メニューを開く
2017年9月15日 更新
【PR】

首の後ろにできるニキビを防ぎたい!5つの原因とは?

首の後ろ ニキビ首の後ろにできるニキビについて、お悩みではないですか?

首の後ろは”うなじ”とも呼ばれ、女性らしさを演出できる魅力的なパーツです。できれば、なめらかですこやかな状態を保ちたいものですよね。

今回は首の後ろにできるニキビについて、原因から意識すべきポイントまでご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

首や全身のニキビ予防に!保湿ジェル『Jitte+(ジッテプラス)』はこちら>>>




◆肌らぶ セレクション◆

【PR】
Jitte+ (ジッテプラス)【医薬部外品】
jitte

首の後ろやボディのお手入れに使いやすい、ニキビを防ぐ保湿ジェル『Jitte+(ジッテプラス)』です。

ニキビを防ぐ有効成分「グリチルリチン酸2K」や、独自の保湿成分「アクシア-トリプルヒアルロン酸」を配合。みずみずしいテクスチャーで皮膚の厚いボディの角質層までしっかりとうるおいを与え、つるんとなめらかな肌に整えます。また、保湿成分「ビサボロール」が肌の水分と油分のバランスもすこやかに保ちます。
柑橘系の穏やかな香り付き。もちろん顔も含め全身にまで使えますよ。

初回限定907円(税抜)送料無料で購入できる、お得な定期コースを用意&90日間の返金保証付き。『Jitte+』で、今すぐキレイなうなじを目指しませんか?

公式HPはこちら(大)

1.首の後ろにできるニキビ|主な5つの原因

首の後ろ ニキビはじめに、首の後ろにできるニキビの主な原因についてご紹介します。

自分にあてはまることがないか考えながらチェックしていきましょう。

①シャンプーやボディソープのすすぎ残し

首の後ろ ニキビ

首の後ろにできるニキビの原因のひとつとして、シャンプーやボディソープのすすぎ残しが考えられます。

すすぎ残したシャンプーやボディソープが、毛穴に詰まってしまい、ニキビの原因になることがあるのです。

②しっかり洗えていない

首の後ろ ニキビ

首の後ろにできるニキビの原因のひとつとして、しっかり洗えていない、ということも考えられます。

首の後ろは皮脂量が多いとされている部位です。

しっかり洗わないと皮脂や汚れが毛穴に詰まり、ニキビの発生に繋がりやすくなってしまいます。

③洗う際に強くこすりすぎている

首の後ろ ニキビ

首の後ろにできるニキビの原因のひとつとして、身体を洗う際に強くこすりすぎていることも考えられます。

強い摩擦による負担は、肌の乾燥を引き起こしすいと言われています。

肌が乾燥すると、古い角質がこわばり、皮脂が詰まりやすくなります。

④洋服や髪の毛によって蒸れている

首の後ろ ニキビ

首の後ろにできるニキビの原因のひとつとして、洋服や髪の毛によって蒸れやすいことも考えられます。

首の後ろは汗をかきやすく、衣服や髪の毛で覆っていることが多いので、蒸れて湿度が高い状態になりがちです。

湿度の高い状態は、ニキビの原因にもなる雑菌が増殖しやすいと言われています。

⑤日焼けによって乾燥している

首の後ろ ニキビ

首の後ろにニキビができる原因のひとつとして、日焼けによる肌の乾燥も考えられます。

日焼けした肌は、しっかりお手入れをしないと乾燥しやすくなってしまいます。

乾燥することによって、古い角質が厚く固くなり、皮脂が毛穴に溜まりやすくなってしまうのです。

2.首の後ろもなめらかですこやかな肌へ!意識すべきポイント

首の後ろ ニキビここでは、首の後ろもなめらかですこやかな肌を保つために、意識してほしいポイントをご紹介します。

日常生活の中で簡単にできることばかりなので、ぜひ心掛けてみてくださいね。

①シャンプーやボディソープをしっかりすすぐ

首の後ろ ニキビ

シャンプーやボディソープをしっかりすすいで、毛穴詰まりを防ぎましょう。

シャンプーをした後に、ボディソープで身体を洗うという順番にすれば、万が一シャンプーのすすぎ残しがあったとしても、キレイに洗い流しやすくなります。

首の後ろにぬるっとした感覚が無くなるまで、しっかりすすいでくださいね。

②首の後ろを優しい力加減で洗う

首の後ろ ニキビ

首の後ろを優しい力加減で洗い、清潔に保ちましょう。

たっぷりの泡を使って、手のひらで洗うだけで、力を入れなくても十分に汚れは洗い流せます。

③髪の毛をしっかり乾かす

首の後ろ ニキビ

首の後ろが蒸れないよう、髪の毛をしっかりと乾かしましょう。

髪を乾かすまで少し時間が必要なときは、タオルなどで包んでアップにすることをおすすめします。

④汗をかいたらこまめに拭く

首の後ろ ニキビ

首に汗をかいたらこまめに拭き、清潔に保つようにしましょう。

汗を拭くタオルは、清潔なものを使用してください。

⑤紫外線対策を行う

首の後ろ ニキビ

首の後ろも紫外線対策をしっかり行い、日焼けによる乾燥を防ぎましょう。

特に夏は、日焼け止めを塗るだけでなく、帽子や日傘を活用すると良いでしょう。

首の後ろは汗をかいて日焼け止めが落ちやすいので、こまめに塗りなおすことを心掛けてください。

3.首の後ろにニキビができたら気を付けてほしいこと

首の後ろ ニキビ最後に、首の後ろにニキビができた時に気を付けてほしいことをご紹介します。

簡単なことですが、「髪の毛が長い方は髪を結ぶ」「タートルネックは避ける」ということの2点です。

首の後ろにニキビができると、隠そうとして髪の毛を下ろしたり、衣服で隠そうとしたりしがちですが、それは避けた方が良いでしょう。

髪の毛や衣服がニキビに触れることが、肌にとって負担となる可能性もあるからです。

また、汗や皮脂によって首の後ろが蒸れてしまうことも…首の後ろは、風通しの良い状態にすることをおすすめします。

4.まとめ

今回は、首の後ろにできるニキビについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

「肌に負担をかけない」「首の後ろも清潔に保つ」ということを心掛けて、お手入れを行いましょう!

今回は首の後ろにできるニキビについて、原因から意識すべきポイントまでご紹介しましたので、ぜひ参考にしてくださいね!

首や全身のニキビ予防に!保湿ジェル『Jitte+(ジッテプラス)』はこちら>>>