メニューを開く
アスタリフト;

私にぴったりの青汁を探す! 青汁お試し10選

青汁 お試し
青汁が美容や健康に良いわかっていても、「苦い」、「まずい」というイメージから敬遠している人も多いのではないでしょうか?

でも青汁とひとことで言っても、実はいろいろな原料、味わいがあります。お試し価格で購入できるものを試して、自分に合う青汁を探してみてはいかがでしょう?



astalift
astalift

1.好みの青汁を見つけるポイントは主な原料

そもそも青汁というのは生の緑葉野菜をしぼった汁のことで、原料は決まっていません。使われている主な原料によって、その味わいは様々です。

たとえば、「ケールや大麦若葉が主な原料の青汁だと自分にはちょっと青臭い」、「緑茶が入っている方が飲みやすい」、「ゴーヤの苦みが好き」など、人によって、好みは様々です。

購入しやすい価格のお試しコースやモニターコースで、自分の好みに合う商品を探してみてはいかがでしょう。

代表的な青汁の原料は次の6つです。複数の材料がブレンドされている商品がほとんどですが、その配分によっていろいろな味があります。

①大麦若葉

イネ科の植物でビタミン、ミネラルが豊富に含まれています。草っぽい青臭さが強い青汁になります。

②ケール

キャベツの一種で、ビタミン、ミネラル、葉酸が豊富に含まれています。キャベツの仲間なので、葉野菜のみずみずしさが感じられます。

③明日葉

セリ科の野菜で、カロチン、ビタミン、ナトリウムなどが多く含まれています。ちょっと土っぽいような、そぼくな香りがするのが特徴です。

④桑の葉

健康茶の原料にもなる桑の葉には、カルシウムをはじめミネラル、ビタミン、アミノ酸が豊富に含まれています。

⑤緑茶

緑茶をブレンドした青汁には、抹茶のようなすっきりとした味わいがあります。緑黄色野菜と同じように、ビタミン、ミネラル、食物繊維も含まれています。

⑥ゴーヤ

沖縄の野菜でニガウリとも呼ばれています。ビタミンC、カリウムが豊富に含まれています。けれど、その名の通り苦みが強いので、青汁にすると独特の苦みが出ます。

2.お試し価格で購入できる青汁10選

青汁は生の野菜や植物を原料にするため、無農薬栽培、国産原料にこだわった商品が多いため、少しお値段は高めです。

買ってみたら苦くて飲めなかった、なんてことにならないように、購入しやすいモニター価格や、初回限定価格が設定されている商品で、自分の好みの青汁を見つけてみてはいかがでしょう?

ここでは、モニター価格、初回限定価格のある青汁商品を10個ご紹介しますので、参考にしてみてください。

ウマい青汁
乳酸菌醗酵トマトエキスが配合された青汁です。飲みやすい抹茶風味なので、青汁が苦手な人にもおすすめです。
ウマい青汁初回限定 お試しモニター価格 500円(税込)
※1世帯2パックまで注文できます。
公式サイトはこちら

飲みごたえ野菜青汁
ほうれん草、小松菜、大麦若葉、ケール末などの緑黄色野菜、とうもろこし、セロリ、ごぼうなどの淡色野菜のほか、ごま、青まめ、わかめ、かつおぶしなどの伝統食材を原料にした青汁です。
飲みごたえ野菜青汁
まずはお試し10包セット 1,080円(税込)
公式サイトはこちら

こどもバナナ青汁
野菜嫌いの子どものために作られた、バナナ味の青汁です。味は飲みやすく作られていますが、大麦若葉、ほうれん草、ケール、ゴーヤ、モロヘイヤなど、青汁に欠かせない緑黄色野菜も配合されています。
こどもバナナ青汁毎月100名限定元気モニターコース 初回限定特別価格 980円(税込)
公式サイトはこちら

大人の青汁
熊本産の桑の葉をベースに、L-シトルリン、亜鉛、酵母、宇治抹茶をブレンドした青汁です。野菜不足が気になる人、忙しくて食生活が乱れている人や、体がすっきりしないな、と感じている人におすすめの青汁です。
大人の青汁初回限定 お試しパック(20袋入り) 1,980円
公式サイトはこちら

里の青汁
熊本産の有機野菜「すいおう」のほかに、ケール、ゴーヤ、桑の葉、抹茶のほかに、ビフィズス菌を配合した青汁です。さらりと飲みやすく、野菜嫌いのお子さんにもおすすめです。

里の青汁初回限定 1,500円(税込)
公式サイトはこちら

フレッシュフルーツ青汁
大麦若葉、明日葉、クマザサに「ラクリス乳酸菌」と「スポルス乳酸菌」という2種類の乳酸菌を配合した青汁です。フルーツフレーバーで飲みやすく、食生活の乱れを感じている人におすすめです。
フレッシュフルーツ青汁とくとくモニターコース 初回限定価格 100円
公式サイトはこちら

活きた酵素と青汁 植物性乳酸菌入り
クマザサ、桑の葉、大麦若葉に、酵素や植物性乳酸菌を配合した青汁です。抹茶のような飲みやすさです。原材料はすべて国産というこだわりの商品です。
活きた酵素と青汁お試し価格 500円(税込)
※初回限定モニターセット
公式サイトはこちら

やまだの青汁30
大麦若葉末に抹茶をブレンドした青汁で、抹茶のすっきりした味わいです。くせのない味わいなので、料理やスイーツのちょい足しにもおすすめです。
やまだの青汁モニターコース初回定期購入 980円(税込)
公式サイトはこちら

ミナト式くわ青汁
桑の葉を原料に、抹茶とシルクペプチドを配合した青汁です。クセのない味わいで牛乳などとブレンドしても飲みやすい商品です
くわ青汁WEB限定モニター(約7日分) 100円
※先着1000名です。
公式サイトはこちら

生青汁
大麦若葉、ケール、明日葉、緑茶・ほうじ茶を配合した青汁です。すっきりとしたあじわいなので、野菜が苦手な人にもおすすめの商品です。
生青汁お試し購入価格 500円(税別・送料無料) 6包
※クレジット購入のみです。
公式サイトはこちら

3.青汁を飲みやすくするドリンク・レシピ

毎日飲み続けたい青汁ですが、
では、ここで青汁の美味しい飲み方のアレンジ法を具体的にご紹介します。

①牛乳、豆乳

もっともポピュラーにブレンドされているのが、この牛乳・豆乳ではないでしょうか。

苦みがやわらぎ、草っぽい香りが抹茶ミルクのように味わえるので、子どもや野菜が嫌いな人でも飲みやすくなります。

牛乳・豆乳とブレンドした後、さらにすりゴマやきな粉を混ぜると風味が豊かになるのでおすすめです。

②野菜ジュース、フルーツジュース

味の調整をしてある野菜ジュース・フルーツジュースとブレンドすることで青汁が飲みやすくなります。
青汁も野菜なので、野菜ジュースに混ぜると味が同化してマイルドになるといわれています。
一方、フルーツジュースと混ぜると、甘みが増してデザート感覚で楽しめます。

何種類かジュースの種類を用意すれば、毎日味の変化を楽しむことができるのでおすすめです。

③ヨーグルト

意外に思われる方も多いと思いますが、ヨーグルトと青汁は相性が良いです。
ヨーグルトドリンクとブレンドしても美味しいですが、固形ヨーグルトのトッピングとして、青汁の粉末をふりかけるのもおすすめです。

グリーンスムージー

④はちみつ、メープルシロップ、黒蜜

「苦味がイヤ」という方は、はちみつやメープルシロップ、黒蜜などで甘みを足すとマイルドになって飲みやすくなります。
青汁+ヨーグルトに更に追加しても美味しいですよ。

⑤コーヒー

コーヒーに青汁の粉末をふりかけると、すっきりとした風味を楽しむことができます。気分転換に、いつものコーヒーにプラスしてみてはいかがでしょう。

⑥オリーブオイル(エキストラバージンオイル)

青汁ドリンクにオリーブオイルを1滴たらすと、オイルの芳醇な香りで青汁が飲みやすくなります。
加熱しなくても爽やかに香るタイプのオイルを選ぶのがおすすめです。

⑦味噌汁、ポタージュ

野菜が足りない時には、インスタントの味噌汁やポタージュに青汁の粉末を混ぜるのもおすすめです。
香りが良くなり、味わいが深くなりますよ。

4.まとめ

大麦若葉、ケール、明日葉、桑の葉、クマザサ、ゴーヤなどなど、青汁には様々な原料が使われていて、その原料によって味わいが違います。
最近では野菜嫌いの子どもが飲みやすいように、フルーツフレーバーの商品もあります。自分好みの青汁を、ぜひ探してみてください。
この記事は2017年2月4日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

 


Pocket
LINEで送る