2017年5月19日 更新
PR

馬プラセンタの特徴と選び方!肌らぶ編集部おすすめ商品も

馬プラセンタ サプリ 口コミ 効果 ランキング おすすめ 美容への意識が高い女性なら、「プラセンタ」という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

プラセンタには、ヒトやブタなどさまざまなものがありますが、今回は、「馬プラセンタ」について、特徴やサプリの選び方などをご紹介します。

馬プラセンタが気になっているという方は、参考にしてみてください。

※健康のためには、正しい食生活と適度な運動が必要です。健康食品は、不足を補う食品として目安量を参考に、摂りすぎに気をつけましょう。




1.馬プラセンタとは

馬プラセンタ サプリ 口コミ 効果 ランキング おすすめプラセンタとは、そもそもどんなものかご存知ですか?
プラセンタとは、英語で「胎盤」を意味しています。

母体と胎児をつなぐ重要な器官である胎盤には、アミノ酸やタンパク質、脂質、糖質をはじめ、ビタミン、ミネラル、核酸、酵素などが豊富に含まれていると言われています。

一般的に、医薬品ではヒトのプラセンタが、健康食品や化粧品にはブタなどのヒト以外のプラセンタが使われているそうです。

馬プラセンタの魅力として、サラブレットのプラセンタを原料としているケースが挙げられます。

サラブレッドは産地や血統がはっきりとしていて、飼育状況も良好なことが多いので、品質管理や衛生面がしっかりしていると考えられます。

特に、国産の馬プラセンタは、メーカー指定の牧場で徹底した品質管理のもと飼育されているサラブレッド由来のものが商品の原料として使用されているケースが多いようです。

2.馬プラセンタのサプリを選ぶポイント

馬プラセンタ サプリ 口コミ 効果 ランキング おすすめ馬プラセンタは、サプリメントのほかにドリンクなども販売されているようですが、今回は、サプリメントを選ぶときのポイントをご紹介したいと思います。

チェックしたい主なポイントは、次の3つです。

① 使用している原料の飼育環境、産地が明記されている

馬プラセンタは馬の胎盤から抽出した成分なので、原料がしっかりしているかどうか気になりますよね。

飼育環境や産地をきちんと明記しているかどうか、ホームページなどでチェックしてみてください。

原料のトレーサビリティという意味では、国産の原料がおすすめと言えるでしょう。

② 抽出法にこだわっている

プラセンタの栄養成分が失われないよう、原料からプラセンタエキスを抽出する工程にこだわりを持っているかも確認したいポイントの1つです。

③ 安価すぎない

様々な商品を比較して、ただ高い・安いだけではなく、自分が納得できる価格のものを選ぶようにしましょう。

3.肌らぶ編集部おすすめ!馬プラセンタサプリのご紹介

今回は肌らぶ編集部おすすめ馬プラセンタサプリとして、

・国産原料100%
・産地、抽出法を明記

という、2つのポイントをカバーしている馬プラセンタの中から、「キレイ・デ・プラセンタ」をご紹介します。

キレイ・デ・プラセンタ
キレイ・デ・プラセンタ 馬プラセンタ販売元:株式会社ウエルネス・ラボ
10粒(約10日分) 通常価格2,759円(税抜)
初回限定特別トライアル(お1人様1回限り) 926円(税抜)
※2017年5月時点での情報です

【肌らぶ編集部コメント】
北海道のサラブレッド由来、純度100%のピュアプラセンタ※の原末を1粒(1日分)に220mg配合しているというサプリです。
北海道の契約牧場で飼育されたサラブレッド由来なので、原料のトレーサビリティも◎。
馬プラセンタ本来の栄養成分が失われないように抽出する「ラエンネック製法」と呼ばれる製法でエキスを採用しています。
バンドシール加工でカプセルから臭いがもれないように加工されているので、飲みやすいのもうれしいポイントです。
(※メーカーHPより)

キレイ・デ・プラセンタ 馬プラセンタ

4.馬プラセンタの特徴と選び方まとめ

馬プラセンタ サプリ 口コミ 効果 ランキング おすすめ今回は馬プラセンタについてご紹介しましたが、いかがでしたか。

馬プラセンタのサプリを選ぶ場合、国産サラブレッド由来の馬プラセンタは、管理方法や品質へのこだわりという点からも、おすすめだと言えそうです。

まずはお試し価格の設定されている商品から、はじめてみてはいかがでしょうか。

もちろん、美容のためには基本的な食事や運動、スキンケアを意識することが大切です。
日頃の生活習慣を見直しつつ、サプリメントを上手に活用して、すこやかな毎日を過ごしましょう!

※健康のためには、正しい食生活と適度な運動が必要です。健康食品は、不足を補う食品として目安量を参考に、摂りすぎに気をつけましょう。

この記事は2017年5月19日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。