2018年11月9日 更新

【肌悩み別】市販で買える化粧水の選び方&化粧水の使い方をご紹介♡

化粧水 市販 TOP
「市販で買える化粧水のおすすめが知りたい!」
「肌の悩みに合わせた化粧水が使いたい!」
とお考えではありませんか?

ドラッグストアや薬局で購入できる化粧水は、手軽に使い続けられるのがいいですよね。

今回は、市販で買うことができる化粧水を、肌悩み別に選ぶポイントをご紹介します。
女性はその時々によって、さまざまな肌悩みを抱えているものです。

今回肌らぶ編集部が着目した肌悩みは

◆乾燥
◆シミ・ソバカス
◆ニキビ

の3つです。

また、化粧水の使い方や日常生活で気を付けたいポイントなどについてもご説明します。

自分の肌悩みに合わせて、選んでみてはいかがでしょうか。



◆肌らぶ セレクション◆

オルビスユー ローション
オルビスユーローション 化粧水2018詳細をチェック!

2018年10月リニューアル発売された、30代からのエイジングケア*におすすめのスキンケアブランド「オルビスユー」の化粧水
メーカーこだわりの保湿成分(ヤグルマギク花エキス、アマモエキス、桃葉エキス)を配合。みずみずしく整ったすこやかなハリ肌へと導きます。
注目ポイントは「とろぱしゃ」なテクスチャー。容器から出した瞬間はとろみのある化粧水ですが、肌に触れると「ぱしゃ」っとみずみずしい感触に変化します。すーっと角質層へと浸透していく感覚がとても心地よい化粧水です。
オンラインショップで購入できる、約1週間分の洗顔料・化粧水・保湿液が試せるお得なトライアルセットがおすすめ!
*年齢に応じたうるおいのお手入れ

肌らぶ編集部が【オルビスユー】を実際に試してみたレビューはこちら>>>
詳細をチェック!

1. 肌悩み別化粧水の選び方

化粧水 選び方ここでは、肌悩み別の化粧水の選び方についてご説明します。
自分の肌悩みに合わせて、化粧水を選ぶ際の参考にしてみてください。

◆肌が乾燥しがちな方【保湿】

化粧水 ランキング 市販
肌が乾燥しがちな方は、保湿に着目して作られた化粧水を使用するのがおすすめです。

商品によってさまざまな保湿成分が配合されています。
ここでは代表的な保湿成分をいくつかご紹介します。

特に肌の乾燥・カサつきなどが気になる方は、成分表示の保湿成分について着目して選んでみてください。

【代表的な保湿成分の例】

・セラミド
・ヒアルロン酸
・コラーゲン
・エラスチン
など

◆シミ・ソバカスが気になる方【美白*】

化粧水 ランキング 市販
*メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ
シミ・ソバカスが気になる方は、美白*有効成分配合の化粧水を選ぶことをおすすめします。

ここでは代表的な美白有効成分の種類をいくつかご紹介します。
パッケージに記載の全成分表示を確認して選んでみましょう。

【代表的な美白有効成分の例】

・ビタミンC誘導体
・トラネキサム酸
・アルブチン
・4MSK

◆ニキビができやすい方【ニキビ予防】

化粧水 ランキング 市販
ニキビができやすい方は、ニキビ予防に着目して作られた化粧水を選ぶことがおすすめです。

ニキビ予防に着目して作られた化粧水は、シリーズで商品展開されていることが多いので、ニキビができやすい方は自分の肌に合う化粧水が見つかったら、洗顔料や乳液なども併せて使うのもいいでしょう。

また、ニキビができやすく皮脂が気になる方は、オイルフリーやオイルカットと表記のある化粧水を選ぶのもおすすめです。
油分が含まれていないものや油分が少ないものを使うことで、気になるテカリやべたつきの対策にもなるでしょう。

2. 市販の化粧水 肌らぶ編集部おすすめ

ここでは市販されている、通販だけでなく、店舗でも購入可能な化粧水のおすすめをご紹介します。

肌悩み別にご紹介しますので、自分の悩みに合わせてチェックしてみてくださいね。

◆肌が乾燥しがちの方【保湿】

まずは乾燥が気になる方に向けて作られた化粧水のおすすめをご紹介します。
今回は、肌らぶ編集部がおすすめしたい化粧水の中から、ライン使いで乾燥対策ができるタイプのブランドで、保湿成分が複数配合されている化粧水を選びました。

ぜひ参考にしてみてください。

無印良品 敏感肌用・高保湿タイプ化粧水
無印 化粧水・敏感肌用・高保湿タイプ(大容量) 詳細をチェック! 価格:1,102円(税抜)

シンプルで清潔感あるブランドイメージで、老若男女に人気のある「無印良品」の保湿化粧水。原料として岩手県釜石の水を使用しています。
皮膚保護成分として「スベリヒユエキス」「グレープフルーツ種子エキス」、保湿成分としてヒアルロン酸を配合。肌の角質層までうるおいがなじみ、乾燥や肌荒れを防いで、肌を保護します。
香りもなく、さらさらとした肌なじみのいいテクスチャーなので、顔だけでなく全身に使用するのもおすすめです。
無香料・無着色・無鉱物油・弱酸性・パラベンフリー・アルコールフリー。

詳細をチェック!

◆シミ・ソバカスを防ぎたい方【美白*】

*メラニンの生成を抑え、(日焼けによる)シミ・そばかすを防ぐ

次に、シミやそばかすを防ぎたい方に肌らぶ編集部がおすすめしたい化粧水をご紹介します。
ここでは美白有効成分が配合されている医薬部外品の化粧水の中で、さっぱり・しっとり・とてもしっとりの3種類から使用感が選べるタイプの化粧水をセレクトしました。

好みに合わせて、選んでくださいね。

資生堂 エリクシール ホワイト クリアローション C【医薬部外品】

エリクシール ホワイト クリアローションC II 詳細をチェック! 価格:4,000円(税抜)

資生堂のエイジングケア*ブランド「エリクシール」から展開されている美白**化粧水です。
美白有効成分として「4MSK(4-メトキシサリチル酸カリウム塩)」、保湿成分として「水溶性コラーゲン」「グリセリン」が配合されています。
肌にうるおいとハリを与え、キメを整えます。さっぱりタイプ・しっとりタイプ・とてもしっとりタイプの3種類あるので、自分の肌タイプに合わせて選びましょう。
*年齢に応じたうるおいのお手入れ
**メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐ

詳細をチェック!

◆ニキビを防ぎたい方【ニキビ予防】

ここではニキビができやすくてお悩みの方に、肌らぶ編集部がおすすめしたい化粧水をご紹介します。

ニキビ予防に着目して作られていて、化粧水・美容液・乳液まで医薬部外品で揃っていて、ラインで使うことが可能なものを選びました。

資生堂 dプログラム アクネケア ローション W【医薬部外品】
資生堂インターナショナル dプログラム アクネケア ローション W詳細をチェック! 価格:3,500円(税抜)

40年間、敏感に傾きがちな肌タイプの方に寄り添って、商品改良に努めてきた資生堂dプログラムシリーズの化粧水「dプログラム アクネケア ローション W」です。
有効成分「トラネキサム酸」「グリチルリチン酸ジカリウム」を配合。ニキビを防ぎながら、キメを整えてなめらか肌に導きます。さっぱりした使い心地で、肌のベタつきが気になる方にもおすすめ。
まずはトライアルセットから試してみるのがおすすめ。

詳細をチェック!

3. 化粧水の基本的な使い方

化粧水 選び方化粧水の目的のひとつは、うるおいで肌をやわらげて、後から使う美容液などの美容成分を角質層に届きやすくすることです。
ここでは、化粧水の魅力をより実感しやすくするために、気をつけたい使い方のポイントを2つご紹介します。

ポイント① 化粧水はコットン/手のひらでつける

化粧水 おすすめ

化粧水を「手のひら」と「コットン」どちらでつけるのが良いのかな?と悩んだことはありませんか?

化粧水の説明書きに、おすすめの使用方法が記載されている場合にはその方法をまずは試してみるようにしましょう。
特に記載のない場合は、お好みの方法を選んでください。

手のひらを使う場合はよく洗って清潔な状態にし、コットンを使う場合には肌との摩擦を減らすために化粧水でコットンをひたひたに湿らせるようにしましょう。

ポイント② 化粧水はたっぷりと重ねづける

化粧水 おすすめ

化粧水は、肌にまんべんなくなじませてから、乾燥しやすい目元や口元に重ねてつけるようにしましょう。

化粧水の使用量は各メーカーがおすすめする目安量をまずは守るようにしましょう。たっぷりの化粧水で肌をやわらげることで、後に続くスキンケアアイテムの角質層への浸透をサポートできるだけでなく、肌と手(コットン)との摩擦を軽減することにもつながります。

⇒化粧水の付け方をもっと詳しく知りたい方は【化粧水の付け方 使い方の基本】をご覧ください。

4. 日常生活で気をつけたいポイント

乾燥肌 化粧水 口コミ
肌をすこやかに保つために、日常生活から以下の点に気を配ってみてください。

①空気の乾燥対策をする

ハイドロキノン 化粧品空気の乾燥対策をしましょう。空気が乾燥している環境にいると、肌まで乾燥しやすくなってしまうことがあります。

そんな空気の乾燥によって肌が乾燥してしまうのを防ぐために、乾燥しやすい場所では加湿器を使ったり、マスクを着用したりするのがおすすめです。

特に秋や冬・暖房を使っている場所では空気が乾燥しやすいので、気をつけましょう。

②十分な睡眠を取る

アホ毛 対策日頃から十分な睡眠を取るように心がけましょう。十分な睡眠を取ることは、すこやかな体と美容のためには大切なことです。

睡眠不足が続いている方は、肌のためにもよくないので、少しずつ睡眠のリズムを見直してみることをおすすめします。

また、睡眠時間も大切ですが、眠り自体が快適になるように工夫するのもおすすめです。

眠る前に、緑茶やコーヒーなど、カフェインを含む飲み物を控えるとともに、眠る部屋の環境を整えてみてください。

途中で目が覚めることなく、朝まで気持ちよく眠れたら、翌日の気分も爽快かもしれませんね。

③食事でバランスよく栄養を摂る

食事毎日の食事は、栄養のバランスを意識して摂るようにしましょう。

健康な体を保つためには、「脂質」「たんぱく質」「炭水化物」「ビタミン」「ミネラル」といった、五大栄養素が基本とされています。

これらの栄養素を毎日の食事のメニューにバランスよく取り入れることを心がけましょう。

中でも「ビタミン」は、すこやかな肌を保つ上では特に欠かせない栄養素だと言われています。

忙しいと、食事のことにまで気を遣えないことも多いとは思いますが、外食やコンビニのお弁当で食事を済ませる際にも、ぜひ摂取できる栄養素を考えてみてください。

5. 市販で買える化粧水のまとめ

化粧水 ランキング 市販
今回は、市販で買えるおすすめ化粧水を、肌悩み別にご紹介しました。
いかがでしたでしょうか。

化粧水は、毎日使うものだからその時の肌の悩みに合わせて使い分けたいですよね。

また、ドラッグストアや薬局で販売されている化粧水はコスパの良い商品が多いので、まずは継続して使いやすい価格のものから試してみてはいかがでしょうか。

テクスチャーや香りなどで自分好みのものを選んで、気分をリフレッシュさせるのもいいですね。

あなたにとって本当にお気に入りの1本が見つかりますように…。