メニューを開く
アスタリフト;

「ふるさと青汁」は好評?悪評?実際に試して口コミを検証! 

ふるさと青汁シニア世代ばかりではなく、周りの美容への意識の高い女子たちの間でも青汁を飲んでいる人がいることを知り、ネットで調べてみると、なんてたくさんの青汁商品があるのでしょう!

青汁はもはや健康のための地味な飲み物ではなく、もっと攻めの姿勢で美容や健康をめざしている人たちのアイテムなんだなということを感じさせられました。

その数ある青汁の中から、今回は「ふるさと青汁」を飲んでみました。感想を口コミとしてご紹介しますので、青汁選びの参考にしてください!


富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

1.口コミ・レポート:「ふるさと青汁」を飲んでみた!

青汁といえば大麦若葉をメインしたものが多い中、「ふるさと青汁」は八丈島産の明日葉を主な原料としています。
パッケージはこちらです。
ふるさと青汁パッケージパッケージはわりと地味な印象です。パッケージを開けると、こんな感じです。
ふるさと青汁包やっぱり地味です。お茶みたいです。
明日葉を主な原料とした「ふるさと青汁」は、一般的な大麦若葉を原料とした青汁とは粉の色が違います。

左が「ふるさと青汁」で、右は大麦若葉系の他社商品です。「ふるさと青汁」の色が濃くて、茶色っぽいのがおわかりいただけると思います。
青汁粉末比較

香りには、木のような、かわいたハーブティーのような香りが感じられます。
水に溶くとこんな感じです。
ふるさと青汁水くすんだ深緑色、という感じです。香りに青臭さはまったくありません。抹茶の香りが強い青汁が多い中、この「ふるさと青汁」は、木のような、乾燥させた草のような、優しい香りが強く感じられます。

味にも野菜っぽい青臭さはありませんが、ちょっと苦みは感じます。これはめずらしい!
大麦若葉系の青汁には、ほとんど苦みはなく、粉末の青汁商品はそちらが主流のようですが、ようやく苦い青汁に出会えました。

大麦若葉系の青汁は「あっさり」、「すっきり」した味のものが多い一方で、明日葉が主原料の「ふるさと青汁」の苦みは個性的と言えます。

ただ、苦いとは言っても、後味にちょっと感じる程度なので、緑茶や抹茶ドリンクが好きな人なら、むしろおいしく感じると思います。

(※すべて個人の感想です。)

公式HPはこちら(オレンジ)

2.「ふるさと青汁」の原料

青汁商品には、何十種類も原料が配合されているものもありますが、「ふるさと青汁」の原材料はシンプルです。

パッケージの裏の表記を見ると、次の6種類です。
・明日葉茎末
・難消化性デキストリン
・直鎖オリゴ糖
・あしたば根末
・桑の葉末
・大麦若葉末

明日葉は八丈島産、桑の葉は島根県産、大麦若葉は熊本県産と記載されています。産地や栽培へのこだわりが感じられます。
ふるさと青汁パッケージ裏

味わいのほのかな苦みは、明日葉の苦みでしょうか。明日葉はセリの仲間なので、野菜として食べても、苦みがあるそうです。
私はお茶も濃い方が好きですし、コーヒーもよく飲むので、「ふるさと青汁」の苦みには好感を持ちました。

(※すべて個人の感想です。)

3.こんなアレンジもおすすめ

「ふるさと青汁」は、味わいや香りに特徴があるので、はまる人だったら、あきずに飲み続けられると思います。ノンカフェインの緑茶という感じで、日常的に使えますよ。

でも、この苦みが気になるという方には次のようなアレンジもおすすめです。
ふるさと青汁ミルク水のかわりに、牛乳で混ぜてみました。
独特の木のような香ばしい香りが感じられますが、苦みはほとんど感じなくなります。抹茶ミルクに似た味わいです。
これだったら、苦いのが嫌いな人でも大丈夫だと思います。
ふるさと青汁ヨーグルト次はこちらです。
ヨーグルト100gくらいに、「ふるさと青汁」1包の半分ほどかけて混ぜました。粉が濃い部分は、ちょっと苦みを感じますが、混ぜれば抹茶味のヨーグルトです。
ヨーグルトを毎日食べる習慣がある人に、おすすめの食べ方です。

4.「ふるさと青汁」口コミまとめ

「ふるさと青汁」は個性的な苦味が特徴の、青汁らしさのある商品だと思います。
せっかく青汁を飲むのだから、青汁らしいものを飲みたいという人におすすめの商品です。

「まずい!もう1杯!」というCMを子供の頃に観て、青汁というものを知った世代の私にとっては、すっきりとほの甘く調整された青汁はちょっと物足りない感じもしていたので「ふるさと青汁」に苦みを感じることができたのは、うれしかったです。

ふるさと青汁
八丈島産あしたばを主な原料にした青汁です。ほどよい苦みがくせになります。
ふるさと青汁宣材販売元:有限会社マイケア
価格:通常価格 3,800円(税別)/とくとく便 3,420円(税別)
内容量:一箱30包
公式HPはこちら(オレンジ)

 

【関連記事】
私にぴったりの青汁を探す!青汁お試し10選
飲みやすいと評判のフルーツ青汁、口コミ情報
青汁は通販で購入する!おすすめ9選とお得に賢く青汁を飲むポイント

この記事は2016年11月11日時点(最終更新日)での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る