メニューを開く

足の甲がつると本当につらい!原因、予防について

足の甲がつる
明け方、ふいに足の甲がつって目が覚めた。そんな経験ありませんか?つらいですよね。痛いし、眠いし…

立ち仕事でじっとしていたら、一歩踏み出した瞬間に足がつった。他人からは分かりにくいだけに、痛いし、つらいですよね。

もちろん、運動していてつることもあります。

足がつった時の痛みは、多くのひとが知っているのに、その対策については具体的には知らないということも案外あるのではないでしょうか。
今回は、足の甲がつる原因、そして対策についてご紹介します。
ぜひ参考になさってみてください。



1. 足の甲がつる5大原因

足

つるというのは、筋肉が急に痛みを伴って収縮したり痙攣をおこすことだとされています。

ではなぜ、つるのでしょうか?

今回は、つるきっかけになるという”筋肉がかたくなってしまっている状態”に着目して、その原因となる5大要素についてご紹介します。

1-1 筋肉疲労

筋肉を酷使しすぎると、伸縮をつかさどる神経が脳に送る信号が乱れることがあると言われています。
信号が乱れることにより、体が、筋肉が弛緩しようと(伸びようと)しているのを異常と判断してしまって、伸びをロックしようすることがあり、この時足がつることがあると言われています。

本人は激しい運動をしたつもりがない場合でも、少しずつ疲労が蓄積されて、思いがけず足がつることもあります。

1-2 水分不足・ミネラル不足

運動で大量の汗をかくと、からだが水分不足の状態になったり、体内のミネラル(マグネシウム、ナトリウム、カリウム、カルシウムなど)のバランスが崩れることがあります。
特に運動はしていなくても、夏など、非常に暑い環境のために、からだが水分不足の状態になることはあります。
また、妊娠中の女性なども、ミネラル不足になりやすいと言われています。

体内の水分やミネラルのバランスが崩れると、筋肉の働きが乱れやすくなると言われています。つまり、足がつりやすい状態になると考えられています。

1-3 冷え

冷え女性
気候の変化やエアコンなどによって足が冷え、冷えによって血行が悪くなったり、筋肉が縮んだまま緊張状態になったりすると、神経の働きが乱れることがあると言われています。神経の働きが乱れている状態は、つりやすい状態と考えられています。
筋肉疲労と同じように、筋肉の弛緩などを体が異常と判断してロックをかけようとしてしまうことがあると言われているのです。

冷えがきっかけで足がつることというのは、熟睡中のみならず、寝入りばなや寝覚め前にもよく起きるようです。
突然冷たい水に足を浸けたりした時にも起こります。
冷えの場合は、腰の冷えなども含め、全体的な冷えが影響している場合もあります。

1-4 筋肉量の低下

運動不足や加齢により、筋肉量が減ると、血行が悪くなり、体内のめぐりも悪くなると考えられています。
体内のめぐりが悪くなると、からだのすみずみに十分な栄養が運ばれないことがあり、脳に信号を送る神経などが正常に働かず、つりやすくなると言われています。

1-5 病気やけが

疲労や冷え、運動不足(筋肉量の低下)や栄養不足などに心当たりがない場合は、病気やケガなどの可能性も考えられます。
血圧の薬によっては、副作用で足の甲がつる場合もあると言われています。

一度、病院を受診して医師に相談してみることをおすすめします。

1-6 その他

その他には、運動前の準備運動不足、妊娠中の骨盤の緩みに起因することなどもあると言われています。
妊娠中に骨盤がゆるむことに連動して足の筋肉が伸びようとした時に、神経が筋肉を収縮させて足がつることがあるようです。

2. 足の甲がつらないための予防法

毛穴 目立つ 原因

足の甲がつる痛みは、なった人でないとなかなか理解できないものですが、本当に、痛いですよね。
何も対策をしないと、またなってしまうかもしれません。

癖になるなんていう通説まであるくらいですから、繰り返さないために、これからご紹介する予防策を、ぜひ生活に取り入れることをおすすめします。

2-1 運動の前後・一日の終わりはしっかりストレッチ

足の甲がつるのを防ぐためには、運動の前にしっかりストレッチをして、筋肉をやわらかくほぐしておくことがたいせつです。

筋肉が緊張してこわばって硬いままだと、脳に信号を送る働きが乱れやすく、つりやすいと考えられているからです。

しっかり準備体操して、筋肉を柔らかくしてから、運動しましょう。

運動後、または一日の終わりにも、やさしくストレッチやマッサージをして、疲労が足先に溜まらないように、筋肉をほぐし、血行をよくしてあげることも大事です。疲労をためないことで、伸縮を伝える神経が正しく働きやすくなると言われています。

2-2 水分・ミネラルなどの栄養補給

運動して汗をかいた時はもちろん、夏場など汗をかきやすい気候の時、水分補給することは大切です。
就寝中に足がつるという方も、寝る前に水分補給することをとり入れてみてください。

汗によって水分が失われる場合には、失われるミネラルを積極的に補給することが必要です。スポーツドリンクなどで、運動で失われる電解質を水分とともに補うのもおすすめです。

ただし、スポーツドリンクには糖分も多く入っていますので、気になる方は他の食べ物から取るのもよいでしょう。
ミネラルをとれる食べ物としては、カリウムを多く含むバナナや、マグネシウムを多く含むナッツ類など、がおすすめです。
痩せる食べ物 バナナ
※その他におすすめの栄養素
ビタミン類、特にビタミンB1を積極的に摂取するのもよいでしょう。
ビタミンB1は、糖質の代謝を助け、疲労にもよいとされています。また、手足の筋肉や神経の機能を正常に保つためにも有用と言われています。玄米や豚肉、レバー、豆類に多く含まれています。

血行不良が原因で足の甲がつっている方なら、ビタミンEの摂取もおすすめです。モロヘイヤやカボチャに多く含まれています。
かぼちゃ

2-3 冷やさない

毎日お風呂に入って体を温めることや、寝る前にストレッチやマッサージをして血行をよくしておくことも大事と言われています。
冷えに対策し血行をよくすることは、疲労をためないためにも大事ですので、ぜひ意識して過ごしてみてください。

足先の冷えだけでなく、腰の冷えにも気をつけるとよりよいでしょう。全身のめぐりに影響します。

夏場はエアコンや扇風機のつけっぱなしにも気をつけましょう。足は心臓から一番遠いので、とても冷えやすいと言われています。サポーターやレッグウォーマーを着けるのもよいでしょう。

2-4 適度な運動

激しい運動は疲労の蓄積を招くので予防にはなりませんが、ふだんからの適度な運動により、ある程度の筋肉量を保つことがたいせつと言われています。

階段を使うように意識したり、軽いウォーキングを行ったりするのがおすすめです。

何もしなければ、ひとは加齢に伴って筋肉量が減少しますので、足の甲がつるひとは、膝から下のめぐりをサポートするふくらはぎの筋肉を中心に、日ごろからきちんと使って鍛えるように心がけるとよいでしょう。

2-5 漢方

足がつることにお悩みの方むけの漢方もあるようです。

立ち仕事の方など、なかなか簡単にストレッチやマッサージでほぐしたり、冷えをしっかり防ぐことが難しい方には、重宝されているようです。
気になる方は一度試してみるとよいかもしれません。

3. おわりに

足の甲がつるというひとつの信号が気づかせてくれるのは、体に起きている様々な問題かもしれません。時に思いがけない原因のこともあるでしょう。

痛みが過ぎたら忘れてしまうのではなく、原因を意識し、再発を防ぐために、準備体操や食生活の見直し、冷え対策、適度な運動などの予防策を心がけましょう。
不安があればきちんと病院などで専門家に相談してみることが大事です。

運動も睡眠も邪魔が入らない方が幸せですから、ぜひ足の甲をつらせない対策をいろいろとり入れてみてください。

この記事は2016年5月6日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る