2016年7月14日 更新

【自分に自信がない人必見】自分に自信がないときにやる4つの行動

自分に自信がない
「自分に自信がない」、「自分に自信を持つためにはなにをすればいいの?」と、お悩みではありませんか?

自分に自信がないという方は、粘り強く、自分に厳しい、人格のすぐれた方が多いように思います。

しかしそれでは、どんなに頑張っても納得できず、生き辛さにつながってしまうかもしれません。

自分に自信がなく、そんな自分を変えたいと、少しでもお考えの方のために、自分に自信を持つための方法や、自分に自信がなくなったときに思い出してもらいたい言葉をご紹介します。

Pick Up



上手く話せなかったり、自分に自信が持てなかったりして、落ち込むことはありませんか?

そんな時は、1人で抱え込まず、誰かに相談してみるのもいいかもしれません。ボイスマルシェは、大人の女性のための電話相談サービス。

カウンセラーが、秘密厳守で相談に乗ってくれます。



1.行動する前に自信が持てないワケを知る

自分に自信が持てないのは、決してあなたが他人より劣っているからということではありません。

自分に自信がないのは、捉え方や思い込みが深く関係しているので、考え方を変える訓練から始めましょう。

今のあなたのまま、いくら努力して結果を出したところで、いつまで経っても自信は生まれないからです。

自分に自信がないのは、

・自分を認めることができない
・ネガティブなとらえ方をしてしまう
・自分を信じられない

という3つの理由が関わっていると考えられています。

それぞれ、自信が持てないこととどのようにと関わってくるのか、ご説明します。

ジャスミン茶ダイエット 花

1-1.自分を認めることができない

どんなに努力を重ねても、どんな結果を出しても、「自分なんて全然ダメだ!」「まだまだだ!」と考えてしまうことがありませんか?

自分に自信がない人は、自分の努力や能力を認めることができない傾向があると言われています。

これは、幼少期に感じた「心の不足」――褒めてもらえなかった、願望を叶えてもらえなかった、という経験が関係していると言われています。

こうしたことが、我慢するクセをつけたり、自分を否定してしまうことにつながっているのかもしれません。

1-2.ネガティブなとらえ方をしてしまう

ここに、水の入ったグラスがあります。
自分に自信がない1

しかし、こぼれてしまい、コップの水は減ってしまったようです。

このコップを見て、
「3分の1もある」
「3分の1しかない」
というように、捉え方は人それぞれです。

自分に自信がない人は、「3分の1しかない」という、ネガティブな捉え方を、さまざまな場面でしてしまう傾向があります。

1-3.自分を信じられない

「自信」とは、自分を信じること。自分に自信がない人は、もれなく自分を信じられない人なのです。自分のことを信じられない間は、自信は生まれにくくなります。

自分を信じなければ、チャレンジしたらできるかもしれないことから逃げ、自信が生まれるきっかけを自ら棒に振ることになります。

また、失敗する度に「やっぱりできなかったな」と思うことで、さらに自信を失っていくという、負のスパイラルに陥ることがあります。

2.自分に自信がないときにやりたい4つのこと

自分に自信が持てないワケをご覧いただいたところで、次は実際の行動についてお話しします。

自分に自信がないときにやりたい、4つのことをご紹介しますので、日頃から心がけてみてください。

2-1.小さな目標を立て、達成したら褒める

何かに挑戦する前に、小さな目標を立てましょう。例えば、「会議中に1回は言葉を発する」、「知り合いに会ったら、自分からあいさつをしてみる」といったものです。ご自身が達成できるどんなに小さなもので構いません。

そして、その目標を達成したら、自分を褒めてあげてください。

目標を達成したということは、あなたが頑張ったということ、できなかったことができるようになった証拠です。

どんなに小さなことでも、それは進歩ですので、その度に頑張った自分を褒め、「できた」という経験を積み重ねていきましょう。
喜ぶ

2-2.「できなかったこと」ではなく「できたこと」を振り返る

これは、コップに入った水の「●●しかない」、「●●もある」に通じるところがありますが、物事をプラスに捉えるように、心がけてみましょう。

「テストで100点は取れなかったけれど、前回間違えた問題も、今回はできた」、「味は悪いけれど、野菜の切り方はうまくなっている!」など。

物事には、プラスとマイナスの、両面があるものです。

「できなかったこと」ばかりでなく、「できたこと」も見られるようになったら、あなたのいいところが、もっとよく見えてくるはずです。

2-3.経験を積む

人は、やり慣れないものに対しては自信を失いやすいです。逆に経験のあること(服を着ること、食事 など)であれば、できるか心配になることはないでしょう。

自信がないなら、繰り返して経験すればよいのです。

どんなに人前で話すのが苦手な人も、場数を踏めば少しずつ慣れていきますし、人との会話が苦手な人も、人と話すうちに、会話のレパートリーも増えてきます。

誰だって、やり慣れないことや、初めてのことを始めるとき、自信が持てなくて足がすくむものです。

2-4.イメージトレーニングをする

緊張をほぐす方法

イメージトレーニングは、成功している多くのスポーツ選手などの間では、よく行われていることです。

イメージトレーニングは、簡単に言うと、自分の目指す姿を繰り返し想像するトレーニング方法で、心を鍛え、自信を与えてくれると言われています。

すでにお話ししたとおり、自分に自信が持てないことの多くは、「思い込み」が影響しています。

「できない」「自分はダメなやつ」という思い込みではなく、「すごい自分」「かっこいい自分」の姿を思い描くことで、自信にもつながるのです。

週に3~7回を目安に行ってみましょう。

【イメージトレーニングの手順】
①目指す自分の姿をイメージする
あなたが目指す自分自身の姿をイメージしましょう。この際、詳細にイメージすることが大切です。

あなたはどんな口調で、どんなことを語り、どんなことをしているのでしょうか?そして、そんなあなたに、周りの人はどんなまなざしを向けているでしょうか?

想像してみてください。

②自分の感情をイメージする
イメージの中でのあなたは、どんな気持ちになっているのかも考えてみてください。

嬉しいですか?誇らしいですか?それとも、手応えや達成感のようなものを感じていますか?

想像するうちに、自然と表情がほころんでくるかもしれませんね。

より、リアルに感情をイメージするのがポイントです。

※静かで、集中できる環境で行いましょう
※イメージトレーニング中は、腹式呼吸を意識しましょう

3.自分に自信がないときに思い出して欲しい6つの言葉

どんなに訓練をしても、自分に自信が持てなくなるときはあると思います。そんなときに思い出していただきたい、偉人の言葉を6つご紹介します。

歴史に名を残す偉人も、なにかを成し遂げる前には、失敗もたくさん経験したはずです。

そんな偉人たちの言葉は、苦しいときこそ、あなたに寄り添い、そっと背中を押してくれることでしょう。

・神様は私たちに、成功することを求めてはいません。ただ、挑戦することを望んでいます。(マザーテレサ)

・私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。(トーマス・エジソン)

・どうして自分を責めるんですか?他人がちゃんと必要なときに責めてくれるんだからいいじゃないですか。(アインシュタイン)

・困難を予期するな。決して起こらないかも知れぬことに心を悩ますな。常に心に太陽を持て。(ベンジャミン・フランクリン)

・失敗したからって何なのだ?失敗から学びを得て、また挑戦すればいいじゃないか。(ウォルト・ディズニー)

・いいですか いくらのろくてもかまいませんよ たいせつなことは いつでも前をむいて 自分の道を歩くことですよ(相田みつを)『いいですか』

気分転換 方法

4.まとめ

自分に自信がない方に向けて、自信を持てない理由や、自信を持つためにやりたい行動、自信をくれる名言などをご紹介しました。


自分に自信がないと感じている方ほど、自分に厳しく、努力家だと思います。

ものすごく高いところにいる「理想の自分」を追いかけ、走り続けるのは疲れます。そろそろ自分の努力や結果を、認めてみてはいかがでしょうか?

この記事は2016年3月11日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。