ヘアカラーヘアケア

2021.10.20 Wed

ロレアル プロフェッショナルから新登場!髪内部の”金属”にアプローチ「メタルDX」で切れ毛やダメージ軽減!

#ヘアケア #美容室取り扱いヘアケア #美容師必見

カラーやブリーチ、バレイヤージュなど、お洒落を楽しむために様々なデザインカラーがありますよね。今日は、そんなデザインカラーを楽しむためにも大切なヘアケアシリーズについてご紹介します。ロレアル独自のテクノロジーを搭載したメタル DXのご紹介です!

髪に悪影響を及ぼす”金属”の存在

金属とは?金属とカラー施術の関係性

カラーやブリーチをする際、カラーの2剤にあたる酸化剤金属と反応することで、髪の毛の切れ毛や発色の色ムラが生じます。ロレアル独自の7年にも及ぶ研究の末、髪に最も悪影響を与えるのは「髪内部」の”金属”であるという新事実が発見されました。あらゆる金属の中でもが最も悪影響を及ぼすそうです!

日々生活している中で、髪の毛に影響を与える”金属”は、様々な要因によって髪の内部に蓄積していきます。例えば、毎日のシャワーや、プール海水浴などの外的要因です。住んでいる地域の水質や生活習慣なども影響するそうです。

また、金属は特にダメージ毛に蓄積されやすく、カラーやブリーチを繰り返している毛髪にも蓄積されやすいと考えられています。驚愕の事実です!

メタル DXとは?

“金属”による切れ毛、色ムラを防ぎ、傷んだ髪を補修・保護するロレアル独自のテクノロジーを搭載したヘアケア製品です。7年にも及ぶ研究と、テストを何度も重ねています。美容師やお客様の実際の声を取り入れて開発されました。

金属にアプローチ:グリコアミン

髪に悪影響を与える髪内部の金属にアプローチできるキーテクノロジー:グリコアミンが、髪の内部まで浸透します。髪内部の金属を囲い込み、金属とカラー剤との反応をブロックすることで、切れ毛や発色の色ムラを防ぎます。

カラーやブリーチに最も悪影響を及ぼす”銅”にも強く結合し、効果的にアプローチします。

テストとフィードバック

研究所の機器を用いて約100回以上のテストが行われました。その後、実際のお客様にサロンで役1,000回以上のテストを実施し、美容師やお客様からのフィードバックをもとに開発されています。

これだけテストをしていて、様々な声を取り入れて開発されているなんて素晴らしいですね!

サロントリートメントとホームケアstep1からstep4

サロントリートメント

サロンでのカラーヘアの仕上がりをサポートしてくれる3ステップのトリートメントです。金属とカラー剤の2剤によって反応が起き、切れ毛や発色の色ムラが生じるのを防ぎます。ダメージをする前に原因を取り除きながらカラーを楽しめます。

step1・プレトリートメント

プレトリートメントは、カラーやブリーチの施術前に使用する前処理材です。施術によって生じる切れ毛を防ぎ、髪を保護します。カラーヘアの仕上がりをサポートしてくれます。

●使用方法:髪をブロッキングして分けたあと、分けたパネルの束ごとに20cm程度離してスプレーします。コーミングで梳かして髪全体に馴染ませます。その後約3分から5分放置してから施術します。使用料の目安は、ショートだと約10プッシュ、ミディアムからロングで約15〜20プッシュです。

step2・シャンプー

金属成分を含む汚れを優しい泡で洗い流すクレンジングシャンプーです。きめ細かいクリーミーなテクスチャーで、泡立ちがとても良いです。泡立ちが良いと、摩擦を軽減する効果があります。トリートメントの前にこのシャンプーで髪をピュアな状態にし、トリートメントの土台を作っていきます。

●使用方法:カラー剤を洗い流した後、濡れた髪に塗布して泡立てます。その後しっかりすすぎます。目安量は約20mlです。

step3・トリートメント

ヘアタイプによって選べる2種類の洗い流すトリートメントがあります。ケアマスクです。ケアトリートメントの方は、繊細な細毛から普通毛の髪にハリコシを与えます。マスクの方は、普通毛から太い髪に柔らかさを与えます。

髪のタイプや求める仕上がりによって組み合わせが可能です。潤いでコーティングしてくれるので、傷んだ髪を補修・保護しながら艶やかな髪へと導いてくれます。

●使用方法:ケアのトリートメントのみの使用の場合は、シャンプー後に水気を取り、髪全体に馴染ませて約1分間揉みこみます。その後しっかりすすぎます。使用量の目安は約10mlです。

マスクのトリートメントのみの場合は、シャンプー後に水気を取り、髪全体に馴染めせて約5-10分放置します。その後しっかりとすすぎます。使用量は15gです。

ケアマスクを組み合わせて使用する場合は、まずケアを塗布し、洗い流した後に、マスクを塗布します。

ホームケア

日々の生活の中で蓄積される金属にアプローチし、サロンでのカラーやブリーチ直後の繊細な髪に金属を含む汚れが蓄積しないようシャンプーで洗い上げ、マスクでコーティングをして潤いを与えます。サロンでの美しい仕上がりを長く持続することを目指すのがホームケアです。

step4・シャンプー&マスク

●使用方法:step2のシャンプーと、step3のトリートメントのマスクを使用します。シャンプーで金属の蓄積を抑え、マスクでコーティングし、潤いを与えます。サロンでのケアだけでなく、毎日のホームケアがとても重要です。サロンでの仕上がりをより長くキープするためにも、日々のケアで美しい髪を長く楽しみましょう。

メタル DX 使用感や感想

シャンプーの泡立ちがとても良く、クリーミーでもこもこした泡でとても洗いやすかったです。そして、なんと言っても香りがとても良い感じで、洗う度に気分が上がります。シャンプー以外にもトリートメントやマスクもそれぞれ良い香りがしました。シャンプーのテクスチャーがトリートメントのようなクリーム状だったので驚きましたが、泡立ちは素晴らしかったです。

トリートメントはサラサラとしていて透明でしたが、こちらも細い毛質の方や仕上がりの質感が重たくなりたくないにはオススメです。

私は普通毛から太い毛質なので、ケアマスクのトリートメントを組み合わせて使いましたがとても潤った仕上がりで指通りもよくなりました。同じような髪質の方には、組み合わせの使用をオススメします。

メタル DXは、他のヘアケアと違い補修よりも前処理や、ダメージの原因となる部分を取り除くことができるのが素晴らしいです。髪に悪影響を及ぼす金属。日々のシャワーやサロンでのカラーなどでも金属が蓄積されていくの金属の蓄積を防いでくれるヘアケアシリーズは必須です。

私自身ブリーチを繰り返していたダメージ毛なので、切れ毛にすごく悩んでいました。これからは、金属にアプローチすることでダメージの原因を取り除くメタル DXのヘアケア剤で切れ毛や色ムラを防ぎ、カラーもヘアケアも楽しんでいきたいですね。

まとめ

いかがでしたか?メタルDXの、金属にアプローチする新しいヘアケアは新たな発見ですよね!髪の内部の金属は日常生活で蓄積されやすくなっています。また、ダメージ毛にも蓄積しやすく取り除く必要があります。

金属が蓄積したままでは、カラー剤の2剤にあたる酸化剤との反応で切れ毛や色ムラも生じてしまうので、そのままではカラーやブリーチのデザインカラーを思う存分楽しめませんよね!

ダメージが気になる方や、今後もカラーやブリーチ施術を楽しみたい方には、ぜひロレアル プロフェショナルのメタルDXサロントリートメントホームケアオススメです。

正しいヘアケアをして、ハイトーンデザインカラーを楽しみましょう!

 

この記事をシェア

miho 元美容師でヘアケアグッズや韓国コスメなどが大好きな美容オタクです。美容師免許を活かしてヘッドスパ二ストなどをしていました。 ヘアケアの正しい知識やお肌も髪も全身美しく綺麗になれるような役立つ情報を発信していけるよう頑張ります♪ 詳細を見る

あわせて読みたい記事

ロングヘアーの女性 2020.12.01 Tue 髪がうねる原因は?すぐに試せる改善方法 4つ! #くせ毛 #髪のうねり 目尻 しわ クリーム ランキング 年齢 ヒアルロン酸 おすすめ 2016.02.10 Wed 自宅で手軽に頭皮クレンジング♪毛穴汚れを洗い流す! #シャンプー #頭皮ケア 2016.11.18 Fri 太い髪の毛っていいなぁ!試してみたい7つのコト♡

ヘアケアの人気記事ランキング

肌らぶ編集部おすすめの記事

肌らぶライター