2017年6月22日 更新

肌がかゆくなりにくいピアスがしたい!ピアスの素材をご紹介♪

金属アレルギー ピアス耳がかゆくならないピアスをお探しではありませんか?

肌が敏感な方は、ピアスの素材との相性によって耳がかゆくなることがあります。

そこで今回は、金属以外のピアスの素材をご紹介いたします。

ピアスの素材と肌の相性には個人差があるため、「この素材なら大丈夫!」とご紹介することはできませんが、ピアスにはどんな素材があるのかを理解しておくと、自分と相性のよい素材を探しやすくなるかもしれませんよ!



1.ピアスでオシャレを楽しむ!一般的なピアスの素材

ピアスそれではさっそく、ピアスの素材についてご紹介していきましょう。

今回は、ごく一般的なピアスの素材をご紹介しますが、世間には今回ご紹介する以外の素材を使用したピアスもあります。

また、今回ご紹介するピアスの種類はごく一般的なものであり、「このピアスならかゆくならない」という訳ではありません。
中には合わない方もいらっしゃるかもしれないので、その場合は直ちに使用を中止しましょう。

1-1.樹脂

樹脂は、金属ではなくプラスチック製の素材です。

樹脂を使ったピアスは種類が豊富で、取扱いのある店舗も多い点が特徴です。

1-2.チタン・ステンレス

チタンは、汗などに溶けにくい性質で酸化しにくいとされている素材です。

また、ステンレスも錆びにくい素材だとされており、中でも、サージカルステンレスは特に錆びにくく熱に強いとされています。

1-3.ニッケルフリー

ニッケルフリーとは、ニッケルという素材を含まずに作られているという意味の素材です。

しかし中にはニッケルフリーと記載されていても、ニッケルを微量含んで作られているもの、他の金属が含有されているものもあるようです。

1-4.プラチナ・金・銀

プラチナや18K類など、金、銀などの純度が高い素材です。

2.耳がかゆくなりやすい方がピアスを楽しむために注意するポイント

耳たぶ ニキビここでは、ピアスを楽しむための注意点をお伝えします。

■違和感を感じたら、すぐにピアスを外す

洗顔 方法ピアスを付けたら耳に違和感を感じた・かゆみがある場合は、肌に合わないサインかもしれません。

その場合はすぐにピアスを外すようにしましょう。

また、耳が荒れてしまったら、無理にピアスを付けることはやめましょう。

穴が塞がってしまうからと無理矢理付けてしまうとさらに荒れてしまうこともあります。

■ピアスを清潔に保つ

金属アレルギー ピアス

使用後のピアスには汚れが付いているとされています。

汗などが付いている場合は、変色に繋がってしまう可能性もあります。

ピアスを使った後は、綺麗な布やティッシュペーパーで拭きとることをおすすめします。

耳に触れる部分を中心に拭くと、汚れを取り除くだけでなく、ピアスの品質も維持することが期待できます。

意識していても、雑菌が原因でホール部分が荒れてしまっては意味がありませんよね。

特に夏場の汗をかきやすい季節には注意するようにしましょう。

■ピアスを選ぶ際には、キャッチ部分の素材まで確認する

中学生 毛穴ピアスを購入する際は、ピアス本体だけでなく、キャッチ部分(留め具)の素材までよく確認するようにしましょう。

ピアスの中には、本体とキャッチ部分の素材が異なるものもあります。

せっかくピアスの素材を選んでも、キャッチのせいでかゆくなってしまった・・なんてことが起きないよう、購入の際はよく確認することをおすすめします。

手持ちのピアスも、キャッチの素材に不安がある場合は、シリコンタイプのキャッチに付け替えてみるのも良いですね。

3.まとめ

いかがでしたか?

耳がかゆくなりにくいといわれる可愛いピアスは数多く存在します。

自分の肌に合った素材を知ることで、選べるピアスの幅も広がってきますよね!

お気に入りピアスを見つけて、オシャレを存分に楽しみましょう♪