メニューを開く
アスタリフト;

魅力的な目元を演出する!アイラインの引き方とは?

アイライン 引き方
「自分の目元に合わせたアイラインの引き方が分からない・・」とお困りではありませんか?

アイラインは引き方が難しいように感じますが、実は3つのポイントを押さえるだけで簡単かつキレイに仕上げることができます。

そこで今回は、アイラインの上手な引き方についてご紹介します。



富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。
astalift

1.アイラインの引き方

アイラインを引くと、瞳に最も近い場所にある上まつげの根元が黒く埋まるので、瞳の大きさが増して見え、瞳をくっきり見せることができます。

さらに、まつげの密度を高く見せることも期待できるのです。

1-1.【基本】アイラインの引き方

どの角度から見ても美しく、キレイなアイラインの引き方をご紹介します。

■用意するもの

・アイライナー
・綿棒

■アイラインを引く部分

アイライン02

アイライン01

1.まぶたを軽く引っ張り、アイライナーでまつ毛とまつ毛の間を埋めることを意識しながら「目尻⇒中央」「目頭⇒中央」へ向かってアイラインを引いていきます(アイラインは一気に引かず、少しずつ動かすのがポイントです。)
16airainn

2.はみ出した部分を綿棒で落とします
15アイライン

3.次に「黒目⇒目尻」「目頭から黒目」の順に、まつげの上のふちを引いてアイラインを整えます(目尻を引く際は5㎜ほど長めにするのがポイントです。「目頭から黒目」は細めに描きましょう。)
13airainn

4.長く引いたラインの終点から目尻の最先端へ「く」の字に筆先を折り返すように細い線でつなげて中身を塗りつぶします
3アイライン

5.アイライナーが完全に乾ききる前に綿棒でラインを軽くなぞります(これで肌とアイラインがしっかりと密着します。)
15アイライン

■もっと奥行きを出したい場合

もっと奥行きを出したい場合やタレ目に見せたい場合は、下まぶた3分の1の部分に締め色(ブラウン系)のアイシャドウをのせましょう。

奥行きが出て目元全体を大きく見せることが期待できます。

11アイライン

1-2.アイラインを引く際の注意点

■目元を傷つけないよう意識する
■目元に異常を感じる際はアイメイクを控える

アイラインを引く際は、目元を傷つけないように気をつけましょう。

特にラメ入りのアイライナーは、目の中に入ってしまうと目を傷つけてしまう恐れがあります。

また、目元は非常に繊細なので、調子が悪いときのアイメイクは控え、違和感がある場合は専門医に相談しましょう。

Pocket
LINEで送る