メニューを開く
アスタリフト;
提供:サントリーウエルネス株式会社

コエンザイムQ10サプリを比較してみよう!おすすめサプリメントの特徴

コエンザイムQ10 比較

コエンザイムQ10という名前を、聞いた事があるという方は多いのではないでしょうか。
サプリメントはもちろん、化粧品に入っている事も多いこのコエンザイムQ10ですが、
実は私達の体にもともと存在しており、様々なはたらきをしてくれています。

「なんだか最近どんよりしがちだなあ…」
「元気が出ないなあ・・」
と、お悩みの方におすすめしたいこのコエンザイムQ10、今回はそんなコエンザイムQ10のお話やおすすめのサプリメントの特徴を比較してご紹介します。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.「コエンザイムQ10」ってどんな成分?

ハテナ

ここではコエンザイムQ10はいったいどんなものなのかをお話ししたいと思います。

コエンザイムQ10は、からだのあらゆるところに含まれている補酵素で、美容と健康に良いとされています。
美しさと元気をサポートしてくれるので、フレッシュでエネルギッシュな毎日を送りたいという方におすすめの成分です。

しかし体内のコエンザイムQ10の量は20歳がピークで、以降減少していくと言われています。
40歳以降は、コエンザイムQ10が不足しがちになっていきます。

若々しく元気な体づくりをサポートしてくれる成分として、意識して摂取していく事をおすすめします。

毎日の食生活でしっかりコエンザイムQ10を摂れれば良いのですが、
食品に含まれるコエンザイムQ10の量はそこまで多くありません。

そこで、比較的手軽にコエンザイムQ10を摂取できる方法として「サプリメント」がおすすめです。

サプリメント等の栄養補助食品の成分を確認する際は、コエンザイムQ10の表示方法に注意してみて下さい。コエンザイムQ10のほかに、COQ10、ユビキノン、ユビキノールと記される事もあります。

2.コエンザイムQ10サプリを比較【おすすめサプリメント3選】

ここでは、コエンザイムQ10を摂るためにおすすめしたいサプリメントをご紹介します。

サントリーウエルネス/コエンザイムQ10+セサミンE
DHC/コエンザイムQ10 還元型
○協和発酵バイオ/発酵コエンザイムQ10EX

それぞれの特徴を記載してみました。
比較して見てみて下さい。

サントリーウエルネス/コエンザイムQ10+セサミンE
①	サントリーウエルネス/コエンザイムQ10+セサミンE

価格:5,500円(+税)【定期お届けコースだと4,950円(+税)で年間6.600円お得になります】
内容量:90粒(約30日分)1日3粒目安
原材料名:小麦胚芽油、コエンザイムQ10、セサミン、ゼラチン、ビタミンE、グリセリン、ミツロウ、グリセリン脂肪酸エステル、カラメル色素

エネルギーをつくりだすのに欠かせないコエンザイムQ10に、「セサミン」と「ビタミンE」を配合してあります。
コエンザイムQ10の食品含有量は少量ですが、「セサミン」もゴマ1粒中に1%未満しか含まれない成分です。
この「セサミン」は、コエンザイムQ10が体内に届くのを助ける働きがあると言われています。
また、「ビタミンE」は体内で作り出すことができませんので、食品やサプリメントで補う事が必要だと言われています。
3つのトリプルパワーが取り入れられるサプリメントです。
ソフトカプセルタイプです。

DHC/コエンザイムQ10 還元型

DHCコエンザイムQ10

価格:2,286円(+税)
内容量:60粒(約30日分)1日2粒目安【定期コースだと5%OFF】
原材料:ユビキノール(還元型コエンザイムQ10)、黒胡椒抽出物、トコトリエノール、ビタミンB6、葉酸、ビタミンB12、オリーブ油、グリセリン脂肪酸エステル、レシチン(大豆由来)
ゼラチン、グリセリン、カラメル色素

こちらは「還元型」と言われるコエンザイムQ10です。
体内での働きが速いのはこの「還元型」だと言われています。
年齢を重ね、まだまだアクティブでいたいという方におすすめです。
比較的コスパが良いのも、続けていくのには嬉しいポイントです。

協和発酵バイオ/発酵コエンザイムQ10EX

発酵コエンザイムQ10

価格:2,857円(+税)
内容量:30粒入(約15日分)1日2粒目安
原材料名:食用ぶどう油、コエンザイムQ10、ビタミンE含有植物油、ゼラチン、グリセリン、カロテノイド、カラメル色素、グリセリンエステル

コエンザイムQ10のほかに、ビタミンE、マルチカルテノイドを配合しています。
ビタミンEは「若返りのビタミン」と呼ばれる事もあり、美しさを保つために大切な栄養素です。
今なら初回限定500円の送料無料でお試し頂けます。自分に合うかな?と気になる方も気軽にお試し頂けますね。

3.コエンザイムQ10が多く含まれている食品

コエンザイムQ10は若々しさを保つために重要な成分です。
普段の食事にも気を付けてみましょう。

コエンザイムQ10は、主に肉・魚類に含まれています。
野菜等にも含まれていますが、そこまで含有量は多くないと言われています。

■コエンザイムQ10が多く含まれている食事

カラフル野菜

肉類:牛肉、豚肉、鶏肉
魚類:青魚(イワシ・サバ)、サケ、マス、マグロ、カツオ
野菜類:アボガド、キャベツ、ブロッコリー、ほうれん草
豆類:大豆、落花生、枝豆、豆腐

しかしながら、コエンザイムQ10を食品だけで補おうとすると、かなりの量が必要になってしまいます。

例えば、肉類だけで100ミリグラムのコエンザイムQ10を補おうとすると、約3キロの肉を食べなければなりません。
これだとコエンザイムQ10が取れても、カロリーオーバーになってしまいますね。

もちろんコエンザイムQ10が多く含まれる食品を意識して取る事は大切な事ですが、
サプリメントを並行して摂取する事をおすすめします。
サプリメントであれば、手軽に必要な量が取れ、時間も手間もほぼかからないので、
忙しい方にもおすすめできます。

4.いつまでも元気でいたい!生活する上でのヒント

自転車 公園

コエンザイムQ10をサプリメントや食事で摂取する事も、元気な毎日を送るためにはおすすめしたい事ですが、明日・明後日・未来の体は、日々の生活習慣でも作られます。
栄養面もそうですが、行動面での元気でいるヒントをお伝えします。

■ストレスを溜めない

ストレスは体に様々な影響を与えると言われています。
ストレスの原因を完全に取り除くことがもっとも望ましい形ですが、無理に取り除こうとすると余計にストレスに感じたり、他のストレス要因を作ってしまったりします。

なので、ストレスの原因を取り除けそうにないと感じたなら、無理をせず休養・栄養を摂るようにしてください。
ゆっくり湯船に浸かったり、ジョギングやウォーキングなどの軽い運動を取り入れたりして、ストレスを溜め込まないように定期的にリフレッシュするようにしましょう。

■質の良い睡眠をとる

元気で健康的な日々を送るためには、良質な睡眠を取る事をおすすめします。
質の良い睡眠が足りていないと、体の免疫力が低下しやすくなりホルモンバランスが乱れ、体にも肌にも影響を与えるかもしれません。
良質な睡眠のために、以下の行動は控える事をおすすめします。

・カフェインの摂りすぎ
カフェインは脳を刺激し、活性化する作用があります。寝る前に摂取してカフェインが作用したままだと脳を休ませる事ができません。寝る時間から逆算してカフェインの効果が無くなってから眠るようにしましょう。

・寝る前の読書とスマホ操作
寝る前の読書、PCやスマートフォンの使用は目に刺激を与え、安眠を妨げてしまいます。
特にスマートフォンは、横になってからもつい操作してしまいがちですが、電気を消したらできるだけ操作しないようにするなど、意識してみるとよいでしょう。

■運動習慣をつける

社会人は、学生時代と比較するとどうしても運動時間の確保が難しくなりがちだと思います。
ジムやヨガ等の習い事として週末だけでも運動習慣をつけてもいいですし、
毎日意識して、階段を使うようにしたり遠回りして帰ったりする事もおすすめです。
体を動かすとリフレッシュにもなり、ストレス解消にもなります。

―――
さて、元気でいるヒントを挙げてきましたが、いかがでしたでしょうか。
サプリメントは、メーカーによって特徴や配合されている成分も様々です。
しっかり比較して見極め、是非ご自分にピッタリのサプリメントを見つけてみて下さい。

※この記事は2016年4月6日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る