メニューを開く
アスタリフト;

広がる髪を抑えたい!パサパサ髪をまとめる対策法

髪 広がる
髪が広がるので困っている、広がる髪をなんとかしたいと思っていませんか?

髪が広がると、朝のスタイリングにも時間がかかりますし、パサパサした髪はツヤもでなくてイヤになってしまいますよね。

今回は髪が広がる原因と、広がる髪をまとまる髪にしていくための対策法を紹介します。


astalift
astalift

1 髪が広がる原因とは?

髪が広がる原因は大きく分けてふたつあるようです。それぞれを見ていきましょう。

1-1 乾燥によって髪が広がる

空気の乾燥や皮脂不足などで髪の水分量が不足すると、髪がパサパサになり広がっていってしまいます。
また、生まれ持って髪にうねりやクセがある人の場合、適切な水分量であれば問題なくても、髪の乾燥が進むことによってうねりやクセが強く出てしまうケースがあるようです。

1-2 毛の傷んだ部分だけ湿気で膨張し髪が広がる

キューティクルがめくれるなど髪に傷んだ部分があると、そこから湿気が入り込み、その部分だけ水分量が増えていきます。髪の毛の一部分だけが膨張していくので、髪のうねりにつながってしまいます。

うねりの向きや大きさは髪の毛それぞれで違ってくるので、髪の毛が重なったとき隙間がたくさんできて髪が広がってしまうのです。

■髪の痛みと乾燥を防げば、広がる髪からまとまる髪に!

乾燥する季節に湿気の多い季節、そのどちらでも髪が広がりやすいようですね。

広がる髪を抑えていくため、髪の痛みと乾燥を防いでいきましょう。
適切な水分量で痛みのない健康的な髪にしていくためにはどうすればいいのでしょうか。

2 まずはトリートメントで髪を保湿・保護しよう

トリートメントはつけてすぐに髪をある程度まとめてくれるのでとても助かるアイテムです。

トリートメントの保湿成分がしっとりさせてくれるだけでなく、トリートメントそのものの重みでも、広がる髪を抑えてくれます。

トリートメントをつけると、髪の毛を包む役割をして、髪の水分がでていくことを防いでくれます。
また、髪の毛が乾燥した空気や湿気の高い空気を取り込むことも防いでくれます。

さらには、紫外線やホコリといった外からの刺激もカバーすると言われているので、髪の乾燥と痛みを防ぐためトリートメントを活用しましょう。

今回は、髪を乾燥や湿気から遠ざけ、痛まないよう保護してくれる洗い流さないタイプのトリートメントを紹介します。

■ラサーナ「ヘアエッセンス しっとり・さらさら」
ラサーナ

水を一切含まずに作られたこだわりの海藻ヘアエッセンス。
保湿成分のオリーブオイルやアラリアエスクレンタエキスが髪と頭皮に潤いを与えいたわります。
傷んだ髪の毛先まで補修してなめらかにしてくれるので、広がる髪もまとまっていきます。

しっとりタイプとさらさらタイプがありますので、お好みで選べます。


■ラフィー 洗い流さない髪のトリートメント
ラフィー

天然由来の保湿成分であるホホバオイルやモリンガオイルなどを配合したノンシリコンのトリートメントです。
毛先までしっかり補修し、髪の広がりを抑えてくれます。

ノンシリコンですが、伸びがよく使い心地も良いです。
しっとりクリームタイプとつやサラオイルタイプがありますので、お好みで選ぶことができます。


■Mogans ディープモイストオイル
モーガンズ

天然素材で作られたディープモイストオイルです。
保湿成分として「オリーブ油」「アルガンオイル」「アンズ核油」を配合。クシ通りのよい、なめらかな髪に整えます。
さらっとして伸びが良く、髪だけでなく顔やボディにも使いやすいのが特徴です。



■ナチュラルオーケストラ オーガニックホホバオイル 
ホホバオイル

鮮やかな金色が見た目にも美しいゴールデンホホバオイルです。

保湿成分の天然トコフェロール、アミノ酸、ミネラル、ビタミン類がたっぷりと含まれており、頭皮を健やかに保ち、広がる髪をしなやかにまとめてくれます。

ナチュラルオーケストラのオーガニックホホバオイルは、世界最高権威フランス有機認証機関ECOCERTとヨーロッパ統合有機認証機関COSMOSからオーガニックの認定を受けており、髪だけでなく顔や身体全体に使えます。

3 うるおいを保つアミノ酸シャンプーがおすすめの理由

髪が広がる原因である乾燥を防ぐには、シャンプー選びも大事です。
トリートメントでケアしていきながら、毎日のシャンプーで髪と頭皮の環境を整えていきましょう。

おすすめはアミノ酸シャンプーです。洗浄力がマイルドですが、汚れはしっかりと落としてくれます。
また、必要以上に頭皮を保護している皮脂を落とすこともありません。

髪の広がりが気になる方は、アミノ酸シャンプーを試してみることをおすすめします。

3-1 おすすめのアミノ酸系シャンプー

いくつかアミノ酸系のシャンプーを紹介します。

■富士フィルムの技術の結晶 アスタリフトスカルプフォーカスシャンプー
アスタリフト

富士フィルム独自のうるおい成分、ヒト型ナノヘアセラミドを配合したアミノ酸系シャンプーです。
きめ細やかな良質な泡が髪と頭皮を優しく洗いあげうるおいを与え、髪をまとめてくれます。

ハリ・コシ、ボリューム感がでるので、髪が広がること以外に髪の変化を感じている方にもおすすめです。


■優しい香りに癒やされる アロマのやさしさ
アロマのやさしさ

学術研究用のエッセンシャルオイルを扱うハーベストシーズン社が製造するアミノ酸系シャンプーです。優しい香りが心もリフレッシュさせてくれます。
植物由来のアミノ酸洗浄成分であるグルタミン酸由来成分が配合されており、頭皮と髪を優しく洗いあげ、広がる髪をまとめてくれます。

コンディショナー不要で時短になります。また、頭だけでなく身体にも使えるシャンプーです。


■天然にこだわる mogans ノンシリコンアミノ酸ヘアシャンプー
モーガンズ

自然派コスメのモーガンズシリーズのアミノ酸系シャンプーです。
ハイビスカスやビャクダンオイル、ツバキ油やオリーブ油など植物由来の保湿成分が、髪に潤いを与えてパサつきや広がりを抑えてくれます。

さっぱりとした洗いあがりで、男性でも気持ちよく使えそうです。

3-2 乾燥させない洗髪のポイント

必要な皮脂まで奪わないアミノ酸系シャンプーを使っても、髪の洗い方が間違っていると、髪の痛みや乾燥を招いてしまうかもしれません。

洗髪のポイントを押さえておきましょう。

①シャワーの温度は38度前後に設定する

季節によっては肌寒いと感じるかもしれませんが、髪と頭皮にシャワーをあてるときは38度前後のぬるま湯を使いましょう。

熱いお湯を浴びると、熱で頭皮や髪の水分が奪われ乾燥しやすくなります。
そのため、髪が乾燥してしまい髪の広がりが収まらなくなってしまうかもしれません。

ただ、温度が低い水だと毛穴が開きにくく汚れがとれにくいままになってしまいます。

乾燥予防と、より汚れを落とすためにも、シャワーの温度は38度前後に設定するのがポイントです。

②シャンプーは手で泡状にしてから髪に乗せる

シャンプーを直接髪につけて、髪を泡立て器の代わりにして泡立ててしまうと、髪同士が擦れてキューティクルが剥がれるなど、髪の痛みにつながる場合があります。

そのため、シャンプーは泡状にしてから髪にのせるようにしましょう。
手にシャンプーと少量の水を取って混ぜ泡状にして頭にのせて、泡のクッションでつつみながら髪と頭皮を洗いましょう。

③ゴシゴシと強く洗う、爪を立てて洗うことを避ける

よごれをしっかり落とそうと、ゴシゴシと強く洗ってしまったり、爪を立ててひっかくように洗ってしまうと、髪や頭皮を傷つけてしまいます。

シャンプーの泡を頭に乗せたら指の腹で優しく洗いましょう。
優しくといっても、指をすべらせて洗うのではなく、頭皮を揉んでいくように少しずつ手を移動させて洗っていきましょう。

4 まとめ

髪が広がる原因と、広がる髪をまとまる髪にしていくための方法、おすすめのアイテムを紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

トリートメントで保湿と保護をしつつ、日々のシャンプーで少しずつ髪と頭皮の環境を整えていけるといいですね。

パサパサとして広がる髪がまとまる髪になれば、健康的でうるおいある髪になっているはずですから、コシやハリ、ツヤのある美髪にもなれますよ。

この記事は2016年2月19日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

 


Pocket
LINEで送る