メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社日本薬健

青汁の価格・コスパを比較!おすすめ青汁ランキング&口コミ

青汁 価格
「青汁の価格を比較したい!」
「価格的にも続けやすい青汁はどれ?」とお探しではないですか?

健康のために青汁を飲みたいと思っているけど、価格が高すぎるものは続けられないし・・・。どれを選べばいいのか、迷ってしまいますよね。

そこで今回は、青汁好きの肌らぶ編集部員が青汁の価格を比較し選んだ、青汁価格ランキングをご紹介します!

※健康のためには、正しい食生活と適度な運動が必要です。
健康食品は、不足を補う食品として目安量を参考に、摂りすぎに気をつけましょう。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.青汁を価格で選ぶ!【原料別】コスパ抜群の青汁ランキング!

大麦若葉 青汁
それではさっそく、肌らぶ編集部がコスパ重視で選んだ、青汁価格ランキングBEST5をご紹介します!

今回は、持ち運びしやすく料理などへのアレンジがしやすい「粉末タイプ」で、主原料が国産のものだけを選びました。

1包あたりの価格が低い順にランキングを作成していますので、「価格は低い方がいいけど、産地にもこだわりたい!」という方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!
(※通常価格で比較)

☆第1位☆金の青汁 純国産大麦若葉100%粉末

金の青汁
◆販売会社:株式会社日本薬健
◆容量: 3g×46包 ※22包、90包もあり
◆価格:1,580円+税
◆1包あたり:34円+税
◆主原料産地:九州(大麦若葉)

【肌らぶ編集部コメント】
金の青汁は、日本国内の契約農家さんの手で大切に育てられた、無農薬栽培の大麦若葉を100%使用した青汁です。
新鮮なおいしさを届けるために、大麦若葉を収穫してから粉砕加工までを24時間以内に行っています。
また、加工した粉末を袋に詰める際には、粉末が酸化しにくいといわれている「フレッシュパック方式」を採用。
抹茶風味の味で、青汁特有の青臭さを感じにくいスッキリとした味わいです。
1包あたり34円+税 と、ビックリするほどリーズナブルな価格なので、無理なく続けられそうですね♪

公式HPはこちら(オレンジ)

☆第2位☆本搾り青汁ベーシック

ファンケル 本搾り青汁ベーシック
◆販売会社:株式会社ファンケル
◆容量:4.5g×10本(初回限定)/4.5g×30本/4.5g×90本
◆価格:1,023円+税→500円+税(初回限定)/2,695円+税/7,247円+税
◆1包あたり:102円+税→50円+税(初回限定)/90円+税/81円+税
◆主原料産地:愛媛・長野・鹿児島県(ケール)

【肌らぶ編集部コメント】
本搾り青汁ベーシックは、ミネラル農法で育てた国産ケールを丸ごと粉末にした青汁です。
1本に約40gのケール生葉を使用。普段の生活で野菜が不足しがちな方におすすめです。
「ファンケルマイルドテイスト製法」により、クセのないさらっとした味わいなので飲みやすいのも嬉しいポイントですね。
初回限定で10本500円+税とお得な価格で試せるので、気軽に試してみても良いでしょう。(※2017年1月時点)

公式HPはこちら(オレンジ)

☆第3位☆桜の花青汁

桜の花青汁
◆販売会社:株式会社シャンソン化粧品
◆容量: 3g×30包/3g×60包
◆価格:3,000円+税/5,500円+税
◆1包あたり:100円+税/92円+税
◆主原料産地:熊本(大麦若葉)

【肌らぶ編集部コメント】
桜の花青汁は、農薬不使用で育てた熊本産の大麦若葉を使用した青汁です。
甘味と栄養価がピークになるといわれている、穂が出る直前に収穫した大麦若葉を、収穫後2時間以内に粉末化するなど、鮮度にこだわっています。
美容成分として「桜の花エキス」を配合。青汁特有の青臭さを抑え、薄抹茶のようにさらりと飲める美味しさです。

公式HPはこちら(オレンジ)

☆第4位☆ふるさと青汁

ふるさと青汁
◆販売会社:有限会社マイケア
◆容量: 3g×30包
◆価格:3,800円+税
◆1包あたり:127円+税
◆主原料産地: 八丈島(明日葉)、島根(桑の葉)、熊本・大分(大麦若葉)

【肌らぶ編集部コメント】
ふるさと青汁は、八丈島の明日葉を根っこまでふんだんに使用した青汁です。
明日葉に甘味のある桑の葉、大麦若葉を独自の比率でブレンドすることで、抹茶風味の口当たり良い味わいに仕上がっています。
限定で、ふるさと青汁14包がサンプルとして付いてくるキャンペーンもあるので、上手く活用すると良いでしょう。(※2017年1月時点)

公式HPはこちら(オレンジ)

☆第5位☆健康道場 粉末青汁

健康道場粉末青汁 サンスター
◆販売会社:サンスター株式会社
◆容量: 10g×30包
◆価格:4,500円+税
◆1包あたり:150円+税
◆主原料産地:宮崎・鹿児島・岡山・北海道(ブロッコリー)、宮崎・大分・熊本・島根・静岡(ケール)福岡・大分・熊本(大麦若葉)、八丈島(明日葉)、島根(モロヘイヤ)

【肌らぶ編集部コメント】
健康道場 粉末青汁は甘味料や香料・保存料不使用の、国産原料5種を配合した青汁です。
1包10g入りの大容量なので、1包で野菜100g相当の栄養を摂ることができます。5種類の原料を絶妙のバランスで組み合わせることで、飲みやすい仕上がり。
粉末は水と混ざりやすい「マイクロパウダー製法」を採用しているため、溶かして飲みやすいだけでなく料理へのアレンジもしやすいでしょう。

公式HPはこちら(オレンジ)

2.青汁価格ランキング第1位の「金の青汁」を飲んだ口コミ

えがおの青汁 口コミ
「青汁価格ランキング第1位のものって美味しいのかな??」

そんな疑問を解消すべく、今回肌らぶ編集部が青汁価格ランキング第1位に選んだ「金の青汁」を肌らぶ編集部員が実際に飲んでみました!

飲んでみて感じたことを口コミとしてご紹介します!

【試した肌らぶ編集部員】

・年齢:28歳
・性別:女性
・青汁愛:★★★★★

金の青汁」を飲んでみた肌らぶ編集部員は約3年間、国産大麦若葉を使用した青汁を飲み続けている生粋の青汁好きです。

だからこそ、青汁選びには少々うるさい方だと自負しています。

今回は、皆様が特に気になっていそうな「水への溶けやすさ」と「飲みやすさ(味)」の2つに着目していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね♪

①パッケージは?

金の青汁
まず「金の青汁」の箱を手にとってみて感じたのは、「大容量」ということです。
パッケージにも「お徳用46パック」とあるように、たっぷり入っていることがひと目でわかります。

箱を開封すると、「金の青汁」の名前にふさわしい、ゴールドに輝くスティックがたっぷり入っていました!

ハサミを使わなくても手で開けることができるので、飲みたいときにサッと飲むことができそうです。
(※すべて個人の感想です)

②水への溶けやすさは?

さっそく、「金の青汁」を水で溶かして飲んでみることに。

青汁の粉末をコップに入れ、上から水を注ぎ入れます。
粉末の粒子がとても細かいので、コップに入れるときや水を加えたときに、フワッと粉が舞っていました。
勢いよく入れてしまうと、粉が舞いやすいので気をつけると良いかもしれません。

スプーンでよく混ぜると、ダマがなく緑が鮮やかな青汁が出来上がりました!
金の青汁
水を加えたときは、「水に溶けにくそうかな?」と思いましたが、粉と水が触れ合うとどんどん溶けていきました。

「水への溶けやすさ」は、「良い!!」と思います♪
(個人の感想です)

③飲みやすさ(味)は?

青汁を飲み続けるにあたって大切な要素の1つが「飲みやすさ(味)」ですよね。

金の青汁」の原料は、大麦若葉のみ。
金の青汁
甘味料などは入っていませんから、「もしかすると青臭いかも…」と思いながらの試飲です!

実際に飲んでみた感想は、「スッキリしていて飲みやすい!

青汁特有の苦味や臭みがなく、ゴクゴクと飲むことができました!

青汁を飲んでいるというよりは、薄めの抹茶を飲んでいるような印象です。
後味もスッキリしているので、「青汁の味が苦手」という方も飲みやすいのではないでしょうか。
(個人の感想です)

④おまけ☆簡単!混ぜるだけアレンジ

水でも十分飲みやすく美味しい「金の青汁」ですが、せっかくなので肌らぶ編集部員が普段からしている、【簡単!混ぜるだけアレンジ】で味わってみました!

今回、青汁と混ぜたのは以下の4つです。
金の青汁

①牛乳
②レトルトのコーンスープ
③バニラアイス
④アロエヨーグルト

どれも混ざりやすく、味の面でも青汁との相性が良いので、美味しく味わうことができます。

肌らぶ編集部員8名にも試してもらったところ、「③バニラアイス」との組み合わせが1番好評でした!!
抹茶アイスのような風味になるので、お子様や青汁の味が苦手な方でも食べやすいと思います。
(個人の感想です)

「金の青汁」口コミまとめ!

「水への溶けやすさ」と「飲みやすさ(味)」から総合的に評価すると、「金の青汁」はとても飲みやすくアレンジもしやすい、「飲み続けたくなるような青汁」でした!!

しかも1包あたり34円+税というお手頃価格!
毎日コンビニや自動販売機で飲み物を購入するのに比べると、かなりリーズナブルですよね。

『普段の生活で不足しがちな栄養を手軽に、低価格で補いたい!味は美味しいものがいい!!』
そんなちょっと欲張りだけど健康を願う方におすすめの青汁なのではないでしょうか。
(個人の感想です)

3.青汁を選ぶときには価格以外もチェックしよう!

フルーツ青汁 口コミ
青汁を選ぶときに、価格以外でもチェックしたいのが以下の3つです。

①原料の種類をチェックする

葉酸 野菜
青汁は商品によって、配合されている原料が異なります。
原料によって味わいや摂取できる栄養に違いがありますので、まずは配合されている原料の種類をチェックしてみましょう。

ここでは青汁3大原料と呼ばれている、「大麦若葉」「ケール」「明日葉」の特徴を簡単にご紹介します。

①大麦若葉

青汁 価格
大麦若葉はイネ科の植物で、大麦の草丈が20~30cm頃の若葉の状態を指します。

大麦若葉にはビタミン・食物繊維・ミネラルなどの栄養素や、酵素SOD、ポリフェノールなどが豊富に含まれているといわれています。

また、葉野菜特有の臭みや苦味が少ないため、飲みやすさを重視していたり、すっきりとした味わいの青汁に配合されることが多くあります。

②ケール

青汁 価格
ケールはアブラナ科の植物で、栄養価が豊富に含まれていることから「緑黄色野菜の王様」と呼ばれています。

キャベツに良く似た形をしており、食物繊維・カルシウム・鉄分・カリウム・ビタミンなどの栄養素がバランスよく含まれています。
普段の生活で野菜が不足しがちな方におすすめです。

古くから青汁に配合されてきたケールですが、野菜の中でも青臭さとエグみがややある、独特な味が特徴です。

③明日葉

ふるさと青汁
明日葉はセリ科の植物で、「今日葉を摘んでも明日には新しい若葉が出る」といわれるほど生育が良いといわれています。

明日葉にはビタミン・βーカロチン・ミネラル・食物繊維・タンパク質・カルコン・クマリンなどの栄養素が含まれています。

明日葉特有のクセはありますが、苦味が少なく口当たりが良いため、明日葉を主原料にした青汁は飲みやすい傾向にあります。

②形状をチェックする

青汁 お試し
自分の嗜好やライフスタイルに合った青汁を選ぶためにも、青汁の形状をチェックしましょう。
販売されている青汁を大別すると、主に以下の3種類があります。

①粉末タイプ

青汁を粉末にすることで、水に溶かして飲むことができるベーシックなタイプの青汁です。

粉末なので、持ち運びやすかったり保管がしやすいといったメリットがあります。

また、水に溶かすだけでなく料理にも使いやすいので、青汁をアレンジして楽しみたい方にもおすすめです。

②粒タイプ

青汁をぎゅっと粒に凝縮した、サプリメントタイプの青汁です。

青汁の栄養はそのままに粒状に加工されているため、青汁の味やにおいに抵抗がある人でも飲みやすくなっています。

水に溶かす手間がないため、青汁を水で作る時間がない方や面倒くさがり屋さんにもおすすめです。

③ゼリータイプ

青汁をゼリー状に加工することで、食べやすさを重視した青汁です。

水がなくてもすぐに食べることができ、比較的青汁の味が気にならないものが多いので、青汁が苦手な方やおやつ代わりに青汁を摂取したい方にもおすすめです。

持ち運びにも便利ですが、ゼリーなので冷やして食べるほうがおいしくいただけるかもしれません。

自宅では粉末タイプ、外出先では粒タイプ、オフィスではゼリータイプというように、飲み分けてみても良いかもしれませんね。

③口コミをチェックする

スキンケア 通販
実際に青汁を飲んだ人の口コミをチェックして、「味」や「飲みやすさ」を参考にしてみましょう。

青汁を飲み続けるにあたって、「味」と「飲みやすさ」はとても大切なポイントですよね。
しかし、青汁を試飲してから購入するのは至難の業です。

「でも、青汁選びに失敗したくないし…」
そんなときに参考にしたいのが、実際に飲んだ人の生の声がわかる「口コミ」なのです!

もちろん、味や飲みやすさは人によって感じ方が違いますから、全てが参考になるわけではありません。
あくまで1つの参考材料として、チェックしてみると良いでしょう。

今回ご紹介した「金の青汁」以外にも、肌らぶ編集部員が飲んでみた青汁の口コミが気になる方は、こちらの記事をご覧ください。

4.青汁を飲むときの注意点

青汁の魅力を実感するためには、正しく摂取することが大切です。
ここでは、青汁を摂取するときに気をつけたい、3つの注意点をご紹介します。

①摂取目安量を守る

青汁を摂取するときには、必ず決められた摂取目安量を守るようにしましょう。

リーズナブルな価格だと、ついつい青汁をたくさん摂取したくなるかもしれませんが、摂りすぎてしまうと、逆に体調を崩したり青汁の魅力を実感できないことがあります。

商品によって、配合されている栄養素の種類や量は異なるので、摂取する前に目安量をよく確認すると良いでしょう。

②薬を服用している場合は医師に相談する

普段病院にかかっていたり薬を服用している場合は、青汁を摂取する前に医師に相談しましょう。

青汁には「ビタミンK」が含まれているので、飲みあわせに注意が必要な場合もあるといわれています。

「青汁を飲んでも大丈夫?」と不安に思ったときには、自己判断をせず必ず医師に相談してください。

③続けて飲む

青汁などの健康補助食品は、普段の生活では摂取しきれない栄養を補うためのものです。
しかし、1度摂取したからといってすぐに結果が表れるわけではありません。

健康補助食品の魅力を実感するためには、続けて摂取する必要があるといわれていますから、まずは1ヶ月から続けてみると良いでしょう。

長く続けて飲むためにも、続けやすい価格の青汁を選ぶことも大切です。

5.まとめ

今回は、肌らぶ編集部が青汁の価格を比較し選んだ青汁価格ランキングと、第1位に輝いた「金の青汁」の口コミをご紹介しましたが、いかがでしたか?

自分の体やライフスタイルに合わせて、続けやすい価格で必要な栄養を補うことができる青汁を選ぶことが大切です。

今回の内容を参考に、自分にぴったりの青汁を見つけて、肌らぶ編集部員と一緒にステキな青汁ライフを送りましょう!!

※健康のためには、正しい食生活と適度な運動が必要です。
健康食品は、不足を補う食品として目安量を参考に、摂りすぎに気をつけましょう。

この記事は2017年1月16日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

~青汁関連記事~

[PR]青汁は通販で購入する!おすすめ9選とお得に賢く青汁を飲むポイント

[PR]九州産青汁おすすめ5選!実際に飲んだ口コミと青汁レシピもご紹介

[PR]国産青汁はあなたの好みで選ぶ!【肌らぶセレクト】おすすめ12選

これなら続けられる! 青汁の飲み方、食べ方アレンジ


Pocket
LINEで送る