メニューを開く

足が臭い原因はコレ??? 原因を知って防ごう!


Pocket
LINEで送る

足が臭い 原因
なぜ、足が臭いのか。みんなと同じように過ごしているのに、なぜ、自分の足元は臭うのか。知りたいですよね、その原因。今回は足が臭いその原因にフォーカスしてみました。

スプレーなどで、臭いを匂いでごまかしても、根本のお手入れをしなければ、満足いく成果は得られないかもしれません。基本のお手入れ方法なども合わせてご紹介いたしますので、ぜひ、参考になさってください。

◆肌らぶ セレクション◆

プラスデオ(医薬部外品)
プラスデオ
『プラスデオ』は、足のニオイの元となる菌もしっかり洗い流してくれる体臭対策石鹸です。エイジングサインが気になる方にもおすすめ。

炭と泥、2つの洗浄補助成分を含んだもっちり濃密な泡で洗うことで、余分な皮脂や汚れをスッキリ取り除きます。

ウーロン茶エキス・テンチャエキス・チャエキスなどの保湿成分も配合しているので、肌に必要なうるおいをキープしながらニオイ対策したい方におすすめです。

シトラスのさわやかな香りで、シャワータイムを快適に過ごすことができます。
通信販売限定なので、ぜひこの機会にお試しください。
サントリー プラスデオ


1. 足が臭い原因はコレだった???

足が臭い原因は、根本的には、雑菌の繁殖にあると言われています。
雑菌が繁殖して、そこに、汗と一緒に流れ出した皮脂や角質や汚れが加わって分解されることで、あの、嫌な強烈な臭いを発生させていると考えられています。

この章では、雑菌が繁殖する原因になると言われている主な3つの要素をご紹介します。

ご自身に当てはまるものがないか、ご覧になってみてください。

やむを得ないと思うこともあるかもしれませんが、原因を知れば、「足が臭い悩みから解放されるには、結局、こまめにお手入れをすることが、一番近道だ」と納得できるかもしれません。
ご自身の原因を突き止められたら、ぜひ第2章のお手入れをとりいれてみてください。

1-1 靴に問題がある

靴の中で雑菌が繁殖してしまっているのには、下記のような原因が考えられます。

・一日中同じ靴を履きっぱなしで、蒸れている。

・ゴムやビニールなどの素材の靴で、通気性が悪く蒸れている。

・靴のサイズが合っていない(合わない靴を履くことで、足を緊張させてしまい、結果的に汗などの老廃物が余計に排出されることがある)ことにより、蒸れを誘発している。

・毎日同じ靴を履いていて、雑菌が日ごとにさらに繁殖している。

1-2 靴下に問題がある

靴下によって、雑菌の繁殖を後押ししてしまう場合には、下記のような原因が考えられます。

・ストッキングなど、通気性吸湿性の悪いものを履いている。

・足が湿ったまま、靴下を履いている。

・スポーツなどで汗を大量にかいた後も履き替えていない。

1-3 足に問題がある

臭いのもとを作る雑菌も、もとは皮膚の常在菌と言われています。つまり、足そのものの不衛生が、雑菌の繁殖に直結していることもあります。

・足の洗い方が不十分で、古い皮脂や角質汚れ、雑菌などが、ちゃんと洗い落とせていない

・運動や気候などの要因で、通常よりも大量の汗をかいている

※足の汗そのものの臭いではなく、汗と一緒に流れ出す老廃物が雑菌に分解されて、“臭いのもと”になると言われています。気候や運動、ストレスなどにより、靴下や靴の吸湿・通気性を超える量の汗をかくと、雑菌の繁殖を促してしまうと考えられるでしょう。

2. 足が臭い時の3つの基本のお手入れ

第1章のなかに、ご自身に当てはまることがありましたでしょうか?

ここでは、3つのケース、「靴」「靴下」「足」に分けて、それぞれの臭い対策の基本のお手入れと、事前に行いたい対策をご紹介いたします。

2-1 靴

靴のお手入れは、湿気を取り除くことが第一歩です。
もちろん、スニーカーなど洗える靴であれば、丸洗いして雑菌や汚れをすっきり落とすということもできますが、多くの靴はそうはいかないのが現状ですから。
いやな臭いがついてしまった靴は、連続して履くのは避け、しっかり乾燥させるように心がけましょう。

<臭いをとるための基本のお手入れ>
・風通しの良い場所などで、ついてしまった臭いを放出させると同時に、しっかり乾燥させて、雑菌が繁殖しにくいようにする。

・天日干しする。革靴などの場合は、素材が痛むので日陰干しする。

・上記の2つができない場合は、新聞紙などをくつのなかに詰めて湿気を吸い取るよう工夫する。

・臭いがきついときは消臭アイテムを活用する。
(市販のものを買い求めてもよいですが、家に調理用または掃除用の「重曹」があれば、いらなくなったストッキングなどに詰め、即席の消臭剤として活用できます。重曹は、臭いのもとになる“イソ吉草酸”対策によいと言われています)

★事前に行いたい対策
・オフィスのなかではサンダルに履き替えるなど、極力、履きっぱなしを避ける。

・靴を買う時、通気性の良い靴(メッシュ素材や機能性のインソールを取り入れたものなど)を選ぶ。
合皮やゴム素材のものは蒸れやすいので避けましょう。蒸れは雑菌の繁殖を招きます。

・靴を買う時は、必ずしっかり試着して、サイズのあった靴を選ぶ。
例えばサイズの大きな靴を履くと、脱げないように足が踏ん張ってしまい、その緊張から、足が余計な汗をかいてしまうことがあります。汗は菌のえさとなると言われています。

・履きはじめから、消臭・殺菌系のインソールを入れる。
足が臭くなりやすいと自覚している方は、新しい靴を購入する時に合わせて足の臭い対策用のインソールを購入し、履きはじめからインソールを使用しましょう。

2-2 靴下

通常の洗濯では臭いが取れない靴下のお手入れには、除菌系の石鹸でプレ洗いするとよいでしょう。菌に対処することが重要です。

<臭いをとるための基本のお手入れ>
・保湿が目的のボディソープでなく、除菌をメインの目的にした石鹸を使う。

・いったんすすぎをしてから、普通の洗濯をする。

★事前に行いたい対策
・ストッキングや靴下の替えを持ち歩き、こまめに履き替える。

・足指の間は想像以上に蒸れやすいので、指の間の汗も吸湿してくれる5本指ソックスを履く。

・足が湿っている時は、ちゃんと乾くまで靴下を履かない。

2-3 足

足のお手入れの基本は、足をしっかり洗って菌に対処し、清浄にすることです。
適切な洗い方をしているか、下記のポイントを確認してみてください。

<臭いをとるための基本のお手入れ>
・足湯で汚れを浮き上がらせ、落としやすくしてから洗う。

・保湿が目的の石鹸でなく、除菌をメインにした石鹸を使う。

・指の間、爪のわきなどもしっかり洗う。

・石鹸カスなどが残らないようにしっかり流す。

・お風呂から上がったら、しっかり湿気を拭き取る。

ローズドデオシャボン(医薬部外品) 有限会社万来
ローズドデオシャボン
ほのかなバラの香りの、泡立ちのよい薬用ボディソープ。体臭・わき・足の臭いにお悩みの方におすすめです。

★事前に行いたい対策
・除菌のウェットティッシュを持ち歩き、汗をかいたら、しっかり拭きとる。

・汗をかいたら、こまめに足を洗う。

・”指の間まで”洗う/拭く/乾かすように気を付ける。

この記事は2016年6月21日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る