ドラッグストアで購入できる6種類のプチプラチーク

コスメ

2020.11.05 Thu

大人気プチプラチーク6種類を本音レビューしてみた!!

#チーク #プチプラ

今回は、人気のプチプラ化粧品ブランドから発売されているチークをご紹介します!

この記事で書かせていただく感想・使用感等はあくまで個人的な意見です。
今後チーク選びをする際、参考にしてみてくださいね。

ドラコス6種類を本音レビュー!

今回ご紹介するのは、こちらの6種類のプチプラチーク。
どれもドラッグストアで購入できる”ドラコス”です!

ドラッグストアで購入できる6種類のプチプラチーク

ちふれ、キャンメイク、セザンヌ、KATEなど人気の化粧品ブランドのチークを集めました!

6種類のプチプラチークを腕に試し塗り

その中でも、こちらの3種類のチークはレッド系。
レッド系チーク3種類

(左)キャンメイク クリームチーク20 ビターチョコレート
(中央)セザンヌ パウダーチーク571(限定)
(右)KATE スリムクリエイトチークス RD-1

ひとくちにレッド系と言っても、ピンクとオレンジが混ざったようなコーラルから、深みのあるダークまで様々です。

残りの3種類はベージュ系のチーク。

ベージュ系チーク3種

(左)ちふれ パウダーチーク612
(中央)キャンメイク クリームチーク19 シナモンミルクティ
(右)セザンヌ パールグローチークP3

ベージュ系チークも
・肌なじみのいいコーラルよりのベージュ
・ハイライト感覚で使えるパール入り
・ミルクティのようなマイルドで少し深みがあるもの

など、種類豊富に展開されています。

どれを選べばいい?チークを選ぶポイント

テクスチャーや発色の良さがそれぞれ違う6種類のチークを、発色・崩れにくさ・値段(コスパ)を比較しました!

ポイント①:発色

チークを購入する際に悩むポイントとして、重要なのは発色の良さではないでしょうか。

しっかりと血色感を出したい方は発色のよいものを、ふんわりと自然なチークを求めている方は発色が控えめなものを選ぶのがおすすめです。

ポイント②:崩れにくさ

マスクを付けなければいけないこの時期は、”崩れにくさ”が重要となってくるでしょう。
「せっかくお気に入りのチークをつけたのに、マスクですぐに崩れてしまっていた…」なんてことになっているの悲しいですよね…。

実際にマスクを着けて過ごしたり指でこすってみたりなど、検証しました。

ポイント③:値段(コスパ)

コスメ購入時に大事になのは、やっぱりなんといってもコスパですよね。
消費の速さ予想、価格を考慮したコスパをジャッジします。

全アイテムの実力を徹底比較!

レッド系のチーク

キャンメイク クリームチーク20 ビターチョコレート

キャンメイクのクリームチーク20ビターチョコレート

価格:638円(税込)
テクスチャー:クリーム

発色:★★☆
崩れにくさ:★★☆
値段(コスパ):★★★

キャンメイクのクリームチーク20ビターチョコレートを腕に試し塗り

実際に肌に塗布すると、このような感じです。
テクスチャーはクリームで、ラメは入っていないタイプです。

色は名前の通り、チョコレートに少し赤みが混じったような色。

しっかり量を多めに取ると、写真のように見たままの発色に。
少量を手にとってぼかすと、ふんわりとした優しい色になります。

質感がクリームなので、じゅわっと内側から血色感がでた頬に仕上がります。

「クリームチークって取れやすいのでは?」と思っている方もいらっしゃいますよね。
私もそう思っていました。
こちらのチーク、肌にぽんぽんとなじませていくと、ベタベタせずにサラッとした仕上がりで肌に馴染みます。

マスクを付ける機会が多い時期にも、安心して使用できますね。

特に内側からのじゅわっとした血色感や、ベージュよりレッド系が好きな方におすすめです。

セザンヌ パウダーチーク571(限定)

セザンヌのパウダーチーク571(限定)

価格:550円(税込)
テクスチャー:パウダー

発色:★★☆(引用
崩れにくさ:★☆☆
値段(コスパ):★★★

セザンヌのパウダーチーク571(限定)

実際に肌に塗布してみると、このような感じです。
上の濃い部分は指で塗った場合、下のほんのり色づいている部分は付属のブラシで塗った場合です。

テクスチャーはパウダーで、レッド系のカラーにラメが入っています。
写真ではコーラル寄りに見えますが、実際に見ると、深みのある秋に使いたくなるようなカラーです。

この商品のオススメのポイントは、
・コスパのよさ
・パッケージのおしゃれさ
・粉飛びがしない

ところです。ちふれの凄さは、なんと言ってもコスパですよね。

こんなにかわいくて旬顔になれるおしゃれチークが、ブラシ付きで550円(税込)で買えるなんて…!!

私は色選びの難しさや付け方の難しさから、これまであまりチークをつけなかったのですが、この値段なら挑戦してみようかな?と思える商品でした。

ブラシで塗ると発色は控えめになるので、つけすぎて失敗してしまうのが怖い人や、濃いチークが苦手な人にぴったりの商品です!

KATE スリムクリエイトチークス RD-1

KATEのスリムクリエイトチークスRD-1

価格:1,430円(税込)
テクスチャー:パウダー

発色:★☆☆
崩れにくさ:★☆☆
値段(コスパ):★★☆

KATEのスリムクリエイトチークスRD-1を腕に試し塗り

実際に肌に塗布してみると、このような感じです。
濃い部分が指で塗ったもの、下2色のほんのり色づいている部分が付属のブラシで塗ったものです。

このチークは、「肌になじむ濃淡2色のカラーで メリハリ小顔印象に」(引用:@cosmeとPRしている商品なので、発色の良さよりも自然な濃淡で骨格をシュッと見せてくれます。

左側の薄めの色がハイライトカラー、右側の色が発色カラーです。
ハイライトカラーは、色がほぼ付かず自然な艶感と明るさを出すことができ、発色カラーを塗ると、ふんわりと血色感を出すことが出来ます。

大きめのブラシも一緒についているので、頬の形に沿って簡単にチークを入れられます。

血色感を足しつつ、シュッとした小顔の骨格を作りたい方にオススメの商品です!

ベージュ系のチーク

ちふれ パウダーチーク612

ちふれのパウダーチーク612

価格:396円(税込)
テクスチャー:パウダー

発色:★☆☆
崩れにくさ:★★☆
値段(コスパ):★★★
ちふれのパウダーチーク612を腕に試し塗り

実際に肌に塗布してみると、このような感じです。
上が指で塗布した部分、下が付属のブラシで塗布した部分です。

このカラーは、骨格を自然に際立たせてくれるザ、ベージュな色味。
血色感を出すよりは、チークで大人っぽい印象に仕上げたい人にオススメのカラーです。

また、今回ご紹介するチークの中で最も安く、ワンコインで買えるブラシ付きのチーク。
サイズは少し小さめなので、化粧直しや旅行先でも大活躍しそうです♪

キャンメイク クリームチーク19 シナモンミルクティー

キャンメイクのクリームチーク19シナモンミルクティー

価格:638円(税込)
テクスチャー:クリーム

発色:★★☆
崩れにくさ:★★☆
値段(コスパ):★★★
キャンメイクのクリームチーク19シナモンミルクティーを腕に試し塗り

実際に肌に塗布してみると、このような感じです。
テクスチャーはクリーム、色はぬけ感を出せるベージュカラーです。
「シナモンミルクティー」なんて、とってもおしゃれで可愛い名前ですよね♪

何度も重ねると上の写真のようにパッケージ通りの見たままの発色になります。
少量で肌にしっかりと馴染ませると、ふんわりと自然な血色感が出せるのです。

ベージュ系のチークではありますが、完全なベージュではなく赤みも混じっているのでもポイント!
「ベージュのチークに挑戦してみたいけれど、血色感がないのは困る」という方も挑戦しやすいカラーです。

また、すでにご紹介した「キャンメイク クリームチーク20 ビターチョコレート」と同様、塗ってなじませるとサラサラに変化してくれるので、マスクに付く心配もありません!

セザンヌ パールグローチークP3

セザンヌのパールグローチークP3

価格:660円(税込)
テクスチャー:パウダー

発色:★☆☆
崩れにくさ:★★☆
値段(コスパ):★★★
セザンヌのパールグローチークP3を腕に試し塗り

実際に肌に塗布してみると、このような感じです。
こちらの写真は指で塗布したものです。

少し多めにパウダーを含ませて塗るとしっかり発色のチークとして。
ブラシでふんわりと頬にのせると、それほどは色はつかずにハイライトのような感覚で使用することが出来ます。

また、頬に塗ったあと残ったチークで鼻の上に塗ったり顎の先に塗ったりして、立体感のあるメイクに仕上げられます。

大きめのブラシが付いているので、ふんわりと塗ることができるのが嬉しいですね♪

パール感のあるベージュチークが好きな方に、オススメです!

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、ドラコスのプチプラチークを6種類ご紹介しました。
どれもプチプラとは思えないほどのクオリティー、パッケージの可愛さですよね。

是非、今後のチーク選びの参考にしてみてください!

この記事をシェア

もえにし 綺麗になるために日々奮闘している女子大学生。 化粧品検定の勉強を生かしつつ、コスメ・スキンケアなどの正しい知識や最新情報を発信します! 詳細を見る

あわせて読みたい記事

コスメの人気記事ランキング

肌らぶ編集部おすすめの記事

肌らぶライター