メニューを開く
アスタリフト;
提供:株式会社decencia

化粧水だけでは保湿は足りない?!肌を保湿するための正しい方法

保湿 化粧水

「今の化粧水じゃうるおいが足りていない気がする」「化粧水で保湿するには、どうすれば良いの?」とお悩みではありませんか?

肌を保湿するためには、保湿成分が配合された「保湿化粧水」などの基礎化粧品でしっかりとスキンケアを行うことが大切だとされています。

しかし、保湿化粧品をただ使用すればよいという訳ではありません。保湿化粧品の基本的な使い方を覚えておくこともポイントです。

そこで今回は、肌らぶ編集部おすすめの保湿化粧水と、基本的な保湿方法をご紹介いたします。

しっかり保湿できる化粧水はこれ!保湿エイジングケア「アヤナス」の詳細はこちら>>
※年齢に応じたうるおいケア





astalift
astalift

1.保湿化粧水とは

保湿 化粧水
肌らぶ編集部おすすめの保湿化粧水をご紹介する前に、簡単に保湿化粧水の魅力や選ぶときのポイントをご紹介します。

「早く保湿化粧水が知りたい!」という方は、【2.肌らぶ編集部おすすめの保湿化粧水】をご覧ください。

1-1.保湿化粧水の魅力とは

保湿 化粧水
保湿化粧水とは、一般的に「保湿成分が配合された化粧水」のことや、「保湿に着目した化粧水」のことを指します。

そのため、肌が乾燥しやすい方や乾燥による小じわが気になる方、季節的に肌がカサついたりごわついたりする方など、肌のうるおい不足に悩む幅広い年齢の方におすすめの化粧水なのです。

また、同じ「保湿化粧水」として売り出されていても、販売メーカーやブランドによって配合されている保湿成分の種類や量は異なります。

数ある保湿化粧水の中から、自分に合ったものを見つけるために次章では保湿化粧水を選ぶときのポイントをお伝えします。

1-2.保湿化粧水を選ぶときのポイント

保湿 化粧水
自分に合った保湿化粧水を選ぶために、以下のポイントをチェックしてみましょう。

■テクスチャー

保湿 化粧水
保湿化粧水を選ぶときには、どのようなテクスチャーかを確認しておきましょう。

例えば、保湿化粧水をバシャバシャと惜しみなく使いたい場合や、コットンパックに使いたい場合には、粘度の低いサラサラ系の保湿化粧水がおすすめです。
また、保湿はしたいけど、なるべくサラッとした使い心地のものが良いという方も同様です。

反対に、保湿化粧水を手のひらでつける場合や、化粧水のとろみやしっとり感を感じたい方は、粘度の高いとろみ系の保湿化粧水がおすすめです。

季節に合わせて使い分けてみても良いですね。

■香り

保湿 化粧水
毎日使う保湿化粧水だからこそ、香りもチェックしてみましょう。

香りの好みは人それぞれ。
公式HPの情報等を参考に、どのような香りがする保湿化粧水なのかリサーチしてみると良いですね。

香りが苦手な方が注意したいのが「無香料」の表記です。

「無香料=無臭」と思われがちですが、あくまで無香料というのは「香料を使用していない」ということですから、配合されている原料の香りなどを感じることもあります。

どうしても香りが気になる場合は、テスターやサンプルなどで購入前に確認しておくと良いでしょう。

■価格

保湿 化粧水
気に入った保湿化粧水を使い続けるためにも、価格のチェックはおろそかにできませんよね。

基本的には、無理せず使い続けられる程度の価格のものを選ぶとよいでしょう。

年齢を重ねるにつれて、必要だと感じる基礎化粧品のアイテム数も増えがちです。
だからこそ、あらかじめ基礎化粧品にトータルでかけられる金額を決めておき、その予算内で季節や肌状態に合わせたアイテムを選ぶようにしましょう。

ラインで試せるトライアルセットを活用するのも1つの手です。
決して背伸びしすぎずそのときどきに合った美容を楽しんでくださいね。

2.肌らぶ編集部おすすめの保湿化粧水

それではさっそく、肌らぶ編集部おすすめの肌にうるおいを与える保湿化粧水をご紹介します。

今回は、保湿化粧水以外の基礎化粧品でもしっかりと保湿のお手入れを行っていただくために、「スキンケアのトライアルセット」をご紹介します。

肌にうるおいとハリを与えるものを選んでいます。保湿化粧水選びの参考にしてみてくださいね!

ディセンシア アヤナス

アヤナス
企業:株式会社ディセンシア

【トライアルセット内容】
価格:1,371円+税
■化粧水 20ml(約10日分)
■美容液 10g(約10日分)
■クリーム 9g(約10日分)

【肌らぶ編集部コメント】
アヤナスは、ポーラ・オルビスグループの、肌がデリケートになりやすい方・乾燥しやすい方に向けたスキンケアブランド「DECENCIA(ディセンシア)」から発売されている、保湿エイジングケアブランドです。(※年齢に応じたうるおいのお手入れ)
年齢を重ねることによって不足する、肌のうるおいを保つために必要な「ヒト型セラミド」をはじめとした保湿成分を配合。肌にハリを与えてなめらかにしてくれるので、乾燥だけでなく年齢によるサインが気になる方にもおすすめです。
現在、化粧水・美容液・クリームが入った10日分のトライアルセットが初回限定で1,371円(税抜、送料無料)でお試しできます。※2017年2月時点での情報です。
30日間の全額返金保証もあるため、手に取りやすくなっています。ぜひお試しください。

公式HPはこちら(オレンジ)

フラセラ

フラセラトライアルセット

企業:Dr.わかば株式会社

【トライアルセット内容】
価格:1,800円+税
■化粧水 8ml(約7日分)
■美容液 5ml(約7日分)
■ゲルクリーム 5g(約7日分)
■洗顔石鹸 10g(約7日分)

<トライアル特別プレゼント>
・クレンジングジェル 15ml
・アンフェイディングアイクリーム 1.7g
・UVモイスチャーミルク 5ml
※2017年2月時点での情報です。

【肌らぶ編集部コメント】
フラセラは、肌にハリとツヤを与えるドクターズコスメです。
整肌成分として「フラーレン」を配合。肌にうるおいやハリを与え、すこやか美肌へと導きます。
保湿化粧水の「アンフェイディングローション」は、角質層にすっと浸透して肌をうるおわせ、次に使う美容液やクリームのなじみをよくしてくれます。
「年齢とともに自分にあった化粧品を見直したい」「肌の乾燥が気になる」といったお悩みを抱えている方にもおすすめです。
トライアルセットでは、化粧水・美容液・ゲルクリーム・洗顔石鹸の基本的なスキンケアに加えて、アイクリームやUVミルクなども試せる、充実した内容。まずは1週間、試してみてはいかがでしょうか?※2017年2月時点での情報です。

公式HPはこちら(オレンジ)

資生堂 エリクシールシュペリエル

小じわ対策 エリクシールトライアル
企業:資生堂ジャパン株式会社

【トライアルセット内容】
価格:1,000円+税
■化粧水【医薬部外品】 30ml(約10日分)
■乳液【医薬部外品】 18ml(約10日分)
■日中用美容乳液【医薬部外品】5ml(約10日分)

【肌らぶ編集部コメント】
エリクシールシュペリエルは、資生堂のコラーゲン研究から生まれた保湿化粧品です。
保湿成分として「コラーゲン」「マンダリンオレンジCP」「イノシトールCP」を配合。
肌にうるおいを与えてキメを整えます。ハリのある肌を目指したい方におすすめです。
保湿化粧水の「リフトモイストローションW」は、角層のすみずみまでうるおいで満たし、ハリとツヤがあふれる肌へ導く薬用化粧水です。
「さっぱり」「しっとり」「とてもしっとり」の3種類があり、トライアルセットでは「さっぱり」と「しっとり」の2種類から選ぶことができます。
使用感の好みや肌悩みに合わせて選んでみましょう。※2017年2月時点での情報です。

公式HPはこちら(オレンジ)

3.しっかり保湿するために化粧水・美容液・乳液・クリームを使用しよう

しっかり保湿をして乾燥などを防ぐためには、保湿化粧水だけでなく、美容液・乳液・クリームなどの基礎化粧品を組み合わせて使うことが大切です。

ここでは、化粧水だけでは保湿が足りない理由と、化粧水の役割についてご説明します。

3-1.どうして化粧水だけでは保湿不足なの?

化粧水は成分のほとんどが水分でできているため、配合されている保湿(美容)成分は水性のものが多いと考えられています。

つまり、化粧水では肌の水分を補うことができるとされているのです。
オーガニック 化粧水

また、美容液も化粧水と同じように、水性の保湿(美容)成分が配合されているものが多くありますが、化粧水に比べて保湿成分が凝縮されて配合されているとされています。

肌の水分が不足している場合には、普段のスキンケアに美容液をプラスするのがおすすめです。

また、肌がすこやかな状態というのは、一般的に肌の水分・油分のバランスがとれた状態を指します。
妊娠線クリーム
化粧水と美容液で水分を補っても、油分が不足していると肌が乾燥してしまう場合があります。

化粧水では補いきれない油分を、乳液やクリームなどで補うようにしましょう。

3-2.保湿化粧水の主な役割

保湿化粧水には主に、以下の2つの役割があるとされています。

・水分補給をして肌の調子を整える
・美容液に含まれる保湿成分の浸透をよくする



化粧水で水分補給をすることで肌が柔らかくなり、美容液の保湿成分が行き渡りやすくなると言われています。
その状態にすることで、美容液がより角質層に浸透しやすくなると言えるでしょう。

4.しっかり保湿するために!「化粧水」「美容液」「乳液・クリーム」のつけ方

保湿 化粧水
しっかりと肌を保湿するために、スキンケアの基本となる「化粧水」「美容液」「乳液・クリーム」の基本的なつけ方をご紹介します。
基礎化粧品順番
基礎化粧品をつける順番は、一般的に
『化粧水→美容液→乳液・クリーム』の順と考えられています。
水っぽく、サラサラとしたテクスチャーのものからつけると覚えておきましょう。

①化粧水のつけ方

洗顔後は皮脂が落とされて、肌が乾燥しやすくなっているとされています。
肌をしっかり保湿するために、化粧水は洗顔後すぐに使いましょう。

手順1:化粧水を、コットンまたは乾いた手にとる
保湿化粧水

コットン・手はどちらでも構いませんので、化粧水が塗りやすい方を使いましょう。
コットンを使う際は、摩擦が起きないようにコットンがひたひたになるくらい化粧水をとるようにしてください。

手順2:化粧水をなじませる
化粧水を顔全体になじませます。塗り残しがないように、顔全体にしっかりなじませましょう。

手順3:手のひらで包み込む
化粧水を肌の角質層へ浸透させるように、手の平で包み込みます。
保湿化粧水 保湿方法

②美容液のつけ方

化粧水で水分を補って美容成分を行き渡りやすい状態にしたら、次に美容液を使います。

手順1:手のひらに取り、顔全体になじませる
保湿のためには、チビチビ使うのではなく、しっかりと顔がうるおう量を使いましょう。
保湿化粧水 美容液

手順2:手のひらで包み込む
顔全体になじませたら、化粧水と同様に手のひらで包み込みます。

~肌らぶ編集部おすすめの参考商品~
ディセンシア アヤナス エッセンス コンセントレート
アヤナスエッセンス
企業:株式会社ディセンシア

【肌らぶ編集部コメント】
ナノ化配合された保湿成分ヒト型セラミド「セラミド2」を配合。
乾燥しやすい肌のすみずみまで浸透し、年齢を重ねた肌にみずみずしいうるおいとハリを与える美容液です。(※角層まで)
コクのあるテクスチャーが、べたつかずにしっかり肌になじみます。
濃密なエッセンスが肌に膜を作るように密着することで、肌にハリを与えます。
さらに、整肌成分「CVアルギネート」を配合。目元や口元などの年齢サインが気になる方には特におすすめです。
「アヤナス エッセンスコンセントレート」は、トライアルセットの中にも入っているので、まずはトライアルセットでお試ししてみても良いですね。

公式HPはこちら(オレンジ)

③乳液・クリームのつけ方

美容液をつけたら、乳液・クリームで油分を補います。
化粧水・美容液などの蒸発を防ぐために、最後に乳液・クリームなどの油分を与えましょう。

手順1:顔全体になじませる
乾燥してしまう部分のないように、しっかり顔全体に広げましょう。

手順2:手の平で包み込む
乳液・クリームで肌にフタをするような気持ちで、包み込みましょう。

5.まとめ

毛穴 引き締め方
化粧水の役割は水分を補給することと美容液の成分を行き渡りやすくすることなので、肌を保湿するには化粧水だけのケアでは不十分だとされています。

化粧水で成分を角層へ浸透しやすい状態にして、美容液やクリームで肌の水分・油分を補い保ちましょう!

この記事は2017年2月27日時点での情報になります。
また、記事の内容には個人差がございますのでご了承ください。

しっかり保湿できる化粧水はこれ!保湿エイジングケア「アヤナス」の詳細はこちら>>
※年齢に応じたケア


Pocket
LINEで送る