メニューを開く
2017年7月4日 更新
【PR】

肌荒れと化粧品は関係しているの?肌荒れの原因と対策法

肌荒れ 原因 内臓 治し方 ストレス 食べ物 対策「化粧品と肌荒れには関係があるの?」
「肌荒れしやすい私にあう化粧品って?」と、お悩みではありませんか?

新しい化粧品を買ってみて「合わない!肌荒れしちゃった・・・!」というご経験がある方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、化粧品で肌荒れしてしまう原因や対処法、肌らぶ編集部おすすめの肌荒れを防ぐ化粧品などをご紹介します!



1.化粧品で肌荒れしてしまう原因と肌荒れサイン

肌荒れとは、一般的に「肌が不健康に見える状態」を指し、具体的には、「肌表面がカサカサする」「かゆみが出る」「赤みが出る」「ヒリヒリする」というような状態を指すことが多いようです。

ここでは、化粧品で肌荒れが起こる主な原因と、肌荒れのサインについてご紹介します。

1-1.化粧品で肌荒れしてしまう原因

化粧品で肌荒れしてしまう原因は主に3つが考えられるといわれています。

①化粧品に配合されている成分が合わない

肌荒れ 原因 内臓 治し方 ストレス 食べ物 対策化粧品に配合されている成分が自分の肌に合わず、肌荒れしてしまっている場合があります。

人それぞれ肌タイプや肌状態が違いますから、「合う成分」と「合わない成分」も人によってさまざまです。
そのため、「○○が配合されていると肌荒れしやすい」と一概に断定することはできないのです。

「無添加」や「○○不使用」と記載されている化粧品でも肌荒れしてしまうことがあるのは、それ以外の成分があなたの肌に合わないからかもしれません。

まずは、「どの成分が自分の肌に合わないのか」を知る必要があります。

②肌がデリケートに傾いている

肌荒れ 原因 内臓 治し方 ストレス 食べ物 対策肌の乾燥やストレス、ホルモンバランスの乱れなどから肌がデリケートに傾くことで、普段使用している化粧品でも急に肌荒れしてしまうことがあるといわれています。

肌がデリケートに傾いている状態とは、肌の水分が外に逃げてしまうのを防いだり、乾燥やほこりなどの外部影響から肌を守る役割をしている角質層が乱れてしまっている状態だとされています。

そのような状態で化粧品を使用すると、肌の負担になってしまうことで肌荒れに繋がると考えられています。

③化粧品の使い方が間違っている

肌荒れ 原因 内臓 治し方 ストレス 食べ物 対策化粧品の間違った使い方も、肌荒れの原因のひとつです。

例えば、洗顔時に洗顔料をよく泡立てないまま使用したり、洗顔料の洗い流しが不十分で肌にメイク汚れや洗顔料を残してしまうと、肌荒れを引き起こす場合があります。

また、化粧品の使用量や使用方法を守らずにお手入れをすることも、肌荒れの原因となることがあるのです。

1-2.化粧品による肌荒れサイン

肌荒れ 原因 内臓 治し方 ストレス 食べ物 対策それでは、化粧品による肌荒れサインにはどのようなものがあるのでしょうか?
代表的な肌荒れサインには、以下のようなものがあるとされています。

・赤みがでる
・かゆみがでる
・腫れる
・ほてりがでる
・しみたりヒリヒリ・ピリピリする
・ぶつぶつや吹き出物ができる など

化粧品を使用してすぐに感じることもあれば、数日後に現れることもあるようです。
いずれにせよ、化粧品による肌荒れだと感じたときには、次章でご紹介する方法を試してみましょう。

2.化粧品で肌荒れしてしまったときの対処法

ここでは、化粧品で肌荒れしてしまった場合の対処法をご紹介します。

①化粧品の使用を中止する

肌荒れ 原因 内臓 治し方 ストレス 食べ物 対策化粧品で肌荒れしてしまったときには、ひとまず原因と思われる化粧品の使用を中止しましょう。

肌荒れの原因が、化粧品の成分によるものなのか肌状態によるものなのか、自分で判断するのは難しいものです。
原因を知るためにも、肌が落ち着くまでその化粧品の使用は控えてみてください。

肌荒れがひどいなと感じる場合は、皮膚科の受診を検討してみても良いでしょう。

肌の調子が良くなったタイミングで再び化粧品を使用してみて、それでも肌に合わないと感じたときには、残念ですがその化粧品の使用を中止することをおすすめします。

②スキンケアはシンプルに済ませる

肌荒れ 原因 内臓 治し方 ストレス 食べ物 対策肌荒れしてしまったときは、なるべく肌に負担をかけないことが大切です。
日中のメイクは控えめにし、クレンジング・洗顔・化粧水・乳液などのシンプルなスキンケアを行いましょう。

使用する化粧品はこれまで肌荒れを起こしたことのないものを使用するようにしてください。

肌荒れしていると、美容液やクリームなど色々なアイテムを使用したくなるかもしれません。
しかし、「なんだか胃の調子が良くないな・・・」というときに、あえて脂っこいものを食べる人はいませんよね。
あっさりとしたものが食べたくなるように、肌荒れしているときには肌もシンプルなスキンケアを求めているといわれているのです。

肌に負担をかけない程度のスキンケアを心がけましょう。

③化粧品の使用方法などを見直す

肌荒れ 原因 内臓 治し方 ストレス 食べ物 対策肌荒れの原因を知るためにも、今一度化粧品の使用方法や保管方法を見直すと良いでしょう。

・化粧品をつけるときにゴシゴシと強い力が入っていたり、既定の使用目安量を守らずにつけていませんか?

・化粧品を直射日光のあたる場所や湿気の多い場所で保管していませんか?

・化粧品のフタを開けっ放しにしていませんか?

・化粧品を開封してから1年以上経過していませんか?

些細なことですが、化粧品そのものではなくこれらが肌荒れの原因かもしれません。

化粧品をきちんと使用・管理することも意識してみてください。

3.肌荒れを防ぐ!おすすめ化粧品

肌荒れ 原因 内臓 治し方 ストレス 食べ物 対策新しい化粧品を使用する際、肌荒れしやすい方は「私の肌に合わなかったらどうしよう・・・」と不安に感じることもあるでしょう。

そこで今回は、保湿成分が複数配合されているものを選びました。ぜひ化粧品選びの参考にしてみてくださいね!

【PR】
ラ・ミューテ 美肌セット
ラ・ミューテ販売会社:株式会社ラ・ミューテスタイル
セット内容:洗顔フォーム、化粧水、美容液(約1.5か月分)
保湿成分:ナノヒアルロン酸、ナノコラーゲンなど

「ラ・ミューテ」は、洗顔・化粧水・美容液のシンプルなお手入れが特長のスキンケアシリーズです。

微粒子保湿成分「ナノヒアルロン酸」「ナノコラーゲン」等を配合。肌にうるおいを与えてすこやかに保ち、乾燥と肌荒れを防ぎます。

パラベン、鉱物油、アルコール、石油系合成界面活性剤、合成着色料不使用。ダマスクローズの優雅な香りです。

ラ・ミューテのスキンケアアイテムをライン使いできる「美肌セット」は、今なら初回半額に加え180日間返金保証つきです。
公式HP

4.肌荒れを防ぐ生活習慣

肌荒れ 原因 内臓 治し方 ストレス 食べ物 対策肌荒れを防ぐためには、生活習慣を見直すことが大切です。

ここでは、肌との関係性が深い見直すべき生活習慣をご紹介します。
いきなり全ての生活習慣を変えるのではなく、自分にできる範囲から始めてみましょう!!

①質の良い睡眠をとる

睡眠のリズム肌のためには、質の良い睡眠をとることが大切です。

睡眠で意識して欲しい点は、肌を整える成長ホルモンが最も出やすいと考えられている「眠り始め3時間の睡眠の質を上げる」ということです。

睡眠の質を上げるために、以下の点を意識してみてください。

■就寝時は携帯電話が鳴らない設定にしておく

肌荒れ 原因 内臓 治し方 ストレス 食べ物 対策眠る直前まで携帯電話を眺めていると、脳が活発に動いている状態で眠りに入ってしまうため、深い睡眠をとることができないといわれています。

眠る約1時間前には携帯電話の使用をやめ、就寝中に携帯電話の着信で眠りを妨げられないよう、電源をオフにするか鳴らない設定にしておくと良いでしょう。

■照明を消して眠りにつく

肌荒れ 原因 内臓 治し方 ストレス 食べ物 対策眠りを促す「メラトニン」は、目から入る光の量が減ると出やすくなるといわれています。

また、照明がついた状態だと脳が朝と勘違いしてしまい、眠りが浅くなることもあるようです。

眠るときには照明を消して、できるだけ光を遮断した状態をつくりましょう。
どうしても照明が欲しいときには、足元に間接照明を置くなどの工夫をすると良いかもしれませんね。

■軽いストレッチをする

肌荒れ 原因 内臓 治し方 ストレス 食べ物 対策就寝前のストレッチは、血行を良くし体を温めることで寝つきが良くなると考えられています。

激しいストレッチは脳を活性化させてしまうため、布団の上でゆったりとできるストレッチがおすすめです。

②栄養バランスのとれた食事をする

肌荒れ 原因 内臓 治し方 ストレス 食べ物 対策肌荒れを防ぐためには、栄養バランスのとれた食事が必要不可欠です。

肌のためには、「ビタミンA」「ビタミンC」「たんぱく質」などをバランスよく摂取すると良いでしょう。

■ビタミンA

・レバー類(鶏レバー、豚レバーなど)
・緑黄色野菜(モロヘイヤ、にんじん、ほうれん草など)
・海藻類(海苔、わかめ、昆布など)

■ビタミンC

・果物類(アセロラ、柿、キウイフルーツ、いちごなど)
・緑黄色野菜(ピーマン、ゴーヤ、ブロッコリーなど)

■たんぱく質

・肉類(豚、牛、鶏、ハムなど)
・卵類(鶏卵、うずら卵など)
・魚介類(魚、貝など)
・乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)

③適度な運動をする

肌荒れ 原因 内臓 治し方 ストレス 食べ物 対策適度な運動をすることで血行がよくなり、肌に必要な栄養がめぐりやすくなることで肌荒れしにくくなると考えられています。

肌のためには、「有酸素運動」がおすすめです。
無理をせず「心地良いな」と感じる位を目安に運動してみましょう。

≪おすすめの有酸素運動≫
・ウォーキング
・ランニング
・ストレッチ
・水泳 など

5.まとめ

肌荒れ 原因 内臓 治し方 ストレス 食べ物 対策化粧品で肌荒れしてしまう原因や対策などをご紹介しましたが、いかがでしたか?

肌荒れしにくい肌を作るためにも、普段の化粧品の使い方や生活習慣の見直しが大切なポイントです。
また、自分に合った化粧品を見つければ、化粧品による肌荒れの悩みも減るのではないでしょうか。

今回の内容を参考に肌荒れを防いで、自信を持てるすこやかな肌を目指しましょう!