2017年10月3日 更新

目指せ背中美人!エクササイズとツルツルお手入れ方法

背中 美人「背中美人になりたいな」と思っていませんか?凛としたキレイな後ろ姿は美人の象徴、女性の憧れですね。

今回は、背中美人になるためのお手入れ方法を解説!キレイなバックスタイルをつくるためのエクササイズから、おすすめのお手入れ方法までご紹介します。
思わずキュンとする背中づくり、始めましょう!



1.まずはセルフチェック!あなたの背中美人度は?

背中 美人2肌らぶ編集部が定義する”背中美人”の条件は以下の2つです。

1 肌がツルリとしてすこやかな状態
2 背中に余分な脂肪がなく、適度に筋肉がある

まずは、姿見を合わせて自分の背中をチェックしてみましょう。
服を脱いだ状態だけでなく、服を着ている状態も確認すると他人の視点がリアルになります。
背中 美人3ニキビや黒ずみ、ざらつきがなく、肌は潤って健やかな状態でしょうか。また、背中の毛がボーボーに放置されていませんか。

もう1つみていただきたいのは、「背筋が伸びているか」です。
上半身の筋肉が衰えると、姿勢が悪くなりがちです。猫背など、姿勢が悪いと後ろ姿はキレイにみえません。

「私の背中は美人じゃない・・。」と思った方はぜひ、一緒にケアを始めましょう!

2.目指せ背中美人!ツルツル背中のためのお手入れ2選

透けるようにみずみずしく、ツルリと整った背中には思わず見ほれてしまいます。

でも憧れとは裏腹に、視界に入らない「自分の背中」のケアは忘れてしまいがち。ここでは、日常に取り入れるべき背中のお手入れ方法を2つご紹介します。

2-1.保湿のお手入れ

背中 美人腕や足には毎日欠かさずボディクリームを塗っても、背中はつい適当になっていませんか?お風呂あがりの保湿は背中まで忘れずに行うことをおすすめします。

背中をしっかり保湿することで、肌をすこやかに保ち、なめらかにすることができます。

「でも、背中は手が届きにくい!」と感じている方のために、手が届きにくい背中にクリームを上手に塗るポイントを2つご紹介します。

①右手を左肩にかけ、左の手のひらで右肘を押す

背中 美人ストレッチのような感覚で、押して上げる事で右手がふだん届かない部分に届きます。背中の上部を塗るときのテクニックです。

②左手をひねるように後ろに回し込む

背中 美人こちらは背中の下部にクリームを塗るときにつかってみましょう。

2-2.除毛・減毛

みなさん背中の毛をどう処理していますか?

シェーバーやカミソリで見えない部分をお手入れするのは、とても危険なことです。誰かに処理を頼む方法もありますが、お願いするのはちょっと勇気がいりますね。

自分の視界に入らない部位の除毛・減毛は、クリニックを利用するのがおすすめです。

3.目指せ背中美人!肩甲骨ストレッチ&トレーニング

背中 美人

肩甲骨とは肩の下部に出っ張っている、翼のような形の骨のことです。

肩甲骨の周りには複雑に入り組んだ筋肉が存在し、ここは別名「上半身の要」とも呼ばれています。普段から意識的にここの筋肉を動かすことで、背中美人に近づけます!
ここでは、肩甲骨周りのストレッチとエクササイズを2つずつご紹介します。

3-1.肩甲骨ストレッチ

肩甲骨周りはデスクワークなどの疲労がたまりやすく、コリやハリで固くなりがちです。
まずは柔らかくするためにストレッチをしましょう。

ストレッチをすると血行が良くなり、老廃物や脂肪が停滞するのを防いでくれるとも考えられています。

朝目覚めた時やお仕事中のリフレッシュに、ぜひやってみてください。

≪握手ストレッチ≫
背中 美人

①真上にあげた左手に肘を曲げ、肩甲骨の方に下ろす
②右手を下から回して、後ろで握手する
※届かない場合は、左手で持ったタオルを右手で握りましょう。
※右手と左手を交互に行います。

《お辞儀ストレッチ》
背中 美人①両腕を背中で組み、腕を伸ばしたままお辞儀するように頭を下げて10秒数える

3-2.肩甲骨トレーニング

背中の筋肉は意識しないと使わないことが多いため、一説には「老化の早い箇所」ともいわれています。

背筋運動をすれば筋肉は鍛えられますが、大変だと感じる方も多いはず。ここでは負担の軽い、気が付いたときに座ったままできるエクササイズを2つご紹介します。

≪肩回しエクササイズ≫
背中 美人

①両肩に手をのせる
②ひじで大きく円を描くように、後ろ回しで5~10回ほど回す

≪羽ばたきエクササイズ≫
背中 美人①手を背中側に伸ばし、両手のひらは内側に向ける
② 小刻みに息を吸ったりはいたりしながら、それに合わせて1分間両腕を振る
背中 美人毎日のオフィスワーク中に、姿勢を正すことを意識するだけでもエクササイズになります。
姿勢を良くしようと思うと胸をはりがちですが、これは背中を反りすぎて痛めてしまう場合があります。頭を真上に引っ張られるイメージで前に向けると自然に背筋が伸びるので、意識してみてくださいね。

4.まとめ

背中 美人「美は1日にしてならず」です。毎日気がついたときに気楽にできるエクササイズと背中のお手入れで、思わず追いかけたくなるような魅力的な背中を目指しましょう!