メニューを開く

赤ちゃんの靴のサイズの測り方・選び方♡元ベビー専門店販売員がご紹介

赤ちゃん 靴 サイズ ベビーシューズ 子ども
赤ちゃんの靴のサイズでお悩みではありませんか?

赤ちゃんの初めての靴のサイズでお悩みの方もいれば、赤ちゃんの足のサイズアップの時期がわからずに悩んでいる方もいるでしょう。

赤ちゃんは自分で「靴のサイズが小さくて足が痛いです!ママ!靴の買い替え時期ですね!」とは言えません。

そのため、ママやパパが赤ちゃんの靴のサイズアップについて日頃から意識し、足のサイズを測ってあげるのが理想的です。

そこで今回は、赤ちゃんの靴のサイズの測り方や平均サイズ、赤ちゃんの靴を選ぶ際のポイントなど、盛りだくさんでご紹介します!


astalift
astalift

1.赤ちゃんのファーストシューズについて

赤ちゃん 靴 サイズ ベビーシューズ 子ども

赤ちゃんが靴を履くのは伝い歩きの頃からと考えがちですが、初めての靴「ファーストシューズ」を履くべきなのは、お出かけも増えて、ずりばいやハイハイをし始める6ヶ月頃からです。

伝い歩きの頃から靴を履かせようとすると、多くの赤ちゃんは突然違和感のあるもので足を拘束されることを嫌がります。

ママやパパは、外でお散歩をしながらあんよの練習をさせたいのに…と困ってしまうものです。

そこで、歩かなくても、お出かけの際に抱っこひもやベビーカーの上で、室内履きのようなファーストシューズを履かせておくと、靴を履くことに慣れてくれます。

靴に慣れることで、どんどん意志が強くなる10か月以降も、嫌がらずスムーズに靴を履くことが期待できます。

そのため、ベビー用品専門店ではファーストシューズコーナーに、室内履きのような靴があるのです。

2.赤ちゃんの靴のサイズの平均

赤ちゃん 靴 サイズ ベビーシューズ 子ども
ここでは、赤ちゃんの靴のサイズの平均をご紹介します。

赤ちゃんの靴のサイズは個人差が激しいため、平均はあくまで目安でしかありません。

赤ちゃん 靴 サイズ ベビーシューズ 子ども

もし、赤ちゃんを連れて靴を選んでいるのであれば、平均サイズでは選ばず、店員さんを呼んでしっかり足のサイズを計測してもらいましょう。

もし、プレゼントで赤ちゃんの靴を選んでいるようであれば、その赤ちゃんの月齢や年齢のサイズ平均から2サイズ以上、上のサイズを選ぶことをおすすめします。

赤ちゃんの靴のサイズにおいて、平均サイズはその程度のものでしかありません。

大きい分には、必ず数か月後に履くことができ、赤ちゃんが窮屈な思いをすることもないので、プレゼントであれば大きめサイズを選ぶようにしましょう。

3.赤ちゃんの靴のサイズアップについて

赤ちゃん 靴 サイズ ベビーシューズ 子ども

3-1.赤ちゃんの足・サイズアップのペース

赤ちゃんの足は、驚くほど速くサイズアップします。

だいたい、3か月に1回は靴のサイズアップが必要なのです。

それが3歳頃まで続くのですから、驚きますよね。

3歳以降は、半年に1回のペースでサイズアップすると言われています。

3-2.赤ちゃんの靴のサイズを知る方法

赤ちゃんの靴のサイズを知りたければ、赤ちゃんの足サイズの測り方をママが覚えてしまうのが一番です。

「わたしが測った足のサイズで大事な赤ちゃんの靴を選ぶのは不安…」という方は、赤ちゃんの靴を買い替える時期の目安にするだけでも良いので、測り方を覚えておくと圧倒的に便利ですよ。

ママがしょっちゅう足のサイズを測ることで、赤ちゃんの靴を買い替える時期に気づくことができるようになったら、とっても安心で魅力的ですよね!

4.赤ちゃんの足の測り方を覚えて靴のサイズをチェック!

赤ちゃん 靴 サイズ ベビーシューズ 子ども

それでは、いよいよ赤ちゃんの足サイズを計測する方法についてご紹介します。

サイズを測る際のポイントについて詳しくお伝えしますので、必見です!

≪準備するもの≫
赤ちゃんの靴の計測機・もしくは計測紙

赤ちゃん足サイズの計測器は、通販などで購入することができますが、取扱いのあるサイトは少ないかもしれません。

ただ、あれば足のサイズが測りやすいのは間違いないため、持っていると便利です!

計測紙であれば、有名なベビーシューズやスポーツシューズのメーカーの公式HPからプリントアウトすることができるので、探してみましょう。

また、赤ちゃんの靴の計測器は、ベビー専門店の靴売り場に自由に使えるよう置いてあることもあるため、お出かけしたついでに、足の計測だけするのもおすすめです。

≪赤ちゃんの足サイズの測り方≫

①赤ちゃんを立たせて、足に体重をかける

赤ちゃん 靴 サイズ ベビーシューズ 子ども赤ちゃんは必ず立たせて、足に体重がかかった状態でサイズを測りましょう。

まだ一人では立てないお子さんの場合は、ママひとりではなく、誰かに赤ちゃんを支えてもらってでも立たせて測ります。

実際に靴を履いて歩くときには、全体重が足にかかるからです。

体重が足にかかると、5㎜位は簡単にサイズが大きくなります。

よく、ベビーカーで寝ている赤ちゃんの足に計測器を押し付けてサイズを測っているのを見かけますが、それでは正しいサイズを計測できません。

②かかとをゼロの部分にしっかり合わせる

赤ちゃん 靴 サイズ ベビーシューズ 子ども

当然ですが、かかとをしっかり計測器のゼロの位置に合わせて足のサイズを測りましょう。

かかとがゼロの部分からずれないよう、しっかり片手で赤ちゃんの足首を押さえて、もう片方の手で赤ちゃんの指先を伸ばして少し指先も押さえつけてサイズを測りましょう。

かかとの位置がずれないよう気を付けていないと、ママがつま先ばかり見て赤ちゃんがジリジリ動いていることに気付かず、本来のサイズからかけ離れた計測結果になってしまいます。

③指先を伸ばしているかチェックし、サイズを測る

赤ちゃん 靴 サイズ ベビーシューズ 子ども

赤ちゃんが、足の指先を伸ばしているかチェックし、指先を丸めているようなら伸ばしてサイズを測りましょう。

赤ちゃんは小さい靴を履いていて足が痛いとき、それをなんとかしようと、指先を丸めて靴を履いています。

その癖が残ってしまったままサイズを測らないよう、指先を伸ばしてあげてから測ってください。

これでも、足のサイズは大きく変わります。

赤ちゃんが指先に力を入れていて、伸ばしても伸ばしても指先を丸めてしまうときは、足の甲をさすりながら声をかけていると、だんだん力が抜けていきます。

★靴のサイズは5㎜~7㎜大きいものを選ぶ

赤ちゃんの足のサイズがわかったら、靴のサイズはその足のサイズの5㎜~7㎜大きいサイズを選ぶようにしましょう。

赤ちゃんは、足の指をたくみに動かして、指でバランスをとって歩いています。

そのため、靴の先端にはスペースが必要なのです。

≪計測をスムーズに進めるポイント≫

①赤ちゃんを盛り上げる

赤ちゃん 靴 サイズ ベビーシューズ 子ども

赤ちゃんは足のサイズを測る際、慣れるまで計測器や計測紙に足をのせる際に警戒し、スムーズにのせてくれないことも多いです。

少しでも足をのせてくれたら、ママや周辺にいる方は「かっこいいねー!えー?!すごいねー!!!」とおだてましょう。

②足をなでる

赤ちゃん 靴 サイズ ベビーシューズ 子ども

赤ちゃんは、計測器・計測紙に足をのせてくれても、緊張のあまり指に力が入り、つま先を内側に丸めてしまうことが多いです。

それでは正しいサイズが計測できません。

そんなときは、赤ちゃんの足の甲をさすってあげましょう。

さすられることで、赤ちゃんがなんとなく力を抜いてくれて、正しい計測に成功することが多いです。

③できるならママはメガネをはずす

赤ちゃん 靴 サイズ ベビーシューズ 子ども

ママやパパがメガネをしている場合、赤ちゃんの足サイズを計測する際、メガネを外しても計測器が確認できるのであればメガネは外しましょう。

赤ちゃんが緊張のあまり、ママやパパのメガネに手をかけてきて、状況が混乱する事態は良く起こります。

5.簡単!赤ちゃんの靴のサイズを確認するための裏技

赤ちゃん 靴 サイズ ベビーシューズ 子ども

赤ちゃんの靴のサイズを確認するための、簡単な裏技をご紹介します。

それは、中敷きを使って靴のサイズをチェックする、という方法です。

実は、ベビーシューズには中敷きが入っているものが多く、さらにそれを簡単に外すことができます。

外した中敷きの上に、赤ちゃんの足を合わせて、立ってもらいましょう。

すると、指先に5㎜~7㎜のスペースがあるかどうか、一目瞭然です。

また、中敷きから大幅に指先が出ていたら、靴のサイズが小さいこともわかるでしょう。

赤ちゃんの靴のサイズを測って、いざ新しい靴を買う際に、本当にこのサイズで良いのかな…と心配になることや、今履いている靴がきついのかな?と気付いた時に計測器がなくて、すぐチェックしたいのに困ること、ありますよね。

そんな時、非常に簡単に、目に見えて靴の中の足の状態がわかるので、安心感のある方法です!

6.サイズ以外も重要!赤ちゃんの靴を選ぶ5つのポイント

赤ちゃん 靴 サイズ ベビーシューズ 子ども

ここでは、赤ちゃんが外で歩くための靴を選ぶポイントをご紹介します。

靴底はゴムでできていて、滑り止めのあるものを選びましょう。

すでに伝い歩きが始まり、外でも赤ちゃんを歩かせる場合、ファーストシューズに良くある室内履きの作りでは、砂利などを足裏に直接感じてしまいます。

赤ちゃんの靴を選ぶポイントは、サイズ以外にも沢山あるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

①靴底が簡単にしなる靴

赤ちゃん 靴 サイズ ベビーシューズ 子ども

ママが片方のベビーシューズを両手で持ち、軽く曲げたときに、靴の底が簡単にしなる物を選びましょう。

靴底が曲がらないと、赤ちゃんが歩行する際、かかとからつま先に体重移動するのに対し、靴がまったくついてきません。

これは非常に歩きづらいため、赤ちゃんは体重移動をせずに、ひざ下ごと引き上げてそのまま足裏をベタッとつける歩き方がクセになってしまいます。

ベビーシューズの中には、見た目はとってもオシャレでも、底がまったく曲がらない靴が少なくないので、気を付けましょう。

②つま先の部分が広く作られている靴

赤ちゃん 靴 サイズ ベビーシューズ 子ども

つま先の部分が、縦にも横にも広く作られている靴を選びましょう。

前の章でもお伝えしましたが、赤ちゃんは足の指でバランスをとって、立ったり歩いたりしています。

大人と違って、靴の中で色んな指を立たせたり、戻したりしている赤ちゃん。

そのため、つま先部分には赤ちゃんが指を動かすスペースが必要なのです。

③ハイカットタイプ

赤ちゃん 靴 サイズ ベビーシューズ 子ども

赤ちゃんの靴では、安定感のあるハイカットタイプもおすすめです。

まだまだアンバランスな赤ちゃんの足首をしっかり固定してくれるため、歩行に安定感が感じられます。

さらに、ハイカットタイプはマジックテープが複数ついていることが多いため、マジックテープをしっかり締めることでも足元が安定して、赤ちゃんが歩きやすいでしょう。

ローカットタイプやスリッポンは、赤ちゃんが早歩きをするようになった頃から使った方が良いかもしれません。

④マジックテープタイプ

赤ちゃん 靴 サイズ ベビーシューズ 子ども

赤ちゃんの靴は、マジックテープタイプが断然おすすめです。

赤ちゃんによって異なる足の甲の高さや足幅は、マジックテープを強くしたり弱くしたりして調整することでカバーできるからです。

⑤履かせやすい靴

赤ちゃん 靴 サイズ ベビーシューズ 子ども

ママが履かせやすい靴、というのもベビーシューズを選ぶポイントです。

ベビーシューズには、マジックテープを外すと履き口が大変広く開くタイプがあり、とても履かせやすいです。

なかなか靴を履かせられなくてモタモタしているうちに赤ちゃんがイライラしてしまい、靴を履いてくれなかったり、逆にママのイライラが伝わって、赤ちゃんが靴に対して嫌なイメージを持ってしまったら悲しいですよね。

また、履かせやすいということは、履きやすいということでもあるため、ママが知らないうちに自分で履いていた!なんて嬉しいことも起きるのも、履かせやすい靴の良いところでもあります。

7.まとめ

今回は、赤ちゃんの靴のサイズについて詳しくご紹介しましたが、いかがでしたか?

赤ちゃんの靴のサイズは、洋服とは違って、大体のサイズでは選べないものです。

赤ちゃんにぴったりの靴を選んであげて、歩くのって楽しい!走りたい!ジャンプしたい!と赤ちゃんが思ってくれると良いですね♡

この記事は2016年11月17日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る