エクセルのアイプランナーとリップベルベティストとメイクした顔

朱墨

メイク

2020.11.06 Fri

エクセルの新作コスメで秋冬カラーメイク6パターンチャレンジ!

#アイシャドウ #エクセル #カラーメイク #リップ

2020年の秋も沢山の新作コスメが発売されましたが、エクセルの秋コスメはもうチェックしましたか?
9月発売のグレイズバームリップとネイルポリッシュに続き、10月は全20色のシングルシャドウと全6色のリキッドマットリップが発売されました。

今回は新作のアイシャドウとリップを組み合わせて、6つのメイクを紹介したいと思います。
もちろん個別のスウォッチもありますので、ぜひ購入する際は参考にしてみてくださいね!

10月発売のエクセルの新作をご紹介!

アイプランナー

エクセルのアイプランナー20色

全20色 各990円(税込)

☆高輝度ガラスパール×カラーパールの美しいきらめきの「SHINY」
☆リッチな高発色と繊細なツヤで色遊びを楽しめる「RICH」
☆肌と同化するセミマットの「FLUFFY」
☆まばゆい大粒偏光パールをMIXした「DAZZLE」

(引用元:excelのHP

の、4種の質感で展開されているシングルアイシャドウです。

20色もあると色選びに迷ってしまいますが、どんな組み合わせでも楽しめるのがアイプランナーの特徴。

どれもきれいな発色で、質感が違うアイテムを重ねて使っても、色が濁らないのがいいところです。
フィットオイルが配合されているので、ぴたっと肌に密着して粉飛びしないのも嬉しいポイントになっています!

リップベルベティスト

エクセルのリップベルベティスト6色

全6色 各1,760円(税込)

その唇はまさにベルベット。ツヤやみずみずしさを求めた春夏とは違い、寒くなると触れたくなるベルベットのような、しっとりとしたふんわり感が特徴です。
どの色も秋冬向きのシックなカラーになっており、塗り方次第では、普段使い&おしゃれ使いのどちらでも楽しめます。
長時間塗っていても色が落ちにくく、塗布後に軽くティッシュオフすれば、マスクの下でも色移りの心配はほぼありません!
なかなかリップメイクが楽しめないご時世ですが、マスクで見えなくてもリップは塗りたいですよね…。
美容液成分が入っているので、唇の乾燥も防げます。

徹底解剖!全色スウォッチ

アイプランナー

アイプランナー「SHINY」の4色

まずは「SHINY」の4色です。

S01は、トーン明るめのブロンズゴールド
S02は、ほんのりピンクのラメが光るウォームベージュ
S03は、桜の花びらのようなヌードピンク
S04は、キラッと光る淡いラベンダー

ベースと同じ色のラメと、シルバーラメが混ざっているラメシャドウです。この後に紹介する「DAZZLE」よりも、はっきりと発色するのが特徴。

角度によって色味の雰囲気がかなり変わるのですが、画像で光り方の変化が伝わるでしょうか?
ラメの大きさもこちらの方が控えめなので、上まぶたに塗ったカラーのニュアンスチェンジや、色同士の境界線をぼかすのに使いやすそうな印象を受けます。

アイプランナー「RICH」の6色

次は「RICH」の6色です。

R01は、ハイライトにも使えそうなホワイトベージュ
R02は、桜貝のような淡い光を放つシェルピンク
R03は、くすみピンクが色っぽい、プラムピンク
R04は、深みのあるブリック系カラーのバーガンディレッド
R05は、万能コーラルピンクの秋冬版、くすみピーチベージュ
R06は、銀杏の葉を思わせるマスタードイエロー

ツヤ感が非常に綺麗なアイシャドウです。
ビロードのような、しっとりした質感の粉がぴたっと肌に密着する感覚が気持ちよく、個人的には4つの中で一番好みのタイプのアイシャドウです。はっきりした発色もいいなと思いました。

特にR04とR06は、秋冬らしいこっくりとしたレッドとイエローなので、これをメインに置くだけでもおしゃれなメイクが出来ますね。R02とR03のくすみピンクの組み合わせも素敵だと思います!

アイプランナー「FLUDDY」の6色

次は「FLUDDY」の6色です。

F01は、ドライローズのようなメロウピンク
F02は、サーモンオレンジ系の柔和なスキニーベージュ
F03は、秋冬にぜひ使いたい!温かみのあるダスティモーヴ
F04は、くすみブロンズがこなれ感を演出してくれる、フォギーブラウン
F05は、桃の皮みたいな甘い色味のピオニーピンク
F06は、パプリカパウダーをそのまま使ったようなキャロットオレンジ

「RICH」に比べると質感はマットですが、あくまでセミマットなので使いやすいです。
シルクのような柔らかい粉なので、指塗りで単色グラデーションにしてもかわいいなと思います。

全体的に秋冬らしいくすみ感の強い色が揃っていますが、F05とF06はオールシーズン楽しめそうなカラー。
アクセントカラーとして目立たせつつ、他のくすみ系カラーを重ねて使うと、寒い時期でも浮かない色味になるのではないかな?と思いました。

アイプランナー「DAZZLE」の4色

最後に「DAZZLE」の4色です。

D01は、淡く優しく光るオーロラピンク
D02は、透明感溢れるクリアなアイスブルー
D03は、01よりもピンクの強いライラックピンク
D04は、オレンジ系ゴールドのアプリコットゴールド

「SHINY」と比べると、こちらは全てシアー寄りのラメアイシャドウになっていて、たくさんのラメがザクザク入っています。
ラメシャドウはどうしてもラメ飛びしやすい印象がありますが、「DAZZLE」は割としっとりしています。

多少のラメ飛びはありましたが、長時間涙袋に塗っていても、キラキラしたままでした!

リップベルベティスト

リップベルベティストを腕に試し塗り

左がスパチュラで直塗りした状態、右が指でボカした状態になっています。
実際に唇に乗せた時も、思っていたより見たまま発色のリップでした。

LV01は、カジュアルに甘かわいいピーチピンク
LV02は、おしゃれな抜け感のあるヌーディオレンジ
LV03は、ブラウン混じりの秋冬向きクラシカルレッド
LV04は、少し渋みのあるカシスモーヴ
LV05は、こっくりレンガカラー、オレンジブラウン
LV06は、さながら溶かしたチョコレート、モードブラウン

こちらも全てくすみカラー、もしくはダークトーンのカラー展開になっていますね。
ブルベ・イエベのことを考えると少し手が伸びにくいカラーもありますが、指でポンポン塗りすれば、どれも楽しめるかなと思います。

スルスル伸びるテクスチャで、とても塗りやすいリキッドリップです。
スパチュラで量を調節しながら丁寧に重ね塗りをすると、綺麗な仕上がりになりました。
軽いティッシュオフで、優しい色味も自由自在に表現できます。

全色使う!6パターンのメイクにトライ

今回は「全色を使う」を目標に、6種類のリップに合わせてメイクをしてみました!
(※写真によって肌の色などが少々違いますが、アイテムの色味を最優先に加工しています。)

LV01 パピーガール×甘カワピンク

LV01 パピーガール×甘カワピンクで使用した商品

使用アイテムはこちらです。ザ・ピンク系を中心に集めました。
リップの色味が秋向きのピーチピンクだったので、目元は甘めのピンクメイクです。

LV01 パピーガール×甘カワピンクメイク

LV01 パピーガール×甘カワピンクメイクの目元アップ

①S02をベースに塗る
②R02とF05で縦割りグラデーションにする
③D01は涙袋に入れてキラッキラに!

LV02 バターカップ×ジューシーオレンジ

LV02 バターカップ×ジューシーオレンジに使用した商品

リップとアイメイクをオレンジ系で統一しました。
夕陽をイメージしてパープルとオレンジをよく合わせるので、今回のアイメイクはこの組み合わせで。

LV02 バターカップ×ジューシーオレンジメイク

LV02 バターカップ×ジューシーオレンジメイクの目元アップ

①R01をアイホール全体に塗る
②R06を二重幅より少し広く塗り、下まぶたにも少し塗る
③F06をライン状に引く
④S04を下まぶたにしっかり塗る

LV03 アバウトラブ×キラキラピンク

LV03 アバウトラブ×キラキラピンクに使用した商品

ピンクはピンクでも、こちらは“強気なピンク“をイメージした組み合わせです。
これでもか!というくらいキラッキラにするのがポイント。最強にカワイイ目になれますよ!

LV03 アバウトラブ×キラキラピンクメイク

LV03 アバウトラブ×キラキラピンクメイクの目元アップ

①S03を囲み目状に塗る
②R03を目尻側に重ねて縦割りグラデーションにする
③上まぶたと下まぶたに、しっかりD03を重ねる

LV04 フラワースワッグ×モードピンク

LV04 フラワースワッグ×モードピンクに使用した商品

次のピンクは、気だるげでちょっとアンニュイなイメージで集めています。
顔つきはアンニュイだけど、目が合ったら相手がドキッとするギラつきを。たまにはそんなピンクも楽しみませんか?

LV04 フラワースワッグ×モードピンクメイク

LV04 フラワースワッグ×モードピンクメイクの目元アップ

①S01を上まぶたにさらっと塗る
②R05→F01→F03の順で縦割りグラデーション
③下まぶたにR05を塗る
④最後のワンポイントで、下まぶたの目頭側だけにD03を塗る

LV05 ワイルドストーン×インパクトレッド

LV05 ワイルドストーン×インパクトレッドに使用した商品

ここでまさかの青ラメが登場!一番得意なリップの色なので、目元は遊んでみました。
とにかくインパクト勝負なレッドメイクです。

LV05 ワイルドストーン×インパクトレッドメイク

LV05 ワイルドストーン×インパクトレッドメイクの目元アップ①F02→F04→R04の縦割りグラデーションを作る(R04は濃い目に)
②ブラシに残ったR04を下まぶた目尻に塗る
③下まぶたはD02を塗って、目頭部分にくの字でD04も塗る

LV06 ビターテリーヌ×ダークレッド

LV06 ビターテリーヌ×ダークレッドで使用した商品

最後はあえてラメ無しで。ダークでシルキーな雰囲気のアイテムで揃えました。
ちょっと怖い雰囲気の顔にはなりますが、寒くなってきた秋冬ならではのメイクかな?と思って選んでみました。

LV06 ビターテリーヌ×ダークレッドメイク

LV06 ビターテリーヌ×ダークレッドメイクの目元アップ

①R04→F04→F03の順で縦割りグラデーションを作る(※この時目頭側のR04をかなり濃く塗るのがポイント)
②下まぶたはR04→F04のグラデーション
③全体の輪郭を大きめのブラシでしっかりぼかす

まとめ

6つのカラーメイク、いかがでしたか?アイシャドウが20色とリップが6色もあれば、いろんな組み合わせを無限に楽しめますね。リップも2色使ってグラデーションにしたら…なんて考えたら、もっと広がりそうでワクワクしてしまいます。
秋冬はこっくりとした色味が多く発売されますし、落ち着いたカラーを楽しみたくなる季節です。そんな秋冬カラーでも、たまにはちょっと変化をつけた、カラフルなメイクも楽しんでみませんか?
ぜひ店頭で「この色と、この色と…あーでもこの色も!」と、幸せな悩みを抱えてみてくださいね~!

この記事をシェア

朱墨 朱墨 ‪しがないコスメオタクの初心者ライターです。「自分らしく、自由に楽しく」がモットーです。よろしくお願いします。‬ 詳細を見る

あわせて読みたい記事

メイクの人気記事ランキング

肌らぶ編集部おすすめの記事

肌らぶライター