メニューを開く
アスタリフト;

目的別!髪の乾かし方 -ツヤだし、ボリュームダウン・アップ、時短

髪 乾かし方
美髪になる髪の乾かし方や、ボリューム感をダウン・アップなど自分の目的にそった髪の乾かし方を知りたいと思っていませんか?

髪の乾かし方によって、翌朝の髪の扱いやすさも変わってきます。

ツヤのある髪にするための乾かし方、ボリュームダウン・アップするための乾かし方、そして、ドライヤーにかける時間を短くした方別にそれぞれ紹介していきます!


astalift
astalift

1 髪を乾かすその前に…

髪の乾かし方を見ていく前に、先に髪を乾かす前にしてほしいことがふたつあります。

1-1 タオルドライで水分をある程度とっておく

ドライヤーで髪を乾かす前にできるだけ髪の水分をとっておきましょう。

なかなか髪が乾かず熱風を当て続けると、髪が乾燥してしまい、パサつきや広がりにつながりかねません。

洗髪が終わったら手ぐしで水を払ったり、髪をまとめて軽く水分を絞るなどしておき、お風呂から出たらタオルドライでできるだけ水分を吸収させましょう。

ただ、タオルでゴシゴシと拭くとキューティクルに負担がかかってしまいます。
タオルドライは、タオルを頭皮にあてて軽く手揉みするように押していきましょう。
また、ある程度髪に長さがあれば、髪をタオルで両側からはさみ、軽く押すようにして水分を吸収させましょう。

1-2 湿気の少ない部屋に移動してからドライヤーをかける

洗面所や脱衣所はお風呂場とセットになっている家が多いですよね。入浴直後はお風呂場からの湿気で、洗面所なども湿度が高くなっています。

湿度が高い場所で髪を乾かすと時間がかかってしまいます。リビングや寝室など湿気の少ない部屋で髪を乾かしましょう。

2 ツヤのある髪を目指す基本の乾かし方

では、これからツヤのある髪を目指すための基本の乾かし方をみていきましょう。

① まずは頭皮や髪の毛の根元から乾かしていく
ドライヤー

まずは頭皮や髪の毛の根元から乾かしていきましょう。
髪の水分は重力にしたがって上から下にさがっていきます。上にある根元を先に乾かさないとなかなか全体が乾きません。
そのため長時間髪に熱風をあてることになってしまい、髪の水分が失われ乾燥してしまうのです。

頭皮に指を添えて軽く髪を浮かせ、熱風が頭皮や髪の付け根に届くようにします。
なお、ドライヤーは小刻みに揺らして1か所にずっと熱風があたらないよう気を付けましょう。
また、ドライヤーは20センチ以上離して使います。

② ドライヤーを上から下にあて毛先まで乾かす
ドライヤー

頭皮や髪の根元が完全に乾いたら、根元の先から毛先までを乾かしていきましょう。

ドライヤーは頭の上からかけて、髪にドライヤーの風が上や斜め上からあたるようにします。
そのとき髪を肩の前で集めるようなイメージでドライヤーをかけると、髪のハネや広がりが抑えられ、まとまりある髪になりやすいです。

80~90 %乾いたら、髪をかきあげつつ全体的にドライヤーをあて、まだ冷たいと感じる部分があれば乾かしましょう。

③ ドライヤーの冷風をあてて髪にツヤをだす

最後にドライヤーの冷風を使って髪にツヤを出しましょう。
頭皮や髪の根元、毛先まですべてに冷風をあててください。

冷風を当てると髪のキューティクルがキュッと引き締まり、ツヤがでるのです。
また、髪は冷たくなっていくときに形が決まっていくので、髪の流れを整えて固定することもできます。

冷風を当ててキューティクルを引き締めると、髪の水分や栄養が逃げにくくなるので、健康的で潤いある髪の維持にも大切です。

■よりツヤのある髪にするならトリートメントを活用しよう!

さらにツヤをだしたい、髪や頭皮の乾燥対策をしたいのであれば、トリートメントを使いましょう。
トリートメントはタオルドライのあとにつけて、そのあとにドライヤーをかけるのがおすすめです。

ドライヤー前に使える洗い流さないタイプのトリートメントを紹介します。

①ラサーナ「ヘアエッセンス しっとり・さらさら」
ラサーナ

ダイバーが手摘みした海藻を、収穫後24時間以内にエキス化するというこだわりの海藻ヘアエッセンスです。

水を一切含まずに作られており、オリーブオイルやアラリアエスクレンタエキスといった保湿成分が、髪と頭皮に潤いを与えてしなやかにしてくれます。
傷んだ髪の毛先まで補修してなめらかにしてくれるので、クシ通りもよくなります。

しっとりタイプとさらさらタイプがありますので、お好みで選んでくださいね。

②Mogans ディープモイストオイル
モーガンズ

天然成分100%で作られたディープモイストオイルです。
スポイト式になっており、必要な分だけとりだせるので、使い勝手も良いです。

保湿成分として、アルガンオイル、オリーブ油、ベルガモット果実油などのエッセンシャルオイルを配合しています。

オイルですが、さらっとしていてつけやすく髪や頭皮にもよくなじみます。

3 髪のボリューム感をダウン・アップしたい時の乾かし方

髪の太さや量はひとそれぞれで、髪をボリュームアップさせたいと思う人もいれば、ボリュームダウンしたいという人もいます。

髪の乾かし方で、ある程度ボリューム感を変化させることができますので、それぞれの髪の乾かし方を見ていきましょう。

3-1 髪のボリューム感をダウンさせる乾かし方

ドライヤーボリュームダウン

髪が多い、広がりやすい、クセやうねりがあるなど、髪のボリューム感をダウンさせたいのであれば、髪を下に引っ張りながらドライヤーをかけていきましょう。

頭皮や髪の根元が乾いたら、髪を手ぐしで下に引っ張るようにして、ドライヤーを髪の根元から毛先に向けてかけていきます。

髪が乾いたら、ドライヤーを冷風に切り替えて髪の流れを固定させましょう。
頭頂部を手のひらやロールブラシなどで上からおさえながら、冷風をあてます。

3-2 髪のボリューム感をアップさせる乾かし方

ドライヤーボリュームアップ

髪のボリュームをアップさせたい場合は、下を向きながら髪を乾かしていきましょう。
そうすると、全体的に髪にボリューム感がでてきます。

頭のトップにボリューム感やふんわり感をだすときは、頭頂部あたりの髪を多めに掴んで、根元を起こすようにドライヤーをかけます。
そして、そのままドライヤーを冷風に切り替えて冷ましましょう。

4 髪を早く乾かすには!

最後に、とにかく髪を早く乾かしたいとう方におすすめの髪の乾かし方とアイテムを紹介します。

4-1 タオル1枚あればいい!タオルサンド法

タオルサンド

フェイスタオル1枚で髪を早く乾かせるのがタオルサンド法です。

タオルドライした後に、乾いたフェイスタオルを頭にかぶせておこないます。ほっかむりのような感じで頭に載せますが、首の下で結ぶ必要はありません。

頭にかぶせたタオルが一度水分を吸収して、その水分がドライヤーの熱で蒸発すると、タオルの中の空気が暑くて乾いた空気になり、だいぶドライヤーの時間が短縮されるそうです。

タオルをかぶってドライヤーをかけるので、その間スタイリングはできません。
90%くらい乾いたらタオルをとってスタイリングしつつ乾かしきるといいでしょう。

4-2 吸水性に優れたマイクロファイバーのアイテムを使う

ヘアターバン

出典: マイクロファイバー吸水 ヘアーキャップ・ ヘアーターバン

マイクロファイバーは吸水性に優れた繊維です。
ドライヤーの前にマイクロファイバーのタオルでタオルドライすれば、髪の水分をより吸収してくれて、ドライヤーにかかる時間が短くなります。

また、マイクロファイバーで作られた髪に巻くターバンも販売されています。スイミングスクールに通う子供が帰り道につけているようなもので、使い方もとても簡単ですので、ひとつ持っておくと便利です。

5 まとめ

髪の乾かし方についてみてきましたが、いかがでしたでしょうか?

ツヤを出したい、ボリューム感をダウンさせたい、もしくはアップさせたいなど、髪の悩みはい人それぞれです。
また、ドライヤーに時間をかけたくないという方もいるでしょう。

髪の乾かし方を適切にすることで、日々の髪の悩みが緩和されるかもしれません。
ぜひ実践してみてください!

この記事は2016年2月3日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

 


Pocket
LINEで送る