メニューを開く

背中ニキビにお悩みの方必見!自宅でできるセルフケア予防法とは?


Pocket
LINEで送る

背中 ニキビ
「背中のプツプツしたニキビ、何故できてしまうんだろう。予防はできないのかな・・・。」とお困りではありませんか?

背中ニキビができる主な原因はいくつかあり、正しいお手入れを行うことで対策が可能です。

そこで今回は、背中ニキビの意外な原因と正しいセルフケア方法についてご紹介していきます。

◆肌らぶ セレクション◆


薬用背中ニキビケアジェル「Jewel Rain(ジュエルレイン)」【医薬部外品】

背中ニキビ用のジェルです。

水溶性プラセンタ・コラーゲン・ヒアルロン酸などの保湿成分が配合されています。

ぷるぷるのジェルが、肌の潤いをサポートしてくれます。

現在、初回限定で「60日間返金保証」があるので、自分に合うか心配な方にもおすすめです。(※2016年6月時点の情報です。)

>>Jewel Rain(ジュエルレイン)公式HPはこちら


1.背中にニキビができてしまう4つの主な原因

senaka

背中にニキビが出来てしまう主な原因は次の4つです。

1-1.過剰な皮脂

背中は、頭皮と顔の次に皮脂腺が多いといわれ、皮膚そのものが厚くできています。

そのため、過剰な皮脂がでやすく、特に汗をかく夏場は毛穴が詰まりニキビが発生しやすくなるのです。

1-2.外部からの摩擦や刺激

外部からの摩擦や刺激も、背中にニキビができる原因のひとつとなる可能性があります。

特にお風呂で体を洗う時に、ナイロンタオルでゴシゴシと強く擦る行動などは肌に負担を与えてしまい、ニキビができてしまうきっかけになることもあります。

1-3.すすぎ残し

シャンプーやリンス、ボディソープは、すすぎ残してしまうと背中ニキビの原因となる可能性があります。

1-4.ホルモンバランスの乱れ

大人になってからできる背中のニキビは、「ホルモンバランスの乱れ」も関係していると言われています。

「ホルモンバランス」は、体内のバランスを整える役割を持ち、①過度のストレス②睡眠不足③生理などの影響によって乱れやすくなります。

「ホルモンバランス」が乱れると、皮脂が過剰に出やすくなってしまうため、背中に限らず顔やデコルテラインにも比較的にニキビができやすくなると考えられています。

2.背中ニキビ予防のセルフケア方法

背中ニキビ予防を自宅でお手入れするために大切なポイントは、「古い角質を取り除くこと」・「皮脂が過剰に出ないようにすること」です。

次に具体的なお手入れ方法を2つご紹介します。

①定期的なピーリングを行う

ピーリングは、不要な角質や皮脂汚れ等を、洗ったり拭き取ることによって取り除く角質ケアのひとつです。

自宅で行う場合は、背中などの広範囲な部分にも体を洗う感覚で手軽に使用することができるピーリング石鹸がおすすめです。

使用方法は各メーカーによって異なりますが、まずは様子を見ながら週に1度から始めると良いでしょう。

<オススメピーリング石鹸>

サンソリット スキンピールバー【AHA】
AHA
※必ず使用方法や注意・頻度を確認してから使用しましょう。

②「保湿成分」配合の化粧品を使う

背中ニキビ予防のセルフケアには「保湿成分」配合の化粧品を使用しましょう。

なぜなら「保湿成分」配合の化粧品は、肌を柔らげ水分を肌に与えてくれるので、毛穴も詰まりにくくなることが期待できるからです。

背中のニキビ予防には、化粧水もしくは比較的油分が少なめの美容液やジェルなどを使用しましょう。

<オススメ化粧品>

ETVOS  薬用アクネ VCローション【医薬部外品】
eee
保湿成分として「ヒアルロン酸」や「アルギニン」なども配合されています。
肌に潤いを与える化粧水です。

⇒ETVOS公式HPはこちら

Jitte+(ジッテプラス)【医薬部外品】
jitte
「気になる背中」から「見とれちゃう背中」に!
背中ニキビのお手入れをする際のお助けアイテム「Jitte+(ジッテプラス)(医薬部外品)

お洒落が大好きな方、体型維持に気を使っている方…
そんな方にとっても「背中」はお手入れするのが難しい場所ですよね。

ニキビは、主に過剰な皮脂によって毛穴がつまることでできると言われています。
気付いたときにはひどくなっている!ということがないように、できる前に防ぐことが大切です!

定期コースをお申込みの方は、通常価格6,463円(税抜)のところ、初回限定908円(税抜)とお得となっています。※2016年5月時点の情報です。

ぜひこの機会にお手入れを始めて、見とれてしまうような背中をゲットしましょう!

⇒Jitte+(ジッテプラス)公式HPはこちら

パルクレールジェル【医薬部外品】
パルクレールジェル
化粧水・美容液・乳液・クリーム・パック・マッサージジェル・化粧下地などのお手入れが1つでできる、オールインワンジェルです。

日本人の肌のことを想って開発されました。

1つのアイテムで多くの役割を担うので、普段忙しい方にもおすすめです。
また、さらに定期便パックをお申込みの方限定で付いてくる「カラーコントロール」を使えば、日中の気になるニキビもカバーすることができます!

⇒パルクレールジェル公式HPはこちら

3.背中ニキビをつくらせないために意識すべきポイント

■体を洗う際のタオルは柔らかいものを使用して丁寧に洗う

背中ニキビができやすい方は、体を洗う際ナイロンタオルやボディブラシでなく、綿素材のタオルがおすすめです。

背中を洗う際の強い摩擦は背中のニキビを引き起こす可能性があります。

できるだけタオルは柔らかい素材のものを使用し、優しく丁寧に洗いましょう。

■毎日のお風呂で過剰な皮脂を抑制する

背中ニキビの予防には、過剰な皮脂や汚れをしっかり落として清潔にすることが大切です。

特に夏は汗もかきやすいので、清潔を保つためにもできるだけ毎日お風呂に入り、過剰な皮脂を抑制しましょう。

また、背中や胸のニキビは汗と衣類の摩擦によっても誘発する可能性があります。

汗をかいたらこまめに拭くようにしましょう。これを心がけるだけでニキビの予防になります。

■シャンプーやリンスは体を洗う前に行う

シャンプーやリンスは体を行う前に行いましょう。シャンプーやリンスのすすぎ残しは、ニキビの原因となってしまうこともあります。

■バランスのよい食事を心がける
野菜

背中のニキビも顔と同様に、予防には生活習慣の見直しが重要になります。

特に「ビタミンB2」「ビタミンB6」「ビタミンC」はニキビ予防におすすめです。

一方で、脂質や糖質の多い菓子パンやスナック菓子・ジャンクフード等は、できるだけ控えるように意識することも大切です。

それは、脂質と糖質を摂りすぎてしまうと過剰な皮脂を促してしまったり、摂取したビタミンを消費させてしまうため、ニキビの誘発に繋がってしまいやすいからです。

脂質や糖質はできるだけ控え、積極的にビタミンを摂取していきましょう。

<ビタミンが豊富な食材>

・ビタミンB2
⇒納豆、牛乳、うなぎ、にんじん、ほうれん草等

・ビタミンB6
⇒豚肉、牛肉、鶏肉、サツマイモ、大豆等

・ビタミンC
⇒赤ピーマン、レモン、ブロッコリー、カボチャ等

4.まとめ

背中ニキビは、正しいケアを行うことで予防することが大切です。

背中ニキビをできにくくするためにも、普段から意識をして背中のお手入れを行い、健やかな肌を維持しましょう。

この記事は2016年6月22日時点(最終更新日)での情報になります。
また、記事内容には個人差がございますのでご了承ください。



Pocket
LINEで送る