2018年11月20日 更新

【プレ花嫁応援プロジェクト】結婚式・披露宴で喜ばれる【2018最旬】おすすめ演出まとめ

プレ花嫁

人生の節目の一つでもある「結婚式」。
最高の笑顔と自信に満ちたで臨んでほしい。
そんな思いから生まれた「プレ花嫁応援プロジェクト」。

披露宴 演出結婚式・披露宴の演出はもうお決まりですか?

「ありきたりなものにしたくない」「披露宴を心のこもったものにしたい」。でも、具体的にどういう演出をいれたらいいか悩んだり、予算のことを考えて迷ってしまうこともあると思います。

そこで今回は、特別な結婚式・披露宴のためのおすすめ演出をご紹介していきます。
今回のテーマは「ゲストが喜ぶ」「オリジナル」そして「節約」!

この3つの要素を満たすため、市販されているウェディンググッズもどんどんご紹介していきます。手作り要素とこだわりがたっぷり詰まった、2人だけのオリジナルウェディングを目指してください♡

まずは基本の演出をおさらい!

おすすめの演出についてご紹介する前に、まずは結婚式・披露宴の基本の流れと、演出を考えるに当たってのポイントをまとめました。
特別な演出を考える前に、まずはぜひ目を通してみてください。

結婚式・披露宴の基本の演出はこちら

まずは一般的に行われることの多い、結婚式・披露宴の基本的な演出をご紹介します。

披露宴 演出

結婚式の挙式スタイルには、大きく分けてキリスト教式、神前式、人前式があります。それぞれのスタイルによって演出も大きく変わってきますが、ホテルや結婚式場で行われる結婚式の場合には、挙式の後にフラワーシャワーやブーケトスなどの演出があるのが一般的です。

ここでご紹介している演出は、もちろん2人の希望によってカットすることも可能です。基本の演出とオリジナルの演出を組み合わせて、ゲストが楽しめる結婚式をつくりましょう!

◆関連記事◆
披露宴の流れ、定番はコレ!何する?どうする?後悔しないポイント

結婚式・披露宴の演出を考えるポイント

披露宴 演出

オリジナルの演出を結婚式・披露宴の進行に加えるために、覚えておきたい2つのポイントをご紹介します。

歓談の時間も大切に!

結婚式・披露宴の演出アイディアをみていると、「あれもしたい」「これもすてき!」と夢が広がっていきますね。でも、演出の盛り込みすぎには気をつけましょう。
ゲストは演出も楽しみつつ、新郎新婦との直接のおしゃべりや記念撮影をしたいものです。演出のいれすぎで、ゲストとのコミュニケーションの時間がまったくなかった…なんてことにならないようにタイムスケジュールには余裕を持っておきましょう。

できるかどうかは会場との相談

オリジナルの演出を結婚式・披露宴に取り入れられるかどうかは、最終的には結婚式会場との相談になります。
どうしてもいれたい演出がある場合には、会場選びの段階から演出について相談することをおすすめします。

挙式のおすすめ演出

それではいよいよ、結婚式・披露宴のおすすめ演出をご紹介していきます!
この章ではまず、ホテル・結婚式会場で行われる挙式におすすめの演出10選をご紹介します。

ウェルカムスペース、披露宴でのおすすめ演出をチェックしたい方はリンクをクリックしてください♡

ウェルカムスペースのおすすめ演出
披露宴のおすすめ演出

①ブライズメイド/アッシャー(グルームズマン)

披露宴 演出

こちらは、親しい友人、親族にブライズメイドとアッシャー(グルームズマン)を頼む、ヨーロッパ式の演出です。
ブライズメイドとアッシャー(グルームズマン)には、新郎新婦の立会人という位置づけで、当日は身の回りのお世話やアテンドなど介添え役を引き受けてもらいます。

挙式ではアッシャー(グルームズマン)がバージンロードを敷き、ブライズメイドが新婦を先行する形で入場するなど、進行面でも活躍してもらうのが一般的です。
おそろいの衣装とブーケが華やかで、結婚式・披露宴に彩りをプラスしてくれますね♡

ブライズメイドとアッシャー(グルームズマン)は、本来は未婚の方が務めますが、日本では未婚・既婚はあまり気にせず仲の良い友人にお願いすることが多いようです。

②ベールダウン

披露宴 演出

新婦がバージンロードを父親と歩くのは定番ですが、最近では入場前、母親や家族にウェディングベールを下げてもらう「ベールダウン」の演出も人気です。

新婦のフェイスベールにはそもそも魔除けの意味があり、入場前のベールダウンには新郎のもとにたどり着くまでの新婦の安全を願う意味が込められています。

入場前に2人だけでベールダウンする演出と、バージンロードでゲストに見守られながらベールダウンする演出の2パターンがあります。

③ベールガール(ボーイ)

披露宴 演出 結婚

新婦がヴァージンロードを歩く際にロングベールの裾を持ち、入場をお手伝いしてもらう演出です。ドレスのトレーンを踏まないように新婦と一定の距離感を保って歩く必要があるので小学生以上の子に頼むのがおすすめです。

披露宴 演出

未就学児にお願いしたい場合には、新婦が入場するときに先導し、かごに入った花びらをまく「フラワーガール(ボーイ)」も人気です。

④ダーズンローズ

披露宴 演出 結婚

ダーズンローズとは、野に咲く花を束ねて結婚を申し込む、ヨーロッパの伝統的なプロポーズにならった演出です。
12本のバラにはそれぞれ「感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・尊敬・栄光・努力・永遠」という意味が込められています。

入場した新郎はゲストから12本のバラを集め、新婦にプレゼントします。新婦はその花束から一輪を抜き、新郎の左胸にさしてブートニアにします。

⑤リングリレー

結婚 段取り

リングリレーとは、新郎・新婦側ゲストそれぞれが1本の長いリボンを使い、結婚指輪を後ろから前にリレー形式でおくる演出のこと。

祝福の気持ちとともにリングを運んでもらえ、ゲストとの一体感が魅力の演出です。

⑥リングボーイ(ガール)

披露宴 演出

結婚指輪をのせたリングピローを新郎新婦のもとへ運んでもらう演出です。小さいお子様の場合は、ご家族に一緒に登場してもらっても大丈夫!

頼みたいお子様の人数が多いときには、旗を持ったフラッグボーイ(ガール)にリングボーイ(ガール)を先導してもらう方法もあります。

このほか、リングの運び手としては2人のペットも人気です。ペットの結婚式参加は認められてない結婚式会場もあるので、事前に必ず確認してくださいね。

⑦誓いの言葉

披露宴 演出 結婚

挙式のスタイルに人前式を選んだ場合、オリジナルの「誓いの言葉」を用意するのが一般的です。オリジナルの誓いの言葉は額にいれたり、デコレーションしてウェルカムスペースに飾るなど記念品として残すこともできますよ!

⑧バルーンリリース

披露宴 演出 結婚

バルーンリリースは、挙式の後に新郎新婦とゲストが一緒になって風船を飛ばす演出です。カラフルな風船が青い空に映え、心に残る名シーンになること間違いなし。写真映えするのもうれしいポイントです。

⑨フラワーシャワー

披露宴 演出 結婚

挙式の退場後に行われることの多いフラワーシャワーは、祝福の意味を込めてゲストが新郎新婦に花びらをシャワーのように投げかける演出です。

披露宴 演出 結婚

使うアイテムは、花びら以外にもリボンやフェザー、ペーパーアイテム、「食べるものに困りませんように」という願いをこめてライスが選ばれることもあります。

また、シャワー演出のかわりにゲストにシャボン玉をふきかけてもらったり、リボンワンズというリボンがついたスティックを旗のように振ってもらう演出も注目されています。

リボンワンズ(30本入り)

リボンワンズ価格:7,500円(税抜)
リボン付きスティック30本と、かわいいフラワーペン3本がセットになっています、リボンワンズはキャメル・ピンク・ブルーの3パターンなので、結婚式のメインカラーにあわせて選ぶことができますね♡
リボンワンズ

⑩ブーケトス/ブーケブルズ

披露宴 演出 結婚

ブーケトスとは、「幸せのおすそ分け」として新婦がゲストにブーケをプレゼントする演出です。基本的には新婦がゲストに背中を向け、後ろ向きにブーケをトスします。
ブーケトスは本来、受け取った方が次の花嫁になれるというジンクスがあり、未婚女性を対象に行われるのが一般的でした。しかし、最近ではより幅広い意味の「幸せのおすそ分け」として未婚・既婚に限らず、誰でも参加できるスタイルを選ぶ方もいます。

男性側のゲストのために、新郎がブーケの代わりにブロッコリーを投げるブロッコリートスという演出もあります。

披露宴 演出 結婚

また、ブーケトスと同じ「幸せのおすそ分け」をする演出として、ブーケプルズも人気です。

ブーケプルズは、ブーケにつながった数本のリボンをゲストに引いてもらい、本当にブーケにつながっているリボンを引いた人が当たりという演出です。
ブーケを投げるのに十分なスペースがない場合や、ブーケを上手に投げる自信がない方にブーケプルズはおすすめです。

◆おまけ◆ リングピロー

披露宴 演出 結婚

リングピローとは、挙式中の指輪交換まで指輪を置いておくクッション(まくら)のこと。その起源は古代エジプトともいわれ、リングピローのリボンには「永遠の愛を誓う」という意味があるのだとか♡

リングピローは必ず必要というわけではありませんが、新婦本人の手作り、親の手作り、サムシング・フォー*にならって先輩花嫁から借りる、など絆を大切にした温かいアイテムとして人気です。

*サムシング・フォー(something four)…結婚式に身につけると幸せになれるといわれる4つのもの。“something old(なにか古いもの)” “something new(なにか新しいもの)” “something borrow(なにか借りたもの)” “something blue(なにか青いもの)”

ウェルカムスペースのおすすめ演出

ウェルカムスペースとは、主に受付周りに設置される新郎新婦の手作りスペースのこと。思い出の品や、写真を飾るなどオリジナリティを発揮して二人だけの空間を演出しましょう。
ここでは、ウェルカムスペースにおすすめのアイディアを5つご紹介します。

①プロフィールパンフレット

2人のプロフィールや好きなこと、なれそめを紹介するパンフレットをつくって配りましょう。ウェルカムスペースでゲストがくつろぐのは挙式と披露宴の間が多く、少々の待ち時間ができてしまうタイミングでもあります。その待ち時間の間に、ぜひ2人のひととなりを知ってもらいましょう!

席次表 ディオネ

席次表 ディオネ価格:1部 325円(税抜)
立体のコサージュとゴールドの箔押し、台紙の絹目柄が上品な席次表です。無料のテンプレートを使えば席次表とプロフィールを簡単に作れ、家庭用プリンターで印刷が可能です。
席次表 ディオネ
席次表 ディオネ

②ウェルカムボード

ウェルカムスペースの”顔”ともいえる存在が「ウェルカムボード」です。額に入ったボード状のものから、オブジェのように立体的なものまで種類はさまざま。
絵を書くのが苦手な方は、似顔絵イラストやカリグラフィなどをプロにお願いするのも1つの方法です。

【完成品】和のウェルカムボード

和のウェルカムボード価格:11,500円(税抜)
手作りが苦手な方におすすめなのが、完成したウェルカムボードを購入する方法です。和モダンな雰囲気が珍しいアートフラワー専門店が作成するこちらのウェディングボードは、お花の変更・色味の変更などの相談が可能。2人の名前と挙式の日付をメールするだけで簡単にオーダーできます。
【完成品】和のウェルカムボード
【完成品】和のウェルカムボード

③ウェディングツリー

参列してくださったゲストと一緒に、結婚式の記念品をつくりたいなら「ウェディングツリー」がおすすめ。ウェディングツリーとは、ふたりが結婚した承認としてゲストみんなの指紋を押してもらって手作りするイラストのこと。
「結婚生活で大切なものは?」などの質問形式にしてカラー別に4択を用意し、回答してもらう演出もあります。

ウェディングツリー WeddingTree

ウェディングツリー WeddingTree価格:各10,000円(税抜)
フレームの額縁(花装飾付き)、ウェディングツリーペーパー、スタンプメッセージカード、4色スタンプがセットになっています。ウェディングツリーのほか、リース、カー、ハウスなど計8種類からデザインを選ぶことができるのも魅力的♡
ウェディングツリー WeddingTree
ウェディングツリー WeddingTree

また、ハートのチップにメッセージを書いてもらい、フレームに落とす「ハートドロップス」も形に残る記念品としておすすめです。

ハートドロップス《クラシカル》

ハートドロップス クラシカル価格:小 13,000円(税抜)/大 16,000円(税抜)
小サイズ(~60名用・MAX80名)と大サイズ(~120名用・MAX140名)の2パターン展開。アクリルパネルには新郎新婦の名前と結婚式の日付を刻印でき、イーゼルは3タイプの中から好みの花装飾をしてもらえます。
ハートドロップス《クラシカル》
ハートドロップス《クラシカル》

④フォトスポット

ウェルカムスペースの一角を飾り付け、写真撮影用のフォトスポットを作る演出はいかがでしょうか。

等身大の新郎新婦パネルをおいたり、バルーンやフォトフレームを用意してSNS映えする空間をつくりましょう!

3タイプ ウェディング フォトプロップス

ウェディングフォトプロップス 3タイプ価格:各1,834円(税抜)
手軽にフォトスポットをにぎやかにできるアイテムが”フォトプロップス”!ゲストがわいわい写真撮影を楽しめるよう、数パターン用意しておくのもおすすめですよ♡
3タイプ ウェディング フォトプロップス

⑤プチギフト

披露宴 演出

受付に、二日酔い対策ドリンクを積んだり、化粧室にコットンや綿棒、スプレーワックス、ストッキングなどのアメニティをプチギフトとして置いておきましょう。かゆいところに手が届く心遣いとしてきっとゲストに喜んでもらえます♡

披露宴のおすすめ演出

披露宴 演出

それではいよいよ、披露宴でするべきおすすめ演出をそれぞれご紹介していきます。

①テーブルまわりの演出

披露宴 演出 結婚式

新郎新婦よりも一足先に入場するゲストが喜ぶ演出を、ゲストテーブルに用意しておきましょう!演出のアイディア2選をご紹介します。

●席札メッセージ

結婚式・披露宴では、ゲストとじっくり話をする時間をなかなかとれないもの。席札に、ひとりひとりへ感謝の気持ちを込めてメッセージを書いておくのがおすすめです。

●インスタントカメラ

各テーブルに1つずつ、インスタントカメラと「ご自由にお取りください」と書いたメッセージを置いておきましょう。結婚式場のカメラマンさんは、基本的に新郎新婦をメインに写真を撮ってくれます。各テーブルで友人が親族が過ごす楽しいひとときを、カメラでシェアしてもらえます!

②ケーキ入刀の演出

披露宴 演出

ウェディングケーキ入刀の演出と、新郎新婦がお互いにケーキを食べさせ合うファーストバイトの演出は、結婚式の定番。新婦から新郎へのファーストバイトには「これから毎日おいしい料理をつくります」という意味、新郎から新婦へのファーストバイトには「食べ物に困らせません」という意味が込められているのだとか。

ファーストバイトの他にも、両家の親から新郎新婦それぞれに食べさせるラストバイト、新郎新婦から両家の親に食べさせるサンクスバイトも人気の演出です。

③入場の演出

披露宴 演出

新郎新婦が入場するタイミングは、披露宴開始とお色直し入場時の主に2回。特に、再入場のタイミングで「なにか面白いことをしたい!」「サプライズの演出をしたい」と考えている方が多いのではないでしょうか。

ここでは、入場を特別な時間にする演出4選をご紹介します。

●お姫様抱っこ

費用をかけずに、すぐできる演出としておすすめなのは新郎が新婦をお姫様抱っこして入場する演出です。会場がハッピーな雰囲気に包まれそうですね♡

●思いもよらないところから

再入場のアナウンスが流れ、メイン扉から入場…と思いきや、バルコニーや内階段など思いもよらないところから現れてゲストをびっくりさせましょう!

●巨大クラッカー

再入場の扉オープンのタイミングで巨大クラッカーを発射して、会場を盛り上げましょう!インパクトの大きい、印象に残る演出です。

●ビッグバルーンから登場

大きな風船を割ると、中から新郎新婦が登場するという、面白い演出です。
専門の業者さんとの連携が必要なので、できるかどうか結婚式会場に相談してみましょう。

④ムービーの演出

披露宴 演出

結婚式・披露宴といえば、映像演出が思い浮かぶ方も多いのではないでしょうか。ここでは、披露宴で映像演出をする3つのタイミングをご紹介します。

●オープニングムービー

オープニングムービーは、新郎新婦の入場前に「これから始まるぞ!」と気分を盛り上げるための映像演出です。ドラマのオープニング風、新郎新婦入場までのカウントダウン、2人のヒストリーなどオリジナリティの高いムービーを用意しましょう!

●プロフィールムービー

新郎新婦がお色直しのために中座している間に流れることの多いプロフィールムービーは、5分前後のしっかりした長さの映像を用意するのが一般的です。
直接いうのは照れくさいから…と、プロフィールムービーの中で親への感謝を伝える演出をする方も多いです。

●エンディングムービー

エンディングムービーとは、披露宴の最後に流す映像演出です。映画のエンドロールのように、参列してくださったゲストの名前と一言メッセージを流したり、結婚式場によっては当日の挙式・披露宴の様子をダイジェストにまとめてくれるところもあります。

⑤ラウンド系の演出

お色直しを終えて、再入場した後に行うことの多いテーブルラウンドでは、さまざま演出をゲストと一緒に楽しめます。
ここではテーブルラウンドで行われる基本の演出から、ちょっとめずらしい演出までおすすめ8選をまとめました。

●フォトラウンド

披露宴 流れ

まずご紹介したいのは、シンプルに写真を撮りながら各テーブルをまわる演出です。他の演出と組み合わせて行うこともできますが、写真を撮るのみにすれば各卓のゲストとゆっくり歓談できるというメリットもあります。

●キャンドルサービス

披露宴 演出

伝統的なテーブラウンドの演出といえば、キャンドルサービス!最近ではキャンドルの代わりにLEDライトを使用し、豪華でファンタスティックなイルミネーション演出ができる会場もあるので、ぜひ確認してみてください。

●バルーンサーブ

披露宴 演出

新郎新婦が各テーブルの装飾に、カラフルな風船をプラスしていく演出がバルーンサーブです。風船でテーブルのメインカラーをチェンジし、会場全体をお色直しをしたような華やかな印象が作れます。

●パンサーブ

披露宴 演出 結婚式

お酒を飲まない方にも喜んでもらえるのが、新郎新婦がパンのおかわりをサーブしていく演出です。会場のパンをサーブすればローコストですむため、「テーブルラウンドでなにかお礼をしたい」「でもあまり費用はかけられない」…という方にもおすすめ。もちろん、2人の思い出のパンや、オリジナルレシピで作るパンを用意してもすてきです。

●タイムカプセルラウンド

お風呂 マッサージ

ゲストに10年後の2人宛にメッセージを書いてもらい、そのメッセージを回収していく演出がタイムカプセルラウンドです。10年後に開封するのが楽しみな記念品になりますね!

●ビールサーブ

飲酒

お酒好きの2人におすすめなのが、サーバーを担いで行うビールサーブです。結婚式では、新郎新婦がゲスト全員にお酌してまわるのはなかなか難しいもの。ビールサーブなら、ひとりひとりに感謝の気持ちを伝えることができますね。

●鏡開き

披露宴 演出

お色直しで和装をする2人におすすめの演出が、鏡開きです。各テーブルにミニサイズの樽と枡をおき、新郎新婦がそれぞれ割っていくというもの。鏡開きには、「今後の運を開く」という意味があるおめでたい演出で、年配のゲストにもきっと喜んでもらえるはずです。

●果実酒づくり

披露宴 演出

各テーブルにフルーツを用意し、新郎新婦がビンを持って各テーブルをまわり、フルーツをビンの中にいれてもらいます。

すべてのテーブルをまわり、ビンにお酒を流し入れたら手作り果実酒の完成!「できあがる頃に新居に遊びに来てください」とコメントしましょう♡
お酒が苦手な方は、お酒の代わりに水やサイダーをいれて果実ジュースを作ってもよさそうですね。

⑥余興の演出

披露宴 演出

ゲストに楽しいひとときを過ごしてもらうための余興の演出。誰に頼もう?何ができるかな??と迷っている方へ、3つの余興パターンをご紹介します。

●ゲストに頼む

定番ともいえるのが、会社の同僚や友人にお願いする方法です。”お決まりのネタ”があることも多く、ゲスト参加型の演出で楽しい雰囲気をつくってもらえます。

●外部に委託する

最近では、プロに余興を委託する方も増えています。たいていの場合は、結婚式場に提携先があるので確認してみてください。提携先がない場合は、プロに依頼する旨を伝えて連携をとってもらうようにしましょう。
プロにお願いできる余興としては、ゴスペル、生演奏、マジックパフォーマンス、カクテルショーから、お笑い芸人を招いた漫才ショーなどの演出があります。

●新郎新婦がする

余興を新郎新婦みずからがする場合もあります。歌やダンス、フラッシュモブなどのパフォーマンス系の演出から、新郎相手に行う腕相撲対決などのゲーム、ゲストから事前に集めておいた2人への質問に答えるQ&Aコーナーなども盛り上がります!

◆関連記事◆
披露宴の余興は誰に頼む?何をする?アイディア10選&基本マナー

⑦ゲーム系の演出

みんなで楽しむことのできる、ゲスト参加型のゲームを4つご紹介します。ゲームに景品を用意すれば、ゲストへのお礼にもなりますね♡

●エピソードビンゴ

披露宴 演出

ただのビンゴではなく、2人のエピソードをクイズにしたオリジナルビンゴをつくってみてはいかがでしょう?結婚式のゲストは、新郎新婦どちらか片方しか知らない場合がほとんど。エピソードビンゴなら2人のひととなりを楽しく知ってもらうことができます!

●万歩計ゲーム

披露宴 演出

選ばれたメンバーに万歩計を1つずつ持ってもらい、ちょうど1万歩になるまで万歩計を振ってもらうゲームです。最初に1万歩を刻んだ方が勝ちというルールですが、意外と体力を使うので体育会系の方におすすめ。ぜひ新郎も参加してください。

●ドレスの色当てクイズ

披露宴 流れ

お色直し前に新婦のカラードレスの色を予想してもらうゲームです。再入場のときに、ゲストそれぞれに予想したカラードレスの色のフラッグを持ってもらうと盛り上がり、華やかな入場演出になりますよ。

●新郎間違い探しクイズ

披露宴 演出

お色直しのない新郎にぜひおすすめしたいのが、新郎の間違い探しクイズ。スカーフやタイなどの小物をチェンジし、「どこが変わったか」をゲストに当ててもらいましょう。

⑦サプライズプレゼントの演出

特別な日だからこそ、普段なかなか言えない感謝や気持ちを大切な人へ伝えてみませんか?
ここでは、結婚式・披露宴の演出におすすめのサプライズプレゼントについて詳しくご紹介していきます。

●大切なあの人へ

披露宴 演出

誕生日などのイベントが近いゲスト、小さなお子様ゲストへサプライズプレゼントはいかがでしょうか。
こっそりあげたい場合には、事前に席においておく方法がおすすめ。ウェディングピローやブーケを作ってくれたゲストには、ゲストの前で感謝の気持ちを伝えてプレゼントを手渡す演出もすてきです。

さらに、お色直し中座のために指名したゲストに、その場でサプライズプレゼントを渡す方法も人気です!

●新郎←→新婦へ

披露宴 演出 結婚式

新郎から新婦へ、または新婦から新郎へ、サプライズプレゼントを渡すと感動的な演出になります。
サプライズプレゼントは、ムービーや手紙、アルバムなど2人の距離がさらに縮まるものがおすすめです。

●ラッキードラジェ

披露宴 演出

デザートで配られるケーキの中に幾つかドラジェ(お菓子)を仕込んでおき、当たった人にプレゼントを渡しましょう。
ゲーム感覚で楽しむことができる演出として、盛り上がるのでおすすめです。

結婚・披露宴の演出Q&A

ここまで、結婚式・披露宴でするべきおすすめの演出をご紹介してきました。やってみたい演出は見つかりましたか?
最後に、結婚式・披露宴の演出を考えるにあたって疑問に思うことの多い、3つの質問に答えていきます。

Q.大人婚にふさわしい演出は?

まずはじめにお伝えしておきたいのは、大人婚だからといって”やりたいことを我慢する”必要はないということ。結婚式は親しいゲストばかりを招く、祝福の場です。たとえ賑やかでポップな結婚式になっても、「2人らしくて素敵」と思ってもらえるはずです。

その上で、落ち着いた雰囲気のシックな結婚式をご希望であれば、以下のポイントを参考にしてみてください。

①キーワードは「上質」

披露宴 演出

大人婚の演出に大切なキーワードは、やはり「上質」。招待状の宛名書きやペーパーアイテムはプロに頼んで美しいものを、料理や引き出物は大人にふさわしいものを用意した方が大人婚の雰囲気を作りやすいです。
余興も、ゴスペルや生演奏などプロフェッショナルに委託することで優雅な時間を演出できます。
華美になりすぎる必要はなく、逆に上質なものを少量だけ用意するほうが洗練された印象をゲストに与えることができます。

②時間に余裕をもった演出

披露宴 演出

大人婚を目指すのであれば、”新郎新婦は披露宴のホストである”ことを意識しましょう。「ゲストにくつろいでもらっているか」、「料理を楽しめる時間は十分に確保しているか」、「全員と言葉を交わす時間は確保できているか」、結婚式・披露宴の演出を考えるにあたってはこれらのことが大切なポイントになります。

ゆとりのない演出よりは、ゲストがくつろげる余裕のある演出を大人婚では目指しましょう。

Q.披露宴は余興なしでも楽しめる?

披露宴 演出

披露宴を余興なしで考えている方の中には、「ゲストが退屈するかな?」「間延びした雰囲気になるかな?」と不安になる方が多いようです。
余興をしない代わりに歓談の時間をたっぷりとり、新郎新婦とくつろいだ時間を過ごせる披露宴はゲストの満足度も高い傾向にあります。

もし気になるようであれば、ゲスト参加型のゲームなどみんなが盛り上がれるような演出をいれたり、友人スピーチをお願いするなどゲストが活躍する時間をつくることをおすすめします。

◆ゲームの演出について、詳しくはこちらをご覧ください◆

Q.ゲームの景品ってどんなものがいいの?

披露宴 演出

ゲーム系の演出をするにあたっては、やはり景品があった方が盛り上がります。ゲストに感謝の意味を込めて、ゲームの景品を用意する方も多いです。

ゲームの景品を用意するに当たっては、引き出物もあるので、ゲームの景品は重すぎないものを選ぶとゲストの負担を減らすことができます。
ギフトチケットなどのかさばらないものであればそのまま渡してもいいですが、食品などの目録を用意して後日郵送するようにしましょう。インターネットショップを利用すれば、目録や景品パネルなどをセットで購入することができますよ。

カタログギフト専門店マイルーム

二次会
テーマパークのペアチケットやご当地グルメセット、スイーツのギフトチケットなどが揃うインターネットショップです。当日必要な景品パネル、目録がセットになっていて手間いらず。当日は目録を渡すだけ、ゲストがインターネットで配送を依頼するシステムなので、持ち帰りの不便さがなく、スムーズな受け取りが可能なのも便利です。
カタログギフト専門店マイルーム
カタログギフト専門店マイルーム

結婚式・披露宴の演出まとめ

結婚式・披露宴のおすすめ演出について詳しくご紹介してきましたが、気になる演出は見つかりましたか?会場のプランナーさんとも相談して、ぜひオリジナルの披露宴でゲストと楽しい時間をお過ごしください!

関連記事

▽▽プレ花嫁応援プロジェクトの特集ページはこちら▽▽

プレ花嫁

【この記事を書いている肌らぶ編集部員】
肌らぶ編集部員Tゲストハウスで計5年以上ブライダルスタッフとして勤務。親族の意向のため、自身はホテルで挙式・披露宴を行う。ゲストハウスウェディングとホテルウェディングの比較、結婚全般に関するマナーや流行についてなど、結婚式を行う側・支える側両方の視点からプレ花嫁を応援する記事を執筆中。