メニューを開く
アスタリフト;

便秘にはプルーン?便秘対策におすすめ!プルーンの魅力に迫る

プルーン 便秘「プルーンが便秘に良いって本当?」「便秘をなんとかしたい!どうしたらいいの?」と、お困りではありませんか?

プルーンには、便秘に良いとされる栄養素が含まれており、便秘対策としておすすめの食べ物と言われています。

今回は、プルーンの便秘への働きと、プルーンの正しい食べ方などをご紹介します!



astalift
astalift

1.プルーンの働きが期待できる便秘とは?

プルーンプルーンは便秘に良いと言われますが、すべての便秘に良いわけではありません。

便秘は原因によってたくさんの種類に分類されますが、一般的に便秘と呼ばれるのは慢性便秘のことで、「弛緩性便秘」と「けいれん性便秘」の2つに分類されます。

プルーンが対策として使えそうな便秘の種類をお伝えします。ご自身がどちらに当てはまるかどうか、確認してみてくださいね。

・弛緩(しかん)性便秘

主な原因と言われているもの:体質、水・食物繊維の不足、運動不足、ストレス、食事の量が少ないことなど

日本人の便秘にお困りの方の多くが、この種類の便秘と言われています。

弛緩性便秘は食物繊維の不足が原因のひとつとして考えられるため、対策としてプルーンをおすすめしたい便秘のタイプとなります。

・けいれん性便秘

主な原因と言われているもの:大腸の緊張(ストレス)、環境の変化、過労など

この便秘の対策には、ストレスを溜め込まずにこまめに発散することが大切だと言われています。日頃からリフレッシュする時間を作るように意識してみてくださいね。

それぞれの便秘の詳しい対策方法は、こちらのページでもご紹介しています。

2.プルーンの便秘への働き

Healthy food: nuts and dried fruit, vintage wooden background, selective focusプルーンには、便秘に働きかける栄養素が含まれています。プルーンがなぜ便秘におすすめなのかお伝えします!

◆食物繊維が多く含まれている

プルーンに豊富に含まれていると言われている『食物繊維』は、腸内環境を良好に保ち、スムーズに排便するために必要な栄養素と言われています。

便秘対策のひとつとして取り入れたい食物繊維ですが、食物繊維には「水溶性」と「不溶性」の2種類があり、両方をバランス良く摂ることが大切とされています。プルーンはこの2種類をバランスよく含む食べ物なので、効率的に便秘対策ができるためおすすめの食べ物なのです。

「水溶性食物繊維」は、腸内の不要なものを抱え込んで体外へ排泄し、「不溶性食物繊維」は、便の量を増やす働きがあると言われています。

違う働きを持つ2種類の食物繊維をバランス良く含んでいるプルーンを食べれば、便秘対策が期待できるでしょう。

また、プルーンに含まれている「ソルビトール」という成分は便秘薬としても使われることがあり、便秘を対策する作用が期待できると言われています。

3.プルーンのおすすめな食べ方

Prunes in spoon and near on wooden background with copy space

便秘対策をしたい場合の、プルーンのおすすめな食べ方をご紹介します。

◆生よりドライプルーン

プルーンには、生のものと乾燥させたものがありますが、ドライタイプのプルーンがおすすめです。

便秘対策におすすめの食物繊維が、乾燥させた方が多くなると言われており、乾燥している方が保存期間も長くなります。

◆1日4~5粒から始める

プルーンは1日に、4~5個を目安に食べ始めてみましょう。

便秘の程度によっておすすめの個数は異なりますが、少なすぎてもあまりよさを実感できませんし、食べ過ぎればお腹がゆるくなる可能性も考えられると言われています。

様子を見ながら、自分に合う量を調節していってくださいね。

◆食べるタイミングいつでもOK

プルーンを食べるタイミングは決めずに、食べたいときに食べるようにしましょう。1日の始まりや元気が欲しいとき、仕事や勉強中のおやつ、夕飯のデザートとするなど幅広く楽しめます。

◆食べ過ぎに注意する

体に良い、便秘に良いからといって、どんな食べ物も食べ過ぎは良くないと言われています。

プルーンは便秘に良い働きをするため、食べ過ぎると逆にお腹がゆるくなってしまう場合もあるでしょう。

食べ過ぎには気をつけて、ほどほどに食べるようにしましょう。

◆おすすめの食べ方

Light healthy breakfast: homemade yogurt and dried fruits.<br /><br /><br /><br /><br />
プルーンが苦手な方や、より便秘対策をしたいという方は、ドライプルーンを刻んで、ヨーグルトに入れるのがおすすめです。

酸味のあるヨーグルトに、甘みのあるプレーンがアクセントになって、よりおいしくいただけます。

4.妊婦や子どもの便秘にもおすすめなプルーン

プルーン 便秘プルーンは、妊婦や子どもの便秘対策としてもおすすめです。

また、固形のプルーンが苦手だという方は、100%のプルーンジュースを飲むという手もあります。

固形物を飲み込めない赤ちゃんであれば、100%のプルーン果汁を白湯で薄めて飲ませてみてはいかがでしょうか。プルーンの果汁は、ドラッグストアやスーパーで比較的お手頃価格で購入できます。
10mlのプルーン果汁に、20mlの白湯を混ぜて薄めるなど、薄さを調節しながら飲ませてあげてくださいね。

5.まとめ

Plum with prunesプルーンの便秘への働きかけについてお話ししました。

便秘を対策するためには、日頃の生活を見直し、健康的な毎日を意識することが基本ですが、ひとつの方法としてプルーンも食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。おいしく手軽にすこやかな身体を手に入れましょう♡

※この記事は2017年2月13日(最終更新日)時点の情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る