メニューを開く
アスタリフト;

乾燥したまぶたへ!おすすめ目元用クリームと3つの対策

まぶた 乾燥

まぶたが乾燥してカサカサしていませんか?

アイメイクはのらないし、目元に腫れや赤み、かゆみがでると気持ちがブルーになってしまいますね。まぶたの乾燥は放っておくと「たるみ」の原因になることもあるので、早めの対策が必要です。

今回は、おすすめのアイクリームと乾燥を防ぐ3つのケアポイントをまとめました。ぜひ参考にしてください。


astalift
astalift

1.  まぶたの乾燥を防ぐおすすめ保湿アイクリーム

まぶたの乾燥対策には、「保湿」がもっとも重要です。
専用のアイクリームを毎日つかって、目元にしっかりと潤いを与えるのが理想的です。ポイントはまぶたに負担を与えないよう、優しくこすらずに塗ることです。

今回は肌らぶ編集部おすすめの、特に保湿に力を入れているアイクリームを3つご紹介します。

☆サインズショット(医薬部外品)
サインズショット
販売元:株式会社ポーラ
価格:10,000円(+税)
内容量:20g(朝晩使用で約4カ月分)
【肌らぶ編集部コメント】
ワセリン、グリセリンに加えてPOLAオリジナル複合保湿成分「サインズコアリキッド」が乾燥を防ぎ、まぶたにピンと弾むハリ感を与えます。少し固めのもっちりとしたテクスチャーで、ほうれい線や眉間のシワなどの気になる部分にも使えます。

 


☆ビーグレン トータルリペア アイセラム
ビーグレン トータルリペア アイセラム
販売元:ビバリーグレンラボラトリーズ株式会社
価格:12,000円(+税)
内容量:15g
【肌らぶ編集部コメント】
カリフォルニア発のサイエンスコスメ”b.glen(ビーグレン)”の目元用美容液です。肌にハリを与えるアイリジェナ、乾燥を防ぐスキンミックス、肌を健やかに保つα-グルコシルヘスペリジンなどを配合、潤いとハリのあるまぶた作りに多角的にアプローチします。みずみずしく肌なじみの良いテクスチャーです。

 


☆アテニア アイエクストラ セラム
アテニア アイエクストラ セラム
販売元:株式会社アテニア
価格:3,048円(+税)
内容量:15g(約120回分)
【肌らぶ編集部コメント】
年齢肌が気になる方のためにつくられた目元用美容液です。マイオキシノールがこわばりがちな目元の皮膚をやわらげ、セイヨウキズタエキス・コメヌカ油などの保湿成分が健やかなまぶたを保ちます。

2.  なぜまぶたは乾燥しやすいの?

まぶた 乾燥

まぶたの皮膚は薄くてデリケートですが、まばたきのために常に動いているので摩擦が起きやすい箇所でもあります。

さらにアイメイクに力をいれる女性は、化粧品やクレンジングでまぶたに負担をかけてしまいがちです。

目元が乾燥していると思ったら、まずはアイメイクを控えましょう。
また、花粉や化粧品の成分でアレルギーや「かぶれ」によるかゆみや痛みがある場合は、専門医の受診を検討してみてください。

3.  まぶたの乾燥を防ぐ3つのポイント

まぶたの乾燥を防ぐために普段の生活で気を付けるべき3つのポイントをご紹介します。

1. サングラスで紫外線を避ける

紫外線は乾燥の原因になります。日中外を歩くときは、帽子や日傘にプラスしてサングラスをかけるようにしてください。

帽子や日傘だけでは降り注ぐ紫外線は避けられても、地面に反射したものを防ぐことはできません。サングラスをかけて上下からの紫外線に対策しましょう。

≪サングラスの選び方≫
サングラスは濃い色のものが紫外線を通さないと思われがちですが、実はそうではありません。選ぶときには「紫外線透過率」、または「紫外線カット率」をチェックしてください。

・紫外線透過率・・サングラスがどれだけ紫外線を「通すか」を示す数字です。
この数字が低いほど、紫外線を通さないことになります。
・紫外線カット率・・サングラスがどれだけ紫外線を「通さないか」を示す数字です。
この数字が高いほど、紫外線を通さないことになります。

☆JiNS サングラス リゾート2
JiNS サングラス リゾート2
販売元:株式会社ジェイアイエヌ
価格:5,900円(+税)
【肌らぶ編集部コメント】
紫外線透過率0.1%以下(UV400nm/カット率99.9%以上)
日常的に身に付けるなら、お求めやすい価格帯のものを幾つか揃えてサングラスでオシャレを楽しむのがおすすめです。
こちらは紫外線から目元をしっかりカバーできる、海辺が似合うビッグシェイプです。

2. 基本に忠実に!負担の少ないクレンジング

まぶたが乾燥しやすい方は、できるだけアイメイクを控えめにしましょう。
アイメイクをしないのが理想的ですが、メイクをしたい場合には目元専用のリムーバーで摩擦を起こさないようにオフすることをおすすめします。

《アイメイクの落とし方》
① リムーバーを浸したコットンをまぶたにのせ、10秒数えてメイクをふやかす

まぶた 乾燥

②上まぶたと下まぶたを、 そっとなでるように挟んでメイクをオフする

まぶた 乾燥

※引っ張るとまつ毛が抜けてしまうので優しく挟みます

③ 落ちきらなかったメイクは、リムーバーを含ませた綿棒で優しく拭き取る

疲れている時などはつい適当に済ませたくなりますが、ぐっとこらえて毎日基本に忠実にクレンジングをしましょう!

3. 日中も保湿

まぶた 乾燥

目元の保湿は朝晩だけでなく日中も行いましょう。
メイクや紫外線、強い空調などで実はまぶたは日中が最も乾燥しやすいとわれているからです。

アイメイクを落として保湿をするのが1番ですが、日中はなかなか時間をとれませんね。
そんなときは、メイクの上からまぶたを保湿してください。

力の入れにくい薬指でアイクリームをとり、優しくまぶたをタッピングします。
摩擦を起こさないように気をつければ、メイクの崩れも少なく済みます。

☆ファンケル レストアイジェル

ファンケル レストアイジェル

販売元:株式会社ファンケル
価格:1,500円(+税)
内容量:8g
【肌らぶ編集部コメント】
メイクの上からまぶたを保湿するなら、ジェル状の目元美容液が使い心地がサッパリしていておすすめです。ファンケルの目元用美容液は、潤いを保ってクマやむくみにアプローチします。持ち運びしやすいサイズも使いやすいです。

4.  まとめ

いかがでしたでしょうか。小まめな保湿と普段の生活に気をつけることで、デリケートなまぶたをケアすることができます。

ハリと潤いのある目元でいられるように、毎日少しずつ頑張りましょう♪

この記事は2016年9月19日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る