2017年9月4日 更新

わきがクリームの選び方!おすすめのわきが対策クリーム6選

わきが クリーム
「わきが(腋臭)対策用クリームでおすすめの商品を知りたい」「わきが(腋臭)対策にクリームを使いたいけど、実際どうなんだろう」と思ってはいませんか?

わきが(腋臭)の臭いをすぐにでもどうにかしたいけれど、わきが(腋臭)対策用にどんなクリームを選べばよいのか分からないという方も多くいらっしゃいますよね。

そこで今回は、わきが(腋臭)対策用クリームを選ぶ際のポイントや肌らぶ編集部おすすめのデオドラントクリームをご紹介します。

わきが(腋臭)対策に、クリームを使うことを検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.肌らぶ編集部おすすめ!6つのわきが(腋臭)対策クリーム

美白
わきが(腋臭)対策用クリームを選ぶポイントは、次のようなことを参考に選んでみると良いでしょう。

◆ポイント◆
①制汗や皮膚汗臭を抑えるもの
②雑菌への対策ができるもの
③毎日使い続けられる価格のもの
④持ち運びのしやすい容器のデザインのもの

これらのポイントのメリットについて詳しく知りたい方には、次章でご説明します。

肌らぶ編集部おすすめ【わきが(腋臭)クリーム】

それではさっそく、肌らぶ編集部がおすすめする、薬用デオドラントクリームを6つご紹介します。
ここでは、手軽に制汗や皮膚汗臭を抑えられるものをご紹介します。気になる商品はチェックしてみてください。

■ラポマイン(Lapomine)<医薬部外品>

ラポマイン
販売会社:株式会社ハーバーリンクスジャパン
価格 単品:8,560円(税抜)
定期:5,700円(税抜)
内容量:24g

ラポマインは、保湿・制汗をポイントに作られたクリームタイプのわきが(腋臭)対策用商品です。特に、肌の乾燥を防ぎながら臭いケアが行えるよう、『保湿』を重視して作られています。わきが(腋臭)対策を気にしすぎて、制汗シートで脇を擦り過ぎてしまったときなどの肌は、汗をかいていても肌が乾燥していることがあります。乾燥した肌にうるおいを与え、整えることでわきが(腋臭)の原因となり得る余分な皮脂を抑えることに繋がると言われています。

公式HPはこちら

■クリアネオ(CLEANEO)<医薬部外品>

クリアネオ
販売会社:株式会社ソーシャルテック
価格 単品:5,538円(税抜)
定期:4,612円(税抜)
内容量:30g

クリアネオは、男性も女性も使えるクリームタイプのわきが(腋臭)対策用の商品です。
わきが(腋臭)の対策で大切な、臭いの元になる汗を抑える有用成分パラフェノールスルホン酸亜鉛が配合されています。
また、保湿成分であるヒアルロン酸を配合。
肌のうるおいを保ちながらワキガ(腋臭)の対策ができる商品です。

公式HPはこちら
こちらの商品を実際に使ったレビューは第4章をご覧ください

■ノアンデ(NOANDE)<医薬部外品>

ノアンデ・アドバンスド・トランスパ[医薬部外品]
販売会社:株式会社スタジオライン
価格 単品:8,600円(税抜)
定期:4,960円(税抜)
内容量:30g

ノアンデは、汗でながれにくいクリームタイプのわきが(腋臭)対策用の商品です。フェノールスルホン酸亜鉛という制汗成分を配合。わきが(腋臭)の原因となるアポクリン汗腺からの気になる臭いの汗を抑えます。着色料、香料、石油系界面活性剤、タール系色素、鉱物油、紫外線吸収剤、パラベン、動物性原料不使用。塗った後の肌はさらさらなのにしっとり。ボトル型の容器はとてもシンプルで、化粧水や乳液のように、ほかの化粧品と一緒にどこにでも持って行きやすいので、女性にイチオシの商品です。

公式HPはこちら

■デオプラスラボ(Deo+Labo)<医薬部外品>

デオプラスラボ
販売会社:株式会社SANSEI
価格 単品:7,388円(税抜)
定期:5,351円(税抜)
内容量:30g

デオプラスラボ(Deo+Labo)は、男女問わず使えるクリームタイプのわきが(腋臭)対策用の商品です。少量でよく伸び、ベタつきません。制汗成分であるパラフェノールスルホン酸亜鉛配合。汗を抑え、気になるわきが臭を防ぎます。
また、イソフラボンなどの保湿成分も配合。肌にうるおいを与え、健やかな肌をキープします。スタイリッシュなゼブラ柄は、外出先でバッグから出してもわきが(腋臭)用クリームには見えません。男女問わず使いやすいでしょう。

公式HPはこちら

わきが(腋臭)対策用の市販クリーム

次に、わきが(腋臭)対策用の市販のクリームをご紹介します。
近くのドラッグストアや薬局で手に入れやすい、汗臭対策ができるクリームです。気軽に試すこともできるのではないでしょうか。

■デオナチュレ さらさらクリーム<医薬部外品>

デオナチュレ さらさらクリーム
販売会社:株式会社シービック
価格:980円(税抜)

デオナチュレさらさらクリームは、皮膚汗臭、制汗、ワキガ(腋臭)対策ができる市販のデオドラントクリームです。クリームタイプですが、使い心地はさらさらな仕上がりで、塗った後肌に白残りしません。ワキガ(腋臭)や体の臭いが気になる部分に直接塗ることができ、肌に密着するので何度も塗り直す手間がいらない所も魅力です。デオナチュレシリーズには、クリームタイプの他に、スティックタイプや、自然のデオドラント成分アルム石を濡らして使用するストーンタイプなどもあります。

公式HPはこちら

■8×4ワキ汗EX クリームカプセル<医薬部外品>

8x4脇汗EXクリームカプセル無香料
販売会社:花王株式会社
価格:オープン価格

8×4ワキ汗EX クリームカプセルは、カプセルにぎゅっと詰まったクリームタイプのわきが(腋臭)対策用の商品です。
制汗成分ACH(クロルヒドロキシアルミニウム)を配合し、わきが(腋臭)以外にも制汗、皮膚汗臭対策として使えます。
クリームが肌にしっかりと密着し、汗に強く落ちにくいタイプです。
1カプセルで両脇1回分で使用でき、コンパクトサイズなので、持ち運びにも便利です。

公式HPはこちら

2.わきが(腋臭)対策用クリームを実際に使用したレビュー

クリーム ハート
わきが(腋臭)対策用クリームは、上記でご覧いただいただけでもたくさんあることが、お分かりいただけたと思います。

肌らぶ編集部員もクリームタイプのデオドラントが、いかにわきが(腋臭)の方たちに注目されているかを実感しました。

そこで今回、わきが(腋臭)対策用クリームを探していてインターネットで見かけることが多かった「クリアネオ」を、肌らぶ編集部員が実際に試した感想をご紹介します。

もし同じように「クリアネオ」に興味を持った方がいらっしゃいましたら、購入を考える際の参考にしてみてください。

■クリアネオ(CLEANEO) を実際に試したレビュー
①クリアネオ
容器は、プラスチック製で白と黒を基調とした、シンプルめのデザインです。
商品名のクリアネオ(CLEANEO)の下に小さめに「DEODORANT CREAM」と書いてはありますが、あまり目立たないので、友人や恋人との旅行などにも持ち歩きやすいこともポイントですね。

脇に塗る前に、試しにクリアネオを腕に出してみます。
②クリアネオ
クリームタイプではありますが、柔らかく乳液のようなテクスチャーです。

ゆっくりと肌に塗りこんでいくと、ふんわりと清涼感あるペパーミントのような香りがしました。
ただ、その香りは強くはないので、男女問わず好まれる匂いのように思います。

腕に出したときのテクスチャーは乳液に近いサラッとしたものでしたが、塗り広げていくとクリーム独特の粘度のあるテクスチャーに変わりました。

粘度が増してからは、若干なじませにくくなったので、時間をかけてゆっくり塗り広げていきます。
クリアネオ③
ゆっくり塗り広げていくと、クリームの色は白から透明に徐々に変化し、肌に密着していきます。
クリアネオ(CLEANEO)を塗り終えた肌は、みずみずしくうるおっているのが分かりました。

試し塗りの後は、さっそく脇に塗ってみました。

塗り込んでいくと、試し塗り同様ゆっくりと粘度を増したテクスチャーに変わっていったので、脇にもしっかり塗れたと感じることができます。

体に少し汗をかく程度では、脇にクリームが塗られたままの感覚が残っていました。

また、別の日には、朝一番でクリアネオ(CLEANEO)を塗るということを忘れてしまい、出勤してから使用したのですが、汗をかいた肌には塗りにくかったです。

そのため、汗をティッシュペーパーで優しく拭き取ってからクリアネオ(CLEANEO)を使用しました。

ワキガ(腋臭)クリームのメリット、デメリットをしっかり知っておいてから使用することが大切だな、と改めて思いました。

今回試した肌らぶ編集部員はワキガ臭が強いタイプではないので、クリアネオ(CLEANEO)は、臭い対策として私には十分だと感じました。

臭いは人によって感じ方が異なるので、「このくらいのワキガ臭の対策におすすめ!」などと、言い切ることはできません。

ただ、個人的にクリアネオ(CLEANEO)の香りや使い心地は気に入ったので、試しに使用できて良かったです。
そして、たくさんの魅力を感じることができ、改めてたくさんの人が愛用している商品だと実感できた点も良かったと思います。
公式HPはこちら

3.わきが(腋臭)クリームを選ぶポイントについて

フェイスマッサージクリーム
わきが(腋臭)クリームをご紹介する際に、自分に合う商品を選ぶポイントもお伝えしました。ここでは、ポイントについて詳しくご説明していきます。

もし、わきが(腋臭)クリーム選びに迷ったときは、参考にしてみてください。

ポイント①制汗成分が入っているもの

わきが(腋臭)クリーム選ぶときには、制汗成分が配合されているものを選ぶとよいでしょう。
制汗成分として代表的な成分には、次のようなものがあります。

・クロルヒドロキシアルミニウム
・パラフェノールスルホン酸亜鉛
・ミョウバンなど

わきが(腋臭)対策用クリームでは、よく有用成分として上記の成分が入っているものが多いので、気になる商品を見つけた際は、チェックしてみてください。

ポイント②雑菌への対策をポイントにしたもの

ワキガ臭は、アポクリン腺という汗腺から出てくる汗が肌にいる雑菌に分解されることで発生します。

そのため、雑菌による臭い対策をポイントにしたわきが(腋臭)対策用クリームを選ぶこともポイントです。

ポイント③毎日使い続けられる価格のもの

わきが(腋臭)対策は、日常的に続けることが大切です。そのため、自分が購入し続けられるデオドラントクリームを選びましょう。

通販などの商品には、定期購入ができるものもあるので、買い忘れを防ぐこともできるというメリットもあります。

ポイント④持ち運びのしやすい容器のデザイン

人によってはわきが(腋臭)対策用のクリームを何度か塗りなおした方が良い方もいます。
その場合は、外出先に持って行くことが多くなり、わきが(腋臭)用クリームが人目につくこともあるかもしれません。

もちろん旅行など外泊が伴うイベントのときも同様ですね。

そういった場面を想定して、わきが(腋臭)対策用のクリームだと一目で分からないデザインのクリームがおすすめです。

4.わきが(腋臭)対策用クリームを使う際の注意点

クリーム 感触
わきが(腋臭)対策用クリームを使う場合には、気を付けておきたいポイントが、3つあります。

せっかく、わきが(腋臭)用クリームを使用していても、使い方や使う前の脇の状態が整っていなければ、意味がなくなってしまうこともありえます。そんなことが起こらないように、注意点を先に把握しておくことも大切なのです。

①汗をかく前に使う

わきが(腋臭)対策用クリームは、お風呂上りや外出前など汗をかく前に使用しましょう。

汗を大量にかいてからでは、汗の上からクリームを付ける状態になってしまうため、肌に密着しにくく、成分も汗で流れやすくなってしまうと言われています

人は夜寝ている間も汗をかきます。そのため、わきが(腋臭)用クリームによっては、お風呂上りの清潔な状態の肌につけることを推奨しているメーカーや商品もあります。

自分が使うアイテムが、どのタイミングで使用するべきなのか、しっかりチェックしてから使いましょう。

②汗を拭いてから使う

汗をかいたあとにわきが(腋臭)対策用クリームを使いたい場合は、汗をタオルやウエットシートなどで拭き取ってから使用しましょう。

上記でご説明したとおり、肌に汗が多い状態でわきが(腋臭)用クリームを使っても十分に商品の魅力が実感できないこともあります。

③使用間隔をあける(使用方法を守った間隔をとる)

わきが臭が気になって、こまめにわきが(腋臭)対策用のクリームを使いたい気持ちはわかりますが、使いすぎには気をつけましょう。

制汗成分が入ったものは、毛穴などを覆うことで汗を抑えているものが多いですが、毎日毛穴が塞がれた状態は、肌にとってよくありません。

商品によっては「○日に○回の使用をおすすめします」など、はっきりと使用間隔を明記している、わきが(腋臭)用クリームもあるので初めて使う場合は確認することが大切です。

休日などは、衣服に付ける制汗剤やデオドラントを使う日にする、など工夫して使用しても良いですね。

5.なぜわきが(腋臭)対策にクリームタイプがおすすめなのか

クリーム ワキガ
なぜ、わきが(腋臭)対策にクリームタイプのデオドラントがおすすめなのか、そもそもの理由をご紹介しましょう。

わきが(腋臭)対策用のクリームを選ぶ際に、おすすめの理由であるクリームタイプのデオドラントの特徴を知っておくと、他の商品との併用を考えるときなどに参考になると思います。

わきが(腋臭)対策にクリームタイプをおすすめする理由は、わきが(腋臭)の原因にあります。
ワキガ 原因
わきが(腋臭)の原因は、アポクリン汗腺だと言われています。人間の体には、エクリン腺とアポクリン腺という2つの汗腺がありますが、エクリン腺は全身にあり、ここから出る汗は体温調節などのための汗であり、ほとんど臭いはしないと言われています。

一方、アポクリン腺から出る汗は、アンモニアや脂肪、尿素などが含まれているので、その汗が肌にいる雑菌に分解されると、鼻にツンとくるような独特なわきが臭がします。

わきが(腋臭)クリームは、汗などで流れにくいテクスチャーで、制汗成分が肌に残りやすく、制汗対策がしっかりとできると考えられます。
そのため、肌らぶ編集部ではわきが(腋臭)対策をしたいという方にクリームタイプをおすすめしたいのです。

ただ、他のタイプのデオドラントや制汗剤にも、もちろんメリットがあるので、自分のわきが(腋臭)の程度や用途によって使い分けるのも良いですね。

6.日常でできるわきが(腋臭)対策方法

ボディケア せっけん
わきが(腋臭)対策用のクリームの紹介やクリームタイプのデオドラントを使う際の注意をチェックしていただきましたが、日常的に自分でできるわきが(腋臭)対策方法もあります。

わきが(腋臭)は、ちょっとしたことで臭いが強く感じられたり、逆に臭いを抑えることができます。毎日わきが臭対策をすることが大切なので、自分が「できそうだな」と思うものは、試してみてください。

それでは、日常生活でできるわきが(腋臭)対策を5つご紹介します。

①脇の毛を処理する

わきが(腋臭)の臭いを抑えるために、脇の毛を処理しましょう。

脇の毛が長かったり、たくさん生えていると、脇下の温度が上がりやすく、わきが(腋臭)の臭いの原因になる菌が繁殖しやすくなると考えられています。
菌が多くなった状態で、さらに汗をかくとわきが(腋臭)の臭いが強くなってしまうこともあります。

「脇の毛を全て処理する」という選択は、男性はしにくいかと思います。そんなときは、毛を少しでもいいのでカットしてみましょう。
毛が短くなるだけでも、通気性がよくなりわきが(腋臭)の臭いを抑ることが期待できます。

②肉や脂肪分が多いものは食べ過ぎない

わきが(腋臭)を含めた体の臭いの悩みは、日常的に食べているものが関係している場合もあります。

とくに、わきが(腋臭)の原因の汗はアポクリン汗腺から出ており、その汗には、脂質やたんぱく質などが含まれるため、肉などを食べ過ぎてしまうとさらに気になる臭いが出てしまうことがあると考えられています。

肉類やバターやチーズなどの乳製品、ファストフードの食べ物は、脂質や油分が多いので、そればかり食べることがないようにしましょう。
栄養のバランスを考えて、野菜もたくさん食べることをおすすめします。

また、お酒やタバコなどを頻繁に飲んだり吸ったりしていると、アポクリン汗腺から汗がたくさん出る原因になるため、わきが(腋臭)が気になるときは、控えましょう。

③優しい力で脇を洗う

柔らかいタオルや、手で丁寧に脇を洗いましょう。ごしごしと力強く擦り洗うと、肌に必要な皮脂を落としすぎてしまうことが考えられます。
また、肌についている菌の中には、体の臭いを正常に保つために必要な菌もあるので、このような菌を他の汚れや雑菌と一緒に洗い流してしまうと、反対にわきが臭を強くしてしまう可能性があるのです。

わきが(腋臭)の臭いが抑えられるように、使用した制汗剤などはしっかり洗い流し、肌を清潔な状態に保ちましょう。
しっかり泡立てたボディソープを使って、優しい力加減で、なでるように洗うのがポイントです。

④自然由来の素材でできた服を着る

わきが(腋臭)に悩んでいる方に肌らぶ編集部がおすすめしたい、洋服選びのポイントは、綿(コットン)や麻などの、自然由来の素材で作られている服を選ぶということです。

植物から作られた繊維は吸湿性に優れており、わきが(腋臭)臭の原因でもある、アポクリン汗腺からの汗も多量に吸ってくれます。

それだけではなく、繊維が細かいので、わきが臭が服の外に出ることを防ぐこともできると考えられています。
日常的に綿でできた下着や服を着てみるなど、わきが(腋臭)の臭いが少しでも抑えられるように工夫してみましょう。

⑤クレンジングオイルで脇を洗う

クレンジングオイルで脇を洗うことで、わきが(腋臭)の臭いを抑えられることがあると言われています。

わきが(腋臭)の対策にもなりますが、脇にある皮脂や汚れをクレンジングオイルで洗い落とし、気になる臭いなどを抑えることが期待できるでしょう。

汗をかきやすい時期など、わきが臭などの臭いがさらに気になるというときには、クレンジングオイルで脇を洗ってみるのもよいですね。

しかし、古くなったクレンジングオイルが脇の臭いの原因になることもあるので注意しましょう。
クレンジングオイルは使用前に、製造の時期などをしっかり確認します。オイルはどんなタイプのアイテムでも酸化し、酸化が進んだ古いオイルは肌にとってよくないということを頭に入れておくとよいですね。

ご紹介した5つのわきが(腋臭)対策は、どれも合う人と合わない人がいるということを忘れないようにしましょう。「自分の肌には合っていないかも・・・」という対策は、すぐに行うのをやめて、医師に相談してみましょう。

7.まとめ

ジャンプ イエーイ
今回は、わきが(腋臭)対策に使えるデオドラントクリームを選ぶポイントや、おすすめのわきが(腋臭)用クリームをご紹介しました。

クリームタイプのデオドラントと一言で言っても、さまざまな商品があるので「いざ!買うぞ」と思っても迷ってしまいますよね。

また、商品を使っての対策も大切ですが、日常的にできるわきが(腋臭)対策を続けることも大切です。

少しでもわきが臭が気にならなくなるように、続けられることから継続していきましょう。