メニューを開く

ヘアブラシの洗い方!タイプごとに簡単な洗い方をご紹介

ヘアブラシ 洗い方 TOP
「ヘアブラシの簡単な洗い方が知りたい」「ヘアブラシによって洗い方って変えた方がいいのかな」と思ってはいませんか?

ある日ふと気がつくと、「ヘアブラシに髪の毛やホコリがびっしり付いていて驚いた!」という経験をお持ちの方も多いですよね。

実は、ヘアブラシが汚れたまま使っている状態は、髪の毛に汚れを付けていることと変わりません。さらに、髪を傷めてしまうこともあり、ブラッシングすることでヘアケアに気を使っているつもりでもヘアブラシが汚れていると逆効果だと言われています!

今回はブラッシングを効果的に行えるようにするためのヘアブラシの簡単な洗い方やお手入れ方法を詳しくご紹介します。

明日からさっそく清潔に洗ったヘアブラシで髪をとかして、さらさらヘアを目指しましょう♡


astalift
astalift

1.ヘアブラシの洗い方手順【素材別】

ヘアブラシ 洗い方 2
ヘアブラシの洗い方は、ブラシの素材によって少し異なります。

清潔なヘアブラシで髪をとかすと頭皮の皮脂を髪の毛の表面に行き渡らせてコーティングさせることができ、ツヤ感もアップするので、ぜひご自分のヘアブラシを洗う際の参考にしてみてください。

全体がナイロン(プラスチック)」「木製・ナイロン(プラスチック)」「獣毛」の3つのタイプ別にヘアブラシの洗い方をご紹介します。

自分がどんなタイプのヘアブラシを使っているのかをしっかり把握して、ヘアケアの基本であるブラッシングを効果的に行いましょう!

1)ナイロン(プラスチック)ヘアブラシの簡単な洗い方

ヘアブラシ 洗い方 ①
ナイロン(プラスチック)のヘアブラシにおすすめの洗い方は、水洗いです。

柄の部分もブラシ部分もナイロン(プラスチック)のヘアブラシは、水やシャンプーに長時間浸けておく、浸け置き洗いもできるので水洗いの手間を省きやすいです。

さらに楽にヘアブラシを洗いたい方は、シャンプーを付けた髪をとかして、すすぐだけでもヘアブラシの汚れをある程度落とせると言われています。

それでは、ナイロンのヘアブラシのブラシ部分の洗い方をご紹介します。
ヘアブラシ 洗い方 名称
プラスチックヘアブラシの洗い方手順

①手でとれる髪の毛や汚れをとる

ヘアブラシ 洗い方 ②
ヘアブラシについた髪の毛や汚れを取れるだけ取っておきましょう。

②洗面器に水とシャンプーを入れる

ヘアブラシ 洗い方 ③
水を溜めた洗面器にシャンプーを約5プッシュ分入れましょう。

シャンプーを入れたら、水とシャンプーが混ざるように軽くかき混ぜます。

③洗いたいヘアブラシを振ってシャンプーを泡立てる

ヘアブラシ  洗い方 ④
洗いたいヘアブラシを振って洗面器の中のシャンプーと水を泡立てます。

水面が泡でうまるまで、バシャバシャと泡立てましょう。

④ヘアブラシを泡だった洗面器に浸ける

ヘアブラシ 洗い方 ⑤
泡だった洗面器にヘアブラシを浸けて、一晩放置します。

⑤一晩たったら汚れを振り落とす

ヘアブラシ 洗い方 5
一晩たったら、ヘアブラシを洗面器の中で振ります。汚れがふやけて浮いているので、振ると髪の毛などが落ちていきます。

取れそうで取れない汚れは、手で取り除きながら落としきりましょう。

⑥シャワーでシャンプーを洗い流す

ヘアブラシ 洗い方 ⑥
ぬるま湯のシャワーでヘアブラシについたシャンプーを洗い流します。

ここで、ヘアブラシにぬめりが残らないようにしっかりと洗い流しましょう。

⑦タオルで水分を拭き取る

ヘアブラシ 洗い方 ⑦
タオルで水分を拭き取りましょう。

ブラシの毛先を下に向けて、タオルの上でポンポンとたたきながら水気を切ることがおすすめです。

⑧乾いたタオルに乗せて自然乾燥させる

ヘアブラシ 洗い方 ⑧
乾いたタオルに毛先が下になるように乗せて、自然乾燥させます。

毛先を下に向けることで残ってしまった水分が、根本部分に溜まってしまうことを防ぎます。

2)木製・ナイロンヘアブラシの汚れをしっかり落とす洗い方

ヘアブラシ 洗い方 ⑨
木製やナイロンのヘアブラシの汚れが目立つときは、水洗いを行いましょう。

木製のヘアブラシは水洗いを頻繁に行うのではなく、2週間や3週間おきに行うのがおすすめです。あまり頻繁に水洗いしてしまうと、ヘアブラシの木が傷んでしまうこともあるので注意が必要になります。

また、使われている木の種類によっては水にあまり強くなかったり、カビが生えたりすることもあるので、水洗いしても良いヘアブラシかどうか確認してから洗いましょう。

ナイロン(プラスチック)のヘアブラシは上記でご紹介した「浸け置き洗い」もできますが、汚れがひどい場合には、こちらの洗い方を試してみましょう。

それでは、木製・ナイロンのヘアブラシの汚れをしっかりと落とす洗い方をご紹介します。

木製・ナイロンブラシの洗い方手順

①クリーナーや歯ブラシで髪の毛や汚れを取る

ヘアブラシ 洗い方 ⑩
ヘアブラシについている髪の毛や汚れを、ブラシ用クリーナーや使わなくなった歯ブラシで取っておきます。

ブラシ部分の根本から先端に向かって、髪の毛や汚れをスライドさせて取っていきましょう。

木製のヘアブラシでピンの部分も木でできているものは、ブラシ用クリーナーを使うとピンの部分が傷ついてしまうこともあるようです。その場合は、ティッシュやいらなくなった柔らかい歯ブラシを使って髪の毛や汚れを取るようにしましょう。

②泡立てたシャンプーで洗う

ヘアブラシ 洗い方 ⑪
ヘアブラシに泡立てたシャンプーを付けながら洗っていきます。

その際、手でヘアブラシに残っている髪の毛などを取り除きながら、ブラシ部分の根本から先端に向けて汚れを移動させるイメージで洗っていきましょう。

汚れがひどい場合は、洗面器にシャンプーとぬるま湯を入れて少し浸けておき、いらなくなった歯ブラシでこすります。

③ぬるめのシャワーでシャンプーと浮いた汚れを流す

ヘアブラシ 洗い方 ⑫
ヘアブラシにぬるめのシャワーを当てながら浮いた汚れとシャンプーを洗い流しましょう。

シャンプーのぬめりなどが残らないように、しっかりとシャワーで洗い流すことが大切です。

ヘアブラシにシャンプーが残ってしまうと、汚れが付いていることと変わらず、髪の毛にとって良くありません。シャンプーを洗い流しきれたか不安なときは、洗面器にお湯を張って左右に振って泡立たないか確認しながら、しっかりとシャンプーを落としましょう。

④タオルで水気をしっかり切り自然乾燥

ヘアブラシ 洗い方 ⑬
ヘアブラシを振ったり、タオルを当てたりながら水気を切っていきましょう。
水気が残っていると、時期によってはカビなどが発生してしまうことも考えられます。

できる限り水気を切ったあとは、毛先(ブラシ部分先端)を下に向けて自然乾燥させましょう。

3)獣毛ヘアブラシの洗い方

ヘアブラシ 洗い方 ⑭
豚毛やイノシシ毛などでできた獣毛のヘアブラシは、基本的に水洗いは良くないと言われています。

獣毛のヘアブラシは水洗いしてしまうと毛が抜けたり、獣臭が強くなったりすることがあるためです。

ただ、「あまり高価な(獣毛の)ヘアブラシじゃないし、1度きれいに洗ってしまいたい!」という方もいらっしゃいますよね。

どうしても水洗いしたい場合は、水かぬるま湯ですすぎ洗いを行いましょう。

それでは、獣毛ヘアブラシの洗い方をご紹介します。
(※製品によって水洗いをすると不具合を起こす原因になることがあります。水洗いする場合は自己責任で行いましょう。)

獣毛ブラシの洗い方手順

①クリーナーや歯ブラシで髪の毛や汚れを取る

ヘアブラシ 洗い方 ⑮
獣毛ヘアブラシも最初に髪の毛や汚れを取れるだけ取っておきましょう。

傷みやすい獣毛のブラシが水につかっている時間を短くできるので、不必要にヘアブラシを傷めなくてすみます。

②洗面器に水やぬるま湯を溜める

ヘアブラシ 洗い方 ⑯
洗面器などヘアブラシを洗うのに使用しても大丈夫な容器に水やぬるま湯を溜めましょう。

ブラシ部分が浸せるくらいの水かさが必要です。

③水やぬるま湯に浸す

ヘアブラシ 洗い方 ⑰
獣毛ヘアブラシを水やぬるま湯に浸して、優しく左右に振ります。

水中でヘアブラシを振っても汚れがあまり落とせないときは、ブラシクリーナーを使って優しい力でこすりましょう。

ヘアブラシの細かい汚れを落としたいときは、ようじなどを使用することもおすすめです。ピンポイントで汚れを落としやすくなりますよ。

※獣毛ヘアブラシを洗う際は、シャンプーなど洗剤を使用して洗わないでください。

④ヘアブラシを振って水分をしっかりと切る

ヘアブラシ 洗い方 ⑱
汚れをすすいで落としたら、ヘアブラシを振って、水気をしっかり切りましょう。

左右や下に向かってヘアブラシを勢いよく振ります。水気が残ってしまうと獣毛が傷んでしまうことがあるので、取り除ける水分はここでできるだけ取っておきましょう。

タオルなどで水分を拭き取ってしまうと、細かい獣毛の毛先にタオルの繊維が入ってしまうと言われています。タオルを使いたい場合は、柄の部分などを拭く程度にしましょう。

ただ、メーカーによって、タオルでヘアブラシの水分を拭き取ることをおすすめしていることもあるので、メーカーの指示を先に確認しておきましょう。

⑤毛先を下に向けて乾かす

ヘアブラシ 洗い方 ⑲
毛先を下に向けて、完全に乾くまで陰干しで自然乾燥させます。
その際、洗面所などは避けて湿気のない場所に置いておきましょう。

生乾きだとカビなどが生えてしまう原因になることもあるので、しっかりと乾かしてください。

2.ヘアブラシのお手入れ方法

ヘアブラシ 洗い方
ヘアブラシの洗い方をさらに簡単にするためには、日頃のお手入れで髪の毛や汚れが溜まらないようにしておくことが大切です。

さらツヤ髪のためのヘアケアは、きれいなヘアブラシで行いたいですよね?こまめにヘアブラシのお手入れを行い、いつでも清潔な状態のヘアブラシを保ちましょう。

それでは、洗う以外のヘアブラシのお手入れ方法を3つご紹介します。

①ヘアブラシ用クリーナーでお手入れ

ヘアブラシ 洗い方 ヘアブラシクリーナー
ヘアブラシクリーナーでヘアブラシについた髪の毛やホコリを取り除きましょう。

ヘアブラシの洗い方でも、手順をご紹介しましたが、ヘアブラシクリーナーでのお手入れは毎日行うこともおすすめです。

こまめにヘアブラシのお手入れを行っていれば、水洗いの頻度を少なくできます。

ヘアブラシクリーナー使い方

1:ヘアブラシクリーナーを根本部分に差し込む

このときヘアブラシを傷めることがないように、優しく入れましょう。

2:ブラシクリーナーを毛先に向かって引き上げる

毛先に向かってブラシ部分をとかすように、髪の毛やホコリを取っていきましょう。

②ウエットシートで拭く

ヘアブラシ 洗い方 ウエットティッシュ
ヘアブラシを使用した後は、ウエットシートでブラシ部分を拭きましょう。

皮脂やホコリは1度の使用でもヘアブラシに付くため、ヘアブラシに汚れを溜めないためにこまめに拭き取ることが大切です。

③ヘアブラシにネットやガーゼを付けておく

ヘアブラシ 洗い方 ⑳
「こまめなお手入れが面倒くさい…」という方もいらっしゃいますよね?そういった方は、ヘアブラシを使用する前にネットやガーゼを付けておきましょう。

髪の毛などが溜まってきたと思ったタイミングで、ネット(ガーゼ)を引き上げて剥がすだけで、ヘアブラシのお手入れ完了です。

汚れたネット(ガーゼ)を外した後は、使用する前にまた新しいネット(ガーゼ)を付けておきましょう。

最近では、100円ショップなどでヘアブラシ用のネットが販売されているので、購入して付けるだけでお手入れ準備完了です!

3.まとめ

ヘアブラシ 洗い方 3
ヘアブラシの洗い方や手順をご覧いただきましたが、いかがでしたでしょうか?

ヘアブラシは、ほぼ毎日使う物です。使う度にヘアブラシが汚れていることを忘れずに、定期的に洗うなどのお手入れを行うことが大切です。

ヘアブラシを清潔に保ちながらヘアケアを効果的に行って、ツヤさらの髪を目指しましょう♪

さっそくお持ちのヘアブラシを今回ご紹介した洗い方で洗ってみましょう!

この記事は2016年11月18日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る