チャイボーグメイクとは?

もえにし

お悩み別ケア

2020.05.26 Tue

今話題のチャイボーグメイク!やり方からヘアスタイルまで徹底解説♡

#チャイボーグメイク

「チャイボーグメイク」という言葉を聞いたことはありますか?

instagramやYouTubeで目にしたことがあるかもしれません。

今回は、そんな「チャイボーグメイク」のポイントとやり方に加え、似合う髪型も解説します!

チャイボーグメイクとは?

「チャイボーグ」とは、「チャイニーズ」と「サイボーグ」を組み合わせてできた新しい言葉です。まるで人の手で作り出されたサイボーグのように、人間離れした美しさを持つ中国の美女たちのことをいいます。

チャイボーグメイクのポイントはこの7つ。

①作り込まれた白いマット肌
②ハイライトとシェーデングで彫り深に
③キリッとした山のある眉
④赤系シャドウ
⑤跳ね上げライン
⑥チークレス or 薄め
⑦赤リップ

韓国風ののオルチャンメイクは平行眉・垂れ目・グラデーションリップがポイントで「可愛らしい」イメージなのに対して、今回紹介するチャイボーグメイクは強めのアイラインとリップが特徴的な「綺麗で大人っぽいクールなお姉さん」というイメージです。

日本の雑誌などでは、つや系のベースメイクにブラウンのアイライナーなどを使ってナチュラルに仕上げるメイクが多く取り上げられているので、チャイボーグメイクとは異なる点がたくさんあります。

チャイボーグメイクのやり方

ベースメイク

チャイボーグメイクのやり方ベースメイク
A.ラトゥーエクラファンデーションプライマー N 01/PAUL & JOE
B.CPチップコンシーラー 1.25 ライトベージュ /the SEAM
C.シーティブ エアリーフェイスパウダーNo.2 ナチュラル/コージー

①トーンアップ下地Aを顔全体に塗る。
チャイボーグメイクのやり方①トーンアップ下地Aを顔全体に塗る。
ホワイト・ブルー・パープル系の下地がトーンアップに向いています。
赤みが気になる方は、グリーンがおすすめです。

首まで塗ると、顔だけが白浮きしてしまうのを防ぐことができます。

②気になるところをコンシーラーBで隠す
チャイボーグメイクのやり方②気になるところをコンシーラーで隠す

クマ・小鼻の赤み・口角・ニキビ跡やシミなどを隠します。

スポンジを使ってコンシーラーを馴染ませると、余分なコンシーラーを吸い取るのでメイク崩れの防止になります。

③パウダーファンデーションCでマットに仕上げる
チャイボーグメイクのやり方③パウダーファンデーションCでマットに仕上げる

パウダーファンデーションを顔全体に塗っていきます。

パフでつけるとしっかりカバー、ブラシでつけると薄付きになります。
今回は、マットに仕上げた肌に、後から部分的にツヤを足すのでパフを使いました。

コントゥアー

コントゥアー
D.フェースコントロールカラー マットブラウン/CEZANNE
E.ボームエサンシエル トランスパラン/Chanel

①フェイスライン・鼻・唇の下にシェーディングDを入れる
チャイボーグメイクのやり方①フェイスライン・鼻・唇の下にシェーディングDを入れる
フェイスラインは、大きめのブラシを使うと、自然な影を作れます。

また、ノーズシャドーなどの細かい部分は、アイブロウFでも代用可能です。

②眉下・眉上・鼻根・鼻先・Cゾーン・唇の上・顎先にハイライトEを入れる
チャイボーグメイクのやり方②ハイライトEを入れる

アイブロウ

チャイボーグメイクでつかうアイブロウ
F.デザイニングアイブロウ3D EX-5 ブラウン系/KATE
G.アイブロウペンシルA BR-3 自然な茶色/KATE

①アイブロウパウダーFで眉下のラインを決める
チャイボーグメイクのやり方①アイブロウパウダーFで眉下のラインを決める
眉頭を下にさげつつ、内側に入れるように意識するのがポイントです。

②ペンシルGで眉山と眉尻の形を決める
チャイボーグメイクのやり方②ペンシルGで眉山と眉尻の形を決める
眉尻を長めに書くのがポイントです。

③アイブロウパウダーFで全体を埋める。
チャイボーグメイクのやり方③アイブロウパウダーFで全体を埋める。

濃いはっきりした眉を目指したので眉マスカラを使用しませんでしたが、
髪色次第で、この後眉マスカラを足すのもOKです。

アイメイク

チャイボーグメイクでつかうアイメイク
H.ラッシュフォーマー(ロング)BK-1/KATE
I.ラッシュマキシマイザー EX-1/KATE
J.THE BURGUNDY BAR/MAYBELLINE NEW YORK
K.ハイパーシャープライナーR BK-1 漆黒ブラック/MAYBELLINE NEW YORK

①Jの☆をアイホール全体に薄く広げる
チャイボーグメイクのやり方①Jの☆をアイホール全体に薄く広げる

②同じ色を二重幅に重ね、縦のグラデーションになるようにする
チャイボーグメイクのやり方②同じ色を二重幅に重ね、縦のグラデーションになるようにする
この時、目尻側を濃くなるようにすると目が大きく見えます。

③同じ色を下まぶた全体にも重ねる
チャイボーグメイクのやり方③同じ色を下まぶた全体にも重ねる
目尻側は、下まぶたの目頭側より濃い目に色をのせて上シャドウと繋げ、目を囲むようにするのがポイントです。

下まつ毛を多く見せたい時は、まつ毛の生え際あたりに濃くアイシャドウを乗せるのがオススメです。

④Jの△を下まぶたの3分の1にのせる
チャイボーグメイクのやり方④Jの△を下まぶたの3分の1にのせる
目の立体感が欲しい方は、上シャドウの黒目の部分に△を足すのも良いでしょう。

⑤アイライナーKでインライン・アウトラインを引く。
チャイボーグメイクのやり方⑤アイライナーKでインライン・アウトラインを引く
黒のアイライナーで、長めに跳ね上げるのがポイントです。
切開ライン・ダブルラインを足すと目にインパクトが出ます。

⑥ビューラーでまつ毛を上げてマスカラ下地Iを塗った後、マスカラHを塗る。
チャイボーグメイクのやり方⑥ビューラーでまつ毛を上げてマスカラ下地Iを塗った後、マスカラHを塗る
まつ毛はしっかりとビューラーで上げてから下地を塗りましょう。
繊維入りのマスカラ下地やマスカラを使うと、より目にインパクトが出ます。

チーク

「チャイボーグメイク」は大人っぽいクールなイメージなので、今回のメイクでチークは使用しません

チークを乗せるのであれば、肌なじみの良い色や、シェーディング風に使えるもの選ぶといいでしょう。

色をつけるための”チークを使うと可愛らしいメイクに仕上がり、”輪郭を綺麗にみせるための”チークを使うと大人っぽいメイクに仕上がります。

リップ

チャイボーグメイクでつかうリップ

L.マットバーム 70 ファイアリー/REVLON

①赤リップLをブラシにとり、唇の輪郭を整える。
チャイボーグメイクのやり方①赤リップLをブラシにとり、唇の輪郭を整える
リップの質感はお好みで!

②直塗りで中を埋めて完成!
チャイボーグメイクのやり方②直塗りで中を埋めて完成!

チャイボーグメイクが似合うヘアスタイル

大人っぽいメイクには大人っぽい髪型!ということで、簡単に出来るヘアスタイルを紹介します。

大人っぽい髪型と聞くと、長い前髪を流したヘアスタイルを想像する方が多いのではないでしょうか。

実はそのヘアスタイル、前髪が短くても出来るんです。

ストレート流し前髪で大人っぽく

チャイボーグメイクにあうヘアスタイル

①前髪を根元から濡らして癖をとる
②分けたい方向に髪の毛を引っ張りながら乾かす
(③ストレートアイロンをサッと当てる)
④短い前髪が落ちてこないように、スタイリング剤で固定する

「ドライヤーだけではしっかりストレートにならない!」という場合は、③のようにストレートアイロンを使用してください。

巻いて、ふんわりした雰囲気をプラス♡

①前髪を根元から濡らして癖をとる
②分けたい方向に髪の毛を引っ張りながら乾かす (ここまでは一つ目と同じ)
③コテで毛先を全て外巻きにする
④耳より前の髪の毛を外巻きにする
⑤前髪を含めた顔周りの髪も外巻きにする
⑥トップを細かく取ってざっくりと巻く
⑦スタイリング剤で整える

チャイボーグメイクのヘアスタイル解説
赤で囲った部分は④を、青で囲った部分は⑤で巻く部分を指しています。

このヘアスタイリングをするときのポイントは、ざっくりかつ巻きすぎないこと。

巻きが強すぎると、”頑張っている感”が出てしまい、今っぽさからは離れてしまいます。

巻きすぎないコツは、

①コテを長時間当てないこと
②巻いた髪はすぐほぐすこと

の2つです。

まとめ

いかがでしたか?

「なんだか難しそう…」と思った方もいるかもしれませんが、

始めにご紹介した6つのポイント

①作り込まれた白いマット肌
②ハイライトとシェーデングで彫り深に
③キリッとした山のある眉
④赤系シャドウ
⑤跳ね上げライン
⑥チークレス or 薄め
⑦赤リップ

これさえ意識すれば、新しいコスメを買うことなく手持ちのコスメで「チャイボーグメイク」が完成します!

この6つのポイントのうち、1つだけを毎日のメイクに取り入れてみるだけでもガラッと雰囲気が変わるので、是非チャレンジしてみてください☆

この記事をシェア

もえにし もえにし 綺麗になるために日々奮闘している女子大学生。 化粧品検定の勉強を生かしつつ、コスメ・スキンケアなどの正しい知識や最新情報を発信します! 詳細を見る

あわせて読みたい記事

お悩み別ケアの人気記事ランキング

肌らぶ編集部おすすめの記事

肌らぶライター