2016年10月21日 更新
提供:株式会社decencia

乾燥肌には何が大切?保湿化粧品の選び方&おすすめ3選

乾燥肌 化粧品

「乾燥肌をうまくお手入れしてみずみずしい素肌を手に入れたいけど、どう化粧品を選べば良いのかな?」とお困りではありませんか?

一般的に乾燥肌と呼ばれる、乾燥に悩みがちでかさつきやすい肌は、水分と油分の両方が少ないと言われていて、保湿をしっかり行うことが最も重要です。

しかし、化粧品のパッケージに「保湿」と記載があっても、実際はあまり保湿の実感をもてない化粧品も少なくありません。

そこで今回は、乾燥でお悩みの方にぜひおすすめしたい保湿化粧品の選び方とおすすめ保湿化粧品をご紹介します。




1.肌の乾燥対策として意識すべき保湿化粧品の選び方

肌の乾燥が気になる方が化粧品を選ぶ際に意識すべきポイントは2つあります。

1-1.保湿成分「セラミド」を配合しているか?

保湿化粧品を選ぶうえで、おすすめしたい重要なチェックポイントのひとつが、保湿成分を配合した化粧品を選ぶことです。

「保湿成分」にも様々な種類がありますが、特に「セラミド」は水分をはさみこむように蓄える性質(保水性)があると言われていて、保湿成分としておすすめです。

「セラミド」のなかでも種類が細かくありますが、今回、肌の乾燥が気になっている方におすすめしたい「セラミド」は、成分表示欄で「セラミド」の後に【1・2・3・6・10】などの数字が書いてある「ヒト型セラミド」と呼ばれるセラミドです。

また、セラミドに次いでおすすめの保湿成分は次の通りです。肌の乾燥にお悩みの方は、「ヒト型セラミド」や、これらの成分が配合されている化粧品をチェックするとよいでしょう。

■その他のおすすめの保湿成分
・スフィンゴ脂質
・リン脂質(レシチン等)
・ステアリン酸コレステロール
・アミノ酸(グリシン・アルギニン等)
・ヒアルロン酸
・コラーゲン   など

1-2.肌の負担となりうる成分を多く含んでいないか?

肌が乾燥状態にある方は、肌がデリケートに傾いていることがあります。

できるだけ、肌負担になりやすいと言われている成分を避けることをおすすめします。

「アルコール」や「合成香料」などは、種類や配合量によっては肌への負担になってしまうこともあります。配合されている化粧品を使用する場合は必ずパッチテストを行って、問題がないか確認をしましょう。

また、「オーガニックコスメ」や「ナチュラルコスメ」などを、そのイメージから肌にもよいと考えていらっしゃる方も多いかもしれませんが、オーガニックやナチュラルのコスメが必ずしもよいわけではありません。

化粧品はどんな成分でできていても、基本的にあなたの肌に合う合わないがありますので、オーガニックコスメを使用する際も、パッチテストなどで必ず確認するようにしましょう。

2.乾燥しがちな肌への対策!肌をうるおすおすすめの保湿化粧品

今回は、肌らぶ編集部員が次のポイントをすべて満たした「乾燥しがちな肌におすすめの保湿化粧品」をご紹介します。

全ての商品にトライアルセットがありますので、自分の肌に合うかどうか是非トライアルセットから試してみてください。

<チェックポイント>
■保湿成分のヒト型セラミドが配合されているか
■その他の保湿成分も配合されているか
■肌への負担になりうる成分が少ないか

【1】ディセンシア/アヤナストライアルセット

アヤナス
価格:2,500円(+税) ⇒ 初回限定1,371円(+税)
保湿成分:ヒト型セラミド、グリセリン、ワセリン等
返品・返金保証:あり(30日間)

特徴:「ポーラ・オルビスグループ」の敏感な肌・乾燥しやすい肌向けブランドが手がけた、保湿化粧品です。

肌をすこやかに整える成分「コウキエキス」配合、「ヒト型セラミド」をはじめとした各保湿成分配合で、ゆらぎがちな肌もすこやかに保ちます。

角層のすみずみまでうるおいを与えて乾燥を防ぎながら、肌にハリを与えてくれるので、「保湿」と共に「エイジングケア*」も行えます。

さらに、外的なストレスによる肌荒れのメカニズムにも着目。
オリジナル複合整肌成分「ストレスバリアコンプレックス®」を配合し、肌荒れも防ぎます。

アルコール、香料不使用。

*年齢に応じたうるおいのお手入れのこと
(※2016年10月時点の情報です)

ディセンシア/アヤナスの詳細はこちら>>

【2】ディセンシア/つつむトライアルセット

tutumu
価格:初回限定1,362円(+税)
保湿成分:ヒト型セラミド、スクワラン、ワセリン、アミノ酸など
返品・返金保証:あり(30日間)

特徴:肌にうるおいを与える保湿成分にこだわった製法の、敏感になりやすい肌の方向けのスキンケアラインです。

「ヒト型セラミド」をはじめ、「アミノ酸」などの各保湿成分が、水分と油分が不足してデリケートに傾きがちな肌もうるおいで包み込みます。

肌を保護しつつ肌へうるおいを届けやすくする独自の技術によって、効率良く保湿のお手入れを行うことができます。

(※2016年10月時点の情報です)

ディセンシア/つつむの詳細はこちら>>

【3】小林製薬/ヒフミドトライアルセット

hihu

価格:初回限定908円(+税)
保湿成分:ヒト型セラミド、スクワラン、グリセリン、・マカデミアンナッツ種子油、ホホバ種子油など

特徴:製薬会社の視点から生まれたスキンケアラインです。

保湿成分として、ヒト型セラミド「セラミド1・2・3」とともに、「リピジュア」「グリセリルグルコシド」も配合されており、肌にしっかりとうるおいを与えます。

無香料・無着色・エタノールフリー・パラペンフリー

小林製薬/ヒフミドの詳細はこちら>>

3.肌乾燥の対策で意識すべきお手入れポイント

セラミド美容液

①肌に強い摩擦をかけない

肌が乾燥してデリケートになってしまっている方が避けるべき行動のひとつが、肌へ強い摩擦を与えることです。

例えばクレンジングや洗顔を行う際に肌を過度にゴシゴシとこすってしまうと、摩擦による負担が必要以上に皮脂を奪い、さらなる肌の乾燥につながってしまうことがあります。タオルで顔をふくときなども、乱暴にゴシゴシとこすらないように心がけましょう。

また、35度以上の熱いお湯も必要な皮脂(油分)まで落としてしまうことがあるので、乾燥が気になっている方は、クレンジングや洗顔の際は30度~35度のぬるま湯で洗うのがおすすめです。

② 「適量」を意識する

スキンケアを行う際、大切な基本は「適量」を意識することです。

それは、各メーカーが推奨している適量よりも使用量が少ないと、せっかく肌へのせても必要な成分が肌全体にまんべんなく角質層まで浸透せず、保湿化粧品のよさが実感できないことがあります。

保湿化粧品のよさを最大限に引き出すためにもまずは適量を使用することを心がけましょう。

4.乾燥肌とは

毛穴ケア クレンジング②
乾燥肌とは、一般的に、肌の水分量(うるおい)と油分量(皮脂)がともに少なく、表面がカサつきがちな肌のことを指していることが多いようです。

肌の水分量(うるおい)と油分量(皮脂)がともに少なくなると、肌の役割のひとつ、保護する役割がじゅうぶんに果たすことができなくなり、また肌自体がデリケートな状態に傾いてしまうと言われています。

つまり、肌に必要な「水分」と「油分」が不足して乾燥しがちな肌というのは、あらゆる肌悩みが起きやすい肌といってもよいでしょう。

肌の乾燥にお悩みの方は、次の肌悩みにつながる前にしっかり対処して、肌をすこやかに保つことが大事です。
あらゆる肌悩みへの対策として、水分と油分の補給=保湿のお手入れをしっかり行いましょう。

5.まとめ

乾燥しがちな肌に保湿のお手入れが欠かせません。

ぜひ、肌の水分をはさみこむ成分「セラミド」などの保湿成分を配合した化粧品でお手入れすることをおすすめします。

自分にあった保湿化粧品で上手に水分・油分を補い、うるおいに満ちたみずみずしい肌を目指しましょう。

この記事は2016年10月3日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。