メニューを開く
アスタリフト;

角栓は除去できる?正しいセルフケア方法&間違った方法とは?

shutterstock_328235552 (2)

「角栓ってどうやってお手入れすればいいのかな?」とお困りではありませんか?

角栓があると、毛穴が余計に目立ってしまって嫌ですよね。

しかし、自分で無理やり角栓を取り除こうとすると、余計に毛穴を目立たせてしまうことも。

ここでは、角栓の正しいセルフケアについてお伝えします。

角栓を正しい方法でお手入れしましょう!!



astalift
astalift

1.角栓とは

角栓は、「過剰な皮脂(油分)」と「古い角質(タンパク質)」が混ざって毛穴に詰まることでできてしまったものです。

皮脂の多い部分にできやすく、鼻・眉間・口の周り・あごなどによく見られます。

角栓は誰にでもできる可能性がありますが、特に下記のような要因が関係しています。

・もともと皮脂量が多い肌質(遺伝)
・メイクや汚れの洗い残しが毛穴に詰まってしまう
・保湿不足による乾燥(肌が硬くなり毛穴が詰まりやすくなってしまう)
・摩擦による刺激

角栓をセルフケアしても、顔から皮脂と角質がなくなることはないので、定期的にお手入れをしないと、また新たな角栓ができやすいのです。

 

2.角栓の間違ったセルフケアに気をつけよう

コメドプッシャー
角栓をセルフケアする際、物理的に過度な力を加えて取る方法は、肌を傷つけてしまう可能性があるため、おすすめできません。

ピンセットなどで無理に角栓を押し出そうと過度な力が入ってしまうと、肌に傷がついてしまう場合があります。

肌に傷がつくと角質が剥がれ、肌表面の水分が逃げやすくなってしまうことが考えられるので注意しましょう。

3.角栓の正しいセルフケア

角栓は、正しいセルフケアを行うことが大切です。

角栓が気になる方は、毎日のお手入れにプラスしましょう。

3-1.酵素配合の洗顔料を使用する

角栓をお手入れするために、酵素の配合されている洗顔を使用しましょう。

酵素洗顔は、肌表面に残ってしまっている古い角質も、洗顔によって洗い流すことができます。

酵素洗顔は、毎日使用できるものもあれば週1回が目安のものもあり、メーカーによって使用する頻度や使用方法は異なるため、使用する際は、確認しましょう。

[おすすめ酵素洗顔]

アルファピニ28 コーラルクリアパウダーウォッシュ
アルファピニ
販売元:シェルウーム

洗うことによって、余分な皮脂や古い角質を取り除き、洗い流します。

毎日使用することができる洗顔料です。

>>アルファピニ28 公式HPはこちら

メコゾーム ブライトニングソープ
メコゾーム
販売元:メコゾーム

泡立ちがよく、もちもちとした弾力のある泡がつくれる酵素洗顔料です。

不要な汚れは落としつつ、しっとりとした洗いあがりです。

>>メコゾーム 公式HPはこちら

3-2.保湿を十分に行う

保湿不足などで肌が乾燥しはじめると、肌表面の角質が硬くなり、毛穴に角栓が詰まりやすくなるといわれています。

なめらかな肌を保つためにも、日頃から十分な保湿ケアを行うようにしましょう。

必要な保湿ケアは肌質によってさまざまですが、基本は化粧水で肌の角質層まで水分をたっぷり与えたあと、美容液や乳液・クリームなどの油分を与えて、肌が乾燥しないように日頃から心がけましょう。

一方で、乳液やクリームのような油分の多いアイテムは、過度に使用してしまうと、毛穴を詰まらせる原因となることがあります。

皮脂の多い額や鼻周りに油分を多く含む乳液やクリームをつけすぎてしまうと、逆に毛穴詰まりを起こしてしまう場合があります。べたつきが気になる場合は、油分が少なめの美容液のみを使用するようにしましょう。

[おすすめ美容液]

エトヴォス モイスチャライジングセラム
エトヴォス セラム

 

販売元:エトヴォス

保湿成分「ヒト型セラミド」がバランスよく配合された美容液です。

肌に潤いを与えます。

とろみのあるテクスチャーですが、べたつきにくいため、夏場のお手入れにもおすすめです。

>>エトヴォス トライアルキットはこちら

オルビス アクアフォースモイスチャー

アクアフォース

 

販売元:オルビス

水分たっぷりの潤った肌を目指したい方におすすめの保湿液です。

さらりとしたテクスチャーで肌なじみが良いのも魅力です。

>>オルビス トライアルキットはこちら

 

4.角栓をできにくくするためには生活習慣の見直しも大切

角栓だけでなく、あらゆる肌の悩みにつながるのが日頃の生活習慣です。

生活習慣を見直していくことで、肌悩みの少ないすこやかな肌に近づくことができます。

無理はせず、少しずつ取り入れられるものから生活の中に取り入れるようにしましょう。

①質の良い睡眠をとる

睡眠のリズム
質の良い睡眠をとることは、肌の調子を整いやすくするため、すこやかな肌にも重要と言われています。

就寝前は、脳を活発に働かせるようなことや携帯やパソコンの使用などは避け、全身をリラックスさせた状態で眠りにつけるよう心がけましょう。

②栄養バランスのとれた食事をする

7e062637d72f7d20421865441acfd891_s
肉や魚、野菜やフルーツなどから、すこやかな素肌に必要なビタミン類・肌のもととなるタンパク質をバランスよく摂り入れましょう。

おすすめの栄養素は、ビタミンA・C・Eです。

また、ビタミンだけでなく、肌のもととなるタンパク質を摂取することも必要です。

タンパク質は肉や魚に含まれるので、野菜と一緒にバランスよく食事に摂り入れましょう。

【ビタミンの多く含まれている食材】
ビタミンA:かぼちゃ・にんじん・ほうれん草・ブロッコリー・パプリカなど
ビタミンC:キャベツ・カリフラワー・ピーマン・レンコン・じゃがいも・パプリカ・ブロッコリー
ビタミンE:モロヘイヤ・アーモンド・かぼちゃ・アボカドなど

③日常に軽い運動を取り入れる

b20c6e799adce6766fee4a3f7d4465a0_s
肌の調子を整えるためにも、日常に軽い運動を取り入れて身体を動かしましょう。

運動不足は、代謝が低下し、肌の調子も乱れやすくなってしまいます。

普段運動の習慣がない人は、まずはエスカレーターを使わずに階段を使ったり、電車を1駅手前で降りて歩くようにするなど、日常の中で歩く時間を増やすことから始めましょう。

5.まとめ

角栓は、日々のお手入れが大切です。

毎日のお手入れを意識して行い、角栓のできにくいすこやかな肌を目指しましょう!

※この記事は2016年12月9日(最終更新日)時点での情報になります。
また、記事内容には個人差がございますのでご了承ください。


Pocket
LINEで送る