メニューを開く
PR

【ダイエットのヒント】ダイエット中の食生活はサポートサプリで賢くカバー!

ダイエット サプリメント ランキング

ダイエットを決心したとき、おそらく「運動」と「食事・食生活のコントロール」は多くの方が意識しますよね。

でも、

「20代の頃と食べる量は変わらないのに、最近なんだか太ってきた。」
「一度、体重が増えるとなかなか元に戻らない。」

そんなふうに感じてダイエットを決心した方や幾度目かのダイエットを試みる方の場合、“より計画的・効率的にダイエット生活を送りたい、サポートアイテムを上手に活用したい…”とお考えの方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな本気の、そしてダイエットライフをスマートに過ごしたい方へ、基本として重要な、「ダイエットをゴールに導くためのヒント」や「食生活のヒント」、「運動のヒント」をご紹介します。

あわせて、ダイエット中の食生活を賢くサポートするサプリ、いわゆる「ダイエットサプリ」についてもご紹介していますので、ぜひチェックしてください。

ダイエット中に不足しがちな栄養をサプリで賢くカバーして、計画的で無理のないダイエットライフを送りましょう!

健康的なスタイルは、自信につながり、あなたの夢や行動をきっと後押ししてくれるはずです!今日の気持ちを忘れないでくださいね!

※健康のためには、正しい食生活と適度な運動が必要です。健康食品は、不足を補う食品として目安量を参考に、摂りすぎに気をつけましょう。


1. ダイエットをゴールに導くための5つのヒント

ダイエット サプリ ランキングダイエットを始める前に、まず、これからご紹介する5つのヒントにぜひ目を通してみてください。

そして、この5つのヒントを、毎日のダイエット生活の中で繰り返し思い出したり、実践したりするよう、ぜひ心がけてください。

現状・現実に沿った考え方や行動をすることが、ダイエットをゴールに導くためには大切です。

有意義なダイエットライフを健康的に過ごすための、5つのヒントをご紹介します。

ヒント1 いきなり大減量を目指さない!

体重計ダイエットを始めるとき、例えば、1週間で―3kg、1か月で―10kgと、いきなり高い、無茶な目標を掲げていませんか?

そのような急激な体重の減らし方は体に負担がかかりますし、急激な減量はリバウンドしやすいともいわれています。
また、目標達成が難しくなってきたときに、すぐにダイエットへのモチベーションが失われるというデメリットも大きいです。

短期間の減量目標を立てるよりも、毎日これだけの運動をする、毎日の食事に気をつけるという「行動」に注目した目標の立て方にした方が、より快適なダイエット生活を送れるのではないでしょうか。

ヒント2 長期スパンで考える

ダイエット サプリメント ランキングすぐにでも体重を減らしてスリムになりたいという気持ちはわかりますが、ダイエット成功者の多くは、短くても半年、長ければ1年、2年という長期間のスパンで、ダイエットのためのライフスタイルを継続するといわれています。

どんな人でもダイエット中に、体調やホルモン周期で多少の体重の増減は繰り返すものです。

しかし短期間でのダイエット成功を目指している人は、少し体重が増えるとくじけやすくなります。
そんな時、めげずにダイエットを続けるには、そもそも目標達成までの期間を長めに設定しておいた方が良いのです。

期間を長めに設定することで、運動、食事などを、自分の習慣として定着させやすいのも、大きなメリットです。

ヒント3 日常のちょっとしたことを利用する

ダイエット サプリメント ランキングたとえば、ダイエットのためにジムに入って、入会金を払って…、と考えると、とても自分には無理だと思ってしまう人が多いと思います。

でも、3階までの移動はエレベーターではなく階段を使う、バス停1つ分歩くようにする、週1回だった床そうじを2回にする、このくらいだったら、実行できそうな気がしませんか?

これまで、日常生活の中でちょっと面倒、ちょっとしんどいという理由でやらなかったことを、ダイエットのために実践してみてはいかがでしょう。
ちりも積もれば山となるといいます。

日常生活のなかで、いつもよりちょっとだけ、体を動かすことをこころがけましょう。

ヒント4 食事はおなかがすいてから

ダイエット サプリメント ランキング家族の食事の準備をするママには、ちょっと厳しいかもしれませんが、お昼の時間、夕飯の時間だから食べるのではなく、食事はおなかがすいたときに食べるようにするのもおすすめです。

ランチタイム、おやつの時間、というのは、おなかが空いていなくても、なんとなく食べてしまうことが多いのですが、ダイエットを継続して楽しんで行っている人からは、「おなかがすいていなければ食べない」という声もききます。

お腹はすいていないけれど、なんとなく暇つぶしに食べてしまうという食習慣は見直してみましょう。

ヒント5 カロリー調整は週単位でする

ダイエット サプリメント ランキングダイエットをしているのですから、高カロリーの食事は禁物!と思って、がまんばかりしていると、健康的なダイエットライフを続けるのは難しいです。
たとえば大好きな焼き肉を食べた次の日は、ちょっと脂質と糖質を抑えたメニューにする、など、1週間の中でめりはりをつけてみてはいかがでしょう。

2. ダイエット中の食生活のヒント

ダイエット サプリメント ランキング20代と同じように生活しているのに、30代に入ってから少しずつ体重やBMI数値が増えている気がするという人は少なくありません。

ダイエット中の食生活のヒントとして、「何をどう食べるか」についてご紹介します。

ダイエット中とはいえ、美容・健康のためには、摂取カロリーをただ減らすのではなく、食生活をバランスよくコントロールすることが大事です。
そして、代謝に必要なビタミンB群などが不足しないように、しっかりと補給することも大事です。

そこで、「不足をどう補うか?」についても、おすすめのダイエットサポートサプリの紹介を含めてお話しますので、ぜひチェックしてください。

ダイエットサポートのヒント1 何をどう食べるか?

ダイエット サプリメント ランキング

ダイエット中は、やみくもに摂取カロリーを下げる必要はありませんが、ある程度摂取カロリーを 把握しコントロールすることは必要になります。

そこで活躍するのはやはり「低カロリーの食品」でしょう。あわせて、食事制限によって不足気味になりやすい「食物繊維」や体内で糖質や脂質を代謝するために必要な「ビタミンB群」などを意識的に摂ることをおすすめします。

★ダイエットサポートにおすすめの食べ物のヒント

✓ カロリー軽めの食べ物:
こんにゃく、しらたき、大豆製品、きのこ類、魚介類、鶏胸肉、牛・豚のヒレ肉、おかゆ など

✓ 食物繊維が含まれる食べ物:
ごぼう、かぼちゃ、菜の花、干し柿、りんご、いんげん豆、おから など

✓ ビタミンB群が含まれる食べ物:
玄米ごはん、豚肉、大豆、うなぎ、レバー、さば、さんま、牛乳 など

★ダイエットサポートにおすすめの食べ方のヒント

✓ 朝・昼をしっかり食べて、夜は軽めにする
✓ ごはんやパンなどの炭水化物は朝や昼、夜は野菜中心を心がける

✓ 食べる順に気をつける

①野菜(食物繊維が豊富なもの)から先に食べる
②水分を多く含むスープやみそ汁などを食べる
③肉や魚などのたんぱく質を食べる
④ご飯や麺など、炭水化物を食べる
※野菜といっても、イモ類、かぼちゃ、とうもろこしなどは炭水化物が多いので、食べる順番を後にまわすのがおすすめ

✓ よくかんで食べる
✓ ゆっくり食べる

ダイエットサポートのヒント2 不足をどう補うか?

ダイエット サプリメント ランキング

ダイエット中に摂取カロリーを減らすために、食事量を制限しなくてはならない場合、栄養バランスを保つのはなかなか難しい部分もありますよね。

しかし、通常時と同じようにダイエット生活中も、食生活は美容・健康のためにとても重要です。

5大栄養素の炭水化物・脂質・たんぱく質・ビタミン・ミネラルをはじめ、さまざまな栄養をバランスよく摂らなければなりません。

・食べ物や食べ方のヒントを参考にする
・1食1食の主食・主菜・副菜のバランスを考える
・脂質・糖質の摂りすぎに気をつける
・間食は控えめにする

このようなポイントを意識することが大事です。

もちろん、雑誌やテレビのダイエット特集などでみかける成分なども、不足させないように上手く取り入れていきたいですよね。

とはいえ、自分の体にあわせて完璧な食事メニューをつくるというのは、プロでない限りかなりハードルが高いのではないでしょうか?
仕事や家事が忙しかったり、外食が多い方などは、なおさら食生活のバランスを保つのは難しいものです。

そんなときは、自身の食生活を見直して、気になる成分・不足しがちな成分をサプリで意識的にカバーするのも賢い選択です。

栄養不足は美容・健康の敵です。食生活に自信がないという方はぜひダイエットサポートサプリを上手に活用してみてください。

★肌らぶ編集部おすすめ ダイエットサポートサプリ

ダイエットに興味を持つ方なら、一度は耳にしたことがありそうな成分「カプサイシン」や「L-カルニチン」を配合しているサプリです。

カプサイシンは唐辛子のピリッとする辛み成分のことで、トウガラシエキスと呼ばれることもあります。
L-カルニチンは牛肉や羊肉に含まれる成分で、アミノ酸のひとつです。

diet’s BB(ダイエッツビービー)
diet’s BB(ダイエッツビービー)販売元:サントリーウエルネス株式会社

内容量:180粒入り/約30日分
通常価格:4,600円(+税) 定期コース:4,140円(+税)

アクティブな体づくりをサポートしてくれるアミノ酸のひとつ、L-カルニチンを補ってくれるサプリメントです。

サントリーが提案する「アクティブサイクル」は、バランスの良い食事と適度な運動で、健康的なコンディションをキープするダイエットシステムです。

運動により筋肉量が増えると、基礎代謝量が増えることにつながり、ダイエットしやすい体に近づくことが期待できます。
しかも筋力に支えられ軽く感じ、運動することが、もっと楽しくなるでしょう。
よりアクティブな生活が送れるような、楽しいダイエットライフを応援することを大事に考えてつくられたダイエットサポートサプリです。

L-カルニチン、カプサイシン、カフェイン、セサミン、ビタミンBのほかに、バナパ葉エキス、ハスの葉エキスも配合されています。

公式HPはこちら(オレンジ)

3. ダイエット中の運動のヒント

ダイエット サプリメント ランキング健康的なダイエットに運動習慣が欠かせないことは、誰でも知っていることです。
でも、多くの人が運動をカロリーを消費するためのことだと考えてしまいます。

しかし、運動で直接消費できるカロリーというのは、それほど多くはありません。
ジムでエクササイズをしたことのある方なら、30分の運動で消費できるカロリー表示をみて「え?これだけ?」と思ったことがあるかもしれません。がっかりして、運動習慣が続かなくなってしまった人も多いのではないでしょうか。

でも、ダイエットで運動が必要なのは、直接的なカロリー消費のためだけではありません。
継続的な運動習慣をつけて、体の筋肉量を増やすことが、太りにくい体づくりには大切なポイントだからです。

年齢を重ねると、生命維持のために消費するカロリー=基礎代謝量が低下していくといわれています。
年齢とともに低下する基礎代謝量を上げるためには、体の筋肉量を増やすのも大切な対策のひとつです。

筋肉量を増やすには、運動したその瞬間に消費できるカロリーだけにとらわれるのではなく、継続的な運動習慣を継続させることが必要です。

ご紹介したようなダイエットをゴールに導くヒントや食生活を心がけ、しっかりと運動を習慣化していきましょう。

★おすすめの運動方法

おすすめは【筋トレなどの無酸素運動+ジョギングなどの有酸素運動】を組み合わせて行う方法です。(無酸素運動とは短時間で強い力を使い筋肉を鍛えようとする運動などのことです)
できれば週に3回以上行うことをおすすめします。

①ストレッチなどの準備体操

思いがけないケガなどをしないためにも、しっかり準備体操・ストレッチは大事です。

②5分程度の無酸素運動
無酸素運動とは…腕立て伏せや、腹筋、背筋、スクワットなどのいわゆる筋トレ
ダイエット サプリ ランキング
無酸素運動によって筋肉量を増やすことで、基礎的な代謝量を押し上げることが期待できます。

③20分以上の有酸素運動
有酸素運動とは…ウォーキング、ジョギング、エアロビクス、サイクリングなど、少し息が上がる程度の運動
ダイエット サプリ ランキング
有酸素運動するときは連続して20分以上を目安に行うのがおすすめです。日々の生活でたまったものをしっかり燃焼していきましょう。

4.まとめ

ダイエット サプリメント ランキング今回は、ダイエットライフをスマートに過ごしたい方へ、ダイエットの基本として重要な、「ダイエットをゴールに導くためのヒント」や「食生活のヒント」、「運動のヒント」をご紹介します。

ダイエットをゴールに導くためには、挫折しないようにできる範囲で生活を変えていくことが大事です。

運動とバランスのとれた食生活、そして手軽に不足を補うことのできるサプリメントも上手に活用しながら、ダイエットライフを楽しく習慣づけ、スマートに続けていきましょう。

ダイエットがなかなか続かないという方も、健康的な体づくりのためにサプリメントを上手に活用するのもおすすめです。

できることからはじめて、自信の持てる体をめざしてくださいね。

自信は、あなたの夢や行動をきっと後押ししてくれるでしょう!

※健康のためには、正しい食生活と適度な運動が必要です。健康食品は、不足を補う食品として目安量を参考に、摂りすぎに気をつけましょう。
この記事は2017年3月30日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る