メニューを開く
アスタリフト;

首の後ろにできるニキビの6つの原因!予防方法もご紹介

首の後ろ ニキビ首の後ろにできるニキビについて、お悩みではないですか?

顔にできるニキビであれば、原因や対策対策などについて、ある程度予測できそうですよね。しかし、首の後ろにできるニキビに関しては、「なんでこんなところに…?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。

今回は、首の後ろにできるニキビについてご紹介します。

原因や対策方法、ニキビができてしまったら気を付けてほしいことまでご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!


astalift
astalift

1.首の後ろにできるニキビ|主な6つの原因

首の後ろ ニキビはじめに、首の後ろにできるニキビの主な原因についてご紹介します。

首の後ろにできるニキビはさまざまなことが原因になりうるので、自分にあてはまることがないか考えながらチェックしていきましょう。

①シャンプーやボディソープのすすぎ残し

首の後ろにできるニキビの原因のひとつとして、シャンプーやボディソープのすすぎ残しがあげられます。

すすぎ残したシャンプーやボディソープが、毛穴に詰まってしまい、ニキビの原因になることがあると言われているのです。

シャンプー後、顔は入念にすすいでも、首の後ろのすすぎは甘くなってしまっていないでしょうか?

②しっかり洗えていない

首の後ろにできるニキビの原因のひとつとして、しっかり洗えていない、ということもあげられます。

首の後ろは汗をかきやすく、皮脂量も多いとされている部位です。

しっかり洗わないと皮脂や汚れが毛穴に詰まり、ニキビの発生に繋がりやすいと言われています。

つい首の後ろを洗いそびれたり、ささっと洗って終わりにしたりしていないでしょうか?

③洗う際に強くこすりすぎている

首の後ろにできるニキビの原因のひとつとして、身体を洗う際に強くこすりすぎていることも考えられます。

強い摩擦による負担は、肌の乾燥を引き起こすと言われています。

肌が乾燥すると、古い角質がこわばり、皮脂が詰まりやすくなってしまうのです。その結果、ニキビへ繋がってしまうと言われています。

しっかり洗おうと、逆に強くこすりすぎていないでしょうか?

④洋服や髪の毛によって蒸れている

首の後ろにできるニキビの原因のひとつとして、洋服や髪の毛によって蒸れることもあげられます。

首の後ろは汗をかきやすく、衣服や髪の毛で覆っていることが多いので、蒸れて湿度が高い状態になりがちです。

湿度の高い状態は、ニキビの原因となる雑菌が増殖しやすいため、ニキビに繋がりやすいと言われています。

普段の髪型や服装は、首の後ろを蒸れさせていないでしょうか?

⑤日焼けによって乾燥している

首の後ろにニキビができる原因のひとつとして、日焼けによる肌の乾燥があげられます。

日焼けした肌は、しっかりお手入れをしないと乾燥してしまいます。

乾燥することによって、古い角質がこわばり、皮脂が溜まりやすくなると言われています。

その結果、ニキビへと繋がってしまうと言われています。

首の後ろを日焼けしたとき、しっかり保湿ケアできていますか?

⑥生活習慣の乱れ

首の後ろにニキビができる原因のひとつとして、生活習慣の乱れも考えられます。

睡眠不足や、栄養の偏りがある食生活、ストレスなどは、肌環境にも影響すると言われ、その結果ニキビに繋がることもあります。

規則正しい生活習慣を送れていますか?

2.首の後ろにできるニキビ対策をしたい!お手入れ編

首の後ろ ニキビここでは、首の後ろにできるニキビの対策方法についてご紹介します。

日常生活の中で簡単にできることばかりなので、ぜひ心掛けてみてくださいね。

ニキビ対策①シャンプーやボディソープをしっかりすすぐ

首の後ろのニキビ対策として、シャンプーやボディソープをしっかりすすいで、毛穴詰まりを防ぎましょう。

シャンプーをした後に、ボディソープで身体を洗うという順番にすれば、万が一シャンプーのすすぎ残しがあったとしても、キレイに洗い流しやすくなります。

首の後ろにぬるっとした感覚が無くなるまで、しっかりすすいでくださいね。

ニキビ対策②首の後ろは力を入れずに洗う

首の後ろのニキビ対策として、首の後ろを力は入れずに洗い、清潔に保ちましょう。

たっぷりの泡を使って、手のひらで洗うだけで、力を入れなくても十分に汚れは洗い流せます。

決してゴシゴシと強く擦ったりしないようにしましょう。

ニキビ対策③髪の毛をしっかり乾かす

首の後ろが蒸れないよう、髪の毛をしっかりと乾かしましょう。

首の後ろに濡れた髪の毛が触れている状態で長く過ごすことのないよう、気を付けてください。

髪を乾かすまで少し時間が必要なときは、タオルなどで包んでアップにすると、首の後ろに髪が触れず、良いでしょう。

ニキビ対策④汗をかいたらこまめに拭く

首の後ろのニキビ対策として、汗をかいたらこまめに拭き、清潔に保つようにしましょう。

汗を拭くタオルは、清潔なものを使用するようにしましょう。

ニキビ対策⑤紫外線対策を行う

首の後ろのニキビ対策として、首の後ろも紫外線対策をしっかり行い、日焼けによる乾燥を防ぎましょう。

特に夏は、日焼け止めを塗るだけでなく、帽子や日傘を活用すると良いでしょう。

首の後ろは汗をかいて日焼け止めが落ちやすいので、こまめに塗りなおすことを心掛けてください。

3.首の後ろにできるニキビを対策したい!生活習慣編

首の後ろ ニキビここでは、首の後ろにできるニキビを対策するための、生活習慣についてご紹介します。

生活習慣を変えていくのは大変ですが、できることから始めてみましょう。

①質の良い睡眠をとるよう心がける

質の良い睡眠をとることで、肌の働きをサポートしましょう。

入眠後3~4時間が、「ゴールデンタイム」と呼ばれ、肌の代謝が行われる時間と言われています。

その時間に深い眠りにつけるよう心がけましょう。

≪質の良い睡眠をとるポイント≫

スマートフォンの使用は眠る1時間前までにする
スマートフォンから出る光は、頭を冴えさせてしまうと言われています。

アルコールの摂取は、眠る3時間前までにする
アルコールは体温を下げるため、摂取直後だと深い眠りにつくのが難しくなると言われています。
利尿作用もあると言われているため、せっかく眠りについてもすぐに目が覚めてしまうことも考えられます。

②バランスの良い食事をとる

肌に良いとされる食材を取り入れつつ、主食、主菜、副菜をバランスよく食べるようにしましょう。

【肌に良いとされる食材の一例】

肌のバランスを整えると言われているビタミンB2の含まれている食材
レバー、チーズ、アーモンド、ヨーグルト、納豆、卵

肌や髪の毛を作るサポートをすると言われているビタミンB6の含まれている食材
緑黄色野菜、魚類、レバー、豚肉、いも類

③ストレスを緩和する

自分なりのストレスを緩和する方法を見つけましょう。

血行が良くなる運動を行ったり、読書をして本の世界にひたったりするのもおすすめです。

気持ちが苦しくなったら、大きく深呼吸するのも良いでしょう。

自分なりのストレスを緩和する方法を見つけて、実践してみてくださいね。

4.首の後ろにニキビができたら気を付けてほしいこと

首の後ろ ニキビ最後に、首の後ろにニキビができた時に気を付けてほしいことをご紹介します。

簡単なことですが、「髪の毛が長い方は髪を結ぶ」「タートルネックは避ける」ということの2点です。

首の後ろにニキビができると、隠そうとして髪の毛を下ろしたり、衣服で隠そうとしたりしがちですが、それは避けた方が良いでしょう。

髪の毛や衣服がニキビに触れることが、肌にとって負担となる可能性もあるからです。

また、汗や皮脂によって首の後ろが蒸れて、さらなるニキビの原因にもなりかねません。

首の後ろは、風通しの良い状態にすることをおすすめします。

5.まとめ

今回は、首の後ろにできるニキビについてご紹介しましたが、いかがでしたか?

首の後ろにできるニキビの対策方法はシンプルなものが多いので、今日からできることばかりです。

もしも首の後ろの乾燥が気になるようでしたら、ボディ用のジェルで保湿のお手入れを行うことなども検討してみてくださいね。

「首の後ろに負担をかけない」「首の後ろを清潔に保つ」ということを心掛けて、お手入れを行いましょう!

この記事は2016年1月11日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る