メニューを開く
2017年7月19日 更新

PLAYLISTのアイテムが生まれた背景とは?独占インタビュー:前編

PLAYLIST

出典:資生堂

資生堂のヘアメイクアップアーティストによる、バックステージ発想のアイテムが豊富に揃ったブランド「PLAYLIST(プレイリスト)」。

「Play Beauty(プレイ ビューティー=ビューティーを楽しむ)」をブランドコンセプトとするプレイリストは、自分自身の新しい魅力を発見できるような、ワクワクするようなアイテムが展開されています。

今回、肌らぶ編集部は、プレイリストの開発を担当された、岡元美也子さんを直撃!

前編ではスキンケアのお話を中心に、プレイリストの魅力をたっぷりと教えていただきました。

【お話を伺った方】
岡元美也子さん(資生堂トップヘアメイクアップアーティスト)
PLAYLIST インタビュー“1985年資生堂入社。
1998年から2003年まで5年間、ニューヨークに駐在。現在もニューヨークコレクションでは、多くのメゾンでメークチーフをつとめる。
2009年10月から資生堂トップヘアメイクアップアーティストとして活動を開始する。CM・グラフィック・TV・雑誌撮影など、幅広く活躍しシンプルで分かりやすいメーキャップを発信し、大ヒット商品「資生堂ファンデーションブラシ131」などの商品プロデュースも行っている。”
(引用:SHISEIDO GROUP ホームページ)

【PLAYLIST(プレイリスト)について】

PLAYLIST インタビュー
肌らぶ編集部員:バックステージのように忙しいときでも、スピーディに肌を整えるスキンケアとのことですが、プレイリストのスキンケア商品が生まれた背景を教えてください。

岡元さん:私たちメイクアップアーティストというのは、「こんなメイクをしよう」と決めるときに、どんな肌の質感にしようかということから考えていくんです。
「このメイクにはマットな質感が合う」とか、「このメイクはつややかな質感がいいよね」、といったように、まずはベースメイクの仕上がりをイメージして、どういうスキンケアを選んでいくかを決めています。そのような観点から生まれたのが、プレイリストのスキンケアアイテムです。

アーティストが目指すメイクにふさわしい肌の状態というのは、みずみずしいうるおいがあること・表面のなめらかさが重要な要素だと考えています。なので、そういった肌状態に整えられるような点を強化したアイテムをつくりました。

肌らぶ編集部員:そうしてつくられたのが、「レディーフォーメーキャップ」の3つのアイテムなんですね!

岡元さん:こだわったところは、バックステージというあわただしい時間の中でも、短時間で最大限にメイクのりのよい状態の肌に整えられるようにするということです。
そのため、商品も一般の方に落とし込んで考え、忙しい方にできるだけ少ないアイテムでお手入れしてもらえるように考えました。

【PLAYLIST(プレイリスト)の魅力】

PLAYLIST メイク
肌らぶ編集部員:資生堂には多くのスキンケアラインがありますが、プレイリストならではの特長や魅力はどのようなところでしょうか?

岡元さん:シンプルなステップで仕上げるというところです。
バックステージのスピード感を意識してつくられたブランドではあるので、他のブランドは洗顔・化粧水・乳液…といくつもアイテムを使うところを、プレイリストの場合は基本的に顔を洗ったら1品でスピーディにお手入れできるようにしました。

スキンケアはどのブランドもそれぞれの魅力がありますが、プレイリストは浸透*の早さや、肌になじんだサイン、つまりどういう状態になったらメイクを始めていいのか、ということがわかりやすいようにつくられています。
*角質層まで

肌らぶ編集部員:具体的にはどのような感触なのでしょうか?

岡元さん:例えば「レディーフォーメーキャップセラム」なら、みずみずしい状態からもちもちとした感触に変わるんです。こういった感触によって次のステップに移りやすいというところも特徴ですね。
「レディーフォーメーキャップ」という名前の通り、なじませたあとすぐに化粧してOKな、べたつかないような使用感にしているんです。

レディーフォーメーキャップセラムプレイリスト レディーフォーメーキャップセラム

岡元さん:うるおい・表面のなめらかさはもちろんですが、べたつきとしっとり感ってちょっと勘違いしやすいこともあると思うんですよね。
べたつきは化粧崩れやファンデーションのムラづきにつながることもあるので、べたつかない感触というのにはかなりこだわっています。

肌らぶ編集部員:(触ってみて)確かに、全然べたつかないですね!

岡元さん:あとは、香りも心地よいものを使うことで相手の心をつかむことができると思っているので、香りにもこだわりました。
最近では無香料のものなども増えていますが、プレイリストのアイテムは香りを感じながらスキンケアを楽しんでいただきたいです。

【PLAYLIST(プレイリスト)を使ってほしい女性像】

プレイリスト スキンケア
肌らぶ編集部員:毎日パワフルに活動する女性に魅力的な商品だと感じますが、どのような女性たちにプレイリストのスキンケアアイテムを使ってほしいと感じていますか?

岡元さん:「レディーフォーメーキャップ」は、これひとつでお手入れできるアイテムではあるんですが、実は時短にはそこまでこだわっていないんです。

1品1品の使用感や仕上がりの質感にこだわって作ったので、結果時短につながりましたが、それよりも、使う人に「化粧って楽しいな」と感じてほしいんです。

なので、化粧に対してのハードルが高くなっている方・抵抗がある方・メイクが苦手な方にもぜひ使っていただいて、よい意味で裏切りを与えたいなと思っています。

肌らぶ編集部員:メイクが大好きな方はもちろん、メイクが苦手な方にもおすすめしたいブランドなんですね!

岡元さん:プレイリストは、「さりげないのにすごくおしゃれ」とか、「気張らずにトレンドのメイクを試すことができる」といったようなイメージで作られたブランドなので、ファッションアイテムでたとえると「デニム」と「白シャツ」のようなイメージですね。

デニムと白シャツって、何十年も昔からあるアイテムなのに、時代を経ても、いつの時代も廃れることがなく、そのシーズンごとにシルエットやコーディネートを変えることによって、ベーシックだけどトレンドを感じさせることができるアイテムだと思うんです。

そんなふうに、その人なりの個性みたいなものをシンプルに引き出せるような、さりげなくこじゃれた感じのブランド。
バリバリ「がんばってるお化粧」ではなく、エフォートレス・抜け感といったような「こなれた感じのメイク」ができるブランドです。

【バックステージ発想のスキンケアについて】

PLAYLIST
肌らぶ編集部員:通常のスキンケアとバックステージ発想のスキンケアの違いとは、特にどのような部分でしょうか?

岡元さん:プレイリストのアイテムは、短い時間の中で私たちプロのアーティストが理想とする、うるおいがある・表面がなめらかでキメが整った状態の肌を、一般の方がご自宅で再現できることを考えてつくられています。
なので、基本ワンステップのお手入れですぐにファンデーションが塗れるというところです。

シンプルでありながらベストな肌状態に整えるために、浸透のよさにもこだわっていて、しっかりと肌になじんで表面がべたつかないような使用感になっているところは他にはない魅力だと思います。

やはり、スキンケアをして肌がべたべたしすぎてしまうと、どうしても化粧はよれてしまうので、絶妙な肌をつくって化粧のりをコントロールしているんです。

肌らぶ編集部員:確かに、スキンケアがなかなか肌になじまないと、メイクに移るまでに時間がかかってしまったりメイクが崩れやすくなったりすることもありますね。肌質によるものもあるのかもしれませんが…

岡元さん:そうですね。そういったこともふまえて、「レディーフォーメーキャップ」は3タイプあるので、肌の状態に合わせて選んでいただくことができます。
保湿が必要な方にはセラム、なめらかに整えたい方はスムージング、乾燥も美白*も意識したいという方にはブライトニングがおすすめですね。
*メラニンの生成を抑え、シミ・そばかすを防ぐこと

また、シアーマットな肌に仕上げたい方にはセラム、ツヤを押さえたマットな肌はスムージング、みずみずしいツヤを与えたい方はブライトニングというふうに、仕上げたい肌の質感によって選んでいただいてもいいと思います。

【ベーシックアイテムとスペシャルアイテムについて】

playlist
肌らぶ編集部員:公式ホームページのスキンケアアイテムのページで、「ベーシックアイテム」にクレンジングオイルとレディーフォーメーキャップシリーズ、「スペシャルアイテム」に化粧水が掲載されているのが印象的でした。基本的には、クレンジングとレディーフォーメーキャップシリーズ、2点でのお手入れを提案しているのでしょうか?

岡元さん:洗顔した状態であれば、レディーフォーメーキャップでワンステップのお手入れをすればOKです。

これは、アーティストならではの発想なんですが、やはりバックステージは必ずしも水がある環境とは限らないんですね。
そんな中で肌を清潔に整える必要があるときのために、スペシャルケアとして拭き取り化粧水を用意しました。

プレイリストプレイリスト スキンプリペアリングウォーター

岡元さん:多忙でスキンケアの時間がとれないという女性も多いと思いますが、もちろん、毎日忙しいわけではないと思うんです。
そういった方にも、ゆっくりお手入れできる時間には、ぜひこの化粧水をお手入れのステップとして取り入れていただきたいですね。

肌らぶ編集部員:確かに、毎日だと負担に感じてしまうこともあるかもしれませんが、時間のあるときはちゃんとお手入れしたいという方は多いと思います!

岡元さん:化粧水は、拭き取り化粧水ではありますが、結構とろみがあってこれだけでもしっとりするんですよ。ローションマスクに使うこともできるんです。
夜は化粧水でうるおいを与えてから、セラム・ジェルをつけるというお手入れもいいと思います。

気持ちや時間に余裕があるとき、自分にとってスペシャルなお手入れタイムに使うという意味でもスペシャルケアのアイテムと言えますね。
ゆったりしたいときに、ぜひ使っていただきたいです。


後編では、プレイリストのアイテムについて詳しく伺っていきます!