6.まとめ

「糖化」の予防と対策は究極のアンチエイジング法です。

食生活や運動などのちょっとした習慣や心がけで糖化の予防と対策は行えるので、5年後・10年後の自分のためにも今から抗糖化ケアを取り入れてみてはいかがでしょうか?

この記事は2015年5月19日時点での情報になります。
また、効果・結果には個人差がございますのでご了承ください。
==================================
あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感! 2016年全部の恋愛運も占えます!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の 運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?
あなたの生年月日から運命の人をズバリ教えてくれる占い『あなたの幸運』が大好評です!

もしかしたら、別れた彼かもしれないし いま付き合ってる人かもしれませんし いつ・どこで運命の人と会えるのかも教えてくれます。

2016年の恋愛運が気になる人は是非やってみてください
==================================

==================================
《たった3分で恋と幸せを引き寄せる方法》

『美』を追求している女性陣から圧倒的な信頼!!

わずかな時間で自分を好きになって、恋と幸せを引き寄せる方法があるのをご存知ですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『恋と運命の真実』で
あなたの本質を理解すれば、現在の悩みが消えて驚くほど人生が好転します。

今回はプロ鑑定師が、アナタだけの為に「魅力が開花する鑑定結果」を無料でプレゼント。

いつも頑張っている貴女に、是非『全員0円』鑑定をお試しください!
==================================


Pocket
LINEで送る