ロングヘアーの女性

ヘアケア

2020.12.01 Tue

髪がうねる原因は?すぐに試せる改善方法 4つ!

#くせ毛 #髪のうねり

髪がうねる原因、ご存じですか?

・ゴワつき
・パサつき
・広がり

など、髪の悩みはさまざまですが、うねりも悩みの種ですよね。
ヘアアイロンやスタイリング剤を駆使してしっかりヘアセットしても、時間がたつといつの間にかうねってしまう、”頑固なうねり”にお悩みの方も多いのではないでしょうか?
今回は、髪のうねりの原因と改善方法や対策をご紹介します!
髪がうねりがお困りの方は、ぜひ読んでみてくださいね。

髪がうねる原因とは?

”今まで気にならなかったのに、知らず知らずのうちにいつの間にか髪がうねるようになっていた!”なんてことはありませんか?せっかくのヘアスタイルも、うねってしまっては台無しになってしまいますよね。

・空気が乾燥して静電気が起こりやすい冬
・湿気の多い梅雨
・雨の日

など、季節や天候によって起こるうねりに、お悩みの方も多いのではないでしょうか?
そんな悩ましい髪のうねりですが、さまざまな原因が考えられます。まずは考えられるうねりの原因をご紹介します。

加齢によってうねる

”年々うねりが気になるようになってきた!”そんな方も多いのではないでしょうか?残念ながらそれは加齢のせいかもしれません。
年齢を重ねることで頭皮の筋膜が衰えて毛包が緩み、毛穴の形が歪みはじめると、髪もうねりやすくなりがちです。

加齢による水分不足や頭皮環境の乱れも、うねりの原因として考えられます。からだや肌と同じように、年齢とともに不足した栄養を髪にも補ってあげなければいけませんね。

毛穴のゆがみによってうねる

実は、毛穴には形に違いががあるとご存じでしたか?
ストレートヘアの方は、毛穴も綺麗な円形であるのに対し、髪がうねりやすい方は、毛穴が歪んでいるといわれています。
頭皮がかたくなったりたるんだりすると、毛穴は歪んだ楕円形になります。
髪は毛穴の形が均一でないと、綺麗にまっすぐに生えなくなってしまうため、毛穴の歪みは髪のうねりの原因と考えられています。

ダメージによってうねる

髪がダメージを受けて傷み、キューティクルがはがれて水分の吸収が均一でなくなることも、うねる原因となります。
キューティクルが均一でなくなると表面に凹凸が生じるため、髪がうねる原因になるのです。

遺伝によってうねる

くせ毛やうねりが目立つ髪質は、遺伝性が高いと考えられています。
両親や祖父母など、近しい血縁関係の中にうねりのある人がいる場合は、遺伝の可能性も高いかもしれません。

くせがついてうねる

寝るときの体勢による寝ぐせや、耳にかけたり結んだりしたときのくせも、うねる原因の一つです。
顔の骨格や頭の形なども、うねりやすくなると考えられます。

・寝る前に整えてから横になる
・くせがつきやすいヘアスタイルはしないようにする

など、対策をとると良いかもしれません。

髪のうねりを改善するには?

髪がうねる原因は、体質や髪質によってさまざまですね。
では、頑固なうねりを改善するにはどのように対策すれば良いのでしょうか。気になる改善方法をご紹介します。

美容室で行う対策方法

美容室で受けることができる施術としては、①ストレートパーマや縮毛矯正といったパーマ剤を使った施術②ダメージを与えない髪質改善トリートメントといった二通りの方法が挙げられます。
ストレートパーマや縮毛矯正は、薬剤やアイロンの熱を使ってストレートに伸ばしたヘアスタイルを記憶させることで、くせ毛を矯正する施術。

一方、髪質改善トリートメントは、酸と熱の力で失われた栄養分を補い守るトリートメントです。
傷んだ髪の内部を修復してあげることで、手っ取り早くうねりを解消させることができます。
また、ヘアスタイルによってうねりやすくなっているというケースも考えられます。
そういった場合にはカットによってうねりにくいデザインにすることで改善されることもあるので、セルフケアで改善されない場合には悩まずプロに相談してみるのがおすすめです。

シャンプーやトリートメントを見直す

ダメージや乾燥など、さまざまな原因が考えられるうねりには、シャンプーやトリートメントの見直しが必要かもしれません。ハホニコの「ケラテックス」のようにケラチンが高配合された、たんぱく質を補えるタイプがおすすめです。
ダメージケアに特化したタイプに変えてみましょう。

・主成分がアミノ酸でできた低刺激なアミノ酸系シャンプー
・皮脂などの毛穴汚れに効果的なスカルプシャンプー

など、頭皮環境を整える効果が期待できるものを選ぶのも良いでしょう。
ITRIMの「エレメンタリー スキャルプ&ヘアクレンザー」やメルヴィータの「インディゴオイル プレオイル シャイン&スカルプ」など、頭皮ケアアイテムを使ってみると良いかもしれません。
乾燥によるパサつきやうねりには、エトヴォスの「モイストシャンプー」のように、しっとり濃厚な質感のシャンプーもおすすめです。

ドライヤーを見直す

毎日使うドライヤーは、少しでもダメージの少ないものを選びたいですよね。
ダメージによるうねりには、マイナスイオンやプラズマクラスターなど、高機能なドライヤーに変えてみるのも効果的です。

乾かし方を見直す

毎日どのように髪の毛を乾かしていますか?濡れた状態で放置するとダメージを与え、うねりの原因にもなりがちです。
かといって、間違った乾かし方をして摩擦をかけてしまうと、キューティクルがはがれて傷んでしまいます。
うねる髪には、正しく乾かしてスタイリングするのが必要です。
濡れた状態でくせがつく前に、素早く乾かすようにしましょう。

正しい乾かし方

うねる髪を綺麗なツヤツヤヘアに導く乾かし方をご紹介します。
風を当てる方向や順番を工夫するだけで、仕上がりが格段に変わります。
温風機能と冷風機能をうまく活用してサラツヤヘアを手に入れましょう。

1.地肌と根元からしっかりと乾かしましょう。
2.くせが気になる部分は少し引っ張りながら乾かしましょう。うねる部分は、流したい方に引き寄せるようにして乾かすと効果的です。
3.全体が完全に冷たくなるまで冷風をあてます。
4.広がりが気になる部分は、寝かせるようにして上から風をあてます。

まとめ

髪がうねる原因と対策方法をご紹介しました。
髪質や遺伝、加齢など、さまざまな原因が考えられる髪のうねりですが、あなたのうねりの原因は見つかりましたか?
美容室での施術が必要な髪質改善トリートメントといった本格的な改善方法から、自宅で頭皮ケアできるアイテムを使った方法など、対策方法はさまざまです。

日々のシャンプーやトリートメントの見直しといった手軽にお試しできそうなものから、試してみてはいかがでしょうか。
原因を知って適切な対策をしていくと、改善しやすいのであきらめずに試してみてくださいね!

この記事をシェア

あきこすめ 美容職歴10年以上・コスメコンシェルジュ。経験と資格を活かして、価値ある美容情報を提供できるよう、楽しくわかりやすい記事づくりを心がけていきます! 詳細を見る

あわせて読みたい記事

告白 仕方 2016.02.03 Wed 髪の乾かし方|基本~ボリューム対策&時短テクまで♡目指せモテ髪 #ヘアケアHowTo 頭皮 カサカサ 2016.12.02 Fri 【保存版】頭皮のカサカサ乾燥対策!お手入れ方法を見直そう #乾燥 #頭皮ケア はげたくない 2016.01.14 Thu 【はげたくない方必見】はげにくい頭皮を目指す方法とは? #抜け毛・薄毛 #育毛剤 #薄毛 #頭皮ケア

ヘアケアの人気記事ランキング

肌らぶ編集部おすすめの記事

肌らぶライター