2016年10月19日 更新

目指せ全方位美人!姿勢を良くする方法

姿勢を良くする方法

姿勢を良くする方法を知りたいと思っていませんか?
どんなに顔立ちやスタイルが良くても、姿勢が悪いと暗い印象を与えてしまいがちです。
一方で、背筋が伸びて凛とした佇まいは人目を引く美しさがありますね。

見ための美しさだけでなく、肩こりや腰痛の原因にもなる「姿勢の悪さ」はできるだけ早い段階で正しておきたいところです。

今回は、簡単にできる姿勢を良くする方法を4つご紹介します。
あわせて正しい姿勢をサポートするグッズもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。


1. 姿勢を良くする方法①セルフチェック

「姿勢を良くすると疲れる」と感じていませんか。実は、姿勢を正していてツライと感じる場合は背筋を反りすぎている可能性があります。

本当の「良い姿勢」でいると、体重の約10%を占めるといわれる頭が「背骨にのる」ようになります。すると、頭の重さを支えるために筋肉にかかる負担が軽減されて疲れにくくなると考えられています。

ここでは、自分の「良い姿勢」を確認する方法を2つご紹介します。

毎日2回は試すべきセルフチェック

姿勢を良くする方法

1日2回ほど毎日「良い姿勢」を確認すると、カラダが自然に姿勢を覚えるといわれています。

【準備】
①姿見の前で、壁を背に立つ。かかとは壁につける
②ふくらはぎ・おしり・肩甲骨・後頭部を壁につける

【チェックポイント】
☑左右の耳、肩、骨盤、くるぶしが直線上にあるか
☑背中と壁の隙間は手のひら1枚分空いているか

耳などの部位が左右で非対称の位置にある場合、それが姿勢の「ゆがみ」です。直線上になるように鏡をみながら調整しましょう。
背中のスペースが開きすぎているのは、腹筋が足りていない可能性があります。お腹に力を入れて背中のスペースを狭めてみてください。

チェックポイントをクリアしたら、それがあなたの「良い姿勢」です。日常生活でもできるだけ「良い姿勢」でいるよう意識しましょう。

「あれ?姿勢がゆがんでる」と思った時のクイックセルフチェック

お仕事中など時間がないときに、自分の「良い姿勢」を思い出せなくなってしまったときは膝立ちをしてみてください。
膝立ちをしたときの自然な姿勢は、「良い姿勢」に近いといわれています。

これは、足裏で立つよりも地面との接点と重点(頭)が近くなるので、骨で重点を支える感覚がつかみやすくなるからだと考えられています。

2. 姿勢を良くする方法②ヨガストレッチ

姿勢が悪くなってしまうのは、日常生活の動作が原因になっていることが多いです。

デスクワークや家事で腕を前に出す作業をずっとしていると、肩が前かがみになりがちです。固まった筋肉をほぐし、カラダの癖をリセットするヨガストレッチを取り入れましょう。

ここでは自宅で簡単に試せるヨガのポーズを3つご紹介します。
どのポーズも最初は10秒程度から始め、慣れてきたら30秒ほど続けてみてください。

ねじりのポーズ

姿勢を良くする方法

1. 両足を真っすぐ伸ばして座る
2. 左膝を立て、右足の外側におく
3. 左手は後ろ、右手は左膝におく
4. 息を吐きながら状態を左へねじる
5. 反対側も同様にする

半月のポーズ

姿勢を良くする方法

1. 両足をそろえて立つ
2. 両腕を伸ばし、頭の上で両手を合わせる
3. 肘・膝を曲げずに上半身を右にゆっくり曲げる
※腰は動かさないように意識する
4. これ以上曲がらないところで静止する
5. ゆっくりと元の状態に戻る
6. 反対側も同様にする

ラクダのポーズ

姿勢を良くする方法

1. 両膝を腰幅に開いて膝立ちになる
2. 両手は腰に当て、息を吸いながら腰を伸ばすイメージで上体を反らす
3. それぞれのかかとを片手ずつつかむ

3. 姿勢を良くする方法③歩き方エクササイズ

常に姿勢を気にしながら歩くのは大変ですが、思い出したときだけでも「良い姿勢」で正しく歩くことを意識してみてください。
正しく歩くには筋肉を使うので、「良い姿勢」を支えるための筋肉が発達するといわれています。一度身につけばクセになり、自然に歩けるようになるはずです。

【歩き方の3ポイント】

1. 頭を引かれるイメージで、目線を正面から2cmほど上げる
目線を意識することで背骨を反りすぎず、自然に伸ばすことができるといわれています。
2. 「かかと」から「指の付け根」への重心移動を意識する
カラダの中心がずれないよう、足裏の重心を意識しましょう。着地はかかとから、重心をつま先に移して指の付け根で蹴り上げます。
3. 腕は後ろに大きめに振る
肩甲骨を意識しながら腕を大きめに振ることで、足の運びをスムーズにできると考えられています。

重心移動をサポートしてくれるおすすめアイテムはこちら
ウォーキングティーチャーインソール
ウォーキングティーチャーインソール
販売元:有限会社万来
価格:2,900円(+税)
【肌らぶ編集部コメント】
ゲルでつくられたラインが足裏の体重移動を自然にガイドしてくれます。つま先にも傾斜6度のゲル素材が埋め込まれていて、指のグリップを促すことでしっかりした蹴り出しをサポートします。

>>【ウォーキングティーチャーインソール】公式HPはこちら

4. 姿勢を良くする方法④座り方エクササイズ

姿勢を悪くする原因になることも多いデスクワークですが、この時間に姿勢を意識してエクササイズすることで「良い姿勢」を習慣化できます。

座っているときの良い姿勢とは、「骨盤が立っている状態」です。
骨盤が立つと、その上の背骨も適度なカーブで伸びると考えられています。

姿勢を良くする方法

【座位での骨盤の立て方】
骨盤は座ったときに安定するよう、背中側に向けて広がっています。その三角形をうまく
椅子にフィットさせることで「骨盤を立てる」ことができるといわれています。

座った状態で、骨盤の角度を意識しながら腰を前後に揺らすと安定する位置が見つかるはずです。その姿勢が「良い姿勢」です。

【セルフチェック方法】
「良い姿勢」をとり、片足ずつ足を上げてみてください。
ほとんど上がらなければ骨盤が立っている状態だと考えられます。

座り方エクササイズをサポートしてくれる、肌らぶ編集部おすすめのグッズを2つご紹介します。

筋肉にもっと負荷をかけたい方はこちら
らくゆら練座
らくゆら練座
販売元:株式会社ドリーム
価格:7,980円(+税)
【肌らぶ編集部コメント】
不安定な座面でバランスを取ろうとすることで、骨盤周りの筋肉活動をサポートしてくれます。骨盤の傾きに合わせられるよう前後で傾斜角度が違い、骨盤が立った状態で360度揺らして運動することができます。

>>【らくゆら練座】公式HPはこちら

仕事をしながら姿勢を保つのは大変だと感じる方はこちら
ボディメイクシートスタイル
ボディメイクシートスタイル
販売元:株式会社MTG
価格:7,800円(+税)
【肌らぶ編集部コメント】
腰回り、ヒップ、太ももの3点を支えることでキレイな姿勢をキープしてくれます。会社に置いておいても恥ずかしくない、スタイリッシュな流線型のデザインとカラーが魅力的です。

>>【ボディメイクシートスタイル(Body Make Seat Style)】公式HPはこちら

5. まとめ

いかがでしたでしょうか。慣れるまでは姿勢をキープするのは大変に感じるかもしれません。でも、一度身につけば「良い姿勢」はあなたを輝かせてくれる一生ものの財産になるでしょう♡
まずは気がついた時だけでも、少しずつ始めてみてください。

この記事は2016年7月13日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。