2016年10月19日 更新

お風呂で使える!白髪染めトリートメントおすすめ5選

白髪 トリートメント

白髪を目立たなくさせたい、白髪染めトリートメントを試してみたい、とお探しではありませんか?

白髪染めトリートメントは、自宅で手軽に白髪を目立たなくさせることができるのが魅力です。

今回は、気軽で汚れをあまり気にせずに済む、お風呂場でシャンプーのあとに使うおすすめの白髪染めトリートメントをご紹介します!


1 白髪染めトリートメントの魅力

白髪は性別年代を問わず、多くの方が悩む問題です。
白髪が少し混ざるだけでも、老けた印象を与えてしまうかと思うと、憂鬱になってしまいますよね。

白髪染めトリートメントで白髪を目立たなくさせれば、鬱々とした気持ちも晴れるかもしれません!

まずは白髪染めトリートメントの魅力を4つご紹介します。

1-1 白髪が数日で目立ちにくくなる

白髪染めシャンプーの場合は、数日から数週間かけてゆっくりと白髪が目立たなくなっていきますが、トリートメントの場合は、数日で白髪を目ただなくさせることができるものが多いです。

白髪染めトリートメントは、使い始めは毎日使い、白髪が目立たなくなったら1週間に1~2回程度の使用で髪色を保つことができるとされています。

そのため、ヘアカラーで染めたくはないけれど、早く白髪を目立たなくさせたいという方におすすめです。

1-2 白髪染めに時間を取られない

白髪染めトリートメントは、初めの数日は10~20分程つけ置きし、白髪が目立たなくなったあとに使う場合は、5~10分程つけ置きするだけで良いものがほとんどです。

白髪染めトリートメントをつけ置きしている間に、身体や顔を洗ったり、湯船で温まって出るときに洗い流せば、白髪染めに長い時間かけなければならないということも起きません。

1-3 傷んだ髪にうるおいを与え補修してくれる

白髪染めトリートメントは、髪にうるおいを与え、傷んだ髪を補修する「トリートメント」です。

トリートメントはヘアケアアイテムなので、髪の摩擦を生むような付け方をしなければ、髪や頭皮を傷めることはあまりありません。

1-4 数日に1回の使用でよいので経済的

白髪は一度染めても直ぐに根本が伸びてくるので、こまめにケアをしなければ白髪を隠し続けるのは難しいです。
また、白髪染めシャンプーはつけ置きしないもののため、毎日継続して使うのが前提となります。

白髪染めトリートメントは、使い始めは毎日使った方が白髪がすぐに目立たなくなるとされていますが、それ以降は1週間に1~2回程度の使用で生え際も目立たないとされています。

数日に1回の使用でよい白髪染めトリートメントは、経済的でお財布にも優しいのです。

もちろん、毎日白髪染めトリートメントを使用することで、より白髪が目立たなくなり、ヘアケアにもなるので、毎日使っても良いですよ。

2 おすすめの白髪染めトリートメント5選

それでは、肌らぶ編集部からおすすめの、お風呂場で手軽に使える白髪染めトリートメントをご紹介します。

今回は、シャンプー後に使う白髪染めトリートメントの中から、髪にうるおいやツヤを与える成分もたっぷり含まれているアイテムを選びました。

2-1 レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー

レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー

販売会社:株式会社スヴェンソン

【肌らぶ編集部コメント】
「白髪染めなのに気持ちいい」をコンセプトにした白髪染めトリートメントです。

カラーは、「ダークブラウン」「マロンブラウン」「ローズブラウン」「ナチュラルブラック」の4色から選ぶことができます。

保湿成分としてケラチンやコラーゲンが配合されており、髪と頭皮にうるおいを与え、傷んだ髪を補修します。

ポンプ式なのでフタを開けて押しだす手間がかかりません。
また、白髪染めトリートメントですが、つけ置き中にヘッドマッサージをする際のクリームとしても使えるよう開発されているのもポイントです。

2-2 カラートリートメント フラガール

カラートリートメント フラガール

販売会社:株式会社ファインケメティックス

【肌らぶ編集部コメント】
傷んだ髪を補修しながら、白髪を目立たなくさせる白髪染めトリートメントです。

カラーは、「ダークブラウン」「ナチュラルブラウン」「ローズブラウン」「ブラック」の4色から選ぶことができます。

黒真珠成分やマカダミアナッツオイル、シアバターなどの保湿成分が、傷んだ髪をうるおし補修します。
ハワイを感じるハイビスカスの香りを楽しめます。

2-3 ラサーナ ヘアカラートリートメント

ラサーナ ヘアカラートリートメント
販売会社:株式会社ヤマサキ

【肌らぶ編集部コメント】
クリームタイプで髪の根本や生え際まで密着する白髪染めトリートメントです。

カラーは黒髪にも茶髪にもなじみやすいダークブラウンです。

保湿成分の海藻エキスが髪をうるおし、しなやかにします。
傷んだ髪を補修するので、白髪を目立たなくさせながら若々しいツヤも与えます。

2-4 玉髪 白髪用ヘアカラートリートメント

玉髪 白髪用ヘアカラートリートメント

販売会社:株式会社ベンチャーバンク

【肌らぶ編集部コメント】
毎日使うことで髪にツヤとハリを与えながら、白髪を目立たなくさせる白髪染めトリートメントです。

カラーは、「ダークブラウン」と「ブラック」の2色から選ぶことができます。

ツバキ油、ガゴメエキス、ユズ果実エキスなどの保湿成分が傷んだ髪を補修し、ツヤとハリを与えます。

ツンとしない爽やかなオレンジの香りです。

2-5 利尻ヘアカラートリートメント

利尻ヘアカラートリートメント

販売会社:株式会社ピュール

【肌らぶ編集部コメント】
毎日使用することで、白髪を目立たなくさせる白髪染めトリートメントです。

カラーは、「ダークブラウン」「ライトブラウン」「ブラック」の3色から選ぶことができます。

利尻昆布から抽出された保湿成分、保水フコイダンや保湿アルギン酸が、しっとりと髪をうるおします。
また、髪のうるおいを保ち、しなやかでクシ通りをよくします。

3 白髪染めトリートメントを使う際のポイント

せっかく白髪染めトリートメントを使うのであれば、ムラなくきれいに仕上げたいですよね。

白髪染めトリートメントを使う際の2つのポイントをご紹介します。

3-1 白髪が気になる部分には多めに使う

白髪用トリートメントはシャンプー後、髪の水気をしっかりきってから、髪全体にまんべんなくつけていきます。

その際、白髪が気になる部分には、たっぷりとつけるようにしましょう。そして、手やコームを使って根本までしっかりとなじませましょう。

白髪が多い部分もムラなくキレイに仕上げるポイントです。

3-2 髪を温める

白髪染めトリートメントを髪にまんべんなくつけたら、髪をホットタオルで巻いたり、シャワーキャップをかぶるなどして温めましょう。

髪が温まるとキューティクルが開きやすくなり、白髪染めトリートメントがよりなじみやすくなると言われています。

100円均一ショップなどでも販売されている、ビニールのシャワーキャップの上から、お風呂のお湯で温めたホットタオルを巻くのが手軽でおすすめです。

4 まとめ

白髪染めトリートメントの魅力とおすすめのトリートメント、そして使う際のポイントを紹介しました。いかがでしたか?

初めの数日間は毎日使わなければいけませんが、その後は数日に1回普段のコンディショナーやトリートメントの代わりに白髪染めトリートメントを使うだけで、白髪が目立たなくなっていきます。

今回ご紹介した白髪染めトリートメントは、保湿成分などが配合されており、髪色の悩みだけでなく、髪を健やかに保つサポートもしてくれます。
ぜひ活用してください。

この記事は2016年5月12日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。