メニューを開く

目的別!髪の乾かし方【さらツヤ髪に仕上げたい方必見】

髪 乾かし方 TOPさらさらでツヤのある髪に仕上げるために、正しい髪の乾かし方を知りたいと思ってはいませんか?

髪の乾かし方によって、翌朝の髪の扱いやすさも変わってきます。

そこで今回は、さらツヤ髪に仕上げるために知っておきたい基本の髪の乾かし方を中心に、ボリュームをアップ・ダウンして見せる乾かし方や、髪を乾かすときの時短テクなどをご紹介します!


1.基本の髪の乾かし方

髪 乾かし方それでは早速、ツヤのある髪に仕上げるための基本の乾かし方をみていきましょう。

①タオルドライで水分をある程度とっておく

ドライヤーで髪を乾かす前に、タオルを使ってできるだけ髪の水分をとっておきましょう。

タオルドライが十分でないとなかなか髪が乾かず、ドライヤーの温風を長時間あて続けることになり、髪の乾燥やパサつきの原因となることがあります。

ただし、タオルでごしごしと強く拭くのはおすすめできません。
摩擦によってキューティクルがはがれてしまう可能性があるためです。

髪をタオルで包み込むように、やさしい力加減で拭き取るとよいでしょう。

②頭皮や髪の根元から乾かしていく

ドライヤー タオルドライが済んだら、頭皮や髪の根元から乾かしていきましょう。
髪についた水分は、重力にしたがって上から下にさがっていきます。そのため、上にある根元を先に乾かすことが大切です。

頭皮に指を添えて軽く髪を浮かせ、頭皮や髪の付け根にドライヤーをあてます。

このとき、ドライヤーを髪から20cm以上離し、小刻みに揺らしながらあてて、1か所に温風があたりすぎないように気を付けましょう。

③ドライヤーを上から下にあて毛先まで乾かす

ドライヤー頭皮や髪の根元が乾いたら、徐々に毛先まで乾かしていきます。

ドライヤーは頭の上からかけて、髪にドライヤーの風が斜め上からあたるようにします。
このとき、髪を肩の前で集めるようなイメージでドライヤーをかけると、髪のハネや広がりが抑えられ、まとまりある髪になりやすいです。

80~90 %乾いたと感じたら、髪をかきあげつつドライヤーをあて、全体を乾かしましょう。

④冷風をあてる

最後に、ドライヤーの冷風を髪の根元から毛先まで、全体にあてていきましょう。

冷風を当てると髪のキューティクルがキュッと引き締まり、ツヤが出るといわれています。

また、髪は冷えていくときに形が決まると考えられているため、髪の流れを整えることも期待できます。

冷風を当ててキューティクルを引き締めると、髪の水分や栄養が逃げにくくなるので、すこやかでうるおいある髪を保つためにも大切なポイントです。

トリートメントを活用しよう!

よりつやのある髪に仕上げたいという方は、アウトバストリートメントを使ってみてはいかがでしょうか?

アウトバストリートメントとは、浴室の外で使用する洗い流さないタイプのトリートメントのこと。
タオルドライのあとにトリートメントをつけ、そのあとにドライヤーをかけるのがおすすめです。

[肌らぶ編集部おすすめトリートメント]
髪のうるおいを保ち、ツヤを与えてくれるものを選びました!

■ラサーナ 海藻ヘアエッセンス
ラサーナ 海藻 ヘア エッセンス しっとり
販売会社:株式会社ヤマサキ
容量:75ml
価格:2800円

水を一切含まずに作られたヘアトリートメント。
商品名の通り、ラミナリアオクロロイカエキスなどの海藻のエキスを保湿成分として配合しています。髪にうるおいを与え、しなやかにしてくれます。公式サイトでは、パサつきやハネなどが気になる部分からつけることを推奨しています。

公式HPはこちら(オレンジ)

2.髪をボリュームアップ・ダウンしたい時の乾かし方

髪 乾かし方髪の太さや量はひとそれぞれ。
髪のボリュームを出して見せたいと思う人もいれば、ボリュームを抑えて見せたいという人もいますよね。

ここでは、髪のボリュームをアップして見せる乾かし方とダウンして見せる乾かし方を、それぞれご紹介します。

2-1.髪のボリュームをアップして見せる乾かし方

ドライヤーボリュームアップ髪のボリュームをアップさせたい方は、下を向きながら髪を乾かすのがおすすめです。
こうすることで髪の根元が立ち上がり、ボリュームアップして見えやすくなります。

頭のトップにボリューム感やふんわり感をだすときは、頭頂部あたりの髪を多めに掴んで、根元を起こすようにドライヤーをかけます。
最後は、髪の根元がつぶれないように気をつけながら、ドライヤーを冷風に切り替えて髪の流れを整えましょう。

2-2.髪のボリュームをダウンして見せる乾かし方

ドライヤーボリュームダウン髪のボリュームをダウンさせたい方は、髪を下に引っ張りながらドライヤーをかけるのがおすすめです。

頭皮や髪の根元が乾いたら、髪を手ぐしで下に引っ張るようにして、ドライヤーを髪の根元から毛先に向けてかけていきます。

髪が乾いたら、ドライヤーを冷風に切り替えて髪の流れを整えます。
頭頂部を手のひらやブラシなどで上からおさえながら、冷風をあてましょう。

3.髪を早く乾かすための時短テク3つ

髪 乾かし方最後に、髪を早く乾かしたいという方におすすめの時短テクをご紹介します。

時短テク1.湿気の少ない場所でドライヤーをかける

髪 乾かし方髪を早く乾かすためには、湿気の少ない場所でドライヤーをかけるのがポイントです。

入浴後の脱衣所や洗面所は、浴室から流れてくる湿気で湿度が高くなりがち。
湿度が高い場所で髪を乾かすと髪の水分が蒸発しにくく、その分、乾かすのに時間がかかると考えられます。

お風呂上りに脱衣所や洗面所でドライヤーをかけるという方も多いと思いますが、髪を早く乾かしたいときは、リビングや寝室などの湿気の少ない部屋に移動してから乾かすのがおすすめです。

時短テク2.タオルの上からドライヤーをかける

タオルサンドドライヤーをかけるときに、乾いたタオルを頭にかぶせてからかけてみましょう。

タオルの上からドライヤーをかけることで、タオルが髪についた水分を吸収し、ドライヤーの時間短縮につながるといわれています。

タオルをかぶってドライヤーをかけるので、その間スタイリングはできません。
90%くらい乾いたらタオルをとってスタイリングしつつ乾かしきるといいでしょう。

時短テク3.マイクロファイバーのアイテムを使う

髪 乾かし方タオルドライの際に、マイクロファイバー素材のアイテムを使用するのもおすすめです。

マイクロファイバーとは、吸水性に優れた繊維素材のことです。
ドライヤーをかける前に、マイクロファイバー素材のアイテムで髪の水分を吸収することで、ドライヤーにかかる時間の短縮が期待できます。

タオルやターバン、ミトンなどさまざまなアイテムがあるので、使いやすいものを探してみてはいかがでしょうか。

4.まとめ

髪 乾かし方髪の乾かし方についてお伝えしてきましたが、いかがでしたか?

ツヤを出したい、ボリューム感を調整したいなど、髪の悩みは人それぞれです。
また、ドライヤーに時間をかけたくないという方もいるでしょう。

今回の記事を参考に、ぜひ自分にあった髪の乾かし方を実践してみてください!

この記事は2017年5月19日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。




【ユーザーアンケートのお願い】
今後サイトのコンテンツ向上に役立てていくためにユーザーアンケートを実施することとなりました。
簡単な12個の質問になりますので、ぜひご協力くださいますようお願い申し上げます。
>アンケートに答える

Pocket
LINEで送る