メニューを開く
2017年5月19日 更新
PR

【酵素サプリメント 】サンプル希望なら無料お試しモニターがおすすめ!

酵素 サプリメント お試し 無料 サンプル「酵素不足をサプリメントで手軽にカバーしたい!」
「酵素のサプリメントは、どの商品がいい?」
と、酵素のサプリメントを始めたいけれど、どれを買ったら良いか迷っていませんか?

そこで今回は、酵素の魅力から、酵素のサプリメントを選ぶ際のポイント、肌らぶ編集部おすすめの酵素サプリメントまでまとめてご紹介します。

無料モニターとして1週間分試せるお得な酵素サプリメントです。
年齢を重ねても、いきいきと気持ちよい朝を迎えたい方に、本当におすすめしたい酵素サプリメントですので、ぜひチェックしてみてくださいね。

※健康のためには、正しい食生活と適度な運動が必要です。健康食品は、不足を補う食品として目安量を参考に、摂りすぎに気をつけましょう。


1.人間の体に「酵素」が必要な理由

酵素 サプリメント お試し 無料 サンプルもともと人間の体には、「消化酵素」と「代謝酵素」の2種類の酵素が存在すると考えられています。

「消化酵素」は、食べ物から摂った栄養をエネルギー源として消化・吸収するために必要といわれています。

「代謝酵素」は、呼吸をはじめとした生命活動、吸収した栄養をエネルギー源に変える代謝、神経やホルモンのバランス調整などさまざまな体内の働きにとって重要なものといわれています。

酵素は、私たちの毎日の活動と健康な体を支えていると言っても過言ではありません。

しかし、酵素は加齢、生活習慣、ストレスなど、さまざまな原因で減ってしまうことがあると言われています。
そのため、第三の酵素である、「食物酵素」を積極的に摂ることが健康サポートになるとして注目されているのです。

2.酵素不足を補う味方~酵素サプリメント

酵素 サプリメント お試し 無料 サンプル第三の酵素である「食物酵素」を積極的に摂ることは、年齢を重ねてもすこやかな毎日を送りたい方にとって、おすすめの健康法のひとつです。
不足が気になる方は、食生活を見直し、どうしても足りない部分はぜひ酵素サプリメントを上手に取り入れて、不足を補っていきましょう。

食物酵素は生の野菜や果物などから摂ることができます。

しかし、近年の日本人の食生活では、平均すると、野菜も果物も目標とされている量は満たされていないといわれています。

参考として、野菜と果物の1日に摂りたい目安量

生野菜350g + 果物200g

について具体例をご紹介します。

①1日に摂りたい野菜の量 350g

野菜は、1日に350g が目標と言われています。350g分の野菜の例をご紹介します。

【野菜350gの例】

トマト 約3.5個(中1個100gとして)
セロリ 約3.5本(1本100gとして)
大根 約0.4本(1本800gとして)
ねぎ 約2.3本(中1本150gとして)
レタス 約0.8個(中1個450gとして)

1つの食材から摂る必要はないので、いくつかの野菜を組み合わせてとればよいのですが、とはいえ、すべて生で摂るというのはなかなか難しいのではないでしょうか。
しかし、酵素は48度以上の加熱をしてしまうと活性が失われるとされているので、加熱調理した野菜では酵素は期待できません。

毎日の食生活を振り返り、生野菜をあまり食べていないなと感じる方は、サプリで酵素を補うのもおすすめです。

②1日に摂りたい果物の量 200g

果物は、1日に200g の摂取が目標と言われています。200g分の果物の例をご紹介します。

【果物200gの例】

みかん 約2個 (1個100gとして)
もも 約2個 (1個100gとして)
さくらんぼ 約33粒 (1粒6gとして)

果物を毎日食べる習慣のある方ならそれほど難しくない量ですが、ふだんから毎日果物を食べる習慣がない方は難しいかもしれませんね。
食後のデザートに果物を摂る習慣を身につけたり、おやつの代わりに果物を食べるようにするなどの習慣を身につけなければならないでしょう。

酵素 サプリメント お試し 無料 サンプル350gの生野菜と200gの果物を毎日欠かさず摂るというのは、毎日ミキサーでジュースをつくるなどの工夫や手間、費用が必要になることもあるかもしれません。

不足気味だなと感じる方は、サプリメントやドリンクなどで酵素を補う方法も、時には活用するとよいでしょう。
上記の量を1日で摂ろうとすると、毎日生の野菜や果物を摂取するのは、時間や手間、食材の費用を考えても、負担になってしまいますよね。

3.酵素サプリメントを選ぶ3つのポイント

酵素サプリメントを選ぶ際に参考にしていただきたいポイントを3つご紹介します。購入前にぜひチェックしてください。

①非加熱で処理されたサプリメントであること

酵素 サプリメント お試し 無料 サンプル酵素は、48度以上に熱すると活発性が失われるといわれているため、製造過程で熱を使わずに処理しているかを確認するのがおすすめです。

サプリメントの形状には、粒状のものだけでなく、ペースト状のものもあるので、幅広い種類のなかからチェックするとよいでしょう。

②生産方法・原材料が明瞭なこと

酵素 サプリメント 選び方 お試し 無料 サンプルサプリメントがどのような環境で生産されているかなど、気持よく飲み続けるためにも確認してください。

サプリメントは、毎日飲むからこそ、その品質にもこだわることが大切です。

商品の紹介をよく見て、サプリメントの生産される環境や、どのような原材料を使っているのかなど、意識してチェックしてみてください。

③継続的に続けられる価格であること

酵素 サプリメント お試し 無料 サンプル健康的な毎日のサポートとして利用する酵素サプリメントだからこそ、毎日飲むことを習慣づけることが必要になります。

そのため、毎日飲むことを考えたとき、金額的に無理がないかどうかも、考慮して選んでください。

4.肌らぶ編集部おすすめ 酵素サプリメント

酵素 サプリメント お試し 無料 サンプル「すっきりすこやかな朝を迎えたい」
「軽やかに活動的な毎日を送りたい」
「食生活で不足しがちな栄養を補いたい」
「ダイエット中の食生活のサポートとして取り入れたい」
「大地の豊かな恵みをマタニティライフに取り入れたい」

などの気持ちから、食生活のサポートとして酵素サプリメントを検討されている方へ、肌らぶ編集部がおすすめしたい酵素サプリメントをご紹介します。

果実類、根菜類、穀類、海藻類などの原材料を使い、3年3ヵ月以上の時間をかけてじっくり熟成させたというおすすめの酵素サプリメントです。
太陽と大地と海の恵みを原料にしながら、食生活で不足しやすいビタミン、ミネラル、食物繊維、ポリフェノール、アミノ酸、乳酸、酢酸、たんぱく質などの栄養を手軽に補えるのも魅力のひとつです。

万田酵素プラス温 お試しセット(8日間分)
万田酵素お試し 無料モニター

万田酵素1包容量:2.5g×8包(約8日分)
価格:お試しセットは無料(初めての方限定・1世帯1回限り)※
形状:ペーストタイプ
販売:万田発酵株式会社

カロリー:1包2.5gあたり約6kcal

※通常価格:31包入り6,000円(+税) お得に購入できる定期コースもあります。

万田酵素 サプリメント

酵素サプリメント【万田酵素プラス温】商品特長

万田酵素は、3年3カ月もの年月をかけて熟成・発酵させてつくられています。

3年3カ月の過程では、選ばれた果物・穀物・海藻・野菜などの素材が、それぞれの旬の時期に合わせて素材一品ずつ樽に加えられていき、さらに、職人が手作業で樽をかき混ぜ、その日の天候に合わせてきめ細かく温度を管理するといいます。

原料は皮も種も、なにひとつ捨てることなく使い、栄養を一切無駄にしないことを大事に考えつくられています。

原材料は、すべて国内産で、自社農園と国内を中心に採集し、製造も国内で行われている、国産のサプリメントです。
元禄時代から10代続いた老舗酒屋をルーツに持つという、万田発酵の経験と知識がつまっているところも魅力のひとつです。

酵素サプリメントが初めての方には特にうれしい、約8日分のお試しセットが試せる無料モニターがあります。

>>「万田酵素プラス温」公式HPはこちら

酵素サプリメント【万田酵素プラス温】レビュー

万田酵素プラス温を実際に飲んでみました。

栄養がぎゅっと凝縮したことを感じさせる黒っぽい色が印象的です。甘いおみそのような味でした。
水で薄めることなく、つくられた濃厚感のある商品です。

体を温めるといわれているしょうがが配合されているので、冷えが気になっている女性などには特にうれしいかもしれません。

(個人の感想です)

>>「万田酵素プラス温」公式HPはこちら

5.酵素サプリメント まとめ

酵素 サプリメント 万田酵素 お試し 無料 サンプル酵素とは何かから、酵素のサプリメントの選び方やおすすめの酵素サプリメントなどまとめてご紹介しました。

すっきりすこやかな毎日は、年齢を重ねても送ることができます。

酵素を意識した食生活を送ることは、自分でできる生活改善のひとつではないでしょうか。

酵素サプリメントは、そんなあなたの食生活をサポートしてくれる頼もしいアイテムです。ぜひ、上手に活用していきましょう。

酵素サプリメントを選ぶ際は、ぜひ購入前にサンプルやお試しセットを利用してから、納得のいく商品を選んでくださいね。
日々の食生活を補うために、毎日飲むものですから、納得して自分にあうものを選びましょう。

※健康のためには、正しい食生活と適度な運動が必要です。健康食品は、不足を補う食品として目安量を参考に、摂りすぎに気をつけましょう。

この記事は2017年5月19日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。