メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社magicnumber

【美容のプロがセレクト】おすすめ乳液ランキング|選び方&使い方

shutterstock_13941808
「自分の年代だと、どんな乳液がおすすめなんだろう?」「おすすめの乳液が欲しいけど、どうやって選んだら良いのかな?」と乳液を選ぶ際、疑問に感じてはいませんか?

乳液は、水分と油分を補い、肌に潤いを与える化粧品であり、とても重要なスキンケアアイテムのひとつです。

そのため、肌悩みや目的、年代に合わせたものを選ぶことが大切です。

そこで今回は、化粧品会社にて勤務経験のある肌らぶ編集部員がおすすめしたい乳液をピックアップし、ランキング形式でご紹介します。
併せて、乳液の役割や選び方、使い方についてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください!

富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
astalift
富士フイルム【アスタリフト】の口コミ!実際に5日間試してみました!
エイジングケア※や保湿化粧品として口コミでも評判の富士フイルム「アスタリフト」ですが、「何が良いの?本当にうるおうの?」と疑問に感じている方も多いのではないでしょうか。

※年齢に応じた保湿のお手入れのこと
astalift

◆肌らぶ セレクション◆

LOVE YOUR SKIN ボタニカルウォーター ミルク モイスト
img01合成香料、合成着色料、パラベン、鉱物油、シリコーン、エタノール不使用

国産ボタニカルコスメで注目を集める、LOVE YOUR SKINの乳液です。
保湿成分として配合されている植物由来成分などの原材料は、国内でオーガニック栽培されているものを選び抜いて使用しています。※タンカン果実水、米ぬかエキス、キュウリエキスなど

伸びがよくべたつきにくいのも特徴で、適度なとろみが肌のうるおいをキープしてくれます。ローズとミントが合わさったようなほのかな甘くさわやかな香りが素敵です。
国産にこだわったボタニカル乳液の魅力を、ぜひ一度体感してみてください!


1.乳液の役割とは

乳液
乳液の役割とは、化粧水で肌にうるおいを与えた後で、さらに水分と油分を補って、肌の乾燥を防ぐことです。

乳液には水分と油分が含まれており、主にその油分によって肌の表面に膜を作るようにして、肌を乾燥から保護します。

乳液の基本的な使用する順番は、化粧水・美容液の後~クリームの前です。

各メーカーによって使用する順番は異なる場合もあるので、必ず確認してみてください。

2.自分の肌に合う乳液の選び方

2-1.自分の肌質に合うものを選ぶ

混合肌
乳液を選ぶ基準のひとつが「自分の肌質に合うものを選ぶ」ことです。
たとえば肌が乾燥しやすい方は、保湿成分が配合され、油分が多めでしっとりとしたテクスチャーの乳液を選ぶのがおすすめです。

一方で、肌が全体的にべたつきやすい方は、油分は控えめのみずみずしい付け心地の乳液の方が、肌との相性がよい場合があります。

肌質というのは、季節や年代によって日々変化しやすく、いつも同じ状態の肌質であるとは限りません。
日常から自身の肌としっかりと向き合い、乳液もそのときの自分の肌に応じて変えていくと良いでしょう。

2-2.続けられる価格帯のものを選ぶ

毛穴 引き締め 化粧品③
乳液を選ぶ基準のひとつが「続けられる価格帯のものを選ぶ」ことです。

乳液に限ったことではありませんが、化粧品は継続して使用することでその魅力を実感することができます。

いくら自分の肌に合うと感じた乳液でも、「高価すぎて使い続けられないな・・・。」「もったいないから、指定された量の半分だけ使おう・・・。」となってしまっては、その乳液のよさを十分に実感できません。

乳液は毎日のスキンケアで使うものです。できるだけ、無理なく使い続けることのできる価格帯の乳液を選ぶようにしましょう。

3.年代別|おすすめ乳液ランキング

3-1.20代におすすめ|乳液ランキング

50代 洗顔

20代の肌は、比較的肌の水分が不足しやすく、反対に皮脂が過剰に出やすい傾向にあるといわれています。
水分をしっかりと補いながら油分は控えめで、肌をうるおす保湿成分が配合された乳液を選びましょう。

ここで20代の方へおすすめしたい、油分が少なめでみずみずしいテクスチャーが特徴の乳液をピックアップし、ランキング形式でご紹介します。

今回は、毎日の継続しやすさを加味し、1ml、1gあたりの価格がコストパフォーマンスの良い順にランキングしました。

自分の肌に合うか心配な方や、まずは試してみたい方は是非、トライアルセットから試してみてください!

1位 dプログラム モイストケアエマルジョン(医薬部外品)

dd値段:3,800円(税抜) 【トライアルセット1400円(税抜)、送料無料】
内容量:100ml ★1mlあたり38円★
企業:資生堂

ときどき敏感に傾きがちな肌のことを考えてつくられた「dプログラム」の中でも、「モイストケア」ラインは特に保湿に注目した化粧品が揃っています。

モイストケアの保湿乳液は、使うたびに肌が潤うような、なめらかでみずみずしいテクスチャーが特徴。

保湿成分としてグリセリン、十六夜バラエキスを配合。
乾燥しがちな肌にうるおいを与え、角質層のすみずみまで浸透させます。

2位 ドレスリフト デイエマルジョン

アテニア ドレスリフト デイエマルジョン

値段:2,695円(税抜) 【トライアルセット1,905円(税抜)、送料無料】
内容量:60ml ★1mlあたり約45円★
企業:株式会社アテニア

「美しいドレスをまとったときのような、自信とよろこびに満ちた感覚」を味わってほしい、ということをコンセプトに作られたアテニアのドレスリフト。

中でも、日中用の保湿乳液は肌なじみがよく、べたつきにくい軽めのテクスチャーが特徴。メイク前の肌を整えてくれます。

ダマスクスローズとローズマリーを基調にしたさわやかな香りで、毎日のお手入れタイムを鮮やかに彩ります。

合成香料不使用、無鉱物油、パラベンフリー、アルコールフリー

3位 リベシイ ミルク モイスチュア

100644値段:5,500円(税抜)⇒【トライアルセット1,200円(税抜)】
内容量:100ml ★1mlあたり55円★
企業: 株式会社ヤクルト

うるおいで乾燥から肌を保護し、潤いをキープする乳液です。
保湿成分である「ヒアルロン酸」や「コラーゲン」に加え、独自の保湿成分「トリプル乳酸菌」を配合。

肌を潤しながらやわらげ、もちもちとしたすこやかな肌を保ちます。

3‐2.30代おすすめ乳液ランキング

くすみ 洗顔
30代の方は肌の水分と油分が共に不足しやすく、20代よりも肌が乾燥しやすい傾向にあります。

また、加齢によるエイジングサインも現れ始めるので、水分と油分を補うと共に、エイジングケア※を意識したラインの乳液を選ぶことも大切です。

そこでここからは、30代の方へおすすめしたい、保湿やエイジングケア※に着目した乳液をピックアップし、ランキング形式でご紹介します。

また、毎日使い続けることを踏まえ、1mg、1gあたりのコストパフォーマンスの良い順番にランキングしています。

ランキング商品は全てトライアルセットも販売しておりますので、使い心地を試してみたい方は是非、トライアルセットから試してみてください。

※年齢に応じたうるおいのお手入れ

1位 エリクシール リフトモイストエマルジョン(医薬部外品)

乳液

値段:3,500円(税抜)【トライアルセット1,000円(税抜)、通販限定】
内容量: 130ml ★1mlあたり約27円★
企業:資生堂

角層のすみずみまでうるおいで満たし、ピンと弾くようなハリとツヤを与える薬用乳液です。

保湿成分「コラーゲン」や「酵母エキス」を配合。

Ⅰ、Ⅱ、Ⅲと3種類に分かれ、、数字が大きくなるごとに、乳液のテクスチャーがこっくりと濃く変化します。

2位 ジュランツ リファイン エマルジョン

jyuranntu値段:8,000円(税抜 )【トライアルセット3,000円(税抜)】
内容量: 100ml ★1mlあたり80円★
企業:Dr高津英津子コスメ

ドクターズコスメのジュランツから販売されいてる、なめらかで溶け込むように肌に馴染む美容保湿乳液です。

保湿成分「ヒアルロン酸」や「レチシン」を配合し、肌の乾燥を防ぎ、整えます。

テクスチャーはさらりとしながら、リッチな使用感で肌のうえでよく伸びます。

3位 POLA RED BAミルク

RED

値段:10,000円(税抜)【トライアルセット8,300円(税抜)、通販限定】
内容量:80ml ★1mlあたり125円★
企業:POLA

Polaが、忙しく生きる現代女性のことを考えてつくったブランド、RED B.Aの保湿乳液です。

濃厚なミルクのようなテクスチャーで、肌の上でまろやかに広がり、美容液のような感触が特徴。

POLA独自の保湿成分「EGクリアエキス」や「トゲナシエキス」、「コメヌカスフィンゴ」を配合。肌をやわらげ、整えます。

3-3.40代以上におすすめ乳液ランキング

洗顔 料 成分
40代の肌は水分と油分が共に不足しやすく、乾燥と共に加齢(紫外線ダメージの蓄積や筋肉の衰え)によるエイジングサインが現れやすくなります。

たっぷりと水分・油分の補給を行い、エイジングケア※の化粧品も取り入れていきましょう。

特に、肌にハリとツヤを与えることに着目した商品がおすすめです。

そこで、40代方へおすすめの乳液を、保湿成分とエイジングケア※に着目してピックアップし、1g・1mlあたりのコストパフォーマンスの良い順にランキング形式でご紹介します。

※年齢に応じたうるおいのお手入れ

1位 ヴェルヴェティモア ホワイトエマルジョン

Dr

値段:6,000円(税抜)
内容量:50g ★1gあたり120円★
企業:株式会社アンべリーチェ

「ハリ・つや・うるおいに満ちた上質気品肌」がコンセプトで、保湿とエイジングケア※に着目したドクターズコスメです。

ジェルタイプの美容乳液で、肌のうえで軽やかにのび広がります。

保湿成分「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」で肌をうるおし、ハリ・ツヤを与えます。

※年齢に応じたうるおいのお手入れ

2位 ドクターケイ パーフェクトモイスチャー ミルク

kei値段:8,000円(税抜)【トライアルセット2,800円(税抜)】
内容量:55ml ★1mlあたり約145円★
企業:株式会社ドクターケイ

保湿成分「ヒアルロン酸」「リン脂質」などが配合された、濃密なテクスチャーの美容乳液です。

乾燥でかさつきがちな年齢を重ねた肌に、うるおいでハリとツヤを与え、肌をなめらかにします。

肌にうるおいを与え、ふっくらと肌を整えます。

3位 POLA BAミルク

BA値段:20,000円(税抜)
内容量: 130ml ★1mlあたり約154円★
企業:POLA

Polaが自社で最高峰とうたうブランド、B.Aの美容乳液です。

たっぷりとしたうるおいで肌をやわらげながら、すこやかな肌を保ちます。

POLA独自の保湿成分(BAコアリキッド・アルニカエキス等)を配合。乾燥から肌を保護し、キメを整えます。

こっくりと濃厚で、弾力のあるリッチなテクスチャー。自分の肌と向き合う、丁寧なエイジングケア※タイムを提案します。
※年齢に応じたうるおいのお手入れ

4.目的別|おすすめ乳液ランキング

4-1.美白※が気になる方へ|乳液ランキング

プチプラ 乳液

次は、美白※化粧品が気になる方注目!

美白成分※と保湿成分に着目して乳液をピックアップ、コストパフォーマンスのいい順にランキング形式でご紹介します。

※日やけによるシミ・そばかすを防ぐこと

1位 アルビオン エクサージュホワイト ピュアホワイトミルク(医薬部外品)

アルビオン エクサージュホワイト ピュアホワイトミルク

値段:5,000円(税抜)
内容量:200ml ★1mlあたり25円★
企業:アルビオン

みずみずしく肌にツヤを与える、アルビオンエクサージュホワイトの美白※乳液です。

美白※成分「ビタミンC誘導体」配合。

洗顔をした後、化粧水の前に使用する先行タイプの美白※乳液で、肌に潤いを与えながら、キメを整えます。
※日やけによるシミ・そばかすを防ぐこと

2位 HAKU インナーメラノディフェンサー(医薬部外品)

HAKU インナーメラノディフェンサー
値段5,000円(税抜)
内容量:120ml ★1mlあたり約42円★
企業:資生堂

資生堂の中でも美白※に着目したブランド「HAKU」の美白※乳液です。

資生堂独自の美白※成分「4MSK」や保湿成分「濃グリセリン」を配合。肌に潤いとツヤを与えます。
※日やけによるシミ・そばかすを防ぐこと

3位 ホワイティシモ 薬用ミルクホワイト(医薬部外品)

item144133p1

値段:5,000円(税抜)
内容量:50ml ★1mlあたり100円★
企業:POLA

大人の美白※と保湿に着目した、肌になめらかにとなじむテクスチャーの薬用美白※乳液です。

保湿成分「ワイルドタイムエキス」、「ローズヒップエキス」、「クジンエキスクリア」、「マジョラムエキス」、「ルイボスエキス」を配合。
肌の乾燥を防ぎながら、日焼けによるシミ・そばかすを防ぎます。
※日やけによるシミ・そばかすを防ぐこと

4-2.保湿を重視したい方におすすめ|乳液ランキング

化粧品セラミド

ここでは、乳液では保湿を最も重要視したい方へおすすめの乳液をご紹介します。

今回は特に保湿成分に着目して、肌にしっとりと潤いを与える乳液をピックアップし、コストパフォーマンスの良い順にランキング形式でご紹介します。

1位 トゥヴェール セラミドミルク

トゥヴェール セラミドミルク

値段:3,194円(税抜)
内容量:130ml ★1mlあたり約25円★
企業:株式会社トゥヴェール

ヒト型セラミド(保湿成分)を4.5%配合した保湿乳液。

セラミドの他にも、アミノ酸やヒアルロン酸、リピジュアなどの保湿成分を配合。肌に潤いとハリ・ツヤを与えます。

2位 ヒフミド エッセンスミルク

小林製薬 ヒフミド エッセンスミルク(保湿乳液)

値段:4,500円(税抜)
内容量:100ml ★1mlあたり45円★
企業:小林製薬株式会社

「セラミド1」「セラミド2」「セラミド3」と、ヒト型セラミド(いずれも保湿成分)が配合された保湿乳液です。

肌にしっとりと潤いを与え、角質層のすみずみまで浸透し、うるおいで肌をなめらかにします。

3位 NOVⅢミルキィローション(医薬部外品)

108449値段:4,000円(税抜)
内容量:80ml ★1mlあたり50円★
企業:常盤薬品工業株式会社

肌がみずみずしく潤う、医薬部外品の保湿乳液です。

乾燥しがちな肌に潤いを与えて、日中の乾燥・肌あれを防ぎます。冬場のお手入れにもおすすめ。

4-3.2000円以下|プチプラ乳液ランキング

炭酸洗顔

プチプラ大好き!コストパフォーマンスを重要視したい方必見!

ここからは、肌らぶ編集部がおすすめしたい乳液の中から2,000円以下のものを選び、コストパフォーマンスの良い順にランキング形式でご紹介します。

1位 LOVE YOUR SKIN ボタニカルミルク モイスト化粧水_LOVEYOURSKIN
値段:1,800円(税抜)
内容量:130ml ★1mlあたり約14円★
企業:株式会社i-ne

国産ボタニカルコスメで注目を集める、LOVE YOUR SKINの乳液
合成香料、合成着色料、パラベン、鉱物油、シリコーン、エタノール不使用です。

伸びがよくべたつきにくいのも特徴で、適度なとろみが肌のうるおいをキープしてくれます。
ローズとミントが合わさったようなほのかな甘くさわやかな香りも魅力。

2位 medel natural(メデル ナチュラル) ホワイトフェイスミルク(医薬部外品)


メデル ホワイトフェイスミルク
値段:1,800円(税抜)
内容量: 120ml ★1mlあたり15円★
企業:株式会社ビーバイイー

敏感に傾きがちな肌のことを思って作られたメデル ナチュラルの、薬用美白※乳液です。

国産米由来のセラミド(保湿成分)配合。しなやかに肌をやわらげます。

肌になじみやすく、しっとりとしたテクスチャーながらべたつきにくいのが特徴です。

※日やけによるシミ・そばかすを防ぐこと

3位 MINON モイストチャージ ミルク

product_ph012

値段:2,000円(税抜)
内容量: 100g ★1mlあたり20円★
企業:第一三共ヘルスケア

保湿成分アミノ酸に着目した保湿乳液です。

肌になじみやすい、みずみずしさのあるテクスチャーも魅力のひとつ。

肌をやわらかく包み込んで、角層のすみずみまで浸透し、しっかりとうるおいを与えます。

5.乳液の効果的な使い方

にゅうえき

乳液の使い方には、大きく分けて①手でつける使い方と②コットンでつける使い方の2種類があります。

それぞれ魅力は異なりますが、各メーカーの推奨している使い方が、最もその乳液の魅力を実感しやすいとされています。
できるだけメーカーが推奨している方法を実践しましょう。

5-1.乳液の使い方|手でつける場合

酵素洗顔 手作り⑤

手で乳液をつける使い方は、肌への摩擦による負担をかけにくく、手の温度によって乳液がよくのび、なじみやすくなります。

また、コットンと比較しても使用量が少量ですむ場合があります。

しかし一方で、手には凹凸があるため、塗りムラができやすくなります。手で塗った場合はしっかりとハンドプレスをして、塗りムラがないように意識してなじませましょう。

【乳液の使用方法】

①事前に化粧水をしっかりと肌になじませます。
②各メーカーが推奨する量の乳液を手にとります。
③そのまま、手の上で少し温め、頬、おでこ、あごに乳液をのせます。
④頬、おでこ、あごの順に、顔の中心から外側に伸ばしていきます。乾燥しやすい目や口元は重ねづけするなど、他より多めに塗るのがおすすめです。

5-2.乳液の使い方|コットンでつける場合

スキンケア 順番

コットンで乳液をつける使い方は、手でつける時よりも乳液の水分や油分をコットンが含みやすく、しっかりと肌につけることができるとされています。

また、乳液の瓶に直接手が触れないので、最後まで清潔なまま使用できるのもポイントです。

一方で、しっかりと適量をつけないと、コットンが直接肌に触れることによって、摩擦によって肌への負担になる場合もあります。

【乳液の使用方法】

①事前に化粧水をしっかりと肌になじませます。
②各メーカーが推奨する量の乳液をコットンにとります。
③コットンを優しい力加減で肌にあて、乳液をつけていきます。
④頬、おでこ、顎の順に下から上に、顔の中心から外側に伸ばします。

6.乾燥肌or40代以上の方はクリームも併用しよう

オーガニック ハンドクリーム
肌の水分油分が共に不足しやすい乾燥しがちな肌の方や、40代以上の方は、乳液に加えてクリームもお手入れに取り入れましょう。

乳液に比べて、クリームは肌表面を保護するために必要な油分が比較的多く配合されています。

オイリーがちな肌の方や10代20代の方は、元々の肌の油分量が多いため、クリームを使うと過剰な油分によって肌悩みを招いてしまう可能性もあります。
しかし、油分量が不足している肌にとって、クリームの油分は大切なスキンケアアイテムです。

自分自身の肌質に応じてクリームを選び、ぜひ乳液と併用していきましょう。

7.まとめ

毛穴ケア 方法③

乳液は水分と油分をバランスよく配合した、肌の潤いを保持する保湿アイテムです。

年代や自分自身の肌状態を確認したうえで乳液を選び、潤いに満ちたすこやかな肌をキープしていきましょう。

この記事は2017年1月4日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

乳液 関連記事

「乳液はいる?いらない?本当に知りたい美肌のための乳液のはなし」

「意外と知らない乳液の効果的な使い方!効果と正しい使用方法」

「化粧水と乳液の順番で肌なじみが変わる!?おすすめ6選もご紹介♡」

「日焼け止め乳液で心と時間に余裕を♡忙しい女子におすすめ5選!」


Pocket
LINEで送る