2017年11月16日 更新

イメージ通りに仕上げる!チークの塗り方&入れ方とは?

チーク 塗り方

「チークの仕上がりがイメージ通りにいかない・・・。」そんな経験はありませんか?
チークは、顔の雰囲気をぐっと華やかに、綺麗に演出してくれるアイテムです。

今回は、イメージ通りに仕上がるチークの塗り方と入れ方についてご説明します。




1.チークの種類と特徴

外国人風メイク

チークには大きく分けて3つの種類があります。
好みの質感や雰囲気、ベースアイテムに合わせて選びましょう。

1-1.パウダーチーク(固形)

パウダーチーク

パウダーチークは、パウダー状のチークです。ブラシを使用することでふんわりとした仕上がりになります。

チークの中でも1番使いやすいといわれており、チークが苦手な方や初心者の方にもおすすめです。

1-2.クリームチーク(練り状)

クリームチーク

クリーム状のチークは内側からにじみ出るような、自然な血色感ある仕上がりが魅力的です。

しっかりと発色させたい時におすすめです。

1-3.リキッドチーク(液体状)

リキッドチーク

リキッドチークは液体状のチークです。

肌の奥から湧き出るような柔らかな発色で、透明感のある肌を演出します。

2.チークの塗り方

二日酔いメイク 1

ここでは、【パウダーチークの塗り方】【クリーム・リキッドチークの塗り方】に分け、肌らぶ編集部おすすめのチークの塗り方をご紹介します。