メニューを開く
アスタリフト;

おでこニキビを治したい方必見!3つの原因と正しいケア方法

おでこ ニキビ 原因

おでこにできる、しつこいニキビ。「何でできるんだろう・・・。原因って何?」と疑問に感じてはいませんか?

おでこのニキビは目立ちやすいからこそ、できた時はつい前髪で隠したくなっちゃいますよね。

おでこニキビの原因はさまざまで、再発もしやすく、なかなか治りづらいものです。

しかし、おでこのニキビは原因を正しく理解して、適切なケアを行うことで綺麗に改善させることも可能です。

そこで今回は、おでこニキビの原因と治し方、今すぐ始められるケア方法と予防法をご紹介します。おでこにニキビができやすい方や、原因が知りたい方はもちろん、治したい方もぜひ参考にしてみてください。


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.おでこニキビの3つの原因

おでこ ニキビ 原因

おでこニキビができる原因は、大きく3つに分けられます。

まずは自分に当てはまる原因を確認してみましょう。

◆おでこニキビの原因①【過剰な皮脂分泌】

おでこ ニキビ 原因

おでこにできるニキビの原因の1つ目が、過剰な皮脂分泌です。

過剰な皮脂分泌にはさまざまな原因があげられますが、特に10代から20代前半の思春期の頃は年齢的にホルモンの影響を受けやすいため、皮脂腺が刺激されて皮脂が過剰に分泌されてしまうことがあります。

そのため思春期ニキビは、皮脂腺が多いとされているおでこや鼻のTゾーンに、ニキビができやくなっているのです。

また大人になってからでも、オイリー肌や混合肌の人、また男性の多くはTゾーンに過剰な皮脂分泌が見られます。

そのため思春期であっても大人になっても、おでこはニキビができやすい場所なのです。

◆おでこニキビの原因②【肌への摩擦や直接的な刺激】

おでこ ニキビ 原因

肌への摩擦や直接的な刺激もおでこにニキビができる原因のひとつになります。

肌に刺激が加わると、肌を守るために角質が分厚くなったり、毛穴詰まりを招いたりしてしまうのです。

とくにおでこは前髪が当たりやすかったり、ワックスやスプレーが付きやすかったりするので、ニキビができやすくなってしまいます。

下記は、おでこへの摩擦や刺激の具体例です。

・前髪がおでこにかかっている
前髪をおろしていると、常におでこに刺激が加わっている状態になります。
・メイクが落としきれていない
落としきれていないメイク汚れは、肌への刺激となります。
・シャンプーやリンスなどの整髪料が肌にのこっている
洗顔後にシャンプーなどを流すと、肌に整髪料が残り毛穴に詰まる可能性があります。

◆おでこニキビの原因③【生活習慣の乱れ】

おでこ ニキビ 原因

普段の生活習慣の乱れもおでこニキビの原因のひとつになります。

生活習慣が乱れると肌の免疫力が低下して、肌が刺激を感じやすくなります

またホルモンバランスの乱れを引き起し、皮脂の分泌を促す男性ホルモンが多く分泌されてしまうのです。

その結果、ニキビの原因につながります。

下記は、生活習慣の乱れの具体例です。

食生活が乱れている
特に脂っこいものや甘いものを多く摂ると、皮脂を抑えるホルモンが減少しやすくなります。
・ストレスがたまっている
ストレスがたまると男性ホルモンが活発になります。
・睡眠不足になる
睡眠不足はストレスとなり、ホルモンバランスを乱します。

2.おでこニキビを改善しよう!正しいケア方法

おでこ ニキビ 原因

自分のおでこニキビの原因は見つかりましたか?

原因は人それぞれですが、おでこニキビの改善のためにできるケア方法は、基本的には同じです。

ではできてしまったおでこニキビの改善を目指して、まず家でできる正しいおでこニキビケアを見ていきましょう。

2-1.ニキビケアができる化粧品を使う

おでこ ニキビ 原因

おでこニキビケアとして普段のスキンケアには、ニキビケアができる化粧品を選ぶことをおすすめします。

①ニキビ肌向けの化粧水・乳液を使う

まずはいつも使っている化粧水と乳液に、ニキビ肌向けのアイテムを取り入れてみましょう。

ニキビ肌向けのスキンケアアイテムには、大きく分けて3種類があります。

★薬用化粧品★

おでこ ニキビ 原因

1つ目は、薬用化粧品と呼ばれるスキンケアアイテムです。

薬用化粧品は医薬部外品に分類され、ニキビの炎症を鎮める効果がある成分が含まれています

医薬品ほどではないですが、一般的なスキンケアアイテムよりもニキビを改善するために有用なアイテムだと言えるでしょう。

★オイルフリー★

おでこ ニキビ 原因

2つめは、オイルフリーのスキンケアアイテムです。
化粧品には、基本的に油分(オイル)が含まれていることが多いです。

しかしオイルは皮脂と同じように、ニキビの原因になるアクネ菌のエサになってしまう可能性があります。

そこでオイルフリーのスキンケアアイテムを選ぶことは、おでこニキビの予防対策として期待できるとされています。

オイルフリーと記載されたスキンケアアイテムを、探してみましょう。

★ノンコメドジェニック★

おでこ ニキビ 原因

3つめは、ノンコメドジェニックのスキンケアアイテムです。
ノンコメドジェニックとは、ニキビの原因になるアクネ菌のエサになりにくい油分が配合された化粧品の事を指します。

そのため、油分が入っている化粧品ではあるものの、ニキビの発生を防げるアイテムだと言われているのです。

ノンコメドジェニックテスト済と記載し販売されているので、お店で探してみてください。

※すべての人にニキビができにくくなるという保証があるわけではありません。

②ビタミンC誘導体配合の美容液を取り入れる

おでこ ニキビ 原因

おでこニキビケアのために、ビタミンC誘導体が配合された美容液を取り入れることをおすすめします。

ビタミンC誘導体には、ニキビの炎症を抑える抗炎症作用、皮脂の分泌量を調節する皮脂分泌抑制作用があります

また美容液は成分が濃縮して配合されており、同じ成分が配合された他のアイテムよりも効果を感じやすいとされています。

そのためビタミンC誘導体は、美容液から取り入れることをおすすめします。

ビタミンC誘導体配合は、成分表には「リン酸アスコルビルマグネシウム」「テトラヘキシルデカン酸アスコルビル」「APPS」などと記載されています。

商品の裏の成分表をチェックしてみましょう!

2-2.正しい洗顔を行う

おでこ ニキビ 原因

正しく洗顔することも、おでこニキビケアの基本となります。

正しい洗顔で、余分な皮脂や古い角質・汚れなどを落としておでこニキビを予防するためにも、一度普段の自分の洗顔を見直してみましょう。

では、おでこニキビのための正しい洗顔の5つのポイントを、手順を追ってご紹介します。

①手をキレイに洗う

おでこ ニキビ 原因

洗顔をする前に、まず手をキレイに洗いましょう。
色んなものに触っている手には、目には見えない汚れがついてしまっています。

その汚れをおでこや肌につけてしまわないように、最初に手を清潔な状態にしましょう。

②ぬるま湯で洗う

おでこ ニキビ 原因

洗顔するときは、30℃程度のぬるま湯で洗いましょう。

ぬるま湯で洗うことで毛穴が開きやすくなり、おでこニキビの原因になる、毛穴にたまった皮脂や汚れも落としやすくなります

洗顔をする時には、水温にもこだわってみましょう。

③Tゾーンから洗う

おでこ ニキビ 原因

洗顔料を泡立てたら、おでこと鼻のTゾーンから洗っていきましょう。

顔には、部分によって皮脂が多い所と少ない所があります。

そのため皮脂が多い部分はしっかりと、少ない部分は軽めに落とすために、皮脂の多いTゾーンから泡をのせていきしょう。

次に、比較的皮脂が少ない頬やフェイスラインを、優しくマッサージするように洗ってください。

目元や口元は皮膚が薄く繊細な部分のため、最後に泡をのせてあげるだけで、あまりこすらないように気を付けましょう。

④しっかりすすぐ

おでこ ニキビ 原因

おでこニキビの原因になりうる「すすぎ残し」には気をつけましょう。
特にこめかみや髪の生え際はすすぎ残しの多い部分です

洗顔料をキレイに洗い流すために、20回~30回かけてキレイにすすいでください。

時々鏡を見てチェックすると、すすぎ残しも少なくなるでしょう。

⑤水分を押さえるようにふき取る

おでこ ニキビ 原因

洗顔が終わったら、顔の水分をやさしく押さえるようにふき取りましょう。

ゴシゴシとタオルで拭いてしまうと、肌に刺激になってしまいます。
また炎症を起こしているニキビがある部分をそのように拭いてしまうと、ニキビを悪化させる原因になりますので、優しく扱ってあげてください。

洗顔は最後まで、「肌に優しく」を意識して行うようにしましょう。

2-3.正しい保湿を行う

おでこ ニキビ 原因

おでこニキビのためには、正しい保湿ケアも大切にです。

洗顔後は、特に肌が乾燥しやすい状態になっているため、素早い保湿が必要になります

適量の化粧水を数回に分けてつけて、しっかりと肌に水分を与えてあげましょう。

化粧水の後は乳液やクリームを使って、肌から水分が逃げないようにフタをします。

自分の肌に合った、化粧水+乳液・クリームを1セットとして、毎日の保湿ケアを行いましょう。

また美容液を取り入れる際は、化粧水と乳液の間に使うようにしてください。

3.おでこニキビを綺麗に治したい時は病院で治療しよう

おでこ ニキビ 原因

おでこニキビの改善のためのケア方法をお伝えしましたが、それでもなかなか改善されないニキビがあるかもしれません。

そんなニキビを治すためには、一度専門医を受診してみることをおすすめします

ニキビの治療を専門的に行っている病院もあり、家ではできない治療法や薬も紹介してもらえるでしょう。

4.おでこニキビをつくらせない!正しい予防方法

続いて、新しくおでこニキビを作らないための正しい予防方法をご紹介します。

おでこニキビを予防するためには、生活習慣を見直し改善することが大切になってきます。

おでこニキビの予防対策のためにできる生活習慣をひとつずつでも取り入れるように心がけてみましょう!

4-1.ストレスをためない

おでこ ニキビ 原因

ストレスをためないことが、おでこニキビの予防対策として重要になります。

ストレスが原因で分泌されやすくなる男性ホルモンは、皮脂の分泌量を増やしたり角質を厚くさせたりすると言われています。

そのためニキビができやすくなってしまうのです。

男性ホルモンを抑えるためにも、友達とお喋りしたりスポーツしたり、自分なりの発散方法を見つけて、ストレスをため込まないようにしましょう。

4-2.しっかり睡眠をとる

おでこ ニキビ 原因

おでこニキビの予防対策には、睡眠も重要になってきます。

特にゴールデンタイムと呼ばれる、22時~翌2時までの時間に睡眠に入ることがポイントです。

このゴールデンタイムには成長ホルモンが分泌されるため、古い角質から新しい角質への肌の生まれ変わり(ターンオーバー)が活発になります。

仕事などで夜更かししてしまった時は、ベッドに入ったら早く深い眠りにつけるように体を適度に温める、睡眠を妨げると言われている携帯電話の光を見ないようにするなど、工夫をするようにしてみてください。

4-3.おでこを清潔に保つ

おでこ ニキビ 原因

おでこニキビの予防対策として刺激を与えないために、おでこは清潔に保ちましょう。

おでこにかかる前髪は、家にいる時だけでも上げて過ごすことをおすすめします。

前髪以外にも、枕カバーや顔を拭くタオルなどを清潔に保つようにしましょう

枕カバーは、毎日同じものを使い続けていると、目には見えない菌が増え続けています。

その菌が肌に移ると刺激となってしまいます。

タオルも同じように、洗顔後や汗を拭く用に使うものは、清潔なタオルを使用するようにしてください。

4-4.栄養素を意識した食事を摂る

おでこ ニキビ 原因

おでこニキビの予防対策には、普段の食事から肌のために良いとされている栄養素を、意識して摂るようにしましょう。

おでこニキビのために摂りたい栄養素は、ビタミンとミネラルです。

★ビタミン★
ビタミンの中でも注目したいのが「ビタミンB」です。

ビタミンBには皮脂の分泌量を調整してくれたり、肌の生まれ変わりのリズムを整えたりする役割があります。

ビタミンが含まれる食材は、ヨーグルト・レバー・アーモンド・にんにく・豚肉・まぐろなどです。

★ミネラル★
ミネラルにはビタミンBと同じように、皮脂の分泌量を調節する働きがあります。

ミネラルは、牡蠣や卵・大豆・牛肉・豚レバーなどの食材に含まれているので、チェックしてみましょう。

5.ニキビができるメカニズムとは

おでこ ニキビ 原因

ニキビは、過剰に分泌された皮脂と肌に残った古い角質によって、毛穴が詰まってしまうことで発生します。

毛穴にたまった皮脂が、肌表面に残った古い角質と混ざって毛穴に詰まり、角栓ができてしまうのです。

角栓ができると毛穴にフタをしてしまうため、毛穴から出ていくはずの皮脂が閉じ込められてしまいます。

そして皮脂がたっぷりたまった毛穴の中で、ニキビ発生の原因菌であるアクネ菌が増殖していきます。

その結果、ニキビができてしまうのです。

そのため、ニキビを防ぐためには過剰な皮脂分泌を防ぐこと、古い角質をためないことが大切になります。

6.まとめ

おでこニキビの原因とケア方法をご紹介しました。

みなさんのおでこニキビの原因は見つかりましたか?

すぐにでも始められるおでこニキビ対策もあるので、つるつるおでこを目指してできることから始めてみてください!

この記事は2016年9月29日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る