2017年5月22日 更新
PR

青汁で注目の「明日葉」とは?!特徴と商品レビューのご紹介

青汁 明日葉TOP「青汁に入っている明日葉ってなに?」「明日葉を使った青汁ってどんなものがあるの?」そんな疑問をお持ちではありませんか。

明日葉は栄養が豊富で青汁にもよく使われており、生活習慣が気になる方や、美容を気にされている方から注目されています。

今回は、そんな明日葉の特徴や、肌らぶ編集部おすすめの商品などをご紹介します。

※健康のためには、正しい食生活と適度な運動が必要です。
健康食品は、不足を補う食品として目安量を参考に、摂りすぎに気をつけましょう。




1.明日葉とは

明日葉はセリ科の野菜で、「摘んでも明日には新しい芽がでることから明日葉という名がついた」と言われる、とても繁殖力のある野菜です。

カロテン、ビタミンC、食物繊維などを豊富に含むと言われていますが、なかでも、明日葉特有の成分とされる「カルコン」は、健康をサポートする成分として注目を集めています。

豊富な栄養素を含む明日葉は、食生活が乱れがちな現代人にとって、不足した栄養を補う魅力的な食材であると言えそうです。

2.なぜ青汁に明日葉を入れるのか

青汁 明日葉明日葉を日常的に楽しむ方法の1つとして、明日葉入りの青汁を飲むこと挙げられます。青汁で摂取するメリットは、主に次の3つが考えられます。

①地域に関わらず手軽に摂取できる

明日葉は伊豆諸島の特産物だと言われていますが、全国どこのスーパーにも置いてあると言うわけではなく、お住まいの地域によってはなかなか手に入れるのが難しいと考えられます。

そうなると、なかなか習慣的に食べるのは大変だと言えるでしょう。

②明日葉の苦味が苦手でも飲みやすい

明日葉は、苦味と独特の香りがあると言われています。

調理の際に工夫をすれば、苦味や臭みをやわらげることは可能ですが、毎回明日葉を食べやすくするレシピに頭を悩ますのも大変ですよね。

どんなに健康に良くても、苦味や臭みが気になったり、手間がかかったりすると、毎日続けるのは大変です。

しかし、青汁であれば、最近では飲みやすさを工夫したものも多いので、手軽に美味しく栄養を摂取できるでしょう。

③栄養が失われずに摂取できる

明日葉に含まれる栄養素のなかには、熱や水に弱く、茹でるとお湯に溶け出してしまうものもあるため、料理の仕方によっては、せっかくの豊富な栄養を摂り入れにくいことがあります。

さらに、一般的に青汁には明日葉だけでなく、他にも栄養豊富な野菜(ケール、大麦若葉など)が同時に含まれています。

栄養が失われないように意識した製法で作られているものもあるので、一杯の青汁の中に、栄養が凝縮していると言えるでしょう。

3.明日葉入り青汁の選び方

青汁 明日葉明日葉の入った青汁はいくつかありますが、選ぶ際のポイントをご紹介します。

・原材料の産地などの説明がある

毎日体の中に入れるものなので、どこで採れた原材料が使われているかは気になるポイントです。

粉末になってしまっては、どこの明日葉を使ったものか分からないので、原材料がどこで採れたものか、きちんと説明がある商品を選びましょう。

・飲みやすいと感じる

明日葉は、そのままでは独特のにおいと苦味があると言われています。そのため、毎日おいしく飲めるかどうかも青汁選びのポイントです。

商品によっては、飲みやすさを工夫しているものがあるので、商品の詳細ページで飲みやすさについて触れられているかを確認したり、購入者の口コミを参考にしたりしてみましょう。

※飲みやすくするために、甘味料が使われ、カロリーが高くなることがあるので、目的によっては、1杯当たりのカロリーにも注意してください。

・続けられる価格である

青汁は、一般的には継続して飲むことが基本になります。そうなると、どれくらい青汁の費用がかかるかも重要なポイントとなります。

あまりに高すぎて続けられないのではもったいないので、含まれている栄養はもちろんのこと、価格も一回あたりの金額を計算してみると良いでしょう。

参考として、毎日の食事で不足しがちな栄養の補助として期待できる、明日葉を含んだ肌らぶ編集部おすすめの青汁をご紹介します。

~肌らぶ編集部おすすめ商品~

■極の青汁

青汁 ランキング(極の青汁)販売会社サントリーウエルネス株式会社

販売価格
30包 1回のみ 3,600円(税抜)+送料
30包 定期お届けコース 3,240円(税抜)
90包 1回のみ 9,000円(税抜)
90包 定期お届けコース 8,100円(税抜)
※2017年3月時点の情報です。

【肌らぶ編集部コメント】
産地や品種、農法にこだわり、生産された国産素材を使って製造されています。こだわりぬいた素材を、新鮮なうちに青汁に加工しています。新鮮なうちに加工することで、野菜の持つ本来の栄養をギュッと青汁に凝縮させています。

栄養豊富な明日葉や大麦若葉だけにとどまらず、野菜ポリフェノールの「ケルセチン」と「フラクトオリゴ糖」も配合されており、栄養がより摂りやすくなっているのが特徴です。

ほんのり甘みのある抹茶風味で、水や牛乳にもダマにならずに溶けて、飲みやすいです。

公式HP

4.青汁を飲む際の3つの注意点

青汁 明日葉青汁は、健康的な飲み物の代名詞ですが、飲む際には3つ注意点があります。

人によっては、青汁を控えた方が良い場合もあるので、これから青汁を飲み始めようとお考えの方は確認するようにしてください。

・病院にかかっている場合、医師に相談する

持病があり通院している方や、過去に病気を経験している方、薬を飲んでいる方などは、場合によっては青汁を控えたい方がよいと言われています。

青汁を飲む前に、かかりつけの医師などに相談しましょう。

・摂取量を守る

1日の健康サポートのための目安となる摂取量が各メーカーで定められています。

多く摂るほどよいということでもないので、健康を維持するためにも、目安量を守って摂取することをおすすめします。

・青汁は食事の補助として活用する

青汁は栄養豊富な原料を使って作られていますが、健康な体の基本は、毎日の食事からの栄養と、適度な運動といった、規則正しい生活が基本です。

青汁は、あくまで毎日の栄養補給の補助をするものと考え、食生活や生活習慣を見直すこともおすすめします。

5.明日葉の5つの主な成分と特徴

青汁 明日葉明日葉は豊富な栄養素を含んでいることに加え、明日葉ならではの栄養成分もあると言われています。

明日葉に含まれる代表的な5つの成分についてご紹介します。

1.カルコン

明日葉の特に注目の成分「カルコン」とはポリフェノールの一種で、見た目の色や特徴から「黄金のポリフェノール」と呼ばれています。

明日葉特有の成分だと言われています。

2.カリウム

明日葉に豊富に含まれている「カリウム」は、必須ミネラルのひとつです。

すこやかな体をサポートしてくれると言われています。

3.食物繊維

青汁 明日葉明日葉は一般的に不足しがちだと言われている食物繊維も豊富だと言われています。

食物繊維は、体内環境をサポートし、すこやかな体作りに役立つと考えられています。

4.ビタミンC

青汁 明日葉ビタミンCは赤ピーマン、黄ピーマン、ブロッコリー、アセロラ、いちごなど、果物・野菜に多く含まれます。

水に溶けやすく、熱に弱い特徴があり、加熱調理により失われてしまうことがあると言われています。

5.ビタミンE

ビタミンEはひまわり油や綿実油、べにばな油などの油脂類に多く含まれるほか、アーモンドや魚類の肝などにも含まれていて、元気な体作りに大切な栄養素だと言われています。

なお、ビタミンEはビタミンCと一緒に摂取するとよいと言われています。

6.明日葉の青汁についてのまとめ

青汁 明日葉3明日葉の特徴と、青汁の選び方や肌らぶ編集部おすすめの商品をご紹介しました。

お伝えしたように、明日葉は栄養価が豊富だと言われているので、健康を意識して青汁を選ぶなら、明日葉を使った青汁がおすすめだと言えそうですね。

気軽に始められる健康習慣の1つなので、ぜひ今日から取り入れてみてください。

※健康のためには、正しい食生活と適度な運動が必要です。
健康食品は、不足を補う食品として目安量を参考に、摂りすぎに気をつけましょう。

この記事は2017年3月27日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。